太田述正コラム#9420(2017.10.25)
<皆さんとディスカッション(続x3506)>

<太田>(ツイッターより)

 「…習氏は結局、自らの続投を視野に、後継候補と目される人物を最高指導部に置かない道を選択した…」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%90%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%E3%80%8C%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E7%BF%92%E3%80%8D%E7%99%BB%E7%94%A8%E3%81%9B%E3%81%9A-%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E9%96%89%E5%B9%95%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9C%80%E9%AB%98%E6%8C%87%E5%B0%8E%E9%83%A8%EF%BC%97%E4%BA%BA%E5%88%A4%E6%98%8E/ar-AAtXC8m?li=AA4RHB&ocid=ientp
 「「新時代の中国の特色ある社会主義思想」を、習氏の名前を冠して「行動指針」として党規約に盛り込む改正案を承認。現役を続ける指導者の政治理念の「指針」入りは毛沢東以来…」
https://mainichi.jp/articles/20171024/dde/001/030/056000c
 習ちゃん、「新時代の中国の特色ある社会主義思想」、つまりは「人間主義思想」、より端的に言えば「日本文明総体継受」、という旗印を掲げると共に、自らを、事実上、天皇化する意図を表明した、と見たいね。

<太田>

 関連記事だ。
 アメちゃん達がこんだけ書き立ててるのに、日本の主要メディアが禄に関心を示してないのはどーゆーわけだ。↓

 China’s leader elevated to the level of Mao in Communist pantheon・・・
https://www.washingtonpost.com/world/chinas-leader-elevated-to-the-level-of-mao-in-communist-pantheon/2017/10/24/ddd911e0-b832-11e7-9b93-b97043e57a22_story.html?utm_term=.49986a6bd888
 China Enshrines ‘Xi Jinping Thought,’ Elevating Leader to Mao-Like Status・・・
https://www.nytimes.com/2017/10/24/world/asia/china-xi-jinping-communist-party.html?rref=collection%2Fsectioncollection%2Fworld&action=click&contentCollection=world®ion=stream&module=stream_unit&version=latest&contentPlacement=1&pgtype=sectionfront
 China officially elevates Xi Jinping to level of Mao・・・
http://www.latimes.com/world/la-fg-xi-communist-party-constitution-20171023-story.html

<太田>(ツイッターより)

 「…小池さんが昨年の知事選で大勝できたのは、彼女が自民党に排除されたことを見て、有権者が味方になってくれたからでした。にもかかわらず、今回自分が排除する側に回ってしまいました。それではうまくいくわけがありません。おごりがもたらした結果でしょう。…」
 →細川さん、小池さんが首尾一貫しているからこそ、自民党に排除され、民進党(民主党)の癌を排除(切除)したんであって、問題は、そのことが分からない有権者の側にあるんですよ。
 むしろ、時代を先取りした前衛政党にしちゃあ健闘した、と言ってよろしいんじゃないでしょうか。
http://www.asahi.com/articles/ASKBS4S73KBSUPQJ004.html?iref=comtop_favorite_02

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 アカン。
 テコ入れ策、何かないかねえ。↓

 「自民支持39%、立憲17% 希望は3%・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASKBS6DCDKBSUZPS00B.html?iref=comtop_list_pol_n03

 ヨシッ、「賢明」な日本国民、ボク大好き。↓

 「自衛隊9条明記 反対45%、賛成36%・・・」
  年代別では、18〜29歳は「賛成」49%が「反対」34%を上回った。他の年代では反対の方が多かった。特に60代では反対54%に対し、賛成27%だった。男女別では、男性は45%が賛成だったが、女性の賛成は28%にとどまった。・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASKBS3PWGKBSUZPS002.html?iref=comtop_list_pol_n02
 <そもそも、アメちゃんでさえ、見切っている。↓>
 Changing Japan's pacifist constitution won’t be easy for Abe・・・
https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/changing-japans-pacifist-constitution-wont-be-easy-for-abe/2017/10/24/5b11b1d4-b82a-11e7-9b93-b97043e57a22_story.html?utm_term=.c171da0e9b16

 アホかいな。「賢明」とは思えんわ。↓

 「政党支持は自民43%・立憲民14%・希望5%・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171024-OYT1T50081.html?from=ytop_main2

 消えゆく者達の姿は最後まで醜い。↓

 「野党連携、軸見えず 無所属、対応に温度差 立憲は当面、独自路線・・・」
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171025/ddm/003/010/039000c

 カタロニアの独立志向のよってきたるゆえんが説明されている。↓
https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/10/24/catalonia-has-always-been-distinct-why-is-it-part-of-spain/?utm_term=.d7d2ccdcfc67

 習ちゃん、着々と韓国再併合計画推進中。↓

 「韓中、THAAD対立後初の国防相会談・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/25/2017102500621.html

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 日中交流人士モノ。↓>
 「中国人翻訳家の時衛国氏が日本で翻訳特別賞受賞 中国人初受賞の快挙・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1024/c94473-9284286.html
 <これもそうだが、空海を鎌倉仏教の祖と知っての上?↓>
 「「空海―KU-KAI―」のニューバージョンポスター公開・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1024/c206603-9284251.html
 <これ、世界的ニュースだから取り上げても不思議はないが・・。↓>
 「アインシュタインが東京で記したメモがエルサレムで競売・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/1024/c94475-9284232.html
 <ここからはサーチナより。
 定番だが、そんなに憧れなくても・・。↓>
 「・・・中国メディアの網易はこのほど、「日本人がわれわれ中国人より10年も長生きなのはなぜなのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。
 世界保健機関(WHO)がまとめた2015年の統計によると、日本人の男女平均の寿命は83.7歳で世界1位となった。中国は53位で76.1歳となっており、記事が主張するように「10年の差がある」というのは少し大げさではあるが、ランキングには大きな開きがある。
 記事は、長寿に関係するであろう日本人特有の食や生活の習慣について、複数の要素を挙げているが、たとえば「魚や海藻を多く食べる食習慣は心臓病のリスクを低下させる」と指摘した。中国は、沿岸部では海産物を食す習慣があるが、それでも海藻はあまり食べられていないイメージだ。内陸部では淡水魚は食べられているが、海産物は流通量そのものが多くない。
 また生活習慣の面では、日本では食事において「腹八分目」という節度を守っていることや、料理が大皿ではなく少量ずつ盛り付けられることなども食べ過ぎを防ぐ習慣として指摘した。また「通勤においてよく歩き、乗り物でも座らずに立っている」と紹介したほか、「友人や家族との交流を大切にし、高齢者でも社会との交流を保っている」ことも挙げた。つまりストレスを上手に発散させているということを言いたいようだ。」
http://news.searchina.net/id/1646499?page=1
 <同じく。↓>
 「・・・中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の失われた20年には別の一面がある」と論じる記事を掲載し、20年の間に日本人の生活がどのように変化したのかを紹介している。
 記事はまず、バブル崩壊後の1991年から2010年までの20年間を「失われた20年」と呼ぶことを紹介する一方、日本を訪れた英国政府高官がかつて「もしこれが失われた20年なら、英国もぜひ失われた20年を経験したい」と述べたことを紹介。また、日本を旅行やビジネスで訪れた外国人は「日本の現代化が進んだ社会や豊かさ、清潔さを前に、20年も停滞した国であることが到底信じられない思いをすることになる」と指摘した。
 さらに、「失われた20年」を経験しながら、日本が今なお豊かである背後には、数字のトリックがあると主張。日本は労働人口が減少しており、それによってGDPの伸びが抑制され、表面上は経済が低迷しているように見えるだけだと指摘し、実際は日本の就業者1人あたりのGDPは大きく伸びており、日本の1世帯あたりの平均資産も1990年と2015年を比較すると34%も増えていると論じた。
 結論として記事は、日本経済が低迷した期間は「失われた20年」と言われているが、実は低迷しているようで、ますます豊かになった20年であったとまとめている。」
http://news.searchina.net/id/1646532?page=1
 <お詳しいことで。↓>
 「・・・国メディア・騰訊網は・・・日本の書店で売られている各種雑誌の表紙を見て、日本国内における羽生のカリスマ性がわかるとする記事を掲載した。
 記事は「迷宮の如き日本の地下鉄駅の中を歩いていると、不意に羽生結弦に遭遇した。宮城県仙台市出身の彼は近ごろ、仙台の観光イメージキャラクターとなっているのだ。2014年のソチ五輪、19歳で史上最年少金メダルを獲得した羽生は、その後新たな4回転ジャンプを成功させて男子シングルの最高得点記録を塗り替え、その都度世の中を驚かせた。羽生神話は日本メディアをはじめとする日本全体が彼を追いかける状況を生んだ」と伝えた。
 そして、日本最大級の書店である紀伊國屋書店に並んでいる様々なスポーツ雑誌の中で、羽生結弦がたくさん表紙を飾っていると紹介。演技に集中する姿、無邪気に大笑いする姿など、あらゆる表情がグラビアとして用いられており、羽生ほど高頻度にスポーツ雑誌の表紙を飾る人物はいないと説明した。出版業界の競争が激しくなる中で多くの雑誌が羽生を表紙の人物に起用する状況からは、彼の位置づけの高さがうかがえるとしている。
 記事は「日本のスポーツ界で、30歳を超えた本田圭佑はすでに主導的な人物ではなくなった。体操界でも内村航平はベテランの生きに入っており、白井健三はまだ五輪で金メダルを取る活躍をしていない。水泳会では萩野公介がいるが、故障もあって近ごろの存在感は弱い。今の日本スポーツ界はアイドル不足の時代なのだ」と説明。そんな中で圧倒的な人気を持ち得ているのが22歳の羽生であり、平昌五輪で前人未到の2連覇に対する大きな期待がかかっていることを伝えた。」
http://news.searchina.net/id/1646507?page=1
 <習ちゃん、自衛隊の弱体なる現状を憂慮してくれとるねー。↓>
 「・・・国メディア・参考消息は・・・日本の航空自衛隊が近ごろ2日続けて航空機のトラブルを起こしたことから、機材の老朽化と不足の深刻な状況が垣間見えたとする記事を掲載した。
 記事は、今月17日にUH−60Jヘリが浜松の南方約30キロの海面で墜落、失踪したのに続き、翌18日には茨城県の百里基地でF−4EJ戦闘機が離陸時に炎上する事故が発生したと紹介。UH−60Jは三菱重工が米国のSH−60ヘリを日本で組み立てしたもので初飛行は1987年、就役は92年であるとした。2010年現在で40<機>が現役で、主に海上捜索任務を担当しているが、機体の老化問題は今や避けられない事実であると伝えている。
 また、F−4EJも1978年に配備され、すでに40年近く現役を続けている超ベテラン機であると指摘。国際的な航空サイト・フライトグローバルの統計では、航空自衛隊にはなおも74機のF−4シリーズ戦闘機が配備されており、その老朽化問題は厳然たる事実であるとした。
記事によれば、航空機の老朽化は大国の空軍におしなべて存在する問題であるものの、航空自衛隊は極めてこの問題が突出しているとのこと。F−4戦闘機に加えて、航空自衛隊の主力であるF−15J/DJにも深刻な老朽化の波が押し寄せているという。
 記事はF−15戦闘機について「冷静時代に米国がソ連に対抗すべく、1981年に日本に配備された。223機が生産され、今年4月現在でまだ155機が現役。その大部分は延命処理が施されており、軍事専門家からは少なくとも2025年までは現役だろうとの見方が出ている。しかし、2011年7月に東シナ海で飛行訓練中に事故が発生し、同年12月にも百里地付近での飛行訓練中に垂直尾翼が落ちる事故を起こしており、その老化は深刻だ」と論じている。
 そのうえで、次世代戦闘機についてはF−35Jが比較的スムーズに導入の動きが進んでいるものの、短期間のうちに実戦能力を備えるのは難しいとした。また、日本国産ステルス戦闘機の実証機「心神」による試験飛行が繰り返されてはいるが、未だに日本の航空業界はステルス戦闘機の重要技術を研究開発できておらず、生産への道は遠くなおも遠く険しいものであると指摘した。」
http://news.searchina.net/id/1646525?page=1
 <フムフム。↓>
 「・・・中国メディア・環球網は・・・選挙結果について・・・2人の専門家の意見を紹介する記事を掲載した。
 記事は、中国国際問題研究院国際戦略研究所の唐奇芳氏、同研究院アジア太平洋研究所の孫文竹氏による、今回の衆院選の見方を紹介。唐氏が「全体的に見て、予測どおりの結果だった。自民・公明の連立与党には今年上半期に生じた懸念があったものの、相手が弱すぎたうえ勢力が分散してしまったため、日本の有権者は選びようがなかった」と解説したことを伝えた。
 また、孫氏も「自民党の勝利は予想通り。まず、安倍晋三首相が自ら勝てるタイミングを選んだ解散総選挙だったこと、日本経済が回復傾向をみせており、経済界が早々に安倍首相への支持を示していたこと、そして最大野党の民進党が選挙前に分裂したことが要因だ」と分析したことを紹介している。
 <以下、ホントの気持ちが言えないからなあ。↓>
 そして、今回の選挙における焦点の1つだった改憲問題について孫氏が「実際に改憲を進めるにはなおも一定の時間が必要だが、5月に安倍首相が発表した計画に沿って進むだろう」との見方を示したことを伝えた。
 一方で唐氏は「安倍首相による改憲を阻む力は政界自身にはない。程度や進めるペースにおいて議論はあるものの、概ね改憲という政治的主張には変わりないからだ。それゆえ、改憲の足取りを阻むとすればやはり民意によるものとなる。民意がどれだけ抑制作用として働いているかについては、今のところ何とも言えない」と語っている。
 <ホントはこうして欲しいワケ。↓>
 孫氏は「日本が本当に平和憲法を放棄して交戦権を再び持つようなことになれば、アジアや世界の安全構図は根本的に変化し、地域の軍備競争を引き起こすことになるかも知れない。ただ、そこまでの道はまだまだ遠く、実現されるかどうかも現時点では分からない」と指摘。今回自民党が政策公約にも掲げた「憲法に自衛隊を明記する」点だけ見れば、アジアの安全に対する影響は比較的限られており、2014年の集団自衛権解禁による影響よりも小さいとの見方を示した。」
http://news.searchina.net/id/1646524?page=1
 <客観記事。↓>
 「・・・ 中国メディアの網易は・・・中国から日本に輸出される野菜のなかには、中国で雑草扱いされている・・・紫蘇<のような>・・・ものもあり、それがなんと日本では高値で取引されていると驚きを示す記事を掲載した。・・・」
http://news.searchina.net/id/1646558?page=1
 <ここからは今日頭条記事の引用。
 定番の日本へ行けキャンペーン。↓>
 「日本の真実の姿を知っているか?「治安が良くて、暮らしやすくて、環境が良い国」・・・」
http://news.searchina.net/id/1646482?page=1
 <常に日本をカガミとしている習ちゃん。↓>
 「・・・の今日頭条は・・・日本が戦後に復興を遂げ、経済成長を成し遂げた軌跡は、中国が発展してきた軌跡と類似する点があると伝え、「現在の日本の姿は中国の将来を映しているのだろうか」と危機感を示す記事を掲載した。・・・
 記事は「中国は日本と同じ道は辿らない」と推測し、中国には当時の日本以上のポテンシャルがあるためだと主張。日本は米国の半分ほどの人口と、30分の1ほどの国土で、米国の60%ほどの経済規模にまで達したが、中国は日本の約10倍の人口と約26倍の国土を持ち、特に中国の中西部にはまだ発展の余力が大きく残されていると期待。数々の問題はあるものの、日本のようにバブルが崩壊し、経済成長率が低迷するような事態は起きないはずだと考察している。」
http://news.searchina.net/id/1646528?page=1
 <これもそう。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本人がかつて匠の精神を背景とした品質の高さを武器に日本製品を世界中に売りまくったように、中国発のモバイル決済が今、世界を牛耳ろうとしていると主張する記事を掲載した。・・・」
http://news.searchina.net/id/1646529?page=1
 <日本の人間主義を見事に捉え、見倣え、と檄。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、日本社会は人びとが互いに「騙さない」、「悪さをしない」という前提のもとに成り立っていると伝え、「日本社会における人間関係は信じられないほど信用し合うものであり、中国人から見ると背筋が凍るようだ」と伝えている。・・・
 記事は、中国では人びとが利己的すぎるうえに教養も信念もないと主張、社会的信用を重視する人もいなければ、信用を失うことの代償もないため、建築物の材料をごまかす「おから工事」が蔓延したり、食の安全性を揺るがす問題が頻発したりするのだと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1646567?page=1
 <前段は日本の人間主義のスナップショットとも言えるが、後段は分析不足を露呈。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本は世界で最もおかしな国」と評して、すべてが矛盾だらけだとする記事を掲載した。
 この記事では、カメラ片手に旅行するというテーマで、日本の日常を観察した感想を記している。雑誌が所狭しと詰め込まれた小さなブックスタンド、路地裏にある中華料理店のわきで座り込んでたばこをふかす若者、昔ながらの屋台で酒を飲む客と陽気に笑う店主などの写真だ。
 記事は、日本には「個人と全体との間」に永遠に消えない線引きがあるように感じるとしている。和を大切にする社会なのに、「個」も大事にしてプライバシーも重視しているのは「矛盾」していると感じるらしい。
 また、昼間と夜の間にも「はっきりとした区別」があることにも矛盾を感じるという。人びとが整然と静かに出勤する朝の写真を掲載し、日本人の昼間の顔は「歯車の部品」のように整然としているのに、夜になると一転すると指摘した。ネオンの輝く街では、飲み屋に人々が集まってにぎやかになり、人びとは「昼間の仮面」を取って個性を放ち、別人になると伝えた。」
http://news.searchina.net/id/1646546?page=1
 <へー。↓>
 「・・・今日頭条は・・・長い歴史を持つ中国の食文化から生まれた河南省のある食べ物・・・三不粘・・・が、幻のスイーツとして日本の食通たちからもてはやされているとする記事を掲載した。・・・」
http://news.searchina.net/id/1646570?page=1

---------------------------------------------------------------
<太田>

 TSUKUMO、OLIO.SPECで買ったものは本日、Amazonで買ったものは明日、届きます。

<K.K>

 太田さん、もろもろです。

I.タブレットへのOneDriveアプリとWordのインストール
 太田さんがどこでパソコンを組み立てるのかは分かりませんが、机から離れた場所で組み立てる場合、デスクトップパソコンやノートパソコンではWordファイルの手順を確認しづらいだろうと思います。
 タブレットに「OneDrive」アプリと「Word」をインストールして、私が送付したWordの手順ファイルをOneDriveに置けば、タブレットで手順を確認できるようになります。
 必要であれば、「OneDrive」アプリと「Word」をタブレットにインストールしておいてください。インストール方法は「Playストア」を起動させて、「OneDrive」「Word」と検索すれば、あとは直感的にインストール出来ると思います。

⇒原則、机の上でやるので、大丈夫です。仮に、リビング(オフ会会場)でやる場合があるとしても、そちらにも携帯パソコンがあるので問題ありません。(太田)

II.Office 365 Solo の期間更新
 もう少しで、「Office 365 Solo」の残り期間が1ヶ月を切ると思います。下掲のAmazonのリンクで、更新手続きを行ってください。購入後、直感的にボタンを押していけば、延長操作を完了できると思いますが、
https://imgur.com/a/ytEN2
上記のリンクの写真のところで、緑枠の「自動更新」を「有効」のままにすると、来年以降自動で更新されるようになります。自動で更新されるようにした場合、Microsoftで購入することになりますので、来年以降の費用は12,744円になると思います。
 更新手続きが面倒で、Amazonとの差額が気にならないのであれば、「自動更新」を「有効」のままで手続きを進めてください。
 来年以降も、Amazonで購入して手動で更新手続きをする場合は、「無効」にしてください。

・Amazon:11,581円
【購入特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応|特典12/31まで: ソフトウェア
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E8%B3%BC%E5%85%A5%E7%89%B9%E5%85%B8%E4%BB%98%E3%80%91Microsoft-Office-Solo-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E7%89%88-iPad%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B00O2TXF8O

・Microsoft:12,744円
Office 365 Solo を購入 - Microsoft ストア 日本
https://www.microsoft.com/ja-jp/store/d/office-365-solo/cfq7ttc0k5bc

⇒そりゃ、安い方がいいです。ところで、Amazonで続けた場合ですが、期限切れ予告通知は来ないんですかね。(太田)
⇒⇒期限切れまで1ヶ月を切ると、Word/Excelを起動させて時に、リボン(ウィンドウ上部のボタン等が並んでいる所)の下に、「期限が1ヶ月をきりました」というような表示が出ますので、気づかないということはないと思います。(K.K)

III.パソコンケースの前面扉に関して
 購入したパソコンケースの前面扉は、下記のリンクの写真のように「右開き」にすることが可能です。
https://imgur.com/a/rr7jj
 過去のやり取りから、机の上の左の方に、机の長辺とケースの長辺が平行になる向きに置くのではないかと思います。この場合、ケースの前面扉を「右開き」にした方が良いと思うのですが、「右開き」に変更する必要はありますか?

⇒机は左にも繋がって置いてあるのですが、資料だながあるので、「右開き」の方がいいですね。(太田)

<太田>

 CPUとHDD、先ほど届きました。

⇒一応、間違った製品でないか型番だけ確認してください。(K.K)
⇒⇒この前届いたメモリも含め、確認しておきました。
 (ずっと以前にも同じことを書いたと思いますが、)パッケージまでの確認なので、中身がすり替えられていたらお手上げです。
 なお、クーラーとファン(4個)も届きました。
 マザーボードが届かなきゃ、何もできませんが・・。(太田)

<太田>

 クレカ騒動ですが、切り替えて使ったクレカの会社から、すぐにメールで注意喚起がなされていたところ、昨晩、更に、携帯に電話がかかってきて注意喚起があったので謝意を表しておきました。
 コンスタントに使っていたクレカではあるけれど、「高価」な「電気製品」をそれで買ったことがなかっただけで、ご親切なことです。
 メインのクレカの方の会社は、ご親切が過ぎて極めて不親切・・使用しようとした時にいきなり使用できなくされた、プラス、そのことについて何の連絡も寄越さなかった・・だったわけですが・・。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9421(2017.10.25)
<定住・農業・国家(その9)>

→非公開