太田述正コラム#9464(2017.11.16)
<皆さんとディスカッション(続x3528)>

<XyDvFDzA>(「たった一人の反乱(避難所)より)(昨日)

 今日はディスカッション無し?

<太田>(本日)

 アップし忘れで失礼。
 急遽、ブログ、まぐまぐ、にアップした。
 (ミニまぐは、本日のディスカッションのアップができなくなるのでアップしていない。)

<太田>(ツイッターより)

 「…驚きの日本史…
 平家は壇ノ浦で男系は途絶えたが、平家から嫁いだ娘たちの系図を見ると、今上天皇に辿り着く。
 蘇我氏も中大兄皇子に滅ぼされたとされているが、女系は平安時代に栄華を極めた藤原家につながる。
 日本では先史時代から母系社会の伝統が根強い。…」
http://book.asahi.com/reviews/column/2017111000002.html?iref=comtop_list_cul_b01
 最後のセンテンスを前提とすれば「驚き」でも何でもないさ。
 要は、女尊男卑の日本じゃ、権力を担わされる側の男達は戦死したり処刑されたりするけど、権威を握っている女達は、そういうことを基本的に免れることができることから、死ぬリスクが常に男達よりも低いってだけのこと。

 「両陛下の車列が止まり涙、涙…時間外の拝謁「前代未聞」…」
http://digital.asahi.com/articles/ASKCB4DN0KCBULZU00G.html?rm=226
てな具合であり、朝日は今上天皇の大ファンらしいが、天皇の考え=朝日の社是、と勘違いしてるんだろな。
 ま、僕自身、つい最近まで、天皇、本音隠して朝日人装うと勘違いしてたけど、本音はちゃんと分かってたぜ。

<globalyst>

≫動画編集作業をやっていただける方を再度募集します。≪(コラム#9454。太田)

 手を挙げる人がいないのなら、私が(やったことがないので取り敢えず)トライします。

<太田>

 この何回かのディスカッションを(K.Kさんとのやりとりを含め)お読みいただければ、TDKさんに私がパソコンを提供して、引き続きやっていただく運びになった話が出てきますよ。
 でも、お申し出、大変有難うございました。
 何かやっていただくとすれば、できる範囲で私のコラム上の誤字・脱字類を指摘する、というのはいかがでしょうか。
 やっていただける間、名誉有料読者扱いとし、有料コラムの配信をさせていただきますが・・。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 日馬富士暴行事件、スゴイ報道ぶりだね。↓

 <相手の師匠が貴乃花だったのが運の尽き。↓>
 「日馬富士、周囲に「引退だけは避けたい」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13900329/
http://www.msn.com/ja-jp/news/sports/%e6%97%a5%e9%a6%ac%e5%af%8c%e5%a3%ab%e6%9a%b4%e8%a1%8c%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%81%e8%b2%b4%e3%83%8e%e5%b2%a9%e3%81%ae%e5%85%84%e3%81%8c%e3%80%8c%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%80%8d%e5%8f%96%e6%9d%90%e3%81%ab%e9%87%8d%e8%a6%81%e8%a8%bc%e8%a8%80%e3%80%8c%e3%81%8a%e5%89%8d%e3%81%af%e5%ab%8c%e3%81%aa%e3%83%a4%e3%83%84%e3%81%a0%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e5%9b%9e%e3%82%82%e6%ae%b4%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%8d/ar-BBF0Uw8?ocid=iehp 
http://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%e6%97%a5%e9%a6%ac%e5%af%8c%e5%a3%ab%e6%9a%b4%e8%a1%8c%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%81%e3%80%8c%e8%b2%b4%e3%83%8e%e5%b2%a9%e9%96%a2%e3%81%8c%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%86%e3%82%8f%e3%81%95%e3%82%82%e2%80%a6%e3%80%8d%e7%9b%b8%e6%92%b2%e5%8f%96%e6%9d%90%e6%ad%b4%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%87%8e%e3%83%aa%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%8c%e3%80%8c%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%83%80%e3%83%8d%ef%bc%81%e3%80%8d%e3%81%a7%e8%a8%bc%e8%a8%80/ar-BBF0Sv2?ocid=iehp
http://a.msn.com/ja-jp/sports/news/%E6%97%A5%E9%A6%AC%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%81%A8%E8%B2%B4%E3%83%8E%E5%B2%A9%E3%81%AF%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E7%BF%8C%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%80%8C%E6%8F%A1%E6%89%8B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%8D-%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8F%96%E6%9D%90%E6%AD%B4%EF%BC%93%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%A8%AA%E9%87%8E%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%98%8E%E3%81%8B%E3%81%99/ar-BBEYzIE?ocid=iehp
http://www.sankei.com/sports/news/171116/spo1711160004-n1.html
http://www.sankei.com/sports/news/171116/spo1711160009-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/171116/clm1711160003-n1.html

 ウチのTVも遡って中共製に・・。
 買い替えの時、日本製のって残ってるかしら。↓

 「海信 東芝のテレビ事業を買収・・・」
http://www.sankei.com/column/news/171116/clm1711160003-n1.html

 寄生虫には優しく人間には過酷な金王朝。↓

 「執刀医ビックリ、亡命北朝鮮兵の体内に数十匹の寄生虫・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/16/2017111601118.html

 エジプトの女性有名歌手が、ナイル川の水は寄生虫がいるから飲むな、ミネラルウォーターを飲め、と言った廉でエジプトで裁判に。
 (上流の土壌を含んで濁っているナイル川の水なんて到底飲む気しなかったが、他方、ミネラルウォーターを飲んでた記憶もない。確か、水道の水質は悪くなかったんじゃなかったかな。)↓

 A lawsuit was filed after video emerged showing Sherine Abdel Wahab being asked at a concert last year to sing Mashrebtesh Men Nilha (Have You Drunk From The Nile?)
 She responded by saying "drinking from the Nile will get me schistosomiasis" - a disease commonly known as bilharzia.
 "Drink Evian, it's better," she added.
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-41995932

 米国の異常なまでの銃社会ぶり・・しかも、それが募る一方・・が、国際比較等を通じて一目で分かるチャートが色々載っている記事。
 (なんで、こんな国を宗主国として戴き続けたい日本人が多いのか、到底理解でけんわ。)↓

 女尊男卑の日本社会への脱皮の一プロセス。↓

 「中国、兄は父親の姓、弟は母親の姓を名乗るパターンが増加中・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1115/c94475-9293118.html

 ツイッターの米社長が、座間での事件への思いを語っている。
 悲しい気持ちだが、規制は好ましくない、と。↓
http://www.bbc.com/news/technology-41997268

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。

 <礼譲の国日本に敬意。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本ならではの11の不思議なマナー」と題する記事を掲載した。
 記事が紹介した不思議なマナーの1つ目は、「敬称」だ。名前の後ろにつける敬称には「さん」、「君」、「様」など相手に応じて敬称が変わると紹介した。さらには「名刺交換の方法」に独特のルールがあること、「エレベーター」では最初に乗った人がボタンの前に立ち操作をする暗黙のルールがあることや、「電車」内では電話を避け、優先席は空けておくと伝えた。
 また、社会秩序を守るための「公然わいせつ罪」という法律があること、年長者が酒をおごる習慣、「お金の扱い方」では、お祝い事があると新札をきれいな袋に入れ、レジでもお金をトレーの上に乗せて渡すと紹介。さらには「正座」、「お中元・お歳暮」、「お辞儀」、「頭を下げる」習慣もあると紹介した。・・・
 記事は最後に、こうした日本の習慣を「不思議」としながらも、中国で生まれた礼儀や作法が中国では廃れてしまったのに、日本では変わらず受け継がれていると指摘して締めくくった。」
http://news.searchina.net/id/1647986?page=1
 <定番の日本へ行けキャンペーン。↓>
 「「死んでも嫌いだ」と反日感情を語る中国人を日本に行かせてみた・・・」
http://news.searchina.net/id/1648037?page=1
 <逆説的な日本へ行けキャンペーン。↓>
 「・・・今日頭条・・・記事は、日本は観光業が発達していて、近年は多くの中国人が日本を旅行で訪れるようになっていると指摘。日本と中国の間には歴史問題が存在し、今なお多くの中国人が日本に対して複雑な感情を抱いているとしながらも、こうした感情も中国人の訪日旅行ブームにはさほど大きな影響を及ぼしていないと論じた。
 続けて、初めて日本を訪れた中国人は目の前に広がる光景の「清潔さ」に驚き、「日本人はまったくゴミが出ない暮らしをしているのか」と思うほどだと紹介する一方、これだけ多くの中国人が日本を旅行で訪れているというのに、「日本人の間で中国旅行が人気となっているという話はまったく聞いたことがない」と指摘。しかも、一部の日本人は中国に対し、「大気汚染が深刻で、道路もゴミだらけ」というイメージを持っており、こうした点を嫌って中国旅行を避けている可能性があると嘆いた。」
http://news.searchina.net/id/1648044?page=1
 <定番の角度からの日本車買えキャンペーン。↓>
 「日系車の燃費が良い理由・・・」
http://news.searchina.net/id/1648010?page=1
 <定番の角度からの日本車買えキャンペーンだが、新機軸を出そうと努力している。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、「車に詳しくない人は日系車を選び、少々詳しい人はドイツ車を選ぶ」と伝えつつ、さらに「自動車に詳しい人はやはり日系車を選ぶ」と論じる記事を掲載した。
 記事は、中国では多くの消費者が「自動車を国籍で論じる傾向がある」と伝え、「ドイツ車は操作性が高い」、「日系車は経済的かつ実用的」といった評判が多く聞かれると紹介。一方、安全性に関する評判は「人によって大きく違っている」ことを指摘し、日系車には「鋼板が薄くて安全性に劣る」といったデマが存在することを紹介した。
 一方、中国で日系車の販売が伸びているのは「自動車に詳しくない人と、自動車に詳しい人」に支持されているためだとし、それは日系車の経済性と信頼性、そして安全性の高さが理由だと指摘。日系車の故障しにくさは中国でも高く評価されているとしたほか、安全性にまつわるデマについても、欧米で行われている権威ある自動車衝突試験の結果を挙げ、日系車の安全性の高さは証明されており、中国ネット上の「鋼板の薄さ」をめぐる論調はデマであることが知られるようになっていると指摘した。
 自動車に詳しくない消費者は日系車の燃費性能を評価し、日系車を選ぶ傾向にあることを紹介しつつ、自動車に詳しい消費者は日系車の壊れにくさなどの信頼性を評価して日系車を選ぶと伝え、こうした理由によって日系車が中国で販売を伸ばしているのだと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1648016?page=1
 <これもほぼ同じ内容の日本車買えキャンペーン。↓>
 「玄人ほど日系車を選ぶ傾向・・・ドイツ車を売りながら日系車に乗るケースも・・・」
http://news.searchina.net/id/1648031?page=1
 <二輪車の話ではあるが、やはり、日本車買えキャンペーン。↓>
 「日本製品は一生モノ・・・96年製のホンダ中古バイクのコンディションに驚き・・・」
http://news.searchina.net/id/1648011?page=1
 <ここからは今日頭条記事以外の引用。
 これもある意味定番の日本車買えキャンペーン。↓>
 「タイの街中は日本車だらけ・・・三輪タクシー「トゥクトゥク」までも・・・」
http://news.searchina.net/id/1648046?page=1
 <何度か取り上げられた話題だが、気合が入っている。↓>
 「・・・中国メディアの捜狐は・・・空母や戦闘機、高速鉄道に使われているボルトはどれも輸入品という「直視しなければならない現実」に関する記事を掲載した。
 中国の機械工業の進歩は目覚ましく、利益率・輸出額ともに増加しているというが、戦闘機などに使用されるねじ・ボルトなどの部品は「ほぼ100%輸入」に頼っているという。記事は、中国で生産されている部品はいずれも精度の低いものばかりで、高速鉄道などに求められる精度や耐久性の高い部品は、日本や他国に頼るしかないと指摘した。
 例えば、中国の戦闘機「Jー20」のボルトはどうしても最高級の水準が求められ、ねじはすべて高温・腐食にも耐えるチタン製でなければならないという。しかし、中国にはこうした高いレベルのねじの生産技術も生産ラインもないと嘆いた。軍事分野以外でも、高速鉄道、長征7号ロケットにも海外から輸入した高品質のボルトが大量に使われているという。
 では、なぜ中国国内では生産できないのだろうか。記事は、化学工業、冶金、鍛造の技術が遅れていることが原因だと分析。日本などのように「専門分業」ができておらず、製品システムや品質が不健全で、専門分野での研究が不足しており経験も足りないため、製造能力が低いのだとした。
 こうした現状に、中国のネット上では「作れないのではなく作りたくないだけ」、「ボルトなどの部品は買えば良い」などの意見があると紹介。しかし、これらの意見はいずれも現実を直視していないと切り捨てた。
 Jー20や高速鉄道、ロケットなどの技術力は世界トップレベルだとする一方、中国の基礎工業が弱いのは確かであり、中国製品が精緻さに欠けるのは事実だと主張。量から質への転換は時間がかかるが、いずれは日本の部品を使用せず、すべて中国産を使用する日を目指すべきだと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1648014?page=1
 <慰安婦問題ほどじゃないが、日本人が自分で自分の見解のよってきたるゆえんを説明できないのが捕鯨問題。太田コラムを読まないからだよ。↓>
 「世界中から非難の声があっても何故日本人は「捕鯨」にこだわるのか・・・中国メディアの網易・・・
 当の日本人もはっきりとして理由を持ち合わせていないのが現状と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1648017?page=1

-------------------------------------------------------------------------------
<K.K>

≫そのほか、PCH fan Speed wo・・書き留めそこなったようです・・を含め、計8箇所に回転数が表示されていました。≪(コラム#9460。太田)

 「PCH FAN」がマザーボードに付いている小さいファンのことだと気付くのに少し時間が掛かりました。
 それで思い出したのですが、既に外している/既に取り付けているかもしれませんが、「PCH FAN」上に貼り付けたガムテープを剥がすことと、

⇒これ、どの場所だったか記憶していないのですが、やったと思います。(太田)

ダストカバーを取り付けることを忘れないで下さい。

⇒沢山残っていてどれがどれだか分からないのですが、一番小さい以外の4本はみな同じ規格であるところ、一番小さいのは一応取り付けられたのですが、後のは2か所とも、取り付けられませんでした。
 浮いてしまって、ケースを立てたら落ちてしまいそうです。
 どうしてこうなってしまったのか、分かりませんが、取り付けないままにせざるをえません。(太田)

≫[SATA6G_4]に[ST4000VN008]でしたが、[SATA6G_2]と[SATA6G_5]に[ST4000DM004]、[SATA6G_3]に光学ドライブ、でした。≪(同上)

 動作には問題ありませんので、そのままということでお願いします。
 それから、パソコンをマザーボードのある方を壁側にして置くと思いますが、パソコンと壁の間は、最低2cmぐらいは開けるようにしてください。
 次に、ディスプレイに関してですが、
・DELLディスプレイとX299パソコン間の[DVIケーブル]が仮接続のままの場合は、ネジで固定してください。
・Epsonディスプレイ/LGディスプレイとX299パソコンの間をHDMIケーブルで接続してください。
(ビデオカードの3個のコネクターを使用しますが、どれがメインの出力(電源を入れた時「ASUS」と表示されるディスプレイ)かはわからないです。Windowsが起動してしまえば、メインのディスプレイはWindowsから変更できます。)

⇒ビデオカードには4個のコネクターがあり、向かって左から1、2番目のはHDMIケーブルを差し込めず、3番目と4番目のに差し込みました。これで目的は達したので構わないといえば構わないのですが、このビデオカードもASUS製であり、困ったものです。(太田)

 次に、太田さんから特に指摘がないので大丈夫なのだと思いますが、静音性は大丈夫そうでしょうか?

⇒想像していた以上に静かです。(太田)

 特に問題が無いようであれば、ハードウェアに関しては、一応完了ということにしてください。

<K.K><(画像は省略(太田))>

I UEFI BIOS の設定
注意:購入した「ASUS TUF X299 MARK 1」の「UEFI BIOS」は、このマザーボード独自のチューニングが施された「UEFI BIOS」です。私は、 「ASUS TUF X299 MARK 1」を所有していませんし、ネット上にも「ASUS TUF X299 MARK 1」の「UEFI BIOS」の情報は多くはありませんでしたので、他のASUSのマザーボードの画像を使用したり、他のASUSのマザーボードの設定方法を参考にせざるを得ない部分があることは、理解して下さい。
注意:この文書の操作では、パソコンの電源を入れた際、[Delete]キーを押して、BIOSを起動させる操作が複数回あります。BIOSを起動させることに失敗してしまった場合は、[Alt]キーと[Ctrl]キーを押したままの状態で[Delete]キーを押せばパソコンが再起動しますので、[Delete]キーを複数回押してBIOSを起動させてください。

<8> メモリー速度の設定
メモリーの速度を、[2133MHz]から[3600MHz]に変更します。
1. パソコンの電源を入れて、[ASUS]のロゴが表示されている間に、[Delete]キーを数回連打してください。
2. 下掲の画像のような画面になりましたら、[F7]キーを押して下さい。確認の小さなウィンドウが表示された場合は、[OK]をクリックして下さい。
3. 1[Ai Tweaker]タブをクリックしてください。
 2[Ai Overclock Tuner]が[Auto]になっているはずです。ここを[XMP]に変更してください。
4. (下掲の画像はあくまで例です。)手順3-2の結果、[Ai Overclock Tuner]の下に3個新しい設定項目が表示されるはずです。[XMP]の右方のドロップダウンリストから、[XMP DDR4-3600 17-19-19-19-1.2V](←実際にどう表示されるかは、分かりません。[DDR4-3600]という表示が含まれたものと解してください)を選択してください。
5. [F10]キーを押してください。「Save Configuration and reset?」(←「Save Changes and reset?」かもしれません)と表示されましたら、[Yes]をクリックしてください。
[ASUS]のロゴが表示されている間に、[Delete]キーを数回連打してください。
6. (下掲画像はあくまで例です。)下掲画像の1のところで、表示が[DDR4 3600MHz]となっていることを確認してください。次に、下掲画像2のところで、表示が[XMP DDR4-3600 17-19-19-19-1.2V](←全てこの通りであるかは、確信がありません。[DDR4-3600]という表示があればOKとしてください)であることを確認してください。
7. 引き続き「<2> RAIDの設定」を行ってください。

<9> RAIDの設定
注意:同じASUSのマザーボードであっても、[RAID]の設定方法が微妙に異なる場合があります。下記の手順で設定できるかどうかは、特にM.2接続のSSDが最近の製品ですので、100%の確信はありません。操作の途中で、明らかにおかしいと判断できる部分があった場合は、作業を中断してその旨連絡をください。なお、この部分の操作を失敗しても、マザーボードが故障する等は、ほぼありません。
1. 1[Advanced]タブをクリックして、2[PCH Storage Configuration]をクリックして下さい。
2. (下掲の画像は、ASUSのZ270チップセット搭載の別のマザーボードのUEFIの画面です。)
 [SATA Mode Selection]が[AHCI]になっているはずです。[▼]をクリックして、ドロップダウンリストを表示させて、[Intel RST Premium With Intel Optane System Acceleration (RAID)](←表示がこの通りであるかは分かりません。[RST]や[RAID]という文字がある選択肢と解してください)を選択してください。
3. (同上)
1) [M.2_1 PCIE Storage RAID Support]が、[Disabled]になっているはずです。[▼]をクリックして、ドロップダウンリストを表示させて、[Enabled]を選択して下さい。
2) 1)と同様にして、[M.2_2 PCIE Storage RAID Support]の設定を[Enabled]に変更して下さい。
4. (同上)
1) [Boot]タブをクリックして、
2) [CMS (Compatibility Support Module)]をクリックして下さい。
5. (同上)
[Launch CMS]の設定が、[Enabled]だと思います。[Disabled]に変更して下さい。
6. (同上)
注意の画面が出てきた場合は、[OK]をクリックして下さい。
7. [F10]キーを押して下さい。「Save Configuration and reset?」(←「Save Changes and reset?」かもしれません)と表示されましたら、[Yes]をクリックして下さい。パソコンが再起動します。
「ASUS」というロゴが表示されている間に、[Delete]キーを数回連打してください。
8.  下掲の画面が表示されまいたら、[F7]キーを押して下さい。確認の小さなウィンドウが表示された場合は、[OK]をクリックして下さい。

⇒確認の小さなウィンドウは表示されませんでした。(太田)
⇒⇒これは、問題ないと思います。(K.K)

9. 1 [Advanced]タブをクリックして下さい。 2 下掲画像の2の緑枠の所に[Intel Rapid Storage Technology]という設定項目が追加されているはずです。それをクリックして下さい。

⇒[Intel Rapid Storage Technology]という設定項目が追加されてい]ませんでした。(太田)
⇒⇒マニュアル(私はPDFマニュアルを参照しています)の「P4-2」の「6」に、「6. Advanced Modeに切り替え、「Advanced」→「Intel(R) Rapid Storage Technology」の順に進みます。」とありますので、一番下ではないかもしれませんが、[Intel Rapid Storage Technology]は存在するはずです。
 (また、マニュアルに嘘が書いてある可能性もゼロではありませんが・・・)
 もし、存在しないようでしたら、今一度、手順1→2と進んで、「SATA Mode Selection」が「Intel RST Premium With Intel Optane System Acceleration (RAID)」に設定されているか、確認してみてください。(K.K)
⇒⇒⇒一番下の下の空白行の下の記述をクリックしてみたところ、何回かの後に、上に「Intel(R) Rapid Storage Technology」が現れました!(太田)

10. [Create RAID Volume]をクリックして下さい。
11. 下掲画像緑枠のところで、
1) [Name:]の右方のテキストボックス(下掲画像で[Volume0]となっているところ)に[SSD_Mirrored]と入力してください。

⇒[Volume1]となっていましたね。(以下同じ。)(太田)

2) 次に、[RAID Level:]の右方のドロップダウンリスト(下掲画像で[RAID0(Stripe)]となっているところ)で、[RAID1(Mirrored)]を選択してください。

⇒[RAID1(Mirror)]となっていましたね。(以下同じ。)(太田)

12. 下掲画像緑枠の[Select Disk:]のところに、「SAMUSNG 960 PRO M.2 MZ-V6P512B/IT」が2台、「Seagate ST4000DM004」が2台、「Seagate ST4000VN008」が1台、が表示されているはずです。
 2台の「SAMUSNG 960 PRO M.2 MZ-V6P512B/IT」の右方のドロップダウンリストで、[X]を選択してください。2台のSSD以外にはチェック[X]は入れないでください。
13. 1 [Name:]が[SSD_Mirrored]であること、
2 [RAID Level:]が[RAID1(Mirrored)]であること、
3 2台の「SAMUSNG 960 PRO M.2 MZ-V6P512B/IT」にチェックの[X]が入っていることを確認して、
4 [Create Volume]をクリックしてください。
14. (下掲の画像は、ASUSのZ270チップセット搭載の別のマザーボードのUEFIの画面です。)
[SSD_Mirrored,RAID1(Mirrored),”500GBぐらい”,Normal]という[RAID Volume]が作成されていることを確認してください。
15. もう一度、[Create RAID Volume]をクリックしてください。
16. 下掲画像緑枠のところで、
1) [Name:]の右方のテキストボックス(下掲画像で[Volume0]となっているところ)に[HDD_Mirrored]と入力してください。
2) 次に、[RAID Level:]の右方のドロップダウンリスト(下掲画像で[RAID0(Stripe)]となっているところ)で、[RAID1(Mirrored)]を選択してください。
17. 2台の「Seagate ST4000DM004」の右方のドロップダウンリストで、[X]を選択してください。「Seagate ST4000VN008」にはチェック[X]を入れないでください。
18. 1 [Name:]が[HDD_Mirrored]であること、
   2 [RAID Level:]が[RAID1(Mirrored)]であること、
3 2台の「Seagate ST4000DM004」にチェックの[X]が入っていることを確認して、
4  [Create Volume]をクリックしてください。
19. 手順15で確認した[RAID Volume] の他にもう一つ、[HDD_Mirrored,RAID1(Mirrored),“3.6TBぐらい”,Normal] という[RAID Volume]が作成されていることを確認してください。(下掲画像はあくまで例で、1個しか[RAID Volume]がありません。)
20. [F10]キーを押して下さい。「Save Configuration and reset?」(←「Save Changes and reset?」かもしれません)と表示されましたら、[Yes]をクリックして下さい。パソコンが再起動します。
[ASUS]のロゴが表示されている間に、[Delete]キーを数回連打してください。

⇒真っ黒の状態が続くだけで[ASUS]のロゴが表示されません。(太田)
⇒⇒「Alt」キーと「Ctrl」キーを押したままの状態で、「Delete」キーを押して、パソコンを再起動出来ないか試みてください。(K.K)
⇒⇒⇒ダメですね。(太田)
⇒⇒それでも、パソコンが再起動しない場合は、リセットボタンを押して、再起動を試みてください。(K.K)
⇒⇒⇒リセットボタン?(太田)
⇒⇒⇒⇒パソコンケースの電源ボタンの左に、小さいボタンがあります。それです。押しづらい場合は、細めのプラスドライバーで押してください。(K.K)
⇒⇒⇒⇒⇒やってもダメでした。(太田)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒太田さん、なんとなくなのですが、問題はパソコン本体側ではなく、ディスプレイケーブルもしくはディスプレイ側の問題の気がするのですが。今までBIOS画面が表示されていたディスプレイの接続を確認してみてください。(K.K)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ケーブルの両端をしっかり押し、ネジを固く締め、一旦、ディスプレイの電源を切り、再度電源をつけてみたところ、ディスプレイの表示は出て、その後、ブラックアウトしたままになってしまうので、ディスプレイが原因じゃないですね。(太田)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒問題になっているのは「DELLディスプレイ」ですよね。DELLディスプレイ」には、DELLパソコンも接続されていますから、X299パソコンが再起動した際に、出力の切り替えがおかしくなっているのかな、と思います。(K.K)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒もともと、Dellには接続されていません。(念のため、他の2ディスプレイと結んであったHDMIケーブル2本も抜いてあります。)(太田)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒DELLパソコンとX299パソコン両方の電源を一旦落として、X299パソコンの電源のみ入れてみて、「ASUS」のロゴが表示されないか確認してみてください。(K.K)
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒X299パソコンだけで、電源を落として入れてみました。おー立ち上がりました。では、先に進めます。(太田)

21. 下掲の画像のような画面になりましたら、[F7]キーを押して下さい。確認の小さなウィンドウが表示された場合は、[OK]をクリックして下さい。
22. 1 [Advanced]タブをクリックして下さい。 2 下掲画像の2の緑枠の所に[Intel Rapid Storage Technology]という設定項目が追加されているはずです。それをクリックして下さい。

⇒前回の報告は誤りだったようです。
 右の方に垂直のスクロールバーがあって、それで表示されていない部分が表示されるんですね。(太田)

23. 下掲画像の緑枠の部分に、
[SSD_Mirrored,RAID1(Mirrored),”500GBぐらい”,Normal]と
[HDD_Mirrored,RAID1(Mirrored),“3.6TBぐらい”,Normal]
の2つのRAID Volumeが表示されていることを確認してください。
24. 電源ボタンを押して、パソコンの電源を落としてください。

II Windows10 インストールメディアの作成
<1> Windows10 インストールメディアの作成
1. DELLパソコンのUSBポートに、容量が8GB以上のUSBメモリーを差し込んでください。
2. DELLパソコンで、下記のサイトにアクセスしてください。
・Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
3. [ツールを今すぐダウンロード]ボタンをクリックしてください。
4. ダウンロードした[MediaCreationTool.exe]をダブルクリックして、Windows作成ツールを起動させてください。
5. [同意する(A)]ボタンをクリックしてください。
6. 1[別のPCのインストール メディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル)]ラジオボタンにチェックを入れて、
2[次へ(N)]ボタンをクリックしてください。
7. 1[64ビット(x64)]であることを確認後、
2[次へ(N)]ボタンをクリックしてください。
8. 1[USB フラッシュ ドライブ]ラジオボタンにチェックを入れて、
2[次へ(N)]ボタンをクリックしてください。
9. 1手順1装着したUSBディスクが選択されていることを確認後、
2[次へ(N)]ボタンをクリックしてください。インストールディスクの作成が始まります。終了まで15〜30分ぐらい掛かります。

⇒現在windows10をダウンロード中ですが、USB中に、元のwindowsファイルが入っており、「旧」ディレクトリを作ってその中に納めています。そもそも、これ、削除しちゃっていいんですか。(太田)
⇒⇒恐らく、「インストール作成ツール」が、作成の途中でUSBディスクをフォーマットすると思いますので、何もしなくても大丈夫ではないかなと思います。←確信はありません。・・・
 書き忘れました。古いファイルは不要です。ですが、既に新しいインストールディスクの作成を始めていますから、何もしない方が良いと思います。(K.K)

10. [完了(F)]ボタンをクリックしてください。
11. 次の手順<2>のUSBディスクと混同しないように、このUSBディスクを保管しておいてください。

<2> RAIDドライバーのダウンロード
1. 手順<1>とは別のUSBディスクを、DELLパソコンのUSBポートに差し込んでください。
2. 下記のサイトにアクセスしてください。
・Downloads for IntelR Rapid Storage Technology (IntelR RST)
https://downloadcenter.intel.com/product/55005/Intel-Rapid-Storage-Technology-Intel-RST-
3. [Intel Rapid Storage Technology (IntelR RST)]をクリックしてください。
4. 少し下にスクロールして、ウィンドウの左のところで[f6flpy-x64.zip]というボタンを探してください。[f6flpy-x64.zip]ボタンをクリックして、ファイルをダウンロードしてください。
5. ダウンロードされた[f6flpy-x64.zip]を解凍してください。
6. 解凍して生成された[f6flpy-x64]フォルダ内の全てのファイルをコピーして、手順1で装着したUSBに貼り付けてください。
7. 手順<1>のUSBディスクと混同しないように、RAIDドライバーを保存したUSBディスクを保管しておいてください。
8. [f6flpy-x64.zip]と[f6flpy-x64]フォルダは不要ですので削除してください。

⇒全部終わりました。(太田)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9465(2017.11.16)
<石野裕子『物語 フィンランドの歴史』を読む(その10)>

→非公開