太田述正コラム#2263(2007.12.28)
<KBS京都ラジオへの出演決まる>(2008.2.5公開)

 (本篇は、1月9日午後まで公開しません。)

1 始めに

 1月9日にKBS京都ラジオに10分間電話生出演することになりました。
 来年も、少なくとも官庁不祥事問題専門家としては引き続き活動ができる、という気がしてきました。

2 KBS京都ラジオからのメール

太田述正様 

 お世話になります、
 KBS京都ラジオ番組 ご出演依頼書、企画書添付いたします。

 また、簡単なプロフィールをご紹介したいと思います。
 以下でよろしいでしょうか。
 お手数ですがご確認をお願いいたします。
--------------------------------------------------

1971年に当時の防衛省に入省、82年には白書室長として、「昭和57年防衛白書」編纂をされました。防衛大学校総務部長、防衛庁長官官房防衛審議官などの役職を歴任され、2001年に退職。『防衛庁再生宣言』を出版するなど、安全保障の専門家として活躍されています。

--------------------------------------------------

 お忙しいところ、申し訳ございませんが、
 どうぞよろしくお願い申し上げます。


          KBS京都ラジオ番組
          「里見まさとのスキャン京都」
            担当 ○○


<出演依頼書・企画書>

 謹啓

 平素は弊社放送活動に格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
 さて弊社ラジオ番組「里見まさとのSCAN KYOTO」におきましての、当方よりのご質問事項を作成致しました。
 内容をご確認頂き、ご協力賜りたいと存じます。
 お忙しい中と思いますが何卒よろしくお願い申し上げます。

                      敬具 

              記

1.番組 里見まさとのSCAN KYOTO 
        WEBサイト「KBS京都ラジオ」で番組の過去のテーマをご覧いただけま        す。

2.放送日時   2008年1月9日(水)
午後2時00分〜午後4時45分 ※電話ご出演は午後2時33分〜43分
         
3.周波数    AM 1143kHz 

4.取材内容   別紙ご参照下さい

5.番組構成 毎回テーマを決め、リスナーの皆さんに「あなたはどう考えますか」と        問いかけ、YES・NOに投票していただきます。
        メインキャスター、コメンテーター、アシスタントも自分の意見を述べ        、リスナーのコメントとYES・NOの割合を発表して締めくくります。
         

6.制作担当者  ラジオ制作グループ 森永貴則
〒602-8588 京都市上京区烏丸上長者 株式会社京都放送
  TEL 075-431-2164


 (別紙)

2007年12月28日
太田述正 様 

ご出演依頼について

1.番組    /「里見まさとのSCAN KYOTO」
2.番組内容  /毎回テーマを設定し、京都、滋賀の今をわかりやすく紹介する番組。
         パーソナリティは里見まさと(ザ・ぼんち)、
アシスタントは岩見知香(月曜・火曜)、豊永真琴(水曜・木曜)
        またコメンテーターとして京都でマスコミ論を展開の大学教授や、弁護        士を迎え、産学連携型の新しいラジオ番組を放送中

3.放送日時  /毎週月曜日―木曜日 午後2時00分〜午後4時45分       
4.周波数   /AM 1143kHz
5.コメンテーター/谷澤忠彦(弁護士・月曜日担当)
山本隆司(立命館大学政策科学部教授・水曜日担当)ほか日替わり

6.ご出演内容  /1月9日放送分のテーマ 「接待は必要だ」で、お電話でのご出演をお願いいたします。

7.質問内容案 /
〇嚇塚旅圓亮賄事件について、どう感じておられますか?
△敢瀋の時代から、接待攻勢はありましたか?
どうすれば、このような事件がなくなると思われますか?
※質問については修正可能です。
ご紹介の肩書きなどもお知らせください。
また、もしも出版や今後の講演会など(京都・滋賀方面)のご予定がありましたらご紹介させていただきます。お教えください。

8.ご出演日時 /2008年1月9日(水) 午後2時33分〜43分の10分間
          ※当日、局から少し余裕をもって早めにお電話をさしあげ、つない だまま、少々お待ちいただくことになります。局での担当は△△で す。
    
9.取材担当者 /○○  TEL ・・・・

ご出演についてのご連絡は○○へお願いいたします。 

3 終わりに

 テーマと質問事項がマッチングしていないように思うので、修正提案をしようかと考えています。
 それにしても、「もしも出版や今後の講演会など(京都・滋賀方面)のご予定がありましたらご紹介させていただきます。お教えください。」なんて心憎いですね。

太田述正ブログは移転しました 。
www.ohtan.net
www.ohtan.net/blog/