太田述正コラム#9358(2017.9.24)
<皆さんとディスカッション(続x3475)>

<太田>(ツイッターより)

 「…重慶晨報は、日本のメディアが「中国当局が日本行きツアーを制限」などと報じたことについて、旅行会社と国家旅游局に取材を行った。…」
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_191445/
 当局が否定したことはともかく、通達が一部旅行会社に対してしか伝達されていないのは解せない。
 何だこれ?

 「…米空軍の戦略爆撃機B1Bが北朝鮮東方の国際空域を飛行した…。南北を分ける非武装地帯…のラインから、米爆撃機として…今世紀で最も北まで飛行した…」
http://www.asahi.com/articles/ASK9S1T0YK9SUHBI001.html?iref=comtop_8_01
 次は、南北朝鮮が主張する領空が重なり合っている、黄海上の空域の米爆撃機の飛行かもね。

<太田>

 その空域。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%99%90%E7%95%8C%E7%B7%9A


<ZYG2w/Ww>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 自分の知人がアメリカ留学していたんだが、その時代の思い出話で、キリスト教徒の連中のモラルの低さをよく言っていたなぁ、でも、その程度の話は、海外旅行先で、接した連中がたまたま、良かった、悪かった程度の話でいくらでもある例だし。
 太田さんが言うのはそういうことでは無いんだよねぇ?もっと大局的な見地からのアメリカ文明批判、アブラハム系宗教批判なんでしょ?

⇒それに関しては、イギリス人による批判とそれほど変わんない、ごくありきたりの批判だぜ。(太田)

<七氏>(同上)

 「武士道精神」について詳しく論じてるのは、コラム#0614(2005.2.1)<武士道・騎士道・慈善>以外に何がある??

<L6PujT3s>

≫諸君、じたばたせず、腹をくくって、楽しく成行を見物してりゃいいのよ。≪(コラム#9356。太田)

 「呆れ、チョイ興奮しつつ」の中に込められた太田さんの気持ちを考えると「腹をくくって、楽しく成行を見物」ってのはまさに悟りの境地だなぁ。

≫自分が拠ってきた世界像が完璧なまでに幻視に過ぎなかった、という残酷無比な事実を直視するなんてことには耐えられないはずであって、既存読者は当然逃げ出し、≪(同上)

 「拠ってきた世界像が完璧なまでに幻視に過ぎなかった事を直視出来なかったから」既存読者が逃げ出したんじゃなくて、太田コラムを読んで多少なりとも太田さんの視界で今の日本の情勢見れるようになったらそこには絶望しかない上に、取れる手が尽く詰まれて希望すら持てない現状に耐えられなくなったのかなと。
 失礼ながら僕もたまに太田コラム読まなきゃ良かったって、馬鹿のままなら悩まずに済んだのにと、思わされる時ありますし。
 馬鹿が賢者の視界で今の日本見たらあまりにも絶望的すぎる。
 いやだからこそ「腹をくくって、楽しく成行を見物」するしかないのか。

⇒僕が言ってるのは、世界と日本に関するキモ事実を直視するのが耐えられない日本人が大部分だってことであり、キミの言ってることと同じだよ。
 その証拠が、キモ以外の事実については、今でも太田コラムを引用したり太田コラムに言及するネチズンはいるけど、キモ事実を引用したりキモ事実に言及するネチズンは(太田コラム有料読者を含め)ほぼ皆無なこと。
 (反論を試みたり、太田が気がふれたと言ったりするネチズンすらいないのは、キモ事実が事実だということは認めざるをえないからだろな。)(太田)

<htMA8sBk>(同上)

 プロレス気味とはいえ朝鮮半島で「危機」が発生している時に選挙ってのんびりしてんなあ。
 大義がどうとか喚いてる連中には全く同情できないけど、一番困るのは逆臣自民党以外のどこに投票していいか分からないくらい野党がゴミ揃いだってこと。
 ところでさ、イラクは核持ってるかも疑惑だけで戦争吹っ掛けて国を潰したってのに、同じ独裁体制で本当に核を持っててうっかり国土が射程内になりかねない北朝鮮にはマイクアピールだけってのはどう理解したらいいの?
 アメリカが弱くなったから?
 北朝鮮に後ろ盾がいるから?

⇒ソウルが火の海になり、そこにアメちゃん達も大勢いるからに決まってんだろ。(太田)

<mst0osLI>(同上)

 今の日本・世界の状況をみて使命感めいたものを持つのは人間として当然だと思うけど、なにかすればするほど奇人変人扱いされる運命にあるのが太田コラム読者ということは肝に命じておかなきゃな。
 太田さん程のエリート(経歴)で頭も良い人が、それこそ人生をかけて挑んで、実り少なく、一時は極貧に陥り、妻子には理解されずだぞ。
 太田さん以下の知力の人が何かしようと思ったら、文字通り人生捨てる覚悟で過激化するしかない。
 だけど、そんな短絡的な人が太田コラム読者な訳でもないから、真剣度が減り疎遠になっていくんだろうね。
 おれは、太田さんが死んでしまった後のことを考えて、いまのうちに自分の知力を少しでも高めようと、まだここに居る感じだな。
 真の絶望は太田さんが死んで以降やぞ。それまでに暖かい家庭でも築いて、みんな拠り所作っておくんやぞ。

⇒人間主義文明だったらしい、インダス文明も、また、アショーカ王の帝国も、カニシカ王の帝国も、ことごとく滅んだけど、人類は滅ばなかった。
 日本文明が滅んだって、そして日本自身が滅んだって、世界は続くはずだ、と達観すればよろしい、
 絶望するこたあないさ。(太田)

<mT/W.F/M>(同上)

 オータンのいう真の独立、弥生化って、日本が再軍備して、再びアジアの盟主に返り咲き、自らの意思で紛争地帯に積極的に介入して、日本日本文明、人間主義を流布させるってことでしょ?

⇒かどうかは、習ちゃんに聞いてみた方がえーんちゃう?
 日本人達が日本文明こそ世界の救いだ、滅亡させてはならない、ちゅう自覚を持ったからとて、その日本文明の世界への普及に自らどれだけ努めるのか、その際、武力にどれくらい頼るのか、は、その時々の日本人達が判断すればいいことであり、お任せしたい、と思ってるんでねーの。
 ボカア、師さえ健在でいてくれれば結構です、師のお手を余り煩わせるのは恐れ多いです、と、習ちゃんやその後継者(達)が、殆ど、日本の代わりにやってくれそうに思ってるんだけどな。(太田)

 オータンは大局的な見地で歴史、事象を視ているだろうから、最初こそ様々な摩擦が生じ禍根も残すだろうけど、数十年後に絶対、良い世の中になるって考えてるんでしょうが、頭の悪い俺にはとても、そうは思えないんだよねぇ。
 だいたい、歴史をみても、日本が世界の中心であったことなんて無いしねぇ。

⇒エーッ?
 人類史の最初から大部分の間、東アジアは世界の中心であり続け、そん中で、日本は、かつて、仙人の住む理想郷の蓬莱
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%93%AC%E8%8E%B1
として、仰ぎ見られてたっちゅーのに、何寝ぼけたこと言っとんの。(太田)

 アメリカ帝国主義、アブラハム系宗教の危うさはコラム読んでいて良く理解できるけど。

<US><(スライドは省略(太田))>

 9月20日指摘事項につき、スライド修正しました。
 意図していた通りかご確認ください。

以下、教えてください。
・6ページめで、じんかん を3箇所削除、とのことでしたので上三分の二の中で3箇所削除しました。下三分の一のところは人間(じんかん)主義の説明なのであえて消していません。くどいようでしたらこちらも消します。

⇒そのままで結構です。(太田)

・7ページめですが、一ページにおさめるため無理をしました。皆さんに事前に配るということなので6ポイントサイズの文字を使わさせていただきました。人によっては、紙に印刷しても読めない場合があります。無理が過ぎるようでしたらお申し付けください。もう少し工夫して見ます。

⇒そのままでよろしいのでは。(太田)

・7ページめで、モード転換 と モード転換促進 と言葉を分けていらっしゃいますがこの意図は何でしょうか? 弥生から縄文モードへの転換の場合は、そもそも自然回帰なので、天皇の役割はそれを促進するだけ、という理解で良いでしょうか?

⇒そうです。(太田)

・今回は原稿は用意されますか?用意されるのであればパワポのノート部分に挿入して、以前の講義資料のようにスライドとノートを一緒に印刷できるようにします。

⇒原稿に代えてコラム#9325に掲げた備忘録をもう少し充実させたものを用意するつもりでいますが、直前まで手を入れることになると思うので、そこまでしていただく必要はありません。(太田)

・全ページを並べると5つのグループに分類できると思うのですがいかがでしょうか?2ページに私が思う章立て案を示しました。もし合っているようであれば各ページの右肩にでもこのタイトルを載せようと思うのですがいかがでしょうか?
プロローグ

1.中国の目的は何?

アジア復権 Part I
2.大東亜戦争 日本は実質的勝者
3.属国日本 最大の地政学的リスク

日本文明と天皇
4.日本文明の至上性・普遍性と現状
5.天皇の役割 日本文明の普遍性を維持
6.天皇の思い 独立・再軍備

アジア復権 Part II
7.アジア復権 19世紀以降世界史の最大エポック
8.毛沢東以降の日本を師とする戦略

エピローグ
9.朝鮮半島は歴史的にずっと中国の一部

⇒最初の[エピローグ]→トル
 次の[エピローグ]→[参考]
でいかが?(太田)

<七氏>

 お疲れ様です。
 意見はありません。
 まだ資料<作成>完了してないですが、感想として、この一連の作業によって、コラム読むだけでは到達しなかった太田論理解ができたなと思います。
 <昨>日のディスカッション上でもありましたが、私もこの作業前までは、「日本文明の普遍性は人間主義にある」と思ってました。
 これ、もしかしたら結構そう理解している読者多いのではないかと思いました。
 「至上性と普遍性」のページ、そして「天皇の役割」「天皇の思い」ページは、そういう意味でも非常にいいまとめ資料になったなと。
 んで、6ポイントの文字ですが、月曜日になれば私は出力してみて見えるか確かめるのは可能です。

<US>

 本メールにPDFファイルを添付しています。経験上、MacでPDF化したファイルをメールするとおかしくなることがあります。
 文字化け等ありましたらその旨連絡ください

 太田さん、指摘事項修正し、また最終形に向けて体裁を整えてみました。
 全体を通して喋りやすいかどうかご確認ください。
 また、9ページの転換の仕組みとしての "仁政と天皇の存在" のボックスの真ん中に書いてあった "+" を "x" に変更しました。
 仁成の箱と天皇の存在の箱を横並びに書くだけでは、両者が対立する概念のように思われてしまう恐れを感じ、"+" を入れて、仕組みとして存在する2つの要素であることを強調させていました。これを "x" に変えることで、同時に存在する2要素、という意味合いだけでなく、転換に対して、両者の存在が相乗効果を発揮している、というニュアンスを入れてみました。言い過ぎであるならば戻します。

 今回ファイルを3つ送ります。利用しやすいものを使ってください。
1) 20170930 オフ会 09231900.pptx : Power Pointファイル。いつものファイルです。
2) 20170930_02231900.pdf : PDF形式 (Mac PC にて PDF化して日本語をファイル名に含めるとメール送信時におかしくなることが多いので数字だけのファイル名にしています。)
3) 20170930 オフ会 09231900.ppsx : スライドショー形式のファイル。スライドショーがいきなり始まります。

 Office365 を導入しないのであれば、選択肢としては以下があります
・PDFファイルを利用する
・無償パワポビューワー(https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13)をインストールし、スライドショー形式のファイルを利用する

 すでに ADOBE READER がインストールされているのであれば、PDF が一番良いと思います。
 PDFの場合は、フルスクリーンモードにして動きを確認してください。
 アニメーション機能等パワポ特有の機能を埋め込んであればパワポビューワーが良いでしょうが、そのようなものは一切利用していないので見た目はパワポビューワーとPDFのフルスクリーンモードもどちらも同じはずです。私のMac上では同じでした。
 フリーのビューワーは相性の関係で表示がおかしくなってしまうのでおすすめできません。
 不具合があれば連絡ください。
 対応します。

 七氏さん、検証していただけるとのこと、ありがとうございます。
 経験上、4ポイントは50代後半の方には無理でした。6ポイントは個人差があります。

<太田>

>"x" に変更しました。・・・言い過ぎであるならば戻します。

 [X]の方がよさそうですが、そうすると、何だか、[間違い]だと言いたいのか、という印象を与えます。
 左右の長方形を少し左右を縮小して間を開けて、[X]をその間に入れた方がベターでは?

<七氏>

 確かにその方がいいですね。

<太田>

>PDF が一番良いと思います。PDFの場合は、フルスクリーンモードにして動きを確認してください。<(US)

 文字化けも一切なく、動きも問題ありませんでした。
 これで行きたいと思います。

<US>

 太田さん、七氏さん、TAさん、Xマーク位置修正しました。
 箱を小さくしても下の縄文、弥生と並びが同じなので、それぞれ縄文の何か、弥生の何かを意味しているように思えます。
 天皇の問題提起から始まる仕組みを書いて、それを仕組みを支える2要素として、縄文、弥生の箱の下に持ってきました。
 いかがでしょうか?

<太田>

 よろしいのではないでしょうか。

<七氏>

 よいですね。

<TA>

 「今上天皇が、慰霊の旅を、日本側が被害を受けた場所に限って行ってきたのは、正戦であった大東亜戦争に倒れた日本側の人々への鎮魂が目的だからだ」(コラム#9330)、の検証の件(コラム#9350)についてです。下記の宮内庁HPを典拠としました。

 天皇皇后両陛下のご日程
http://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/top/1

 この中で明確に慰霊を目的としたもの(と明記されているもの)は、以下の二つです。
 アメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島サイパン島ご訪問(平成17年)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h17america/eev-h17-america.html
 パラオご訪問(平成27年)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h27palau/eev-h27-palau.html

 サイパンもパラオも「日本側が被害を受けた場所」でしょうから(典拠省略)、検証はこれにて終了、ということになります。
 一応、サイパン島訪問の日程の抜粋です。↓

「中部太平洋戦没者の碑ご供花
ラデラン・バナデロ(通称「スーサイド・クリフ」)ご訪問
プンタン・サバネタ(通称「バンザイ・クリフ」)ご訪問
アメリカ慰霊公園ご訪問
 ・マリアナ記念碑(現地人戦没者の碑)ご供花
 ・第二次世界大戦慰霊碑(米国人戦没者の碑)ご供花」

 パラオ訪問の日程の抜粋です。↓

「西太平洋戦没者の碑ご供花(ペリリュー島)
ペリリュー州関係者,遺族代表,戦友会ご会釈(西太平洋戦没者の碑(ペリリュー島))
アメリカ合衆国陸軍第81歩兵師団慰霊碑ご供花(ペリリュー島)」

 アメリカ側慰霊碑への供花も行っているようですね。天皇陛下の御心は私ごときに計り知れるものではありませんが、外交的配慮的にやらないわけにはいかないでしょう。
 あと、アメリカには(上記サイパンを除き)2回訪問していますね。↓

 「アメリカ合衆国ご訪問(平成6年)・・・
ご献花(アーリントン墓地)・・・
ご献花(国立太平洋記念墓地)(パンチボール))」
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h06america/eev-h06-america.html

 「カナダ・アメリカ合衆国ご訪問(平成21年)・・・
国立太平洋記念墓地ご供花(ホノルル市)」
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h21northamerica/eev-h21-northamerica.html

 二回も訪れている国立太平洋記念墓地(パンチボール)についてです。↓

 「約47万平方メートルもある広大なクレーター内に、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争などで戦死した3万人以上の兵士らの魂が安らか眠る「国立太平洋記念墓地」。・・・
 ここには第二次世界大戦のイタリア前線で戦った日系二世だけで編成され大隊と連隊の戦死者も眠っている。日本軍の真珠湾攻撃で厳しい立場になった彼らは、そんな偏見を打ち返すべく、アメリカ軍隊のなかで最も活躍し多くの勲章を受ける戦果をあげたが、同時に隊の戦死傷者率もアメリカ軍隊の中で最も高かった。・・・
 現在パンチボールには軍人だけでなく、1986年にスペースシャトル「チャレンジャー」号の事故で亡くなったハワイ出身の宇宙飛行士のエリソン・オニヅカ氏など4万人以上の魂が眠っている。」
https://www.plus-hawaii.com/oahu/spot/punchbowl/index.html

 そういえば天皇陛下は真珠湾には訪問されていませんね。我らが安倍総理は訪問しましたが。↓

 「日本時間の28日、安倍首相がハワイの真珠湾を訪問し、1941年12月7日に日本の攻撃を受け、1177名の兵士を乗せたまま沈没した戦艦アリゾナの上に立つ「アリゾナ記念館」で、オバマ大統領とともに犠牲者を慰霊した。その後の演説で、首相は戦後敵対関係から同盟関係に転じ、日本の平和と繁栄のために手を差し伸べてくれたアメリカに感謝の意を表し、日米の絆を強調した。」
https://newsphere.jp/politics/20161228-1/

⇒どうもありがとう。(太田)

≫国外に関しては、支那を除いて、今上天皇の慰霊の旅はほぼ終わってるし、国内も沖縄の慰霊の旅は終わってる。

 終わってないのは、硫黄島くらいだが、これは、同島全体が自衛隊の基地みたいなもんだから、現地自衛隊部隊への公式訪問なくして慰霊ができないからに他ならない、と見ている。≪(コラム#9126。太田)

 硫黄島への慰霊の旅はすでになされているようです。↓

「平成6年2月12日(土)〜平成6年2月14日(月)
東京都小笠原諸島ご視察・・・
天皇皇后両陛下 概要ご聴取(硫黄島航空基地)
天皇皇后両陛下 ご拝礼(天山慰霊碑)(硫黄島)
天皇皇后両陛下 ご拝礼(鎮魂の丘)(硫黄島)」
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/h06/gonitei-h06-01.html

<太田>

 これは驚きました。
 どうして、このことを忘れていたか・・気が付かなかったか?・・信じられない思いです。
 但し、硫黄島訪問に続いて父島訪問をされていますが、そちらでは「視察」を何か所かでされているけれど、硫黄島ではされていません(上掲)。
 自衛隊部隊「視察」・・つまり公式訪問・・を徹底的に避けられていることが明確に分かります。
 なお、昭和・今上両天皇が、自衛隊の栄誉礼
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E8%AA%89%E7%A4%BC
を単独で受礼されたことがないばかりか、日本を訪問した外国元首が自衛隊の栄誉礼を受礼する際においてまで、国際慣行に反して巡閲に同行されてこなかったこと、外国を訪問された際に、これまた国際慣行に反して、同外国軍の栄誉礼を受礼する際に、巡閲に駐在武官等の自衛官ではなく、同外国の武官を随行させてこられたこと、
http://www.sankei.com/premium/news/161105/prm1611050018-n1.html
を思い出しました。
 これ、もっと決定的なことかもしれませんね。
 これ、簡単に表現できないので、USさんへのスライドへの追記の依頼は止めておきますが・・。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 北朝鮮による太平洋上での水爆「実験」それ自体がいかに技術的にリスキーなことであるかを説明している。↓
https://www.nytimes.com/2017/09/22/world/asia/north-korea-atmospheric-nuclear-test-risks.html?rref=collection%2Fsectioncollection%2Fworld&action=click&contentCollection=world®ion=stream&module=stream_unit&version=latest&contentPlacement=4&pgtype=sectionfront

 その北朝鮮の国家宗教は東学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%AD%A6
である、と言っているに等しいこのコラムの当否を含め、次の次の次のオフ会で取り上げることにしよう。↓

 ・・・Juche derives from Cheondogyo, a 19th-century Korean religious sect that took on political objectives. Cheondogyo still exists across Korea, but in the north it has favoured status.・・・
https://www.theguardian.com/global-development/2017/sep/23/trump-misreads-north-korea-sacred-dynasty-at-his-peril

 ベルギーもドイツ並みに野蛮であるな。↓

 Holocaust Denier’s Sentence: Visit 5 Ex-Nazi Camps, and Write About It・・・
https://www.nytimes.com/2017/09/22/world/europe/belgium-holocaust-denier.html?rref=collection%2Fsectioncollection%2Fworld&action=click&contentCollection=world®ion=stream&module=stream_unit&version=latest&contentPlacement=6&pgtype=sectionfront

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <捜狐の引用。日本の教育を絶賛した定番。↓>
 「日本のように「心」を育てよう! わが国は「知識偏重」の教育から脱却できるのか・・・」
http://news.searchina.net/id/1644570?page=1
 <以下は今日頭条の引用。同上。↓>
 「子どもに「一生もの」の教育をする日本の親たち・・・」
http://news.searchina.net/id/1644574?page=1
 <これも定番。日本の治安の良さを絶賛。↓>
 「女性が深夜に1人で歩ける日本、「さすが治安が良い」と言わざるを得ない・・・」http://news.searchina.net/id/1644572?page=1
 <日本へ行けキャンペーン。↓>
 「行ってみたい・・・雨上がりの東京ディズニーリゾートは「まるで絵画のように美しい」・・・」
http://news.searchina.net/id/1644573?page=1
 <師に胸を張る弟子。↓>
 「わが国にだって「まるで日本のような清潔な都市があるんだ!」・・・」
http://news.searchina.net/id/1644575?page=1
-------------------------------------------------------------------------

土曜日が祝日だったわけですが、「正規」の一人題名のない音楽会をお送りしたので、一日遅れで臨時一人題名のない音楽会をお送ります。
 予定を変更して、ど演歌の「みだれ髪」(作詞:星野哲郎 作曲:船村徹)の小特集を組むことにしました。
 ど演歌の中で、例外的に私が好きな曲の一つで、美空ひばりと由紀さおりのを一度取り上げたことがある(コラム#3350)ところ、いつか、他の様々な歌手がこの曲を歌う小特集を組みたいと思っていたのですが、数日前に、5人のがリンク切れになっていることを発見し、慌てたのが本日にしたきっかけです。
 ずっと前のことですが、声優の野上ゆかな
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%AA
の「異邦人」(コラム#4815)が絶品だったのが、ダウンロードしないでいるうちにリンク切れになってしまったことが、ちょっと大げさに言えばトラウマになっていたのです。
 で、この際、と思って、ユーチューブ以外で探してみたところ、ニコニコで発見したのでご披露しておきます。(彼女が作詞した、「好きと言ってくれるだけでいい」も入っています。)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28291021
 でも、これ、かつてのユーチューブのとは違って、彼女が歌っている映像付きじゃないので、その絶品ぶりが3分の1くらいしか伝えられていないのは残念です。
 いかに、映像付きのが絶品だったかは、下掲を参照。
http://akibakko.blog115.fc2.com/blog-entry-29.html

 さて、本題です。
 上出の5人のうち、ユーチューブでは、別URLでも、ついに、島倉千代子と都はるみによるものは発見できなかったものの、野上ゆかなで味をしめて、ユーチューブ以外でも探してみた結果、dailymotionで二人のをどちらも発見!
 ついでに、大月みやこのもゲット。
 そのほか、ユーチューブではリンク切れになっていた、由紀さおりによるものにまで遭遇。
 そもそも、彼女が歌うくらいだから、私がこのど演歌を例外的に好きなのは当然かも・・。
 長ったらしい前置きを付けましたが、それでは、みだれ髪小特集をどうぞ。
 美空ひばりと由紀さおりのも再録しておきました。
 (見つけたのを片っ端から載っけたわけじゃなく、石川さゆりの等、気に入らないものは落としてますからね。)

美空ひばり 最後の公演から。ということも勘案すれば、ただただスゴイの一言。
https://www.youtube.com/watch?v=GGjJ6HFviSA
由紀さおり これが、この曲の最高の歌唱かも。
https://www.dailymotion.com/video/x23svy4
船村徹 作曲者。寒気がするほどうまいが、いかんせん、この曲、男性向けじゃない。
https://www.youtube.com/watch?v=flbOa1pCAZc
島倉千代子
https://www.dailymotion.com/video/x23svv0
都はるみ
https://www.dailymotion.com/video/x2pk0ql
藤圭子
https://www.youtube.com/watch?v=5PSA1Yu0GIA
大月みやこ 「大家」達の中で健闘。
https://www.dailymotion.com/video/x23rmxq
島津亜矢 ビジュアル抜き(メンゴ)で聴かせるのはホントの実力の証。
https://www.youtube.com/watch?v=GQxZSi0rx6U
森昌子
https://www.youtube.com/watch?v=GGgacUgTILA
小林幸子
https://www.youtube.com/watch?v=UbWwWJbTe1g
田川寿美 頭が下がる熱演。X
https://www.youtube.com/watch?v=9c-DXrO4fsk
キム・ヨンジャ 異文明を乗り越えた努力賞モノ。
https://www.youtube.com/watch?v=Met7MFRcNQg
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9359(2017.9.24)
<アングロサクソンと仏教--米国篇(その13)>

→非公開