太田述正コラム#9544(2017.12.26)
<皆さんとディスカッション(続x3568)>

<太田>(ツイッターより)

 「…婚外子の割合…お堅いイメージのドイツでも35.0%、アメリカは40.2%、デンマークはなんと52.5%と過半数越え。しかし上には上があり、たとえばフランスは56.7%、メキシコは64.9%、チリに至っては71.1%が婚外子ではない…
 婚外子が10%に満たないのは日本も含めてわずか5カ国しかなく、日本はビリから2番目の2.29%…<ビリは韓国。
 他方、>…体外受精の件数は年間42万4151件(2015年)で、…<判明>している60カ国のなかでは日本がぶっちぎりの1位だ。…
 <しかし、>シングル女子や…女性同士のカップルは…体外受精を受けることができない。…」
http://news.livedoor.com/article/detail/14074328/
 日本は、その高度な生殖補助医療水準にも関わらず、明治期に継受され始め、戦後、過剰継受された欧米フェミニズムが、縄文人由来の、性、ひいては「婚外子」への大らかさを殺してしまい、その結果、少子化/高齢化が加速度的に進行しているって図式だ。
 興味深いのは、この点での韓国の日本とのシンクロ状況だ。

<太田>

 「関連」記事だ。
 ビットコイン・フィーバーでもシンクロしてるだねー。↓

 Japan and South Korea at heart of cryptocurrency fever・・・
https://www.ft.com/content/384936ac-e70c-11e7-97e2-916d4fbac0da

<太田>(ツイッターより)

 「中国の外交はなぜ韓国に厳しく日本には甘くなっているのか …」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e5%a4%96%e4%ba%a4%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e9%9f%93%e5%9b%bd%e3%81%ab%e5%8e%b3%e3%81%97%e3%81%8f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e3%81%af%e7%94%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b/ar-BBHm2Jt?ocid=iehp#page=2
 「米中貿易戦争への不穏な足音が――日本は中国の「微笑み外交」に楽観視するな…」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e7%b1%b3%e4%b8%ad%e8%b2%bf%e6%98%93%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%b8%e3%81%ae%e4%b8%8d%e7%a9%8f%e3%81%aa%e8%b6%b3%e9%9f%b3%e3%81%8c%e2%80%95%e2%80%95%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%af%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%80%8c%e5%be%ae%e7%ac%91%e3%81%bf%e5%a4%96%e4%ba%a4%e3%80%8d%e3%81%ab%e6%a5%bd%e8%a6%b3%e8%a6%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%aa/ar-BBHm3B4?ocid=iehp#page=2
 今年も群盲象をなでる状況に変化がなかったね。
 来年こそ日本から僕の中共観に共鳴する晴眼者出でよ。

<Terry Teruaki>(フェイスブックより)

 2017年も残り6日となりました。残り僅かですがご健勝にてお過ごし下いませ。
 よいお年をお迎え下さい。

<太田>

 来年もどうぞよろしく。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 日本の検察も大企業も劣化が激しいだ。
 (お前、かつて官製談合を激しく糾弾してきたじゃないかって?
 ゴメンちゃい。但し、今でも、(憲法以外は、)たとえ悪法であれ、公務員は法を守らなくっちゃ示しがつかないって思ってるぜ。でも、今回は、「官」直接がからんでないからねえ。)↓

 「大林組の元幹部は談合を認めた今回の同社の対応に首をかしげる。・・・」
https://mainichi.jp/articles/20171226/k00/00m/040/137000c

 図体はデカくアホで暴力的、という、まさに米国の代表にふさわしいトランプを掌でころがす習ちゃん。
 ちょいと早いが、祝、南北朝鮮統一とその支那属国への回帰。↓

 「「現実味増す米朝衝突」北京大国際関係学院長 ・・・」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25053620V21C17A2000000/
 <そんなこと言ったって、チミらトランプには無力だろ。↓>
 Loose talk about war with North Korea is irresponsible・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/loose-talk-about-war-with-north-korea-is-irresponsible/2017/12/25/2790fec6-e739-11e7-a65d-1ac0fd7f097e_story.html?utm_term=.c907b75ee6da

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <日本のミニコミより。
 いやま、よーやるねえ。↓>
 「第2の「大江戸」温泉施設が上海に出現!・・・
 内装<の>・・・設計は日本人職人が担当している・・・
 売店らしきコーナーには上海大江戸温泉と同様に熊本県の公式ゆるキャラ『くまモン』のグッズが多数置かれてい・・・た。・・・
 従業員研修で<は>東急不動産HDが協力・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51951?utm_source=editor&utm_medium=mail&utm_campaign=link&utm_content=top
 <ここからはサーチナより。
 定番の日本総体の称賛。ま、気持ちいーので収録。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「先進国である日本は、いったどの点で中国よりも発展しているのだろうか」とする記事を掲載した。
 記事は「日本というと多くの人がアニメ、サクラなどを想像することだろう。一方、現在中国では経済や科学技術が急発展しており、日本がアジアで唯一の先進国だという事実を忘れがちだ。アジアにおいて唯一の真の先進国である日本は、一体中国よりもどういった面で優れているのだろうか」と問題を提起している。
 そのうえで「日本が先進国と言われる所以は、高層ビルの多さではなく、恐ろしいまでの均一化にある。貧富の差だけではなく、都市と農村の差も小さく、全国民にほとんど差がない点なのだ。今の中国の都市と農村における差と比べると、日本の均一さはより顕著になる。日本国民全体のモラルはとても高く、どこでも謙虚な姿勢を忘れない。それゆえ日本の街も概ねきれいなのだ」と論じた。
 また、先進国のレベルを示す最も重要な指標の1つが1人あたりの国内総生産(GDP)であるとし、日本の1人あたりGDPは完全に先進国の称号にふさわしいものであると説明。「日本経済の景気が今ひとつではあるものの、平均年間収入は中国の4倍以上。しかも、日本では充実した福利厚生制度もあるのだ」と紹介している。」
http://news.searchina.net/id/1650451?page=1
 <日本の技術に対する最大限の称賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本はこれらの換えがきかない独占技術で、わが国から8年間でこれだけのお金を稼いだ」とする記事を掲載した。
 記事は「2008年から16年、日本は対中貿易を通じて2700億米ドル(約30兆円)を稼いできた」としたうえで、中国国内の各産業分野で用いられている、独占的な技術を持った日本製品を紹介している。
 まず「中国中央テレビ(CCTV)をはじめとする各地の放送局にで使われる録画・編集などの放送設備は、ほとんどソニーやパナソニックのシステムが採用されている」とした。また、医学機器の光学部品についても、概ね日本製品に独占されていると伝えた。
 また、工業分野では工作機械市場を席巻しており、三菱重工、ヤマザキマザック、牧野フライス、東芝など、多くのメーカーによる様々な工作機械が利用されているとした。さらに、農業機械分野でも日本製品が中国市場の大部分を占有しており、クボタ1社だけでも中国国内の農機販売額が数十億元にのぼり、しかも大多数の中国ユーザーの評判を勝ち取っていると紹介した。
 記事は最後に、カメラ市場においてもキヤノン・ニコンの2大巨頭をはじめ、ソニー、東芝、リコー、パナソニックといった日本メーカーが主役になっていると指摘。その大きな理由は、カメラの中で最も重要とされるCMOSセンサー部品の技術を日本メーカーが握っているからだとしている。
 中国のネットユーザーからは「日本の機材がなけっれば、テレビの全国ニュースだって放送できないんだから」、「わが国は機械のフレームしか作れない」、「重要な技術が他人の手に握られてしまうと、今の中国のような結果になる」といったコメントが寄せられた。」
http://news.searchina.net/id/1650448?page=1
 <定番。↓>
 「世界で最も清潔さを愛する国は「日本だろ!」、これが証拠だ・・・」
http://news.searchina.net/id/1650431?page=1
 <日本への永住キャンペーン。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、観光を目的に訪日する中国人のうち、特に「気楽な生活」を求める人ほど「日本にとどまりたい」と願う傾向があると伝え、一体日本のどのような点が中国人を強く惹きつけるのかと疑問を投げかけている。
 記事は、一部の中国人が「日本から中国に帰国したくない」と願うことに対し、多くの中国人は不思議でたまらないと紹介。「日本は一体どれだけ良い国なのか」と論じた。続けて、中国人に「日本にとどまりたい」と思わせる要素の1つとして「安心感」を挙げ、日本では何をどこで食べるにしても「まず問題は発生しない」と指摘。中国では確かに残留農薬問題や下水油問題が頻発し、自炊はもちろん、レストランでの食事ですら物を口に入れることについて心から安心することは難しいのが現状だ。
 さらに、日本の暮らしは中国に比べて便利であることが多いとし、買い物も身近にスーパーやコンビニがあって、いつでも欲しいものが帰ると指摘。また、所得に対して物価水準は中国より相対的に安いことを伝え、日本で「稼ぎたい」と考える中国人もいるほどだと紹介した。
 また、日本の生活は気楽だとし、環境は静かで、知らない人が話しかけてくることもなく、日本人は他人に迷惑をかけたがらないため、他人とのトラブルに巻き込まれることも滅多にないと紹介。それゆえ「気楽な生活」を求める人ほど「日本にとどまりたい」と願うのだと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1650432?page=1
 <けなげなことで。↓>
「企業丸出しでコロコロ変わる中国のサッカークラブ名、日本のJリーグのネーミングを参考にせよ!・・・」
http://news.searchina.net/id/1650435?page=1
 <殊勝なことで。(だけど、食用に適さないのを食してんのかねえ。)↓>
 「一刻も早くやめるんだ! 中国人が日本で牡蠣殻を大量投棄・・・」
http://news.searchina.net/id/1650434?page=1
 <これらの真逆がコレ。↓>
 「新幹線の「重大インシデント」、「中国高速鉄道」にとってはタダで宣伝になった・・・」
http://news.searchina.net/id/1650437?page=1
 <習ちゃんとしちゃ、政府への信頼性の有無だと分かってて、これだけはホントのことを言えないってことなんだろね。↓>>
 「・・・今日頭条はこのほど、日本人はなぜ中国人と違ってルールを守ろうとするのかと疑問を投げかける記事を掲載し、中国人たちが議論を交わしている。
 記事に寄せられたコメントを見てみると、「サッカー日本代表の応援のためにスタジアムを訪れた日本人サポーターたちが試合後に清掃活動を行なった」という話や、「東日本大震災という未曾有の天災に直面しても、被災者は物資をもらうために列を作り、割り込みや略奪はなかった」という話は中国でも有名だとしたうえで、日本人が規則やルールを守れるのは「自然災害が多いこと」が理由ではないかという意見が見られた。
 つまり、日本は昔から地震をはじめとする天災にたびたび襲われてきたが、「こうした環境が相互扶助の意識を生み、相互意識が集団意識を強め、集団意識がルール順守の精神につながった」という意見だ。確かに一理ある意見だが、天災という意味では中国も多い国であり、天災だけが理由ではなさそうだ。
 一方、日本人がルールを守るのは「本質や理由を追求しようとしないため」ではないかという意見があった。日本人がルールを守る国民性であるのは事実だが、日本人は従順であるため、「ルールの意味や目的、背後にある理由を追い求めず、言われるがまま盲目的に守っているように見える」という指摘も見られた。
 そのほか、日本人は「恥」をかくことを嫌う民族であり、ルールを守らないことは「他人から白い目で見られ、恥をかくこと」を意味するため、恥をかきたくないがために日本人はルールや規則を尊重するのではないかという意見もあった。」
http://news.searchina.net/id/1650419?page=1
 <対日歴史認識転換の予備的記事。対露歴史認識が奈辺にあるのかも分かる。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「かつてアジアで最大に数えられたと都市を築いたのは日本人だった」とする記事を掲載した。
 現在、北京や上海がアジア最大級の大都市に成長しているが、記事は「かつてアジア最大の都市は中国の東北部にあった」とし、それは、長春市だと指摘。そして現在のアジアで最大の都市は東京であるとし、その共通点は「どちらも日本が築き上げたということだ」と指摘した。
 続けて、「日本がかつて中国を侵略した際、偽満州国を創り上げ、首都を長春へと移し、大都市を築き上げた」とした。建設にあたっては海外から一流の建築家を招き、当時アジア最大の無線放送局や初の水洗トイレやガス管が配備された都市となり、当時は中国のどの都市よりも圧倒的に繁栄していたとした。
 現在でも長春には旧満州時代の旧跡が残されているが、日本が撤退し、旧ソビエト軍が侵略した際に大量に破壊されたと伝え、「もし、旧ソビエト軍による侵略と破壊がなければ、長春はきっとアジア最大級の都市になっていたであろう」と主張した。
 また東京について、江戸と呼ばれたころから発展を遂げ、現在では「日本の文化、教育の中心地となり、地下鉄を含む交通機関が発達した世界で人口密度の高い都市となっている」とし、アジアはもちろん、世界最大の都市こそ東京だと指摘した。」
http://news.searchina.net/id/1650442?page=1
 <こりゃガス抜きなんだろな。↓>
 「・・・今日頭条はこのほおど、「日本の匠の精神に対する中国人の反応は、自分の目から見ると中二病に見える」とする記事を掲載した。
 日本には「中二病」という言葉があるが、中国でも日本と同じ意味合いで「中二病」という言葉が用いられているようだが、そもそもこの言葉自体の捉え方もはっきりしたものではない。しかし、中国でしばしば日本の「匠の精神」について語られる際、記事は「中国人はこの言葉に過度に陶酔してはいないだろうか」と指摘している。
 中国メディアで一時話題となった、日本人の「米炊き仙人」はコメをおいしく炊くことを極めた職人で、水に対するこだわりから中国の有名なミネラルウォーターのCMにも起用された。確かに職人として1つの技術を向上させてゆく姿勢は素晴らしいが、それが「国民性を代表して真摯で真面目な気質を表すものと捉えるのは、匠の精神の乱用ではないか」と主張した。
 日本人は他にも「寿司の神」、「天ぷらの神」、「鰻の神」などと職人を特別に崇める傾向があると伝える一方、日本の文化に詳しくない海外の人が果たして本当にその技を舌で感じることができているのかと疑問を呈した。匠の精神を通じたPRや宣伝は非常に効果があり、実際に中流階級の中国人の心を捉えているが、これは戦略であり宣伝に踊らされて匠の精神を謳った商品を購入することに慎重になるべきだと主張した。
 また悠久の歴史を持つ中国にも匠の精神を持つ職人は存在すると紹介し、「他者の優れた点から学ぶ態度は国民の生活を豊かにするが、それは外国かぶれになって自尊心を失うことではない」と喚起を与えた。」
http://news.searchina.net/id/1650425?page=1
 <これもそう?↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、「動物」を相手国に贈ることは持続的かつ安定した関係を構築するうえで有効であり、世界中の国が古くから動物を外交に活用してきたと紹介する一方、「日本も動物を巧みに外交に活用している」と伝える記事を掲載した。
 記事は、中国はパンダを貸与する行為を通じて外交につなげていることを指摘し、それはパンダが中国にのみ生息する貴重な動物だからこそ可能であることを強調。その意味ではオーストラリアにはカンガルーがいて、タイにはゾウがいるが、日本には「日本を象徴する動物」が何かいるだろうかと疑問を投げかけつつ、「ロシアのプーチン大統領に秋田県が秋田犬を贈ったように、日本は犬を活用している」と主張した。
 一方、日本政府が再びプーチン大統領に秋田犬を贈ろうとした際はロシア側から断られたとし、犬はどの国にもいる動物であるため希少性に乏しいと指摘。日本にはパンダのように「その国を代表しつつ、希少性もある動物」がいないのが現状だが、日本が得意とする「カワイイ」路線の犬に頼らざるを得ないのが現実だと指摘している。」
http://news.searchina.net/id/1650450?page=1

-------------------------------------------------------------------------------
<K.K>

 太田さん、本当に申し訳ないのですが、パソコン群の整備に関してもう一日休みということでお願いします。
 よろしく、ご理解のほどお願いいたします。

<太田>

 連日の機会提供のおかげで、本日は、懸案(?)の「否定と肯定」(コラム#9526)を見に行くことにしました!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9545(2017.12.26)
<映画評論52:否定と肯定(その1)>

→非公開