太田述正コラム#9228(2017.7.21)
<皆さんとディスカッション(続x3410)>

<太田>(ツイッターより)

 「…陸上自衛隊側は防衛監察本部に提出した報告書に、稲田朋美防衛相が日報の電子データの非公表方針を了承したことなどを記載したが、特別防衛監察結果の原案にこうした内容は一切盛り込まれていない…
菅義偉官房長官は…制度上は特別防衛監察の対象外である稲田氏が了承した点も調査されるとの認識を示した。…」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017072001001534.html
 この、防衛監察本部からの漏洩、その漏洩内容の陸自からの共同・朝日への漏洩、の監察はどこがやるんだい?
 防衛省は組織の体をなしていない。
 もとより、発現形態こそ違え、警察予備隊時代から、国民がそう望んできた通りな訳だが。

<太田>

 関連記事だ。
 豊田議員といい勝負だね。↓

 「・・・弁護士としての自負が強く、報告では法的根拠の説明を求めた。多くの憲法学者が自衛隊を違憲と見なす中、法令解釈の実務も背広組に委ねてきた制服組幹部には、さらに不満が募った。「あなたたちは司法試験にも受かっていない」と言い放たれた幹部もいた。・・・
 安全保障に疎いことは自身も認めていたが、先輩から学ぶ姿勢にも欠けた。自民党の国防族議員と関係を築けず、重鎮にぞんざいな口をきいて激怒させた。森本敏元防衛相ら防衛相政策参与3人は昨年末、そろって辞任。「稲田氏が煙たがった」(防衛省幹部)との見方がもっぱらだ。・・・」
http://www.sankei.com/politics/news/170720/plt1707200045-n1.html

 ウソこけ。↓

 「山本創生相、獣医師会との面談 秘書官がメモ「今はない」・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201707/CK2017072102000138.html

<太田>(ツイッターより)

 「野田幹事長交代へ=蓮舫氏、執行部を刷新−民進…」
http://news.livedoor.com/article/detail/13366466/
 都議選で都民ファーストを躍進させることができたことに加え、山本、稲田両大臣のダメ押し的「活躍」もあり、安倍チャン及び自民党の命運は尽きた、と判断したんだろな。
 <野田前首相、>まことにご苦労様でした。

<太田>

 藤井四段-三枚堂(さんまいどう)四段戦を見ようと13:39に囲碁将棋チャンネルをタブレットを起動したら、いくら早指し戦とはいえ、早くも中盤戦の真っ最中になっていて驚いた。
 結局、藤井四段が2敗目。
 とにかく、高校、大学進学を!

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 アメちゃんらには、日本の首相夫人が英語ができないなんてこと、信じられないんだろな。
 それにしても、昭恵夫人、海外じゃあ、国内の時とは打って変わって、借りてきた猫状態なのね。
 通訳を通じて、ちゃんと、トランプを始めとする各国の首脳や首脳の配偶者達と喋らにゃあ。↓

 「安倍首相夫人「ハロー言えない」=トランプ氏発言が波紋・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13365557/
https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/07/20/why-japans-first-lady-was-probably-not-snubbing-president-trump/?utm_term=.426c890b4c29

 またもや、ドジな対外介入でカネをドブに捨ててきたことが白日の下に晒されちまった米国政府。↓

 Syria war: Trump 'ends CIA arms programme for rebels'・・・
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-40667229
 Syrian rebels feel betrayed by U.S. decision to end CIA support: ‘It will weaken America’s influence.’・・・
https://www.washingtonpost.com/world/syrian-rebels-feel-betrayed-by-us-decision-to-end-cia-support-it-will-weaken-americas-influence/2017/07/20/6476f252-6cbc-11e7-abbc-a53480672286_story.html?utm_term=.50c7edd37c1a

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 恩師、日本に対し、精一杯、胸を張っている。↓>
 「日本建設のベトナム海上橋に問題 技術は中国に及ばないか?・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0720/c94476-9243983.html
 <ここからはサーチナより。
 当然だわな。↓>>
 「日本は治安が良くとも、「それを過信して注意を怠ってはならない」・・・」
http://news.searchina.net/id/1640247?page=1
 <まだまだ、日本人から学ばなければならないことは多い、とさ。↓>
 「・・・捜狐はこのほど、欧州を旅行で訪れたという中国人旅行客の手記を掲載し、欧州の人びとは「日本人を軽視したり、差別したりはしないが、中国人を軽視して差別する」と主張する一方、その対応の違いには理由があると指摘する記事を掲載した。 
 記事は、中国と欧州の国では政治体制が大きく異なり、国と社会、そして個人の関係や立場の強弱も大きく異なることを指摘。欧米では憲法は為政者が自由に定めることのできるものではなく、法律やルール、権利に対する考え方や意識も中国とは大きく違っていることを指摘した。 
 こうした考え方や意識の違いは「他人の人権」を尊重するか否かという行動につながっていると指摘。中国人はしばしば「中国人には人権がない」などと口にするとしながらも、そもそも中国人は「人権が何か」、「他人の人権を尊重するとはどのようなことか」を理解していないとし、そのため他人の迷惑を考えない行動を取っているのではないかと推測した。 
 さらに記事は、フランスやドイツ、イタリアに宿泊し、ホテルで食事をした際、「いつも中国人は他の国の人とは別の部屋で食事を取らされた」と紹介。同じブッフェであっても、他の国の人向けのブッフェは様々な食べ物が豊富に用意してあったが、中国人用のブッフェは簡素な部屋に簡素な料理が並んでいるだけだったと紹介し、こうした対応に中国人一行は怒り、差別的な対応だとして罵りの言葉を口にしたという。 
 だが、現地のガイドによれば「昔は中国人と現地人の食事は別々ではなかった」とし、中国人は食べきれないのにブッフェで大量に料理を取り、他の人に料理を残そうとしないなど、他の人のことなどお構いなしの行動を取ってきたため、止むを得ず中国人だけ別の部屋になったという経緯があったことを伝えた。 
 続けて記事は、同じアジア人でもマナーの良い日本人は欧州で差別的な対応を受けることはないと紹介。中国人はブッフェでの対応に「差別的」だと批判するが、「なぜこのような対応をされることになったのか、中国人は反省しなければならない」と指摘した。」
http://news.searchina.net/id/1640253?page=1
 <料理では、完全白旗状態のようね。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、「世界で見たとき、中華料理の地位はなぜ日本料理より下なのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。 
 日本で中華料理が広く食べられているように、世界各国に中華料理店は存在する。もちろん高級な中華料理店も数多く存在するが、欧米では中華料理はファーストフードのような身近な食べ物というイメージのほうが強>いだろう。 
 記事は、世界では中華料理は日本料理ほど高いブランドイメージを確立できていないことを指摘すると、中国人ネットユーザーから「中華料理は毎日食べると飽きてしまうため」ではないかという意見が寄せられた。確かに中華料理は油っぽいため、毎日は食べられない人は少なくないだろう。 
 また、日本料理と中華料理の地位の違いは「日本と中国の文化の発信力やサービスの質の差にある」という声もあった。日本は漫画やアニメを通じて日本文化の発信を積極的に行っているうえ、国外の日本料理店も日本人が経営している以上はサービスのクオリティが高いのが一般的だが、中華料理店は店内の清潔さやサービスという点で日本料理店に劣ると主張するコメントが見られた。 
 コメントを見てみると、中華料理のほうが世界に広まっているものの、そのブランド力や地位では「日本料理以下」という点を否定するネットユーザーは見られず、中国人も日本料理が世界で高い地位を確立していることを認めているようだった。」
http://news.searchina.net/id/1640277?page=1
 <定番化しつつある、日本礼賛小テーマ。↓>
 「日本の限定商法に感心「つい心が動かされる」、今や台湾や香港でも流行の兆し・・・」
http://news.searchina.net/id/1640300?page=
 <とにかく、日本から学ぶべきものは余りにも多いってことのようだ。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本人はこんなペアルックを着ている」とする記事を掲載した。 
 記事は、単純に2人で同一の服を着るというペアルックではない、2人の仲の良さをさりげなく示すペアルックのバリエーションについていくつか紹介している。まずは、同一系統の色を選んで着るペアルックだ。「簡単なスタイルでも、仲の良さを表現することができる」とした。 
 続いては、上下の色を互いに入れ替えるペアルックを紹介。彼女の上半身がホワイトで下半身がマスタードカラーなら、彼氏は上をマスタード、下をホワイトにしてペア性を示すというもので、こちらも服のスタイルは問わないとしている。 
 3つ目は、上どうしと下どうしで、それぞれ同じ要素を取り入れること。シャツをチェックやボーダーで、パンツをチノパンで揃えるといった具合で、他人にさりげなくペアであるという印象を与えると説明した。また、2つ目との合わせ技で上下の要素を互いに入れ替える形式も有効であると伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1640308?page=1
 <本日のメインディッシュ。↓>
 「・・・香港メディアの鳳凰網は・・・日本在住の中国人の見解として、「中国在住の中国人から見ると、日本の家はあまりにも小さくてみすぼらしく見えるらしい」と伝える一方、「それでも自分は幸せだ」と論じる記事を掲載した。 
 記事は、日本で戸建て住宅に住む中国人の手記として、「自分は日本の水準で見れば中流層に値するのに、中国在住の中国人は日本の戸建てをネズミの巣のようだ」と貶すと紹介。この戸建て住宅は日本人も羨む家であり、長年にわたって「日夜奮闘し続けてようやく買った家」だとしながらも、「中国在住の友人にすれば取るに足らない家に見えるようだ」と主張した。 
 さらに、この中国在住の友人から見ると、日本の不動産は「値上がりするどころか、値下がりするのが一般的」であることが信じられないようで、また毎年固定資産税を支払わなければならず、子どもに相続するにあたっても相続税がかかるという点で「あまりにも割に合わない」と感じるようだと紹介。この友人は日本で生活していても発展の見込みはないとし、「チャンスに溢れる中国に帰国した方が良い」と勧めてきたと紹介した。 
 続けて記事は、日本在住の中国人の見解として「日本企業で働くということは比較的安定した暮らしができるが、確かに給与の伸びは非常に緩慢」であるとする一方、日本は外国人でも女性でも子どもでも、分け隔てなく社会福祉を受けることができるうえ、日本は想像以上に外国人に対して寛容な国だと指摘。 
 また、日本では中国のように「稼ぎ」によって人を差別するようなことはなく、職業の貴賎もないとし、それは子どもたちの将来の夢が「大金持ちになること」ではなく、「パン屋さんや警察官、幼稚園の先生」など子どもらしいものであることからもわかると主張。日本で暮らしていれば大きなチャンスは確かに見込めないかもしれないが、安定していて心豊かな暮らしができることを伝え、「それでも自分は幸せだ」と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1640333?page=1
 <一見ガス抜きだが、狙いは韓国バッシングか。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、自国を「大国」と自称したがる国としては英国や日本、韓国が挙げられると主張したうえで、中国人から見た各国の評価について考察する記事を掲載した。 
 記事は、世界には数多くの国があれど「世界中の人びとから大国と認められているのは米国とロシア、そして中国だけである」と主張し、大国は自称するだけでなれるものではなく、世界の人びとから認められて初めて「大国になるのである」と主張した。 
 続けて、英国や日本、韓国は決して大国でないにもかかわらず、大国を自称することを好む国であるとし、まず英国について「国土、人口の両方を見ても大国の範疇にはないが、かつての英国は太陽の沈まない国として世界最大の帝国を築き上げた国」であると指摘。その点から言えば「今も大国と自称しても差し支えない」と主張した。 
 また、日本については「非常に長きにわたって中国の歴代王朝の影響を強く受けてきた国だが、近代になってその影響から脱した国」であるとし、英国と同様、日本は国土も人口も大国の範疇にないが、「経済面だけを見れば強国と呼ぶにふさわしい」と指摘した。だが、世界の政治における影響力が不足しているためか、「日本も大国ではない」とした。 
 さらに記事は、韓国についても「大国を自称する国」であり、それは国名に「大」という漢字が入っていることからも見て取れると主張。韓国経済は近年、大きな発展を遂げたが、現在は「中国に依存しているのが現状」であるとしたほか、中国の文化をたびたび盗んできたとし、「大国の風格は全くない国」であると切り捨てた。」
http://news.searchina.net/id/1640278?page=1
-------------------------------------------------------------------------------

<K.K>

 太田さん、「ピクチャ」フォルダの「OneDrive」への自動アップロード設定です。

注意:操作は全てDELLパソコンでの操作です。
注意:ついでに[ミュージック]フォルダをアップロードさせる操作を行います。これに際して[ミュージック]フォルダをコピー&ペーストしますが、サイズが大きので、この操作(下記の手順1)には時間が掛かります。手順1のコピーが完了するまで、次の手順2に進まないでください。

1.以下の1)から3)の手順で、[ミュージック]フォルダの中身を[OneDrive]にコピーしてください。
1)[エクスプローラ]で[D:\Users\Nobumasa Ohta\OneDrive]フォルダにアクセスして、そこに全角カタカナの[ミュージック]フォルダが存在しない場合は、[ミュージック]というフォルダを作成してください。
2)[エクスプローラ]で[D:\Users\Nobumasa Ohta\Music]フォルダ(←エクスプローラの表<示上はカタカナで[ミュージック])にアクセスして、[ミュージック]フォルダ内のファイル/フォルダを全てコピーしてください。
3)上記2)でコピーしたファイル/フォルダを、1)で作成した[D:\Users\Nobumasa Ohta\OneDrive\ミュージック]フォルダ内にペーストしてください。

注意:手順1のコピーが終わるまで、手順2以降は行わないでください。
注意:手順1のコピーが終わっても、マイクロソフトの[OneDrive]と同期が終わるには更に時間が掛かりますので、コピー終了後すぐに他のパソコンから[ミュージック]フォルダの中身が見えるようになるわけではありません。

2.本メールの添付ファイルを解凍して、作成された[DELL-XPS8300-3.lbk]ファイルをコピーして、
[D:\Users\Nobumasa Ohta\Documents\Profiles\BanBackup]フォルダ内に貼り付けてください。
(不要になったZIPファイル、解凍で生じたフォルダは削除してください。)

⇒RAMD-DRIVE¥TEMP¥XAPPIEMRDIR の中に解凍されましたが、削除できないファイルがありました。で、TEMP全体を削除しようとしたけれど、これもできませんでした。(太田)

3.画面右下に表示されている日時の左の方にある[へ]をクリックしてください。常駐アプリのアイコンが表示されます。
4.[BunBackup]のフォルダの様なアイコンをクリックしてください。[BanBackup]のウィンドウが表示されます。
5.[設定(S)]→[環境設定(E)]の順にクリックしてください。[環境設定]ウインドウが開きます。
6.[自動バックアップ]タブで[自動バックアップする(A)]チェックボックスのチェックを外して、[OK]ボタンをクリックしてください。
7.[ファイル(F)]→[開く(O)]とクリックしてください。[開く]ウィンドウが開きます。
8.[D:\Users\Nobumasa Ohta\Documents\Profiles\BunBackup]内の[DELL-XPS8300-3.lbk]ファイルを選択して、[開く(O)]ボタンをクリックしてください。
9.[タイトル]欄に[01 アドレス帳]から[13 ピクチャ(OneDriveへ)]と言う13個のタイトルが表示されるはずです。一応、BanBackupでどんなバックアップが行われるか、[バックアップ元]と[バックアップ先]を確認してください。[01]から[10]がDドライブから[Eドライブ]へのバックアップ、[11]から[13]が[Dドライブ]から[OneDrive]へのバックアップです。(前の設定ファイルからの変更点は[13 ピクチャ(OneDriveへ)]が加わった点のみです。)
10.[BunBackup]ウインドウの、左から7番目(右から4番目)の[バックアップ開始(F9)]ボタンを押してください。バックアップが始まります。

⇒レイアウトが異なっており、メニュー中の「バックアップ」をクリックし、一番上に出てきた「バックアップの開始」をクリックしました。(太田)

11.[バックアップ結果]ウインドウが現れましたら、[エラー]欄に"重大そうなエラー"がないことを確認してください。(フィルが使用中でバックアップ出来ず、エラーとなる場合がありますが、これは重大なエラーとは考えないでください。)
12.[設定(S)]→[環境設定(E)]の順にクリックしてください。[環境設定]ウインドウが開きます。
13.[環境設定]ウインドウの[自動バックアップ]タブで、[自動バックアップする(A)]チェックボックスにチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックしてください。
14.[BanBackup]ウィンドウを閉じてください。
-----------------------------------------------------------

≫先般、Windows10の大幅(?)アップグレードがあってから、Dellの起動の際、壁紙が表示されてから(キーボードは使えますが、)約2分間経たないと(無線、有線を問わず)マウスが使えるようにならないので、パスワード入力ができない、という状況が続いています。Epsonでは、この「障害」が起こっていません。≪(コラム#9226。太田)

 確実に改善すると保証は出来ませんが(一時的に改善しても、WindowsUpdateのUSBドライバの更新で症状が再発する場合もあります)、
 「PCを起動した直後、マウスやキーボードが無反応になる・動かない場合の対処方法」
http://freesoft.tvbok.com/tips/pc/mouse_and_keyboard.html

 (以下、上記ページより)(DELLパソコンの高速シャットダウンは既に無効になっています。)

⇒このことを確認できませんでした(下の方参照)。(太田)

1.PCをシャットダウンする(Windows8/8.1の場合は、事前に高速シャットダウンを無効にしておきます)
 (高速スタートアップを無効にする手順)
2.接続されているUSB機器を(マウスとキーボードも含め)全て取り外す。
3.PCのコンセントを抜き、1〜2分ほど待つ。
(USB機器にコンセント給電がある場合、USB機器のコンセントも抜きます)
4.それぞれの機器のコンセントを接続しなおす。
マウス・キーボードはこの時点で接続で行う。
(マウスやキーボードは、USB3.0ポートを避けるようにする)
5.PCの電源を入れ、Windowsを起動する。
6.マウスやキーボードが正常に作動する事を確認する。

≫いつでもEpsonが使えるようにしておきたいので、このままにしておこうと思います。≪(コラム#9226。太田)

 一応申し上げておきますと、[Jドライブ]がなくても、Epsonパソコンは動作しますし、データバックアップも支障はないです。
 必要であれば、[Jドライブ]の方の外付けHDDを他のパソコンに接続して使用してください。
 AcroniTrueImageの一方のシステムバックアップがエラーになりますが、エラー表示が出るだけで特に支障はありません。
----------------------------------------------

 太田さん、前のメールに「DELLパソコンの高速シャットダウンは既に無効になっています。」と書いてしまいましたが、Windowsの大幅アップデートで設定が初期設定の「高速シャットダウン有効」に戻されてしまっている可能性があります。下記のページの手順で、「高速スタートアップ」が無効であるか確認してください。有効である場合は、無効に設定してください。(時間のある時で構いませんので、Epsonパソコン、富士通新パソコンに関しても同様の確認を行ってください。)

 富士通Q&A - [Windows 10] 高速スタートアップを無効にする方法を教えてください。 - FMVサポート : 富士通
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=6010-9312

⇒手順「6」のところで、「スリープ」、「ロック」はあったけれど、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」と「休止状態」はありませんでした。ここで作業を中止しました。(太田)

 それから、[PFB]というソフトウェアをインストールしてありますが、Windowsの大幅アップデートの結果アンインストール扱いになっている可能性があります。
 [PFB]というソフトウェアはSSDの高速化と長寿命化の為のソフトウェアで、Windowsの動作に必修のソフトウェアではありません。
 他にもアンインストール扱いになってしまったソフトウェア、初期設定状態に戻されてしまったWindowsの設定/ソフトウェアがあるかもしれません。
 私も全てを把握出来ているわけではありませんし、パソコンによって状況が異なるかもしれません。
 パソコンの動作に問題がないようですので、とりあえずは何もしないという方向でお願いします。(私のあるパソコンの場合、完全に設定を戻すのに3時間ぐらい掛かったパソコンがあります。
 ですから、太田さんのパソコンの場合、やり取りを含めると1週間以上掛かってしまう可能性があります。)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9230(2017.7.21)
<皆さんとディスカッション(続x3411)>

→非公開