太田述正コラム#6600(2013.11.28)
<皆さんとディスカッション(続x2096)>

<5fc13Vgg>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫日中双方とも恥ずかしー・・・チョイ頑張ってチョーダイ!・・・ザーンネンでちた。
 太田さんって面白い方ですね。
 精神年齢十代と言ってもいいでしょうか。
 若々しくてらっしゃいますね。
 コラムいつも楽しんでおります。

<FavrOzVQ>(同上)

 状況をみて言ってるんだから勘弁してやれよ。
 逆に、典型的な官僚的文章を常時やられても困るだろう。
 シニカルな癖に気安いってのは、良い所だと思うぞ。

 陸自が独断で海外情報活動 首相、防衛相に知らせず
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112701002047.html

>陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。

 なぜ、いまリーク。
 何があったし。

<tDKZRmvM>

 陸幕2部とかムサシ機関のことかな?
 まあ勝手にやったとしたら、これも下剋上の一つなのか。

<太田>

 陸幕2部ってのは陸幕調査部、現在の陸幕運用支援・情報部
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E5%B9%95%E5%83%9A%E7%9B%A3%E9%83%A8
の前の名前だ。
 ちなみに、2部別室=調査部別室は情報本部の前身であり、内局が直接管轄していたが、いわゆる、2部別班=調査部別班=運用支援・情報部別班なるものの存在はボクも在職中は聞いたことがない。
 内局で知ってた部局があったのかも分からない。
 いずれにせよ、その共同電や下掲朝鮮日報記事↓だけじゃあ、情報が乏し過ぎるね。

 「・・・別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持してきた。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/28/2013112800657.html
 別班については、諜報要員を訓練名目で民間人になりすましている、って報道がかつてなされたことがあったと思うが、その「民間人」が海外にまで出張って行ってたっちゅうの、可能性としてはなきにしもあらずだが・・。

<K7SUWvmx>

 <1x4eGjHvクン(コラム#6598)、>騙されてはいかん、坊主は狂人やぞ

 盗難仏像「日本へ返還を」 韓国僧侶が行政審判起こす
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/3224770/

<太田>

 昼前に、ガーディアンの記事↓
http://www.theguardian.com/world/2013/nov/27/japan-new-nationalism-imperialism-shinzo-abe
を巡って投稿欄が盛り上がってたので、下掲の投稿をしておいたよ。↓

 <支那人は裏切りと欺罔の天才。↓>
Chinese are geniuses of treachery and deception.
 <太平洋戦争は、日本の、赤露による東アジアにおける直接的間接的侵略に対する抑止政策を阻害しようとしたところの、腐敗したファシスト/赤露匪賊達に、米英が進んでだまくらかされたことで勃発した。↓>
The Pacific War was a war which erupted because both US and UK having been willingly duped by the corrupt Facsist-Stalinist Chinese bandits who tried to neutralize pre War liberal democratic Japan’s efforts to deter Stalinism’s direct and indirect East Asian invasion.
 <その結果、大英帝国が過早に瓦解することとなった上、赤露による戦争、迫害、失政によって東アジアで天文学的な人命が失われることとなったことはご存知の通り。↓>
We all know the tragic consequences of this folly which not only brought about the premature dissolution of the British Empire but also astronomical number of deaths caused by wars and persecutions and misrules by the Stalinists throughout the East Asia.
 <これは私の20世紀東アジア史観だが、思うに、中国共産党当局も同じ史観を共有している。↓>
This is my view of the the 20th century East Asian history, of which the Communist Chinese leadership shares, I presume.
 <今や、連中は、日本が、再軍備し、日本自ら採用したところの戦後の米保護国の地位から解放されることを強いている。このことにより、上記のひどい歴史に鑑み、日米が互いにいがみ合うようになることを予期している。↓>
Now they are trying to coerce Japan to remilitarize and free herself from the self-adopted post War protectorate status of the US, which would expectedly lead to the confrontation between Japan and the US, considering the afore mentioned traumatic history of the two nations.
 <これまでのところ、連中は大いなる成功を収めた。↓>
Up to now, they are making a great success.

 ところで、ガーディアンもそうだが、ワシントンポストも全然分かっちゃないね。
 単に、ADIZの設定は逆効果だった、ってので終わってるよ。↓

 China's move to establish air defense zone appears to backfire・・・
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/chinas-move-to-establish-air-defense-zone-appears-to-backfire/2013/11/27/74313faa-5784-11e3-bdbf-097ab2a3dc2b_story.html?hpid=z4

 本件じゃ、NYタイムスが比較的マシだ。↓

 <逆効果だったと言ってる点じゃ同じだが・・。↓>
 After Challenges, China Appears to Backpedal on Air Zone・・・
 <中共が日米間に楔を打ち込もうとしているのだとすれば、当面は逆効果だった。(拍手! しかし、敵の狙いはもっと中長期的なものなのよ。(太田))↓>
 ・・・if China has been trying to drive a wedge between Washington and the Japanese government of Prime Minister Shinzo Abe, their strategy seems to have backfired, at least for now.・・・
 <あの韓国まで、初めて不快感を表明。↓>
 The Chinese action also stirred the first official negative comments about China in South Korea since President Park Geun-hye took office earlier this year and forged a closer relationship with Beijing. ・・・
 <当局がこのまま軟弱な姿勢を続ければ、中共世論の激昂を生むかも。↓>
 If the Chinese military doesn’t do anything about aircraft that don’t obey the commands to identify themselves in the zone, it will face international ridicule・・・
http://www.nytimes.com/2013/11/28/world/asia/china-explains-handling-of-b-52-flight-as-tensions-escalate.html?ref=world&_r=0&pagewanted=all

<岩国太郎>

 福岡オフ会参加します。
 偶然ですが1月25日は小生の誕生日ですが、オフ会開催はビッグなプレゼントです。
 幹事様ありがとうございます。

<Chase>

 ・・・博多市民センターは、博多駅からバスで4つ目の停留所「山王公園前」で降りて、歩いて5分くらいです。
 博多駅から歩けば、20分くらいです。私は博多駅から歩いて往復しました。
 大きな筑紫通りをまっすぐあるけばよいのでそんなに迷わないです。
 部屋も見てきましたが、・・・よい部屋だと思います。・・・
 ・・・二次会の場所はまだ時間がありますので、今後、いくつかの案を考えながら<太田さんとオフ会幹事団の皆さんに>ご連絡します。
 博多は小さな街ですので、地下鉄の移動も短いですし、博多駅周辺、中洲、天神・大名等なら移動もそんなに苦になりませんが、博多駅市民センターから、地下鉄の駅(博多駅)が若干遠い(徒歩20分)ですので、一応、博多駅周辺でまずプランを考えてみます。
 博多駅周辺は、今、JR博多シティ
http://www.jrhakatacity.com/information/abouthakata.php
とかで、中洲、天神に劣らず、にぎわっています。
 余談?ですが、・・・めったにないことですから、・・・<高級>中華料理店<あたりで>・・・少し豪勢に?という考え方もありますし。。。
 いずれにせよ、三次会までの案を後日、またご連絡します。・・・
 <福岡にご引越しのSK>さん、落ち着かれましたらご連絡くださいませ。

<名無しさん@安全保障>

 福岡のオフ会参加したいと考えています。
 (福岡に来ていただけるとは!)
 参加希望は(当日の飛び入り参加の例もあるようですが)大体いつ頃までを目安に表明する必要があるでしょうか?

<太田>

 一次会(会議室)と三次会(喫茶店)は飛び入り参加でも通常大丈夫です。
 二次会(会食場)が、個室で、或いは事前に料理を注文するスタイルの場で、行われる場合は、数日前までのお申し込みが必要になります。
 いずれにせよ、できれば、いずれ作成される申し込みフォームでお申込みいただけるとありがたいです。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 独領西アフリカやペルーの原住民迫害を糾弾してナイト爵を授与され、後にアイルランド独立運動に加わって大逆罪で処刑された、ジャー・ケースメント(コラム#5128)についての詳しい記事が出ていた。↓

 <反帝国主義という点では、原住民迫害糾弾もアイルランド独立運動も、彼にとっては同じだったということ。↓>
 ・・・ Roger Casement・・・ was not strictly anti-British but anti-imperialist.・・・his real anti-imperialism actually begins with his work in Africa and particularly in South America, which turned him completely against not merely the British Empire but all empires, and he dedicated his life to trying to overthrow empires on every front.・・・
 <彼が反逆罪で捕まってからは、著名人達がケースメント擁護発言を行った。↓>
 On 29 June, 1916, Casement was found guilty of high treason and sentenced to death. A campaign for a reprieve was supported by leading political and literary figures, including W B Yeats and George Bernard Shaw.
 <しかし、ケースメントの日記が発見され、彼が同性愛者であることが分かった。↓>
 Casement's diaries had, however, been discovered by this time. Extracts of the 'Black Diaries', as they became known, were widely circulated and revealed that he was homosexual.
 <これで、擁護者達も沈黙した。(バッカじゃないの。(太田))↓>
 Such was the explicit sexual nature of the diaries that the scandal they provoked precluded any possibility of a reprieve and he was stripped of his knighthood.
 <彼は、ナイト爵を剥奪され、1916年に処刑された。↓>
 Casement was executed on 3 August, 1916.・・・
 <彼については、アイルランド人の間でも評価が分かれる。↓>
 Regarded as a traitor in Britain and among unionists, Casement is not universally accepted by nationalists in Ireland either・・・
 <その理由も、ケースメントの同性愛にある。(ホント、バッカじゃないの。(太田))↓>
 The issue around his sexuality is a major reason why Casement remains publicly embarrassing in Ireland. Casement has never really sat comfortably in the pantheon of 1916 leaders, because Ireland has tended to promote its revolutionaries as hyper masculine figures, who have stood up for the nation and nothing else.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-25017936

 哺乳類の3%しか一「夫」一「婦」制じゃないが、これは、それが雄にとって子孫を増やす上で損だからだ。↓

 ・・・Only 3% of mammals are monogamous, and that small proportion likely reflects the fact that from a simple biological perspective, it makes little sense for males who could produce far more offspring by mating with multiple females.・・・ 
 <ところが、無理矢理「夫」を「婦」に縛り付ける働きをしているのがオキストチンだ。
 「婦」はより美「人」に見え、他の女はより不美「人」に見えるようにオキストチンは働くからだ。(恋が覚めた時に、なんて相手は不美人だったのかって絶句した人、理由が分かったでしょ。(太田))↓>
 Once men receive oxytocin, the attractiveness of the partner increases compared to the attractiveness value recorded for other females・・・
 ・・・oxytocin can create unconscious biases in favor of a partner, possibly providing part of the biological mechanism behind monogamy.・・・
http://healthland.time.com/2013/11/27/how-oxytocin-makes-men-almost-monogamous/
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6601(2013.11.28)
<台湾史(その14)>

→非公開