太田述正コラム#4895(2011.7.28)
<皆さんとディスカッション(続x1276)>

<太田>(ツイッターより)

 東日本大震災は、日本人の人間主義性と戦後日本の堕落ぶりとを二つながら炙り出した。
 今次支那での高速鉄道事故は中共当局の非民本主義性を炙り出した。
 以上を踏まえれば、戦前の日本の(国内、対外)戦略がいかに正しく、戦後の日本の属国戦略がいかに間違っているかは自ずから明らかだろう。

 (コラム#4893に関し)「国際感覚のある右翼」、或いは「一種の帝国主義者」と呼ばれても振り向かないボク。
 じゃ、なんて呼ばれたら振り向くと思う? 「太田(…、さん、君)」、「おーたん」、「のぶまさ」、「ノビイ」以外でだよ。
 「人間(じんかん)主義者」も除くか。

<ΙΖΖΙ>(「たった一人の反乱」より)

>なんて呼ばれたら振り向くと思う?

 「社会人類学者兼革命家」がぴったりかな。
 「のぶたん」も捨てがたい。

<Kyuusyutannia>(ツイッターより)

 振り向いてください、中将閣下。

<sinxxxxxsin>(同上)

 「日本独立の志士」でどうでしょうか?

<ΙΖΖΙ>(同上)

 ところで、JRグリーン席に置いてある雑誌だかからの取材の件って、掲載されましたか?

<ΖΙΖΙ>(同上)

 ウェブ公開されている一本では言及なし。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1411

<globalyst>

 --累積100ミリシーベルトって?--

≫「成人1人あたり生涯で累積100ミリシーベルト以上」とする見解を取りまとめました。≪(コラム#4893。ΙΖΙΖ)

 日本の平均寿命っ60年ぐらいでしょ。ということは、生涯累積累積100ミリシーベルトを守るためには、年間1.25ミリシーベルに抑えなければならないけど、

 「1988年国連科学委員会の報告では全世界で人類が平均的に被ばくしている自然放射線(*)は下の図のように推定されています。全世界平均では年間2.4ミリシーベルトですが、日本における値は1.4ミリシーベルト(1988年10月推定値)となっています。

 外国ではインドのケララ地方やブラジルの一部が知られています。
 この地域では年間数十ミリシーベルト程度と、なんと日本の数十倍もの値が報告されています。」
http://rcwww.kek.jp/kurasi/page-41.pdf
(放射線科学センターのウェブサイト)

(*)自然放射線(しぜんほうしゃせん)とは、人間の活動が無くても自然界にもともと存在している放射線の総称である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A

らしいから、世界の平均値からは50年もたないし、インドやブラジルじゃ8年で100ミリシーベル越えてしまう…。
 なんか、食品安全委員会は、自ら「我々は素人集団です」と宣言しているようなもんじゃないかな。

<ΖΖΙΙ>(「たった一人の反乱」より)

 「「安全、保証できず」と通知を=自民議員の鬱陵島<(Ulleung Island)>訪問で指示―韓国大統領
・韓国大統領府は27日、自民党の「領土に関する特命委員会」の新藤義孝委員長代理らが竹島(韓国名・独島<(Dokdo)>)に近い鬱陵島を訪問する計画について、李明博大統領が26日、外交通商省に対し、「日本政府に公式に『身辺の安全上の憂慮がある』と通知し、(日本側と)協議しろ」と、入国しないよう強く求めることを指示したと明らかにした。
 新藤氏ら4議員は8月1日に韓国に入り、2日に鬱陵島を訪れる計画。
 これまで、韓国政府は、議員らの自制を求めつつ冷静に状況を見守ってきたが、大統領と近い李在五特任相や与党ハンナラ党の洪準杓代表が入国禁止を強硬に主張。強い対応に出る方向に転換したとみられる。
 韓国の出入国管理法は「韓国の利益や公共の安全を害する行動をする恐れがあると認めるだけの相当の理由がある者」の入国を禁止できると定めており、議員らがあくまで訪韓する場合、これを根拠に空港で入国を阻止することも検討している。」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110727-00000036-jij-int

 島根県での竹島の日に刃物振り回した韓国の市議会議員がいたよな w。

<太田>

 ウォールストリートジャーナル(アジア電子版)も、本件をおとりあげになったぞ。
 だけど、この書きぶりじゃ、大昔から竹島は朝鮮側が実効支配してきたように読めちゃうね。↓

 ・・・Korea has long controlled the islets, except during the Japanese colonial period during the first half of the 20th century.・・・
http://blogs.wsj.com/korearealtime/2011/07/27/territorial-heat-lee-concerned-for-japan-lawmakers-safety/?mod=WSJBlog&mod=WSJ_korearealtimeRealTime

 もう収拾がつかなくなってきたなあ。
 支那第三革命が始まるか。↓

 「・・・高速鉄道事故で、追突された列車の運転士が事故直後に「列車を走行させるべきだったが、停車を指示された」と乗客に説明していたことが27日分かった。中国誌、南都週刊(電子版)が乗客の証言として伝えた。
 今回、自動列車停止装置が何らかの理由で機能しなかったことは確実視されており、運転士の話から、事故は制御システム不備と人為ミスが重なって起きた可能性が高まってきた。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110727/chn11072721100009-n1.htm
 「・・・上海鉄道局は28日午前、温州南駅の信号設備に重大な欠陥があり、落雷で故障が発生、赤信号を送るべき区間に青信号を発信したのが追突原因とする現段階での調査状況を明らかにした。
 また、中国中央テレビは同日、運行指令担当が追突防止のための警告を発しなかったことを上海鉄道局が把握しているとも伝えた。
 鉄道当局が原因に関する調査状況を明らかにしたのは初めて。中国鉄道省は事故直後から「落雷」による事故だと強調していたが、改めて人災を認めた格好だ。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110728/chn11072811160005-n1.htm

 米国が仮にデフォルトになったらどうなるか。
 軍事産業への支払いが優先され、兵士への給料の支払いは停止、「生活保護費(food stamp)」の支払いも停止されるとよ。
 当然のごとく記される、恐るべき現実。
 属国の日本と宗主国の米国との落差の巨大さにめまいがする。↓

 ・・・In August, the United States could use its cash receipts to make its interest payments ($29 billion) and pay Social Security benefits ($49.2 billion), Medicare and Medicaid ($50 billion), defense contractors ($31.7 billion), and unemployment insurance ($12.8 billion)—all considered of vital importance.
 But that would leave about half of the bills unpaid. Federal employees, from the zookeepers to the prosecutors to the prison guards, would have to make do without their salaries. There would be no transfers for food stamps, housing programs, the IRS, the EPA, or the troops either. ・・・
http://www.slate.com/id/2300207/

 オバマがハーバード・ロースクール在籍時に権威あるハーバード・ロー・レビュー誌の編集長に任命されたことは有名だが、週40〜60時間もその仕事に時間をとられていたとはね。
 それで、卒業成績が上位10%内ってんだから、彼、ホント優秀なんだ。↓
http://www.newsweek.com/2011/07/24/barack-obama-50th-birthday.html

 パキスタンの新外相に女性が就任したのは知っていたが、それがこんな「若い」1977年生まれの『絶世の美女」であることを知って口あんぐり。
 ただ、やはり女性のブット元首相(故人)に勝るとも劣らない大金持ち一族のお姫様のようだが・・。↓
http://www.taipeitimes.com/News/world/photo/2011/07/28/2008061192
http://en.wikipedia.org/wiki/Hina_Rabbani_Khar

 ノルウェーの虐殺犯が気違いだったとしても、犯行を冷静に計画し実行しているから罪は免れない、という詳細な説明記事がシュピーゲル誌電子版に出ていた。↓

 ・・・his cold-blooded brutality alone, which tempts us to consider him insane, does not necessarily prove that he is not culpable for what he did -- as his defense lawyer is attempting to argue.
 <ヒットラー、スターリン、ナポレオン、ヘロデ王(による幼児虐殺)、十字軍、異端審問、魔女焚刑者、自爆テロ犯、各種大量殺人犯、を横一列で糾弾するとは、ドイツも随分自信回復したもんだ。いずれにせよ、そのほとんどが欧州の産物だけどね・・。↓>
 Were that the case, Nazi thugs who massacred and drove millions of men, women and children into the gas chambers -- and, more importantly, those who dreamt up this lunacy and issued the orders -- would have been the innocent victims of their mental illness. Hitler, Stalin and the like -- history is full of people we call monsters, beasts or animals, because they seem to lack everything that makes us human. Napoleon and other famous war heroes, who drove their soldiers into senseless, brutal deaths, those responsible for the Massacre of the Innocents, the Crusaders, the Holy Inquisition, the witch burners, the suicide bombers of today, those who embark on killing sprees. No animal behaves quite the way human beings do from time to time.・・・
 <Whether he> had planned <his> crime・・・too carefully and acted too deliberately for that.・・・
http://www.spiegel.de/international/europe/0,1518,776878,00.html

 歌手のエイミー・ワインハウスの死と結びつけてノルウェーの殺戮を論じる「哲学的」ブログがNYタイムスに出ていた。↓

 <デュルケムは、自殺はアノミー(規範から逃れようとする動機)によると喝破した。↓>
 ・・・Emile Durkheim, the founding father of sociology, in his great work, “Suicide,” published at the end of the 19th century, drew attention to the phenomenon of “anomie.” Society is held together and sustained, he argued, by a network of norms — largely unstated rules of behavior. Suicides, he argued, tend to suffer from anomie, or normlessness: they float free from the life-belt of rules and regulations, and often sink.・・・
 <しかし、ハイパーノミア(規範に超忠実であろうとする動機)による自殺ないし他殺ってのもあるんじゃないかってんだな。↓>
 But it strikes me that there is something like the exact opposite anxiety — a pathological preoccupation with norms, which I want to call hypernomia — running through her music and her published interviews. Winehouse was the victim of another kind of “losing game” (other than love). It was part of her appeal that she was always outspoken and spontaneous in her conversation, ・・・
 <ワインハウスの死は事実上の自殺であり、自分が美の規範に背馳する存在、要はブスだという意識に苦しめられて自殺したというわけだ。↓>
 Her self-destructiveness may have been triggered by a heightened preoccupation with a norm of beauty which she did not feel she conformed to. ・・・
 <他方、ノルウェーの殺戮犯は、自分がノルウェー、ひいては欧米世界における規範であると信じ込み、その規範に反する者・・自分以外の全ての者・・を殺そうとした、というのだ。↓>
  While Amy Winehouse turned her overly normative critical apparatus on herself, Breivik applied his with monstrous consequences on just about anyone other than himself・・・
http://opinionator.blogs.nytimes.com/2011/07/26/winehouse-breivik-and-deadly-ideals/?ref=opinion

 高緯度(=曇りが多く冬も長く光が少ない)に住む人間ほど目が大きく脳も大きいんだって。
 ただし、脳が大きいのは、あくまでも視覚情報処理のためであって、いわゆるアタマがいいわけじゃないってよ。
 ところで、どうして、おめめの大きい女性は美人に見えるんだろう。↓

 Humans living at high latitude have bigger eyes and bigger brains to cope with poor light during long winters and cloudy days・・・.
 ・・・bigger brains did not make people smarter.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-14279729
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4896(2011.7.28)
<軽度の精神障害のメリット(その3)>

→非公開

太田述正ブログは移転しました 。
www.ohtan.net
www.ohtan.net/blog/