太田述正コラム#6604(2013.11.30)
<皆さんとディスカッション(続x2098)>

<太田>(ツイッターより)

 「中国軍機がスクランブル 防空識別圏の自衛隊・米軍機に…」
http://www.asahi.com/articles/TKY201311290394.html?ref=com_top6_1st
 キャーすてきー。
 中共当局サマー、もっとやってー。
 それがしも、ご期待に添うべく、粉骨砕身、頑張りまっせ。

<LpUWj36Q>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫知恵遅れアメちゃんの教育はボクらにまかせといてや、って胸はれー。≪(コラム#6602。太田)

 アメリカは相変わらず馬鹿だし日本は説明下手だしこんなんで中共に敵うのかな?
 自信ねえや

 話ズレるけど上海総領事館員自殺事件とか見るに騙し合いで日米が中共に勝てるとは到底思えん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%B7%8F%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8%E5%93%A1%E8%87%AA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

<3Jqsjlck>(同上)

今の尖閣の状況では、太田さんの中国政府に対する宥和的意見はコラム読者の減少をもたらすでしょう。
 しかし、世間の逆を張る太田さんの意気やよし。

<nyaonnyaon>(2013.11.28)http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11713956853.htmlhttp://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11713900421.htmlhttp://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11713897441.html

 日系2社に<よる>・・・中国防空識別圏<設定に伴う>・・・中国への飛行計画書提出は、・・・外務省が指示したんだろうよ。
 太田さんもそうメルマガに書いていた。・・・

 <「>・・・創価学会公明党は支那朝鮮に支配されている政党である証拠です。
 国土交通省の大臣は公明党です。・・・<」>
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi ・・・

 外務省では聖教新聞が普通に回し読みされているそうです。と、言うことは外務省は完全に創価学会に乗っ取られているの?・・・
 ・・・
 <以下、>太田述正コラム#6596(2013.11.26)<皆さんとディスカッション(続x2094)より。>・・・
 <「>・・・全日空と日航が独断でやったとは考えにくい。国交省に事前に了解を得たんだろ。・・・全日空は24日、日航は23日から提出を始めている。・・・国交省、ひいては日本政府が姿勢を改めたのは、米国からの「叱責」だった可能性が・・。・・・
 蒋介石政権(蒋介石/毛沢東政権)に対日勝利をプレゼントしちゃったところの、主犯格のドアホ米国の国・・・<」>
 ・・・
 太田氏は、チュウゴクは、日本に武装させてアメリカから独立させ、アメリカの敵になるようにさせておいて、取り込もうとしていると見ている。
 もし日本がアメリカににらまれたら、属国グセがついている日本人は、ついチュウゴクの属国になりかねない。
 チュウゴクの属国とは、東トルキスタンやチベットみたいになるということ。
 100年かけて人口を減らされ滅ぼされるということ。
 太田述正コラム#6600(2013.11.28)<皆さんとディスカッション(続x2096)参照。>

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 口先(だけ)スクランブルなんてシャレにもならんで。↓

 「中国防空圏内「緊急発進」、日本側は否定・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8301904/

 韓国との協議は拒否する一方で、日本に対しては協議を求めるってんだから、中共当局は、韓国にも親日化を強要している、と見るべきかもね。
 まことに至れり尽くせりでやんす。↓

 「中国「航空の安全を共同で」防空圏で協議求める・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131129-OYT1T01021.htm?from=ylist

 ズレまくってる、戦後日本の「ハト」派分子達の最後のあがきだな。↓

 「みんなの党:江田氏、渡辺代表とせめぎ合い続く・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20131130k0000m010104000c.html
 「年内にも新党か…民・維・み有志が勉強会設立へ・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131129-OYT1T01133.htm?from=ylist

 スキンケア化粧品は全部詐欺ってことね。↓

 「妻の化粧品はなぜ効果がないのか・・・」
http://book.asahi.com/book/booktimes/2013112700021.html?ref=comtop_list

 アフリカの「躍進」状況が説明されている。↓

 <経済成長率上位50カ国中アフリカ諸国が17占めている。アフリカの総GDPはロシアに匹敵。↓>
 ・・・ 17 of the 50 national economies currently displaying the greatest economic progress are in Africa. The gross domestic product of the continent as a whole -- over $1.7 trillion (<EURO>1.3 trillion) -- is nearly equal to that of Russia.・・・
 <冷戦終焉時にはアフリカ諸国53カ国中部分的にせよ民主主義化していたのはわずか3カ国。それが、現在では54カ国中25まで増えている。↓>
 When the Cold War ended, just three out of 53 African nations had halfway functional democracies. Today, that figure is 25 out of 54. Aside from chronic conflict zones -- such as those in Congo, Sudan and Somalia -- the number of civil wars and military coups has decreased, as has the excessive use of violence.・・・
http://www.spiegel.de/international/world/spiegel-series-on-winners-and-losers-of-economic-boom-in-africa-a-934816.html
------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 テレサテンの歌唱がユーチューブ上で増えているので、4回に分けて、新しくアップされたものを中心に特集を組むことにしました。
 ど演歌も含まれていますが、彼女の歌唱力でもって私の許容領域を拡大するのも狙いです。
 なお、今回は、日本の歌以外は取り上げていないことをお断りしておきます。
 また、コメントは原則付しませんでした。
 順不同で行きます。

あなたの空
http://www.youtube.com/watch?v=crMHXxq8caM
傷心
http://www.youtube.com/watch?v=YUWrMJE6SWA
愛しき日々(コラム#5821)
http://www.youtube.com/watch?v=x_njb6sTiA4
満ち潮 イントロ・間奏がいいねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=-ndhzhwlUF4
追伸
http://www.youtube.com/watch?v=DQqcv9tCt-g
幕切れ
http://www.youtube.com/watch?v=d9vlItbtJEA
そして ・・・ めぐり逢い
http://www.youtube.com/watch?v=v1ULa2CUAgI
もしかして Part II 
http://www.youtube.com/watch?v=ANY2sVEhbRM
冬日和
http://www.youtube.com/watch?v=oIyMhEL4nR4
さよならの朝
http://www.youtube.com/watch?v=3vlbQ4JiKZM
春の雪
http://www.youtube.com/watch?v=OOYmc1PXPNI
命くれない
http://www.youtube.com/watch?v=jcj0tnSZvt4
夕凪
http://www.youtube.com/watch?v=ubpa0JkOARc

(続く)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6605(2013.11.30)
<台湾史(その16)>

→非公開