太田述正コラム#9270(2017.8.11)
<皆さんとディスカッション(続x3431)>

<太田>(ツイッターより)

 習ちゃん、公然と金正恩坊やを激励。↓
 「北朝鮮を擁護する中国メディア「チキンゲームで北は米に負けないだろう」…」
http://news.livedoor.com/article/detail/13457570/
 要はトランプがコケに。↓
 「<戦争になる訳がない、と>…「円」が買われる…」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19857810Q7A810C1000000/?dg=1

「北朝鮮<は、>日本に対して…「過去自国の人民に胸痛む傷を残した米国とぐるになって奔走し、米国の侵略戦争遂行の突撃隊、手先として積極的に乗り出す愚かな行為をやめなければならない」と強調…」
http://news.livedoor.com/article/detail/13449483/
 2日前だが、習・正恩が共同で「独立」を懇願?

<TDK>

≫これも含め、WSJは基本的にみな有料記事なので、中身が読めないが、ホントにそういう風に書いてあるの? いや、そもそも、ホントに北朝鮮がそんなこと言ったの? 誰か教えて。↓
 North Korea Says It Would Use Nukes Only Against U.S.
https://www.wsj.com/articles/no-north-korea-talks-while-missiles-are-flying-tillerson-says-1502084784 ≪(コラム#9264。太田)

 WSJ紙版(8月8日付)によると、
・・・North korean foreign minister Mr Ri said the north korean regime was seeking nuclear capability as a deterrent and woudnt use the weapons against any country except the US unless another nation aided in an attack against North korea.・・・
だそうです。

<太田>

 うーむ、思うに、これも、正恩坊やによる、韓国向けというよりは、日本向けの重要メッセージと受け止めるべきなのかもしれませんね。
 単にスポンサーで庇護者たる習ちゃんに言わされていると受け止めるべきじゃなく、単に自国の存続を図るための日米離間謀略と見るべきでもなく、旧植民地の頭目から旧宗主国の人民に向けての、(朝鮮戦争の時に「自国<北朝鮮>の人民に<も>胸痛む傷を残した」仇敵)米国からの「独立」を促す連帯的呼びかけである、と。
 なお、「北朝鮮が・・・8月9日<に>・・・警告「…核兵器によ<って、>…日本列島を焦土化、太平洋に沈没<させる>」 小野寺防衛相を名指しで非難」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/09/north-korea_n_17705576.html
した(コラム#9268でも朝日記事を引用)のは、一見矛盾しているようですが、この小野寺発言をanother nation aided <US> in an attack against North korea と見なしたから、ということになりそうですね。
 以上、正恩坊やが、本件に関して(だけ)は正気である、としたら、ですが・・。
 それにしても、「安倍首相は6日の会見で「現時点で保有に向けた具体的な検討を行う予定はない」として、敵基地攻撃能力の保有に慎重な姿勢を見せた。」とは、情けない限り。
 習・正恩・トランプ三銃士の一層の迫真の演技に期待。

 関連記事だ。

 <ええぞ、ええぞ。↓>
 「「炎と怒り」警告、十分強硬でなかった可能性=トランプ氏・・・」
http://blogos.com/article/239821/
 「トランプ米大統領は・・・北朝鮮が米領グアム沖に弾道ミサイルの発射を検討中と表明した問題で、「グアムで何かやれば、世界が今まで見たこともないようなことが北朝鮮で起きるだろう」と述べ、軍事攻撃による報復を強く示唆した。
 トランプ氏は「(これは単なる)挑発ではない。声明であり事実だ」と言明。「金正恩(朝鮮労働党委員長)はわが国を著しくおとしめ、恐るべき発言を繰り返してきたが、今や状況は変わった」と語り、北朝鮮の行動に厳然と対処する姿勢を強調した。
 北朝鮮に対する先制攻撃の可能性についても「今に分かる」と述べ、実行の可能性に含みを持たせた。・・・」
http://www.sankei.com/world/news/170811/wor1708110019-n1.html
 <追い詰められてるのは米国だけ。↓>
 「米国株、ダウ204ドル安 2万2000ドル割れ 北朝鮮情勢を警戒し売り広がる・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_R10C17A8000000/
 <トルーマン発言とトランプ発言の類似性が指摘されているところ、前者の背景等を紹介したコラムだ。トルーマンを戦争犯罪人と書かなくっちゃ。↓>
http://time.com/4893220/trump-fire-fury-truman-rain-ruin/?xid=homepage
 <米国で、どうすべきかについて、馬に食わせるほどコラムが出ているが、万策尽きたカンジ。
 そもそも、韓国や日本に対する核の脅威が現実化した瞬間に、北朝鮮に軍事攻撃をかけるか、日韓に核武装を求めるか、東アジアから米軍を撤退させるか、を決断すべきだったのに、(米国から見て依然、北朝鮮同様の「土人達」の国々である、韓国と日本が、それぞれ、別の理由で米国に決断を殆ど求めなかったことも責められるべきだが、)自国への脅威にはなってなかったんで、それを怠ったのが致命的ミスだったのさ。↓>
 A huge question for Trump’s North Korea crisis・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/a-huge-question-for-trumps-north-korea-crisis/2017/08/10/f2b1ed4e-7df4-11e7-9d08-b79f191668ed_story.html?utm_term=.5f1c5c2f3a2d
 Gaming out the North Korea crisis: How the conflict might escalate・・・
https://www.washingtonpost.com/politics/gaming-out-the-north-korea-crisis-how-the-conflict-might-escalate/2017/08/10/06d0207a-7ddc-11e7-a669-b400c5c7e1cc_story.html?utm_term=.2c6631dbc61f
 A nuclear-armed North Korea could make smaller disputes with Pyongyang much more dangerous・・・
https://www.washingtonpost.com/world/national-security/a-nuclear-armed-north-korea-could-make-smaller-disputes-with-pyongyang-much-more-dangerous/2017/08/10/b62ee0ce-7dd7-11e7-9d08-b79f191668ed_story.html?utm_term=.4e88326719b1
 Are We All Doomed?・・・
https://www.nytimes.com/2017/08/10/opinion/north-korea-nuclear-weapons-trump.html?ref=opinion
 When the U.S. Last Faced an Emerging Nuclear Threat in East Asia・・・
https://www.nytimes.com/2017/08/10/world/asia/north-korea-nuclear-weapons-china-us.html?rref=collection%2Fsectioncollection%2Fworld&action=click&contentCollection=world®ion=stream&module=stream_unit&version=latest&contentPlacement=10&pgtype=sectionfront
 <やっぱ、蚊帳の外だったことが明らかになったロシア。↓>
 「北朝鮮<は>・・・北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)を中距離弾道ミサイルとロシアが主張していることについて「国際社会が(ICBMだと)一様に公認する現実をロシアだけは目も耳もふさいでむやみに否認している」と非難する論評を発表した・・・」
https://mainichi.jp/articles/20170811/k00/00m/030/032000c
 <そりゃそうなんだろうが・・。↓>
 「核弾頭、迎撃しても起爆の心配なし 防衛省・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H6C_Q7A810C1PP8000/
 <日日是好日(?)の韓国人達。↓>
 「・・・韓国の政治家たちのDNAには「油断遺伝子」が組み込まれているという。目前に危機が差し迫っても「まさか」と思い続けて結局全てを失ってしまうのだ。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)が起こる直前、当時の朝鮮王・宣祖は「倭国(日本)が侵略するかも知れない」との報告を黙殺し、結局国全体が火の海になった。6・25戦争が起こった日の朝、当時の李承晩(イ・スンマン)大統領は景福宮内の慶会楼で釣りをしていた時に戦争の報告を受けた。以前から38度線周辺で何度も小さな衝突が起こっていたため、警戒心が薄れてしまったのだろう。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/11/2017081100806.html

<豊丘時竹>(2017.8.11)http://d.hatena.ne.jp/toyotoki11/20170811

≫それにしても、日本の原水爆禁止運動関係者や被爆関係者達が、北朝鮮も米国も批判せず、日本政府だけ批判してるって、一体どうなっとんのよ。≪(コラム#9268。太田)

 昔、ソ連や中国の原爆実験には抗議しなかったことが思い出される。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 とにかく、日本じゃ政治家の人材が枯渇しとるよ。↓

 「次期首相トップに石破氏=安倍総裁3選、反対51%・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%ac%a1%e6%9c%9f%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e7%9f%b3%e7%a0%b4%e6%b0%8f%ef%bc%9d%e5%ae%89%e5%80%8d%e7%b7%8f%e8%a3%81%ef%bc%93%e9%81%b8%e3%80%81%e5%8f%8d%e5%af%be%ef%bc%95%ef%bc%91percent%ef%bc%8d%e6%99%82%e4%ba%8b%e4%b8%96%e8%ab%96%e8%aa%bf%e6%9f%bb/ar-AApO1Ar?ocid=iehp

 そりゃそうだろうが・・。↓

 「男女2人の皮膚の表面にいる微生物を調べれば、同棲(どうせい)中なのかどうかを、およそ9割の確率で当てることができる・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASK845JF8K84ULBJ009.html?rm=248

 はーそうなの。↓

 「完全ブレークでアンチ大増殖も……高橋一生の異常な“業界内人気” アイドル並みの「おっかけ」も・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13455628/

 東田直樹
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E7%94%B0%E7%9B%B4%E6%A8%B9
の『自閉症の僕が跳びはねる理由』の英訳本を絶賛した書評。↓
https://www.theguardian.com/books/2017/aug/09/fall-down-7-times-get-up-8-naoki-higashida-review

 日本の舞妓さんについての記事。↓
http://edition.cnn.com/travel/article/maikos-geisha-apprentices-new-book/index.html

 昨日の藤井四段-高見五段戦・・藤井35勝目、順位戦3連勝・・を見損ねたので、下掲をつまみ食い鑑賞。↓
https://www.youtube.com/watch?v=f8_vHH0mRag ←終局近くから
https://www.youtube.com/watch?v=FLG2sYRyyjk ←同上
https://www.youtube.com/watch?v=A-C38dbs8b8 ←棋譜
https://www.youtube.com/watch?v=FOSr4PsZc7I ←ハイライト

 イスラエルがガザとの境界沿いに作っている、地下道も防ぐ壁の話。↓
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-40886728

 全くもってその通り。↓

 Does Qatar Support Extremism? Yes. And So Does Saudi Arabia.・・・
https://www.nytimes.com/2017/08/10/opinion/qatar-saudi-arabia-extremism.html?ref=opinion

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 日支交流史。↓>
 「・・・遣唐使が中国の烏梅を貴重な薬として日本に持ち帰り、平安時代に、村上天皇の病気を治したと言われている。鎌倉時代や室町時代にも、烏梅は解毒剤や食欲増進剤として使われた。そして、江戸時代の頃から、家庭でも梅干しが作られるようになり、赤い梅干しは日本人の大好きなおかずとして今でも食卓に並んでいる。・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0809/c94473-9253007.html
 <日本消息。↓>
 「1玉1万円以上する「四角いスイカ」が日本で大人気・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0810/c94689-9253622.html
 <日中交流人士。↓>
 「世界コスプレサミット」で中国代表が世界一に 日本・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0809/c94689-9252740.html
 <ここからはサーチナより。
 日本車買えキャンペーンはどこまでも。↓>
 「ダイハツ小型車に中国人も「萌える!」こんなカワイイ自動車なら中国でも「売れる!」・・・」
http://news.searchina.net/id/1641665?page=1
 <毎度日本の技術力を称賛。↓>
 「日本に新たなブラックテクノロジー出現? 日本人がとけないアイスキャンディーを作ったぞ!・・・」
http://news.searchina.net/id/1641676?page=1
 <高品質・高価格の日本産品に見倣え、と。↓>
 「「美味しいけれど日本の3倍!」中国で日本米の価格が異常に跳ね上がる理由・・・」
http://news.searchina.net/id/1641730?page=1
 <日本食のススメ。↓>
 「・・・今日頭条にこのほど「どうして日本料理は中国でこれほどまで人気になり得たのか」との質問が掲示され、多くの有識者や一般ネットユーザーが回答している。
 北京晩報でグルメ系コラムを執筆しているという人物は「中国人が日本料理に新鮮味を持っていること」、「牛肉をはじめとする日本の肉類の品質がとても高く、飼育技術や加工技術が中国よりも優れていること」、「現代人の健康志向にマッチしていること」、「日本料理の持つ調理法や調理の理念が優れていること」、「日本料理には匠の精神が体現されていること」という5点の理由を挙げて説明した。
 また、四川旅遊学院の調理コースで副教授を務めるという専門家は「中国人は洋食に比べて日本料理に接する機会が少なかったこと」、「日本料理の味付けが比較的中国の料理に近く、比較的受け入れやすいこと」、「盛り付けにこだわりを持つ日本料理は目でも楽しめ、食器の美も追求されていること」、「食材の新鮮さ、栄養バランスが重んじられていること」の4点から論じている。
 この専門家はさらに、日本料理は中国の影響を多分に受けており、麺やギョウザ、ワンタンなど料理や、箸などの食器に代表されるように、共通する部分も多いと指摘。一方で、中国料理と日本料理の最大の違いは、日本料理は海産物を用いることを最も好み、最も得意としている点にあるとした。」
http://news.searchina.net/id/1641724?page=1
 <定番テーマの一つ。↓>
 「地震が起きて思う・・・日本の警報システムの凄さと日本人の防災意識の高さ・・・」
http://news.searchina.net/id/1641714?page=1
 <製造業総体についてさえ、日本に学べ、と。↓>
 「陰りが見え始めた中国製造業、「今こそ日本のように」構造転換を・・・」
http://news.searchina.net/id/1641715?page=1
 <ハンデある人々に優しい日本に学べ、と、当局ならぬ人民の声。↓>
 「・・・ 広州市から東京へ旅行に訪れている男性が、観光中に体験した「ミラクルな一日」を中国版ツイッターで投稿し、話題になっている。
 男性の同行者である女性は、右足を負傷して車椅子に乗っているのだが、移動で不便な思いをするどころか、電車や地下鉄の駅職員に手厚い補助を受け、非常に感動したようだ。
 「サービスはまさにプロフェッショナルで親切。駅に入って、乗り換えて、駅に着くまでずっと助けてもらえた。彼らは本当にカッコよかった!」と、その時の様子を写真に撮って投稿しており、女性がJR板橋駅の職員4名に補助されて階段を降りる姿や、都営三田線の新板橋駅の職員が、乗車補助用の板を持って待機する姿が写されている。
 続けて、「乗換えだって調べる必要がない。行き先を聞いてくれる人がいて、電車のドアの前まで送ってくれる。そして駅に着くと、同じように専門の人が待っていて迎えてくれた」とも語り、ただ乗車のサポートを行うだけでなく、降車駅の職員とも連携をとっていたことに更に驚いたようだ。
 これに対して中国のネットユーザーからは、日本の鉄道会社のサポートの手厚さに感心する声と共に、「日本では差別的な表現を避けるために、『残疾人(中国語で障がいのある人の意味)』と言わずに、『お体の不自由な方』という言い方をしていることにも気づいた?」と、言葉の面での気遣いもあることを紹介するコメントも寄せられていた。」
http://news.searchina.net/id/1641713?page=1
 <戦前の日支関係の歴史認識について、先祖返りをしたかのような記事。チョイ気になる。↓>
 「・・・捜狐はこのほど「中国人が今なお日本を憎む理由」について考察する記事を掲載した。
 歴史を遡れば、奏漢の時代に日本は使者を派遣し、中国から漢字や文化を学び日本に伝え、唐の時代には最も盛んに交流がなされた。中国人からすれば、日本は中国から多くの文化を学び、文化の基盤を中国から学んだゆえに「日本は中国に恩があるはずだ」と考えるようだ。
 しかし記事は、日本は日清戦争で清と戦い、1900年以降も他の列強と共に中国を侵略しようとしたと主張。また1931年には、「九一八事変」と呼ばれる満州事変によって中国の東北部が侵略され、1937年からの日中戦争では「日本は人とは思えない行為によって中国への侵略を拡大した」と主張した。
 一方で、中国は多くの戦争によって侵略されたことは確かだが、「中国人が日本人を激しく憎んでいる主要な原因は、日本が中国と同じルーツを持つ者なのに中国に対して謝罪と懺悔がないこと」にあるとしている。
 謝罪と懺悔がないまま、時間の経過により過去の歴史として葬り去られてしまうことは、将来的に再び同じことが起きる可能性があることを意味するとし、今のままでは日本は中国人からの好感を得ることは出来ないとした。」
http://news.searchina.net/id/1641694?page=1
-------------------------------------------------------------------------------

 休日の臨時一人題名のない音楽会です。

 久しぶりにクラシック的歌謡曲で、松原健之(注)の特集を組んでみました。

(注)1979年〜。「劇団前進座の舞台「旅の終わりに」のオーディションで、原作・脚本の五木寛之に抜擢された。「金沢望郷歌」(作詞・五木寛之、作曲・弦哲也)を引っさげて、石川県内各地で街頭ライブを敢行、プロデビューのきっかけをつかんだ。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E5%81%A5%E4%B9%8B

夜明けのメロディー ペギー葉山(コラム#9064)のカバー
https://www.youtube.com/watch?v=LxzUBi1hAPk

愛の水中花 松坂慶子(コラム#5461)のカバー
https://www.youtube.com/watch?v=mKuyx7Cnic4

ときめきはバラード 作詞:徳永章 作曲:堀内孝雄
https://www.youtube.com/watch?v=C-5Et2I7fnY

もし翼があったなら 作詞:五木寛之 作曲:羽毛田丈史
https://www.youtube.com/watch?v=bzx2ep1yiNs
 桑名正博も歌っている。こちらの方がよい。
https://www.youtube.com/watch?v=RjpiGOyHoqk

雪明かりの駅 作詞:五木寛之 作曲:藤澤ノリマサ 
https://www.youtube.com/watch?v=4ilxick4dmg

思い出の街 作詞:五木寛之 作曲:加藤敏治
https://www.youtube.com/watch?v=5_u47_dxe14

瞳の奥まで 作詞:荒木とよひさ 作曲:田尾将実。
https://www.youtube.com/watch?v=NmEWffXVkGw
-------------------------------------------------------------------------------

<K.K><(画像は省略(太田))>(8月10日(この部分は再録))(★は8月11日)

 とりあえず、下記の手順で、I.セーフモードで起動して改善するか、II.改善しなかった場合、確実に音が出ていた時点にシステムリカバリ、を行ってください。(昨日、小さなWindowsUpdateがありました。これが関連しているかもしれません。)

⇒それ以前と以後とで変わりはありませんでした。(太田)

 (システムリカバリを行っても改善しなかった場合は、ハードウェアが原因の可能性が大きくなります。以前、音が出なくなった時の原因はSATAケーブルでした。)

⇒今回もケーブル類のせいではないかという気がしてきました。
 というのは、2日日前にも、音が出なくなり、その時は、USBポートへの差し込み部分をいじると音が回復したからです。
 昨日も、音が出なくなった時に、そうやって一旦回復したものの、また出なくなり、今度は、イヤホン端子を使ってみると、最初のうちは音が出ていたものの、やがて出なくなった、という経緯があります。(太田)

I.セーフモードでの起動
1.Epsonパソコンの電源を入れると、下記の画像の緑枠の画面が5秒間表示されます。Epsonパソコンの電源を入れて、この画面になりましたら、[↑][↓]キーで[Windows10+セーフモード]にカーソルを合わせた後、[Enter]キーを押してください。
2.下掲の画像の画面になります。[↑][↓]キーで[セーフ モード]にカーソルをあわせた後、[Enter]キーを押してください。

⇒このあたり、画像と一致しませんが、とにかく進めました。(太田)

3.Windowsのログイン画面になります。ログインはせずに、画面右下の["電源ボタン"]をクリックして、展開したメニューの[再起動]をクリックしてください。
4.そのまま何もせずに通常起動させて、Windowsにログインしてください。
5.音が出るか、[コントロールパネル]を起動できるか、確認して下さい。

⇒音は出ませんでした。
(windowsロゴを右クリックしても、「コントロールパネル」という項が表示されない、という趣旨であり、今回もそうでした。)(太田)
⇒⇒Windows10の大幅アップデートがありましたよね。このアップデート後、["スタートボタン"](Windowsロゴ)の右クリックメニューから、[コントロールパネル]は表示されないようになってしまいました。(K.K)★
⇒⇒⇒でも、Dellでは、依然として表示されていますよ。(太田)★

⇒⇒一応、下記の手順でドライバに異常が無いか確認してください。
1.["スタートボタン"](Windowsロゴ)の右クリック→展開したメニューの上から5番目の[デバイスマネージャー(M)]をクリックしてください。[デバイスマネージャー]が起動します。
2.[サウンと、ビデオ、およびゲームコントローラー]をダブルクリックしてください。
3.各項目に黄色い[!]が無いことを確認してください。(K.K)★
⇒⇒⇒確認しました。(太田)★

⇒で、システムリカバリを行う前に、むしろ、ケーブル類のチェックをしてみたいのですが・・。(太田)
⇒⇒ケーブルに異常があるかもしれないのに、システムリカバリを行うと、状況を悪化させてしまうかもしれませんね。
 Epsonパソコンは、SSD/HDDをケースから外さないと、SATAケーブルの抜き差しがしにくい/不可だと思います。EpsonパソコンのSSD/HDDをケースから取り外す作業は、太田さんの最もやりたくないパソコン作業の一つだと思います。
 上記のこととSATAケーブルは原因でないかもしれないことを承知された上で、SATAケーブルを購入して交換してしまいますか?(K.K)★
⇒⇒⇒やりましょう。(太田)★

⇒⇒(Epsonパソコンは、2015年6月と2016年11月にSATAケーブルを交換しています。)(K.K)★
⇒⇒⇒ケーブルが破損していて取り換えた記憶はありますが、それ以外にも1回あったんでしたっけ?
 ケーブルの部分におかしな力が加わるってことなんですかねえ。(太田)★

⇒⇒それから、Epsonパソコンに関して、音が出ない他に以前と違っておかしいと感じる現象(例えば起動が遅くなった等)はありませんか?もしあれば、原因を絞り込むヒントになるのですが。(K.K)★
⇒⇒⇒ありません。
 (なお、異常ではないんだと思いますが、windowの一番下の行に、Dellには出ていない、「Bunbackup」アイコンと「封筒の形をしたアイコン」と「MyCloudメモリーズ」アイコン・・1番目のはBunbackがたまたま起動中のせいですかね。2番目のはクリックすると「アカウントの追加」を求められます。また、最後のは、かつて富士通が無償同社パソコンユーザーに提供していたサービスで、有料化に伴い、各パソコンにインストールしていたソフトが自動的にアンインストールされた、と認識していたところ、Epsonでだけ(?)、しかも、本日付けで「復活」インストールされていました。・・が、合計三つ出ています。
 また、「V」を逆さにした記号のところをクリックすると、Dellとは違って、Bunbackupが起動しているためか、小アイコンが3つ、点滅しています。)(太田)★
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9271(2017.8.11)
<イギリス論再び(その1)>

→非公開