太田述正コラム#9336(2017.9.13)
<皆さんとディスカッション(続x3464)>

<太田>(ツイッターより)

 「内閣支持5割回復…」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170911-OYT1T50069.html?from=ytop_ylist
 「小池氏と細野氏会談、新党の結成協力で一致‥‥」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170911-OYT1T50098.html
 こんな調子じゃ、先制解散をされ、安倍改憲が息を吹き返すぞ。
 直ちに安保政策のアウトラインを決め、速やかに新党結成を。

 昨年の米国の中位実質家計所得がやっと1999年を上回った。
 貧困率も引き続き下がっているし、男女賃金格差も2007年以来初めて狭まった。
http://time.com/4937969/american-median-income-record/?xid=homepage
 オバマの経済政策が成功したことが明らかになるのが1年遅れた結果、トランプが当選したことになりそう。

<ljUf449o>(「たった一人の反乱(避難所)」より

≫あと他の皆さんは「日本はアメリカと中国のどちらに追随していのか? それならアメリカだ」という発想で、日本自身が世界を牽引していくという考えは無いと感じました。≪(コラム#9334。komuro)

 えっ!日本が世界を引っ張っていくの?それは考えてなかった……。
 日本が独立するっていうのは、日本がアメリカみたいになっていく努力をするってことなの?

<Qtxqn6o>(同上)

 アメリカが覇道なら独立日本は王道ってところかね。
 というか、アメリカの覇権自体が力にものを言わせたメチャクチャなものだったから、あんなん誰も真似できへんやろ。
 当のアメリカだってそれで北米大陸の富を使い果たしたんだから。

<cP3nuA.Y>(同上)

>えっ!日本が世界を引っ張っていくの?<(ljUf449o)

 人間主義の普及は日本の世界史的使命だよん(コラム#7233)。

⇒国力はハードとソフトから成るところ、ハードの保有量と使用態様の方こそ日本国民が決めることができるけど、ソフトの方については、中共サマによって師として奉られちゃっている以上、日本国民がソフトパワーなんぞいりません、て偉そうに言える立場にはないの。(太田)

<4knbyf3Q>(同上)

 「「核保有はありえない」 岸田文雄自民党政調会長・・・」
http://blogos.com/article/245745/
 『我が国の核武装は議論すべきではない。』
 こんな奴が安倍ちゃんのお仲間で総理候補なのだから、日本の未来はもう見えてるよね。

⇒「タカ」と「ハト」の馴れ合い猿芝居は、戦後の日本で、一貫して続いてるんだよ。
 問題は、こんなご時世に、まだ、大真面目でそれを続けている白痴(放送禁止用語)どもの存在だわさ。(太田)

<Qtxqn6o>(同上)

 「明智光秀 密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ・・・」
https://mainichi.jp/articles/20170912/k00/00m/040/159000c
 何の後ろ盾もなく主人に弓引くとは思えなかったけど、甘ちゃんだったのかな。

<LxhIneGk>

 「第五種補給品・・・とは、朝鮮戦争時に韓国軍と在韓米軍や国連軍を相手にするために支給された韓国人女性のこと。1950年代に韓国陸軍本部によって出版された『後方戦史』・・・では韓国軍によってドラム缶のような形の鉄製の桶に一人ずつ押し込めてトラックで移送して回り、自陣営兵士のために送り込まれたと記載されている・・・
 ・・・韓国政府は休戦後から2004年9月22日までに在韓米軍基地周辺に性売買許可区域に洋公主、特殊接待婦[7]を固定配置して売春させる制度を変化させて管理と支援していた。
 ・・・韓国政府は官民協力することで大半は小学校も満足に修了してない基地村の韓国人女性らを逃亡には死ぬほどの制裁を加えることで一人辺り約30年間ほど働かせた。・・・」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%A8%AE%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E5%93%81

 慰安婦問題も、朝鮮戦争のトラウマで説明できるのでは。
 本当に性奴隷にした韓国政府や米国を糾弾できない代わりに、日本に対して言ってきている。

<太田>

 山本さんが、11日に、桜の番組を太田HPにアップしてくれてたんですね。↓

 「桜国防戦略会議「東アジア危機に日本はどう対処する」2017年9月9日」
http://www.ohtan.net/video/sakura20170909.html

 でも、サーバーは私が借りてるわけだけど、容量的に邪魔にならないのかしら?

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 録音・録画したものを、相手の人の同意を得ず勝手に公開するの、禁止すべきじゃないのかなあ?↓

 「豊田真由子議員の新たな暴言音声「お前らは痴呆症か」…松森氏妻?に「あの女もふてぶてしいよな」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13605062/

 アジアタイムスが逆の投稿ならぬコラムを載せた。
 日韓は核武装に着手してなきゃおかしい、とさ。
 だけど、おかしいんだからしゃーないの。↓

 ・・・Given the challenge from North Korea, it is unlikely that either South Korea or Japan will sit idly by or depend solely on the United States. More likely, each will secretly develop nuclear weapons following the Israeli model, if they have not already done so.
http://www.atimes.com/israeli-lesson-japan-s-korea-will-get-nukes/

 そのアジアタイムス、それに続けて、こんな昔の名前で出ています的コラムも載せた。
 ある意味定番ではあるが、戦前の日本=北朝鮮、だとさ。
 だからこそ、石油禁輸は危険だ、と。↓

 ・・・Today’s North Korea, after all, resembles 1930s fascist Japan more than any other analogy historians apply to Kim Jong-un and what the North Korean leader wants.・・・
 The truly Orwellian contours of the Kim Dynasty -- the quasi-religious cult of personality, unabashed militarism, propaganda on the inferiority of other races -- has far more in common with the worship surrounding Emperor Hirohito than any Soviet-era potentate,・・・
http://www.atimes.com/article/japans-history-shows-oil-embargoes-dance-disaster/
 FTも、(日本紙化したからなおさら(?)、)吉田ドクトリン的史観に立ったコラムを載せた。↓

 ・・・the increasingly nationalistic government of Japan seized Manchuria in 1931 the world, led by the US, refused to recognise the conquest and the new puppet state of Manchukuo. The Japanese were not able to establish a clear title but no one did anything to dislodge them.・・・
https://www.ft.com/content/9e4191c6-8db5-11e7-9580-c651950d3672

 CSモニターが、日本に係るロイター電を二つ載せた。↓

 Japan helps to ready India's first bullet train, edging out China・・・
https://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2017/0912/Japan-helps-to-ready-India-s-first-bullet-train-edging-out-China
 Driverless cars could help connect aging rural communities in Japan・・・
https://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2017/0912/Driverless-cars-could-help-connect-aging-rural-communities-in-Japan

 後二声くらいで、「トランプで米国が変わったんじゃなくって、トランプが米国なのだ」(桜TVでの私の発言)なんだけどねえ。↓

 ・・・We want to believe that the tragic insults to liberal democracy today -- whether in the White House or the streets of Charlottesville -- are atypical, and that soon, reason and good sense will again prevail. Yet the candidacy and presidency of Donald Trump are not an aberration, but a reflection of the political estrangement of our times. So is the authoritarian impulse we see bubbling up from the fringes.・・・
https://www.washingtonpost.com/news/posteverything/wp/2017/09/12/how-americas-culture-wars-have-evolved-into-a-class-war/?utm_term=.21b2bc0becdc

 このコラムに登場する3冊の本のうち1冊は、シリーズで取り上げたが、後の2冊は書評欄で見かけなかったなあ。↓

 「実はナチズムに冒された国家だった米国・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51037?utm_source=editor&utm_medium=mail&utm_campaign=link&utm_content=top

 今日頭条かと思ったら、日本のメディアだったー。↓

 「東大に留学した「中国人エリート」が見た日本・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e3%81%ab%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%8d%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%9f%e6%97%a5%e6%9c%ac-%e5%ad%a6%e9%a3%9f%e3%81%ae%e3%80%8c%e8%b2%a7%e3%81%97%e3%81%95%e3%80%8d%e3%81%ab%e7%b5%b6%e5%8f%a5%e2%80%a6%e3%80%8c%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e6%81%8b%e6%84%9b%e4%ba%8b%e6%83%85%e3%80%8d%e3%81%ab%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%81/ar-AArQ16i?ocid=iehp#page=2

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 日中交流人士モノ2篇。↓>
 「魯迅と夏目漱石の対話フォーラムが浙江省で開催・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0912/c94473-9267907.html
 「日本の白血病患者主役の舞台「友情〜秋桜のバラード」が中国初公演・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0912/c94473-9267853.html
 <日本文明絶賛モノ。但し、この記事も「中国新聞網」の引用。↓>
 「深みある日本のタマネギ文化・・・
 日本文化は「タマネギ」のようだとする声もある。タマネギのような文化が、強大な日本を誕生させたというのだ。タマネギの外観は、円形で何の変哲もないが、剥いてみると1枚1枚が新鮮で、色や形も異なっており、1枚剥くとさらに1枚剥きたくなる。つまり、日本文化はじっくり味わう必要があり、そうしていくうちに、その独特の深みを感じることができるということだ。」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0912/c94473-9267785.html
 <これ、南京事件さえ(数はともあれ)認めさえすれば、対日歴史認識問題は終わりだよって言ってんだよ。↓>
 「・・・中国社会科学院近代史研究所の王建郎所長は「遺憾なことに、今日もなお一部日本右翼勢力が頑なに誤った歴史観を堅持し、南京大虐殺の歴史を公然と否認し、さらには侵略の犯罪行為を飾り立て、美化すべく全力を傾注するのをわれわれは見ている。・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0911/c94474-9267261.html
 <ここからはサーチナより。
 定番の切り口の日本へ行けキャンペーン。↓>
 「日本らしさと非日常を満喫するなら「京都」が最高!・・・」
http://news.searchina.net/id/1643872?page=1
 <同じく。↓>
 「今度の大型連休、日本に行ったら試してみたい日本のお菓子・・・」
http://news.searchina.net/id/1643828?page=1
 <新しい切り口の日本へ行けキャンペーン。↓>
 「日本には、他所では味わえないような特別な食事体験ができる店がある・・・」
http://news.searchina.net/id/1643837?page=1
 <定番の日本車買えキャンペーン。↓>
 「壊れにくいし、「保値率」も高い・・・だから日系車は売れる・・・」
http://news.searchina.net/id/1643870?page=1
 <どれほど、中共の人々が日本の事情を参考にしようとしているか、よく分かる。↓>
 「日本のディスカウントショップは、どうしてこんなに人気なの? 中国の店はどうしてすぐに潰れるの?・・・
 「ディスカウントショップは単に安いだけでなく、常に変化する顧客のニーズをつかみ続ける必要がある。また日本のディスカウントショップは、店舗の雰囲気も絶えずレベルアップし続け、顧客に明るく衛生的で精緻なショッピング環境を提供しているのだ」と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1643869?page=1
 <同上。但し、定番の内容。↓>
 「日本の仕組みを参考にしよう・・・日本の有料駐車場に学べ・・・」
http://news.searchina.net/id/1643865?page=1
 <これもそう。↓>
 「日本のサービスエリアを魅力的なものにしている、3つの大きな要素とは?・・・」
http://news.searchina.net/id/1643845?page=1
 <同上。ちなみに、初めて、今日頭条以外からの引用。↓>
 「・・・中国青年報は・・・「日本での独身税を巡る議論に、中国のネットユーザーも落ち着いていられなくなった」とする記事を掲載した。
 記事は「実際、『独身』、『子どもを生まない』といった問題は日本にだけでなく、中国にも存在する。中国の独身者は年々増加しており、2015年には独身の成人男女がすでに2億人を超えたという統計がある。16年末における人口の男女比は女性100に対して男性が104.98で、男性が3359万人多くなっているのだ」とした。
 そして、中国政府や各省庁による年頭の会議で独身者の増加などが社会問題として取り上げられ、扶養対象の子がいる家庭の税負担をいない家庭よりも軽減するシステムなどの模索が提起されると、中国のネット上では「中国版の独身税がやって来る」との議論が起きたことを紹介。今回の日本での騒動によりこの議論が再燃したと伝えている。
 記事によれば、中国のネット上の議論では「結婚するかどうかは個人の選択。独身を選ぶのは、結婚した人の負担を肩代わりするためじゃない」、「全ての人がリッチな生活を求めて独身を選んでいるわけではない。相手がいない、お金がないという独身者も多い。それで独身税を払えとなってら心が壊れてしまう」といった声が出ているという。また「節約して独身生活をキープすればいいではないか」「それでもやっぱり、結婚するより税金を払った方がいい」との意見も見られたようだ。
 騒動の発端となった同市はそもそも「独身税」の導入は考えておらず、「独身税」という言葉だけが独り歩きしている状況のようだが、今回の件が大きな議論を呼んだ背景には「独身」という言葉に社会全体が敏感になっていることの表れと言えそうだ。」
http://news.searchina.net/id/1643886?page=1
 <定番の「客観」記事。再び、今日頭条を引用。↓>
 「これが日本人の朝食? とても食べることができない!・・・」
http://news.searchina.net/id/1643866?page=1

 そんなこと、「原子と電子の組み合わせによって、「意識」を人工的に作り出せるようになってから言ってくれよな。↓

 「・・・我々の意識もまた究極的には原子と電子の組み合わせによる現象である。そして宇宙の基本法則は、我々の肉体的な死後に肉体から分離した要素の存在を許さない・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%80%8c%e6%ad%bb%e5%be%8c%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%af%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e5%a0%b4%e3%81%ae%e9%87%8f%e5%ad%90%e8%ab%96%ef%bc%88qft%ef%bc%89%e5%ad%a6%e8%80%85%e3%81%8c%e6%96%ad%e8%a8%80%ef%bc%81-%e3%82%80%e3%81%97%e3%82%8d%e3%80%81%e8%b6%85%e6%96%b0%e7%a7%91%e5%ad%a6%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%92%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%81%99%e3%82%8b%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a7%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%a8%e4%b8%bb%e5%bc%b5/ar-AArQ2QG?ocid=iehp#page=2
-------------------------------------------------------------------------------

<K.K><(Excel表は省略(太田))>

 太田さん、新しいパソコンのパーツ選定に関してです。

1.添付ファイルの「パソコン見積り」というエクセルファイルを開いて下さい。
2.左下の所で[見積り]シートをクリックして下さい。
3.「一つの案に絞って」(コラム#9328)ということでしたが、値段が値段ですので、やはり複数提案させていただきます。
4.まず、C列の「A コース Intel Z270」(以下「A」)とI列の「C1 コース Intel X299」(以下「C1」)を見て下さい。
5.それぞれのコースの総額がセル[D22]とセル[J22]に表示されています。
6.2つのコースで異なるパーツが用いられている場合は、G列に差額が表示されています。
7.「A」と「C1」で異なるのは、CPU、マザーボード、メモリーの3つです。その他のパーツに関しては、共通です。
8.メモリーに関しては、「A」が32GBで、「C1」が64GBであることが、主な価格差をもたらしています。メモリーを同じ容量にした場合の、「A」と「C1」の価格差は、4万円強です。
9.CPUとマザーボードの違いから、「A」と「C1」を比較した場合、「C1」の方が、拡張性が高くなっています。(「PCIExpress」のレーン数というものが、「A」は16、「C1」は28です。) 説明すると長くなりますので、省略しますが、長くパソコンを使用していて、機器を増設したい場合は、「C1」の方が有利です。
10.主として、上記9の理由で、「C1」の方をお薦めします。

11.次に、「C1」と、O列に表示されている「C2 コース i9-7900X」(以下「C2」)を見て下さい。
12.「C1」と「C2」の違いは、CPUのみですが、CPUが「i7」から「i9」変わることによって、「PCIExpress」のレーン数が、28から44に増えます。
13.ビデオカードで、「PCIExpress」のレーンを16本使用してしまうので、レーン数が16から28に増えることに意味はあるのですが、28から44に増えることに意味が在るかどうかはわからないです。(将来的に、SSDが安くなって、SSDをPCIExpress接続にしてデータの置場にする等の場合は、必要になるかもしれません。)

14.次に、U列の「C3 コース DDR4-3600」を見て下さい。
15.この「C3」コースは、半分、遊びで作成したのですが、「16GBx4」というメモリーセットで手に入るメモリーの中で、最高クロックのメモリーにしたコースです。(「G.Skill」というメーカーの「Trident」という最上位のブランドのメモリーです。このブランドのメモリーは、クロック数であまり値段が違わないので、「16GBx4」で最高クロックのメモリーを選んでみました。)
16.この「C3」の場合、「CPU、チップセット、メモリー」が、「i9、X299、DDR4-3600」という、現時点ではIntel系の事実上の最高峰になります。
 (先日、「i9-7920X」が発売になりましたが、「i9-7900X」と「i9-7920X」で、レーン数に変化はありません。先日、AMDから「X399」というチップセットが発売になりましたが、「X299」とどちらが性能が上かはわからないです。4枚組ではなく2枚組であれば「DDR4-3600」以上のメモリーも存在します。)

 値段が値段ですので、私からどのコースにしろ、とは言いにくいです。「A」で十分にハイスペックで耐久性もありますが、将来的な拡張性を考えると「C1」かなと思います。そして、「C1」を作るのであれば、いっそ「C3」にしてしまえ、とも思ってしまいます。
 逆に、「C3」にするくらいなら、「A」にしておいて、「A」に近いパソコンをもう一台作成する方が良い、とも思います。
 最後は、太田さんがお決めになって下さい。
 決まりましたら、コース名を教えて下さい。その後、もっと細かくそれぞれのパーツを選んだ理由を説明したいと思います。

<太田>

 C3、但し、光学ドライブは(殆ど使わないので)既存のものを転用、ということでお願いします。
 長々と理由を書いていたら、Thunderbirdがクラッシュして消えてしまったので、結論だけ書きます。
 (一つだけ。本筋とは関係ありませんが、既存のSSDの富士通旧への転用はできないんでしょうか。)

<K.K>

 出来ますし、そうする予定です。
 ちょっと今日は、無理なのですが、明日個々のパーツに関して一応説明させて下さい。
 個々のパーツに関しても、一応、太田さんも納得、という形にしたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9337(2017.9.13)
<アングロサクソンと仏教--米国篇(その2)>

→非公開