太田述正コラム#9506(2017.12.7)
<皆さんとディスカッション(続x3549)>

<太田>(ツイッターより)

 「1980年 昆布消費量、那覇が日本一 薩摩藩と薬売り、食文化の源流…」
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13262422.html?_requesturl=articles%2FDA3S13262422.html&rm=150
 江戸時代、薩摩藩が昆布を沖縄経由で清に輸出しており、そのおこぼれにあずかったことから始まるんだね。
 沖縄人が中共脅威論に乗らないのは、こういうこと一つとっても当然だ、と受け止めなきゃな。

「子宮頸がんワクチン問題めぐる英表彰、報じられぬ日本…日本では、ワクチン<の>…信頼性を傷つける誤情報のキャンペーンにさらされており…接種率は70%から1%未満に落ち込んだ…京都大…の村中璃子…氏<が>…科学的な観点から多数記事を執筆し…安全性に関する根拠を明確に示した…」
https://news.infoseek.co.jp/article/20171206jcast20172315862/
 喝だ!

 「…参院憲法審査会…自由討論<で、>…希望の松沢成文氏は「国家防衛に対する規定の欠如が、現憲法の最大の欠陥」と指摘した上で「(自衛隊を)しっかり書き込むことこそ憲法体系としてふさわしい」…。同党は改憲論議を始めたところで、玉木雄一郎代表は自衛隊明記の改憲を疑問視している。…」
 いくら自由討論たって、見出しは当然、「自衛隊明記の改憲 希望が自民に同調」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201712/CK2017120702000130.html
 小池代表が退いた途端に、希望が民主党/民進党に先祖返りしちゃったな。
 日本に「独立」を目指す政党が生まれるのは一体いつになることやら。
 とにかく、何がなんでも安部改憲を食い止めなきゃー。

<nagato>(同上)

 長島さんは自衛権の明記と言っていました。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 BBCはどうだったのか、思い出せないな。↓

 「NHK受信契約、テレビあれば「義務」 最高裁が初判断・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASKD55F2CKD5UTIL04Q.html?iref=comtop_8_05

 怒るのは当然。
 但し、米英加豪ニュージーランドが日本に同じことをやってることにもっと怒らにゃ。
 そして、日本が他国に対して同じことを全くやってないことに怒髪衝天でなきゃ。↓

 「中国、非情のネット遮断 日本企業を覆う監視網 ・・・」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24329250W7A201C1000000/

 全然驚かないね。↓

 「シリコンバレーで「お〜いお茶」が密かなブーム・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13991632/

 昭和天皇回想録原本のNYでのオークションを英BBCが・・。↓

 Memoir by Japanese WW2 emperor Hirohito sold in New York auction・・・
http://www.bbc.com/news/world-asia-42248054

 よかった。↓

 「亡命北朝鮮兵、歩いて手洗いに行けるほどに回復・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/06/2017120602361.html

 英ターナー賞のことを米CNNが大きく報道するとは・・。↓

 Lubaina Himid becomes first woman of color to win Turner Prize・・・
http://edition.cnn.com/style/article/turner-prize-winner-2017-lubaina-himid/index.html

 プーチンは、自分個人の権力維持のために、ロシアの伝統的指導者像を装ってるってんだが、だからどうしたって言いたくなるね。↓

 Vladimir Putin Isn’t as Russian as He Seems--The Russian president cloaks himself in nationalism, but that’s not where his heart is.・・・
http://foreignpolicy.com/2017/12/06/vladimir-putin-isnt-as-russian-as-he-seems/

 アジアタイムスは香港紙だから、習ちゃんが、日本国内での核論議の活発化を待ち望んでるってことなんだろな。↓

 'Dual key' nuclear weapons-sharing with Washington would save Tokyo trouble of developing own arsenal, protect alliance・・・
http://www.atimes.com/article/will-japan-rent-nukes-us-counter-north-korean-threat/

 これは、習ちゃんが日本を揶揄してるんだろな。↓

 ‘Japan’s greatest fear is abandonment by the US’・・・
http://www.atimes.com/article/japans-greatest-fear-abandonment-us/

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 広義の日中交流人士モノ4篇。↓>
 「第3回中日企業家及び元政府高官対話が東京で開催・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1205/c94473-9300758.html
 「中国系航空会社の2017年度合同忘年会が東京で開催・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1204/c94473-9300343.html
 「中国のスマート製造が沖縄に上陸  BYDの電動バス10台納入・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1205/c94473-9300558.html
 「東野圭吾の代表作「秘密」のハードカバー版が中国で刊行・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1207/c206603-9301529.html
 <ま、全体に目を通してもらえば分かるが、一生懸命なんだよなあ。↓>
 「日本の人気作品の中国版が酷評を浴びるワケは?・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1205/c94473-9300546.html
 <ここからはサーチナより。
 究極の日中交流人士モノ。↓>
 「・・・数年前に日本のテレビ番組に出演した矢野さんが「中国人にはイヌを飼う資格はない。北京の団地でイヌの飼い主をよく見かけるが、イヌが大小便してもお構いなし。至るところに糞尿が落ちていて、誰も拾わない。ペットだけでなく、近ごろは人間さえもが所構わず大小便している」と発言したシーンが中国のネット上で拡散し、一部で「矢野浩二が中国を侮辱していた」との批判が飛び出したことを伝えた。・・・中国ネット民「あなたは悪くない」「謝らないで!」 ・・・」
http://news.searchina.net/id/1649332?page=1
 <ま、引き続き頑張ってくれたまえ。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本でよく見かける看板から「日本人が中国人にどれだけうんざりしているかが分かる」とする記事を掲載し、中国人に対し、日本をはじめ海外では振る舞いに注意するよう呼びかけた。・・・」
http://news.searchina.net/id/1649312?page=1
 <日本の自動車産業を絶賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・自動車産業において日本メーカーの強さは圧倒的であると伝えつつ、米国では「水素を燃料として走る燃料電池車から電気自動車まで、日本は自動車業界の覇権を握りつつある」という報道もあることを紹介し、日本の自動車業界の強さを伝えている。
 記事は、世界で環境保護意識が高まりつつあるなか、日本は環境に優しいクルマ作りが得意であることを指摘。先日開催された東京モーターショーでは環境を汚染しない「ゼロ・エミッション」の車が多数出展されていたことを指摘し、日産自動車が発表したコンセプトカー「IMx」などを紹介。
 また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept−i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だと指摘。また、日本の自動車産業は世界的な潮流を生み出す先駆者であると伝えた。」
http://news.searchina.net/id/1649313?page=1
 <日本の人型ロボット開発を称賛。(とにかく、習ちゃんはトヨタがお好き?↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本がロボット分野でまた新たな突破を実現した」とする記事を掲載した。記事が紹介したのは、先月トヨタ自動車が発表した最新人型ロボット「T−HR3」だ。
 記事は「世界には危険な作業が数多く存在する。爆弾処理員は市民を救うヒーローだが、ちょっとした不注意で木っ端微塵になるリスクがあるし、放射線汚染地域の調査研究者は被ばくすれば後遺症に悩まされる危険性を伴う。危険な作業をロボットが担当してくれたら、どんなに有り難いことだろうか」とした。
 そのうえで「トヨタが最近開発した人型ロボットT−HR3は、そんな日の到来を早めてくれそうだ。007さえできないような任務は、みんな彼に任せることができる」としたうえで、その最大の長所が「完全に人間の動きを模倣可能なリアルタイム操作」にあると紹介。「操作者は機械スーツとVRヘッドセットを装着すれば、ロボットを思いのままに操ることができる。手を挙げればロボットも挙手し、頭を振ればロボットも頭を振るのだ。難しいポーズも、バランス制御によって簡単にできる」と説明している。
 また、全身にある32の関節と手の10本の指を自在に動かすことができ、高精度のトルクセンサーやモーター、減速機によって各種の細かい動作を行うことも可能であるほか、VRヘッドセットによってロボットの視点を見ることもできるとした。さらに、外部からロボットにかかる各種の力を操作者に正確に伝えることもできると説明し、「簡単に言えば、このロボットは完全に人類の『操り人形』だ」と評した。
http://news.searchina.net/id/1649316?page=1
 <定番の日本でのごみ処理礼賛。↓>
 「ビンのリサイクルを見れば「日本人の環境保護意識がわかる」=中国報道 ・・・」
http://news.searchina.net/id/1649368?page=1
 <定番になりつつある、日本の戸建て住宅礼賛。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、中国と日本の住宅を比べたうえで、「日本人は一戸建てに住めるというのに、なぜ我々は鳩小屋に住んでいるのか」という記事を掲載し、日中の住宅事情の違いについて紹介している。・・・」
http://news.searchina.net/id/1649361?page=1
 <なにもそんなに卑下しなくとも・・。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本と中国の介護施設の環境を比較する記事を掲載した。
 日本と中国では制度が違うゆえに、介護施設の入居資格や入居者の背景もそれぞれ異なる。記事は特別養護老人ホームと見られる日本の施設の生活風景を紹介しているが、中国の施設との違いとして「体が不自由な人でも車椅子を利用して食堂で食事を取る」ことが指摘されている。ベッドで寝たきりになるのではなく、生活にリズムを付けて他人と交流するように促すなどの、個人の生活を重視した取り組みがなされていることを紹介した。
 また、日本では高齢者に合わせて栄養管理がなされたメニューが供され、季節感があったり、祝祭日には特別に凝った食事が用意されたりと、彩りや盛り付けにも気が配られていることを紹介。また職員は介護などをする際にも「温かな笑顔と穏やかな語気で会話をするように努めている」とした。
 さらに記事は、中国の老人ホームである「養老院」の1日の食事を紹介しているが、そこから日本と中国の食文化の違いが見てとれる。「朝はお粥に漬物と油条」という献立だ。油条とは日本では見られないが、油で揚げた麩のような食べ物だ。また昼は「何種類かの肉まんとスープ」、夜は「3種類の温かい炒め物、揚げ物などのおかずと1つの冷菜、雑穀の粥と白飯」と内容はなかなか充実している。主食はご飯か麺で、日替わりでいろいろなメニューがあるようだ。
 記事が紹介している中国の養老院の食事はなかなか良いものを提供しているようだが、日本の施設と比較すると季節感などの配慮や介護の環境、さらにはサービスの質の点で「大きな差があり、驚愕させられる」としている。」
http://news.searchina.net/id/1649345?page=1
 <ここからは、今日頭条記事以外の引用。
 けなげなけなげな日本へ行けキャンペーン。↓>
 「・・・中国メディアの千尋生活は・・・「中国の旅行客は日本で非常に歓迎されている」とし、偏見は感じられないし、きっと生涯忘れられない旅になるはずだと伝える記事を掲載した。
 記事は、日中関係については深く語らないと前置きしつつ、日本と中国には過去に不愉快な出来事があったものの、中国人にとっての日本旅行は「その影響を微塵も感じさせないような人気ぶり」であると指摘。さらに中国人の日本に対する見方は、「とても礼儀正しくて民度が高く、とてもきれい好き」というもので、実際に訪日してもこうしたイメージが崩れ去ることはないと論じた。
 ただ、多くの観光客が日本を訪れ、日本経済に良い影響を与えているにもかかわらず、日本人の中国人に対するイメージは一向に改善しないとも指摘し、僅かながらも落胆の色を見せた。」
http://news.searchina.net/id/1649349?page=1
 <継受の正しい理解でちゅよー。↓>
 「・・・ 日本には漢字や茶、和服、建築など中国の影響を受けた文化が多くあるが、そのほとんどは日本らしく変化したうえで残っている。中国メディアの捜狐は・・・こうした変化を「中国文化の誤解」と呼び、誤解したことを称賛したある講演内容を掲載した。
 そもそも、「文化の誤解」とはどういう意味だろうか。記事によれば、悪意のある曲解とは異なり、文化がその土地ならではの変化を遂げたうえで広まることだという。日本では、多くの中国文化が「誤解」されて残ってきたとした。
 例えば「和服」は、古代中国の影響を強く受けているが、日本に伝わってきてからは、優雅ながら合理的でない漢服の袖と丈を短くしてしまったと記事は紹介。中国では漢服が「淘汰」されてしまったのとは対照的だとした。
 また、日本では「漢字」も中国から入ってきたが、使いやすく変化したうえで残され、なかには中国では「忘れ去られた」漢字さえ残されていると指摘。「条件」、「影響」などの単語は日本から中国に逆輸入され、中国に利便性をもたらしたとし、筆者はこの件について「謹んでお礼申し上げます、これからもよろしく」と感謝の意を表した。
 こうした「誤解」は、ほかにも日本庭園、書道、華道など、多くの分野で見られるというが、いずれも中国の文化を継承するに際し、いつの間にか先見の明や自然を大切にする日本らしさが加えられているという。筆者は、日本にはどこを見ても日本らしさの加わった「唐や宋の痕跡」が見られることに感激してしまうと喜びを示した。
 では中国はどうだろうか。記事は、中国にも、過去にはインド、アラブ、なかにははるばるギリシャやローマから入ってきた「文化の素晴らしい誤解」をした過去があり、誤解の元祖であるとさえ言えるが、今や「本領を失い、誤解した文化は失われている」と残念がった。そのぶん、日本が「中国文化を誤解」しているのを見るとうれしくなってしまうのだという。」
http://news.searchina.net/id/1649338?page=1

-------------------------------------------------------------------------------
<K.K>

 太田さん、X299パソコンの整備の続きです。下記リンクからファイルをダウンロードしてください。ダウンロードキーは、[XXXX]です。ダウンロードキーは、一応非公開でお願いします。
 今後の予定は、明日:メンテナンスとシステムバックアップの設定、オフ会明け:Ai Suite 3のインストールと設定、を行って、完了の予定です。

X299パソコン ソフトウェア環境構築手順28-31
<URLは不表示(太田)>

[ダウンロード文書]<(画像は不表示(太田))>

28 Acronis True Image 2017のデータバックアップ設定

<43> 備忘録
この部分は、備忘録です。
01. 「25 ホームグループの作り直し」実行不可
02. 「26 既定のアプリの設定」延期
03. 「27 Acronis True Image 2017のデータバックアップ設定」延期

<44> データバックアップの設定
01. エクスプローラーで、[Data1_X299 (E:)]ドライブにアクセスして、そこに[Acronis True Image]という名前のフォルダーを作成してください。
02. 次に手順1で作成した[Acronis True Image]フォルダー内に、[システムバックアップ]と[データバックアップ]という名前のフォルダーを作成してください。
03. Acronis True Image 2017を起動させてください。
04. 1 左下の[+ バックアップ追加]をクリックしてください。
  2 バックアップ名に[Data_Hourly_Backup]と入力してください。
  3 下掲画像緑枠のバックアップ元をクリックしてください。
05. [システムとフォルダ]をクリックしてください。
06. 1 [ドキュメント]チェックボックスにチェックを入れて、
  2 [OK]ボタンをクリックしてください。
07. [バックアップ先を選択]をクリックしてください。
08. [参照…]をクリックしてください。
09. [PC]をダブルクリック ⇒ [Data1_X299 (E:)]をダブルクリック ⇒ [Acronis True Image]をダブルクリック ⇒ [データバックアップ]をクリックして、青色反転させた後、[OK]ボタンをクリックしてください。
10. 下の方にある[オプション]ボタンをクリックしてください。
11. 1 [日単位]ラジオボタンにチェックが入っていることを確認してください。
  2 [毎]ラジオボタンにチェックを入れてください。
  3 [1時間]を選択してください。
  4 [詳細設定]をクリックしてください。
  5 [スリープ/休止状態のコンピュータを起動]チェックボックスのチェックを外してください。
  6 [実行されなかった操作をシステム起動後の指定時間に実行(分単位)]チェックボックスのチェックを外してください。
12. 1 [バックアップスキーム]タブをクリックしてください。
  2 [バックアップスキーム:]を、[カスタムスキーム]に変更してください。(下掲画像では[増分スキーム]になっています。)
  3 [バックアップの種類:]が、[増分]であることを確認してください。
 注意:4、5が表示されていない場合は、[自動クリーンアップをオンにする]をクリックしてください。
  4 [次の間隔で完全バージョンを作成する]ラジオボタンにチェックが入っていて、[“6”増分バージョン]となっていることを確認してください。
  5 [次の間隔が経過したバージョンチェーンを削除する]ラジオボタンにチェックが入っていることを確認後、[“14”日]に変更してください。(下掲画像では、[“31”日]となっています。)
  6 [OK]ボタンをクリックしてください。
13. ウィンドウ右下の[今すぐバックアップ]ボタンをクリックしてください。

<45> リカバリの確認
昨日(2017/12/06)、Acronis True Imageのデータバックアップのバックアップファイルから、Firefoxのプロファイルを復元しようとしたところ、復元できませんでした。
手順<1>で作成したバックアップファイルから、試験的にファイルを復元してみます。
01. エクスプローラーで、[Data1_X299(E:)] ⇒ [Acronis True Image] ⇒ [データバックアップ] とアクセスしてください。
02. そこに下記の画像のようなアイコンが一個だけ存在するはずです(時間が経過すれば、バックアップファイルの数は、当然増えていきます)。
それをダブルクリックしてください。 

03. 中身が表示されるまで、数秒待ってください。
04. そこに下記の画像のようなアイコンが一個だけ存在するはずです(時間が経過すれば、バックアップファイルの数は、当然増えていきます)。
それをダブルクリックしてください。
05.  [D:]というアイコンが表示されるはずですので、それをダブルクリックしてください。
06.  [Users] ⇒ [Nobumasa Ohta] ⇒ [Documents]とダブルクリックして辿ってください。
07. そこにある任意のファイルを右クリックして、展開したメニューの[コピー]をクリックしてください。
08. デスクトップに手順07でコピーしたファイルを貼り付けてください。
09. 手順09で、デスクトップに貼り付けたファイルをダブルクリックして開いて、正常に開けることを確認してください。
10. 開いているファイルを閉じて、デスクトップから削除してください。
注意:今の時点でデータバックアップが正常であったとしても、将来的に復元不可となってしまう可能性はあります。

29 WaterfoxのFirefox Syncの一部オフ

WaterfoxのFirefox Syncの同期の内、[アドオン]と[ブックマーク]の同期をオフにしておいてください。
Firefoxに問題が生じた場合は、暫定的にWaterfoxを使用してください。

<46> WaterfoxのFirefox Syncの一部オフ
01. (Firefoxと間違わないでください。→)Waterfoxを起動させてください。
02. 1 [“メニューを開きます”]ボタンをクリックしてください。
  2 [オプション]をクリックしてください。
03. 1 [Sync]タブをクリックしてください。
  2 [ブックマーク(M)]チェックボックスにチェックが入っている場合は、チェックを外してください。
  3 [アドオン(A)]チェックボックスにチェックが入っている場合は、チェックを外してください。

04. Waterfoxを終了させてください。

30 XnViewのインストールと設定
<47> XnViewのインストール
 Xnviewは、画像閲覧ソフトウェアです。
 今後、もしかすると画像をフォルダーで送付することがあるかもしれません。フォルダー単位で画像を閲覧しようとした場合、Windows標準の[フォト]よりも、XnViewの方が閲覧しやすいと思います。
 一応インストールしておいてください。
 ダウンロードファイルは、下記のリンクからダウンロードしたファイルです。
Welcome XnView Extended users
<URLは不表示(太田)>

01. エクスプローラーで、このWordファイルのあるフォルダーにアクセスしてください。
02. [30 XnView]フォルダー内の[XnView-win-full.exe]をダブルクリックして、インストーラーを立ち上げてください。
03. 1 [English]が選択されていることを確認して、
2 [OK]ボタンをクリックしてください。
04. 1 [I accept the agreement]ラジオボタンにチェックを入れて、
  2 [Next]ボタンをクリックしてください。
05. [Next]ボタンをクリックしてください。
06. デフォルトのままで、[Next]ボタンをクリックしてください。
07. [Next]ボタンをクリックしてください。
08. 1 [Create a desktop shortcut]と[Create a Quick Launch shortcut]チェックボックスのチェックを外してください。
  2 [Next]ボタンをクリックしてください。
09. [Install]ボタンをクリックしてください。
10. 1 [View ReadMe]チェックボックスのチェックを外して、
  2 [Finish]ボタンをクリックしてください。
<48> XnViewの設定
01.  [“スタート”]ボタンクリック ⇒ [X]の欄までスクロール ⇒ [XnView]をクリック ⇒ [XnView]をクリックしてください。
02. [セットアップ]というウィンドウが表示されます。
 1 [デスクトップにXnViewのアイコンを追加]チェックボックスのチェックを外して、
 2 [OK]ボタンをクリックしてください。
03. 本体ウィンドウの手前に、[今日のヒント]という小さなウィンドウが表示されています。
 1 [起動のとき表示しない]チェックボックスにチェックを入れてください。
 2 [閉じる]ボタンをクリックしてください。
04. XnViewを一旦終了させてください。
05. エクスプローラーで、このWordファイルがあるフォルダーを開いてください。
06. [30 XnView]フォルダー内の[xnview.ini]ファイルをコピーしてください。([xnview.ini]ファイルは、基本的な設定を済ませた設定ファイルです。)
07. エクスプローラーで、[C:\Users\n\AppData\Roaming\XnView]フォルダーにアクセスしてください。
08. 手順06でコピーした[xnview.ini]ファイルを貼り付けてください(ファイルを置き換えてください)。

<49> XnViewの使い方
01. 1 XnViewを起動すると、下掲画像のように「ブラウザー表示」(エクスプローラーの画像専用版のような画面)で起動します。
下掲画像1のところで、閲覧したい画像のあるフォルダーを選択してください。
  2 手順1で選択したフォルダー内の画像ファイルとフォルダーが表示されます。
  閲覧したいが画像をクリックすると、3の部分に表示されます。
  方向キー[←]/[→]/[↑]/[↓]を押すと、3に表示される画像が変わります。
  3 3の部分にマウスカーソルを持って行って、マウスホイールを動かすと画像が拡大/縮小されます。
  3の部分の画像をダブルクリックすると、次の02の画像のように「ウィンドウ表示」になります。

02. 01-3でダブルクリックした画像は、下掲画像のように「ウィンドウ表示」されます。
 01の「ブラウザ表示」に戻りたい場合は、下掲赤枠の[ブラウザ]をクリックしてください。
 ここでも、マウスホイールを動かすと、画像を拡大/縮小させることが出来ます。

31-BK その他の設定

<50> タスクバーの整理
Snipping Toolをタスクバーにピン留めします。将来的に、エラー等が表示された場合、Snipping Toolでキャプチャー画像を撮ってください。(メモ帳代わりにSnipping Toolを使用してください。)(XnViewにもキャプチャー機能がありますが、Snipping Toolの方がシンプルで使いやすいと思います。)
01. [“スタート”]ボタンをクリックして、[W]の欄までスクロールしてください。
 1 [Windows アクセサリ]をクリックしてください。
 2 [Snipping Tool]を右クリックしてください。
 3 展開したメニューの[その他]をクリックしてください。
 4 展開したメニューの[タスクバーにピン留めする]をクリックしてください。
02. タスクバーにピン留めされた「Snipping Tool」のアイコンをクリックしてください。
03. 1 [モード(M)]をクリックしてください。
  2 展開したメニューの[ウィンドウの領域切り取り(W)]をクリックしてください。
04. [Snipping Tool]ウィンドウを閉じてください。
05. その他タスクバーにピン留めするソフトウェアがあれば、ピン留めして、タスクバーを使いやすい並びに並べ替えてください。

<51> デスクトップとスタート画面の整理
01. ソフトウェアのインストールの過程でデスクトップに作成されたショートカットで、不要なショートカットがあれば削除してください。
02. スタート画面に不要なタイル/必要なタイルがあれば、スタートからピン留めを外す/スタートにピン留めする、を行ってください。([コントロールパネル]のタイルは、ピン留めしたままにしておいてください。)

<52> 既定のアプリの設定
01. [Windows]キーを押しながら、[I]キーを押してください。
02. [アプリ]をクリックしてください。
03. 左のところで[既定のアプリ]をクリックしてください。
04. 1 [メール]をクリックして、
  2 表示された選択肢の中の[Thunderbird]をクリックしてください。
05. 1 [音楽プレーヤー]をクリックして
  2 表示された選択肢の中から既定のアプリに設定したいアプリをクリックしてください。
06. 1 [ビデオプレーヤー]をクリックして、
  2 表示された選択肢の中の[VLC media player]をクリックしてください。
07. [設定]ウィンドウを閉じてください。

<53> とりあえずバックアップ6
01. Acronis True Image 2017を起動させてください。
02. (下掲画像は、あくまで例です。)
1 左のフィールドで、[System_Initial_Backup]をクリックして、反転させてください。
 2 [オプション]ボタンをクリックしてください。
03. 1 [バックアップ スキーム]タブをクリックしてください。
  2 [最初の完全バージョン作成後は、差分バージョンだけを作成する]ラジオボタンにチェックを入れてください。
  3 [OK]ボタンをクリックしてください。
04. 右下の[今すぐバックアップ]ボタンをクリックして、バックアップを行ってください。
(System_Initial_Backup_diff_b1_s6_v1.tib])

<太田>

 終わりました。
------------------
 先ほど、X299の真ん中のディスプレイが警告表示だけになり、Page Fault in Non Paged Area とあり、https;//www.windows.com/stopcode を参照せよとあったのですが、間違って、富士通新で https;//www.windows.com.stopcode にアクセスしたけれど当然表示されず・・後で確認しましたが、解読能力を超えていました・・、X299を強制終了させ、改めて起動し、その後は問題なく使えています。

⇒⇒一番可能性が大きい原因は、X299パソコンのメモリーが64GBと大きく、仮想メモリー(ページファイル)の割当が小さい(数GB)ことではないかと思います。(←現時点ではあくまで推測です。)
 下記リンクのファイル<※>の内容を行って、仮想メモリーの割当を増やしてください。ダウンロードキーは、[XXXX]です。
 また、下記リンクのファイルでは、X299パソコンのHDD RAIDを構成しているHDDが、小さなファイルの読み書きには向かないHDDですので、ページファイルの場所をEドライブに移す手順になっています。
31 仮想メモリの場所再移動
<URLは不表示(太田)> (K.K)

 なお、「Intel・・・」が先ほどは起動時に出現したのですが、今回、起動した際には現れませんでした。

⇒このエラーは、パソコンが正規の手順でシャットダウン出来ないと、毎回出るエラーだと思ったほうが良いかもしれません。
 正常にシャットダウン出来て、次回起動した時にエラーがでなければ、問題無いのではないかと思います。(K.K)

[ダウンロード文書]※<(画像は不表示(太田))>

31 仮想メモリの場所再移動

01. [Cortana]のテキストボックスに、[システム情報]と入力して下さい。
02. 検索結果が表示されましたら、下掲画像の緑枠の[システム]をクリックして下さい。[システム]ウィンドウが開きます。
03. [システム]ウィンドウの左上の方にある[システムの詳細設定]をクリックして下さい。[システムのプロパティ]というウィンドウが開きます。
04. [詳細設定]タブで、[設定(S)...]をクリックして下さい。[パフォーマンス オプション]というウィンドウが開きます。
05. [詳細設定]タブをクリックしてください。
06. [変更(C)…]ボタンをクリックして下さい。[仮想メモリ]というウィンドウが開きます。
07. (下掲画像はあくまで例です。)
 1 [Data0_X299(D:)]をクリックして、青色反転させてください。
 2 [ページファイルなし(N)]ラジオボタンにチェックを入れて下さい。
 3 [設定(S)]ボタンを押してください。
08. 1 [Data1_X299(E:)]をクリックして、青色反転させてください。
  2 [カスタムサイズ(C)]ラジオボタンにチェックを入れてください。
  [初期サイズ(MB)(I)]テキストボックスに、[65536]と入力してください。(65539=64x1024)
  [最大サイズ(MB(X)]テキストボックスに、[98304]と入力してください。(98304=65536x1.5)
  3 [設定(S)]ボタンをクリックしてください。
09. [OK]ボタンをクリックしてください。
10. 関連するウィンドウを閉じてください。
11. パソコンを再起動させてください。

<太田>

 やりました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9507(2017.12.7)
<渡辺克義『物語 ポーランドの歴史』を読む(その7)>

→非公開