太田述正コラム#9134(2017.6.4)
<皆さんとディスカッション(続x3363)>

<太田>(ツイッターより)

 ガーディアンが、今次英総選挙で労働党支持を打ち出した。
 コービン率いる同党が、何かちっぽけなものの臨終の一息ではなく、何か大きなものの始まりなのかもしれないから、と。
https://www.theguardian.com/commentisfree/ng-interactive/2017/jun/02/the-guardian-view-on-our-vote-its-labour
 サッチャリズムを建設的に乗り越えられる可能性に賭けたいってことだな。

 英国、今度はロンドン・テロで6人殺害、犯人3人射殺。
http://www.bbc.com/news/uk-40146916
 比南部のミンダナオ島でISIS系武装勢力がマラウィ市を掌握したままで、ドゥテルテは手をあぐねている。
https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/dutertes-forces-struggle-to-push-back-islamist-rebels-in-the-southern-philippines/2017/06/02/0698487c-4717-11e7-8de1-cec59a9bf4b1_story.html?utm_term=.4dbae8ed7303
 Isisは目の前まで迫ってる!

<Y6/FE>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 ツイッターで出回ってる痴漢冤罪事件(?)の顛末
 さっきの平井駅の痴漢事件何が闇深いって
・男はスマホ弄りながらつり革に捕まってた
・外国人の女が痴漢を認めない男に殴る蹴る
・周りがやってないと証言してるのに証人と一緒に降りろと追ってくる警察
・乗客が匿ってるのに逃げるな
・最後まで抗議してたのはそばにいた女
https://breaking-news.jp/2017/06/03/032847
https://matome.naver.jp/m/odai/2149641765535386201

 ここまで有利な状況で警察に連行されるんだから、通常、痴漢を疑われたら脱糞するしかない。
 最善策はあっても、最終的には運を天に任せるしかなさそう。
 線路を逃げる男性が一定数出て来るのはさもあらん。リスク選好だな。

<七氏>(同上)

https://youtu.be/6ekHIk8-N3k
 いいんだなー

<l6xtPUfc>(同上)

 昨年1年間で外国資本に買われた森林は実に“東京ディズニーランド15個分”−−4月28日、農林水産省が発表した調査結果が永田町や霞が関に衝撃を走らせている。
 同省が森林法に基づく市町村等への届け出情報などから全国の森林の土地所有者を調査したところ、昨年1年間で202ヘクタールもの土地が所在地を海外に構える外国資本によって買収されたことが判明したのだ。
 注目すべきは買収された森林のほとんどが北海道にあること、そして香港・台湾を含む中国系の土地取得者による買収面積が81%にものぼる点だ。中国資本が日本の土地を易々と手に入れることができる背景として「法制度の不備」を指摘するのは丸山穂高・衆院議員(日本維新の会)だ。

⇒典拠は?(太田)

<Sxou/vTQ>(同上)

 「日本中にあるスギの木ならいくらでも売ってやれ」とか思っちゃった。
 今年も花粉辛かった・・・。

<86ZDw7yW>

 「【悲報】ジェンダー学は全くの“デタラメ”だった!--デマ論文で発覚、思想界を震撼させた「ソーカル事件」の再来か? ・・・」
http://tocana.jp/2017/05/post_13325_entry.html
 ポストモダンの学者が未だに生き延びているように、ジェンダー学者も、しぶとく生き残りそう。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 藤井四段小特集だ。
 少し前から、すぐタイトルを(一つ? 全部?)とって、将棋に興味を失うんじゃないかと危惧する声が上がってたけど、マジ、早くそうなって欲しいよ。
 AIの方が強い世界で彼の頭脳を埋もれさせてしまうのは、人類にとって、とまでは言わないが、日本にとって大きな損失だ。↓

 「戦うほどに強くなる!中学生将棋棋士・藤井聡太四段、脅威の成長力を実力派棋士が証言・・・」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00010003-abema-soci
 <20勝直前のだが、既に、彼、日本経済にプラスの影響。↓>
 「将棋の藤井聡太四段(14)、幅広く経済を回す・・・」
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65893192.html
 <ミーハー族のために。↓>
https://www.youtube.com/watch?v=UjocC5mhi0o
https://www.youtube.com/watch?v=pnKDvOy3kxM
 <20勝をあげた対局の解説を、ユーチューブ上で更に3つ発見。↓>
https://www.youtube.com/watch?v=Tjj_t0nPANY
https://www.youtube.com/watch?v=ZABJAcuXYUw
https://www.youtube.com/watch?v=0ogT_9MjYCg 
 <↑読み上げソフト(読み筋付)なんてのもあるんだ。リアルタイム解説ソフトが出るの、遠くないね。>
 <20勝直前の千日手局の解説までアップされてた。↓>
https://www.youtube.com/watch?v=t3T68A27ugo

 次に、前川問題小特集だ。

 <前川聖人観陣営の必死の抵抗が続いている。↓>
 「官邸レッテル貼り失敗 前川前次官ら“いい人”エピソード続々・・・
 <官僚に限らないが、どんな「勉強」をしようと、問われるのは結果。
 現場主義の成果が寺脇君の場合は、あの悪名高いゆとり教育だったらしいねえ。↓>
 前川氏の4期先輩で、元文科省審議官の寺脇研氏(京都造形芸術大教授)は、「若い頃から、何でも現場を見ないと気がすまないタイプだった」として、こんなエピソードを披露した。
 寺脇氏は1984年から2年間、福岡県に出向。福岡の筑豊地区は当時、炭鉱の閉山で貧困の巣窟だった。複雑な家庭の子も多く、教育現場も荒れていた。帰京後、寺脇氏が入省7年目の前川氏らに筑豊の実情を話すと――。
 <土日だけじゃ、学校空いてないのがフツーだろうから、平日に及んだんだろうが、押し掛けられて、相当、関係者に迷惑をかけたと拝察する。やれやれ。↓>
 「いの一番に、“現地に行きましょう”と言ったのは前川君でした。公務ではなく、土日を利用して、皆で自腹で行きました。学校の様子を見て、夜は先生らと飲みながら語り合った。出世しても前川君はとにかく現場に出向いていました。NPOや民間の学校など、役所の手が届きにくいところにまで足を運んでいました」
 前川氏の一貫した現場主義の逸話を知ると、「出会い系は実地調査」との説明もうなずけなくはない。
 <百歩どころか、百万歩譲って、「実地調査」がホントだったとしたら、モチ、ウソつかなきゃダメに決まってるだろ。繰り返すが、「適切」な言葉遣いができなきゃ官僚失格なの。↓>
 「会見を見て、説明をウソとは思いませんでした。ただ、あまりにも“ストレート”な説明だったので、会見後、『誰が信じてくれるか』と電話したら、『本当のことですから』と。そういう不器用で、バカ正直な面もあるんです」(寺脇研氏)・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13151737/

 前川君自身も加計学園問題で引き続き「迷」奮闘。↓

 <木曽功君、内閣官房参与たって、非常勤で、しかも、ユネスコの文化関係施策担当だろ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9B%BD%E5%8A%9F
 とまれ、参与としての職掌上、担当省庁である文科省の(自分が先輩でもある)新次官に表敬し、その時、自分が理事をしている加計学園の抱えてる懸案事項の話を出したってえーじゃん。↓>
 「前川氏は昨年8月下旬以降、官邸側から開学に向けた手続きを急ぐよう求められた経緯を詳述。・・・昨年8月下旬、文科省OBで当時内閣官房参与だった加計学園の木曽功理事から事務次官室で手続きを急ぐよう求められた際は「内閣官房参与という肩書で来られたと思う」と指摘。「政府側の立場と規制緩和を求める法人の立場と両方持っている。利益相反的な問題はあった気はする」と述べた。・・・
 <そして、>和泉洋人首相補佐官から・・・昨年9月と10月の2回、「官邸に呼び出された」と明かした。政府はこの直後の同11月9日に獣医学部新設を認める規制緩和を決めており、約2カ月の急展開を「プロセスが乱暴だった」と批判した。・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E9%83%A8%E5%89%8D%E5%B7%9D%E6%B0%8F%E3%80%8C%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E4%B9%B1%E6%9A%B4%E3%80%8D-%EF%BC%92%E3%82%AB%E6%9C%88%E3%81%A7%E6%80%A5%E5%B1%95%E9%96%8B/ar-BBBUGPD?li=BBfTvMA&ocid=ientp#page=2
 <前川君は、「文部科学大臣官房審議官である時に・・・朝鮮学校の無償化推進」をしたり、「文部科学審議官(文教部門)だった<時>には、新国立競技場整備計画」を監督する立場だった(らしい)ところ、「政府が白紙撤回を決断して文科省は担当から外され、新たな建設計画は国交省営繕部の管轄となる」事態を招いた
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%96%9C%E5%B9%B3
にも拘わらず、内閣人事局は、こんな前川君の次官昇格を認め、天下り問題ですぐ馘首に追い込まれたってんだから、内閣の各省庁の高級幹部人事コントロールの実態はまだまだ甘っちょろいと見るべきか、それほども文科省にはロクな候補者がいないって見るべきか。ま、両方だろな。↓>
 「・・・政と官の関係は小泉政権時代から官邸の力が強まったものの、「当時は各省庁の自律性や専門性が保たれ、侃々諤々(かんかんがくがく)の議論ができた。与党内の議論も活発だった」とし、自身も小泉政権の方針に抵抗したが人事面で報復は受けなかったという。ただ、現在は3年前に発足した内閣人事局が省庁の幹部人事を管理する状況にある。・・・
 <そのどこが悪いのさ。しかも、江戸時代と違って、将軍ならぬ首相が悪政を続けりゃ、国民が引きずり下ろすはずだぜ。↓>
 前川氏は「安倍1強」の政治状況を「首相秘書官や首相補佐官が各省の大臣より偉くなった」と表現。「柳沢吉保みたいな人が各大名よりも偉いような状況にある」。側用人から出世した江戸幕府の権力者に例えて現状を解説した。・・・」
https://mainichi.jp/articles/20170604/k00/00m/040/144000c

 ホント、連日だもんなあ。
 こんな情けない朝日の姿に一人涙を滲ませつつ哀悼の意をささげるボク。↓

 「皇后さま「被災者のための活動、ありがとうございます」・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASK4Q62CYK4QUTIL01C.html?iref=comtop_favorite_02

 おめでとさん。↓

 「佳純・吉村組 混合複V!鮮やか逆転 日本勢個人戦48年ぶり・・・
 女子シングルスの平野美宇(17=エリートアカデミー)は準決勝で女王の丁寧(26=中国)に敗れ、銅メダル。男子シングルスは張本智和(13=エリートアカデミー)が男女を通じて最年少での8強入りを果たした。・・・」
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20170604_0041/

 ソ連に太平洋戦争参戦を「強いた」アホ米国のせいに決まってんだろ。↓

 「ソウル神学大・朴明洙教授「韓半島分断の端緒をつくったのはソ連」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/02/2017060201943.html

 ま、そうだろうが、よって、北朝鮮には、弾道弾と陸軍しかないってことね。↓

 「北朝鮮・・・空軍・・・は、目も当てられない状況・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13154692/

 不感症の原因が解明されたとさ。↓

 <セックスはいいことずくめ。↓>
 Sex can lessen pain. Studies have found that even stimulation without orgasm can reduce menstrual cramps, chronic back and leg pain, even migraines. ・・・Sex may help your memory, too.・・・
 <セックスライフが充実している女性は人間主義的になる、と。↓>
 "Women who have better sexual relationships with their partners also have more satisfied relationships in general,・・・
 So in general, a better sex life leads to a better relationship, which leads to a better sex life. It's kind of circular.・・・
 <ところが、不感症の多さの順は、パートナーが男性である女性、パートナーが女性である女性、パートナーが同性異性を問わず男性、の順。↓>
 Lesbian women orgasm more often than heterosexual women but less often than men,・・・
 <この不感症は、クリトリスと尿道口の距離が離れ過ぎている場合に起きることが判明。(コロンブスの卵だー。)↓>
 We found that the distance between the clitoris and the urinary opening, which is called CUMD, indicates whether or not a woman is inclined to have an orgasm with intercourse or not, and if it's below 2 centimeters, then she likely is going to have an orgasm with intercourse・・・
http://edition.cnn.com/2017/03/10/health/orgasm-frequency-sex-explainer-study/

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓
 <レコードチャイナより。
 同国人に注意さえ怠らなきゃ、日本旅行はいうことなし、だとさ。↓>
 「<中国人観光客が見た日本>日本旅行で<中国人>ドライバーと思わぬトラブル、「超過料金を払え」と言われて・・・」
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_179228/
 <ここからはサーチナより。
 日中交流人士紹介。↓>
 「・・・今日頭条・・・記事は、大学統一入試本番1週間前に当たった5月31日、四川省成都市に4年間住んでいる日本人男性・天本龍司さんが同市内にある3つの高校の3年生に、大学受験の成功を祈願する縁起物としてお手製のたい焼きをプレゼントしたと紹介した。
 天本さんは4年前、旅行にやって来た成都で友人に誘われ、軽食店を開業。2015年から市内の高校の入口で、間もなく大学入試を迎える生徒たちにたい焼きをプレゼントする取り組みを始めたという。記事は「日本ではお祝いの時に鯛を食べる習慣があるので、たい焼きも幸運を呼び込む」と天本さんが説明したことを伝えている。
 この日は店を1日休みにして、バスで1時間かけて学校に到着。あらかじめ午後0時半に約束していた生徒たちに「両親に感謝を」などの一言メッセージが添えられたたい焼きを配布した。記事は、天本さんからたい焼きを受け取る女子生徒たちの様子を撮影した画像を紹介。屈託のない笑顔を見せる生徒たちからは、天本さんからの心のこもった贈り物を大いに喜んでいる様子が伺える。」
http://news.searchina.net/id/1637021?page=1
 <日本の清潔さに恐怖さえ覚える、と習ちゃん。↓>
 「・・・捜狐はこのほど、「日本の清潔さや小綺麗さは決して表面的なものではない」と論じる記事を掲載した。
 記事は、日本では車が通り過ぎてもゴミが舞い散るどころか、「チリやホコリが舞い散ることすらない」と指摘。澄んだ空気、清潔な公衆トイレ、安全な飲用水、小綺麗な格好の日本人など、日本の清潔さについて、一部の中国人は驚きとともに「日本人は恐ろしい民族」だと主張すると紹介。
 つまり、中国人が「日本人は恐ろしい民族」と主張するのは、一部の人だけが取り組んだのでは到底実現できない「社会全体」としての清潔さを、日本が実現できていることに驚嘆しているということだ。
 続けて、日本が清潔で小綺麗な理由について、まず「日本人は食べ歩きをしない」ことを挙げている。確かに日本では「立ったまま食べることは行儀が悪いこと」と認識されているが、中国ではどこで何を食べても咎められることはない。また、中国では「ひまわりの種」などの種子類がおやつとして親しまれているが、こうした種を食べた後の殻をその場に捨てる人は多い。
 また記事は、日本人はそもそも綺麗好きであり、その証拠に日本人が毎日風呂に入る習慣があり、服も毎日着替えることを指摘。社会全体を清潔に保つための習慣やルールは幼少の頃から道徳の一環として教え込まれていると指摘し、日本を訪れた中国人が驚く「日本の清潔さや小綺麗さ」は決して表面的なものではなく、日本の文化として日本人の考え方や行動にしっかりと根付いているのだと論じた。」
http://news.searchina.net/id/1637014?page=1
 <おばちゃん達のダンスを例にとり、日本人の人間主義性を称賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「中国人は明るいところでダンスをし、日本人は暗いところでフィットネスをする」と題した記事を掲載した。記事は、中国では集団で衣装を着てダンスや武芸を披露する広場ダンスに加え、最近ではみんなで声高らかに歌う「広場歌唱」も増えていると紹介。これらの行為は朝か夜に行われ、参加者たちは何の憂慮もなく完全に自分を解き放つのだとした。
 一方、日本では近年暗い場所でのフィットネスが流行していると説明。照明をほの暗くした中でのフィットネスは、汗で化粧が崩れた顔を見られるのを嫌がる、あるいは自分の体型に自信がない女性に人気だとしている。そして日本語には「配慮」という言葉があり、暗い場所でのフィットネスも「自分のビジュアルで他人に不快感を抱かせる」ことに対する配慮なのだと解説した。
 記事は、「広場ダンス」を巡っては音量の大きさで近隣住民の生活を妨げたり、他の利用者とのトラブルを起こしたりというケースが多く存在することを指摘。「思い切って言うが、おばちゃんにもう少し周囲への配慮の心があれば済む話なのだ」と論じている。
 そして、中国人のダンスと日本人のフィットネスからは「中国人は自分が楽しければいい、他人がどうかはお構いなし、日本人は自分は楽しいが他の人は不快ではないだろうかと心配」という思考様式が伺えると説明。「個性にしろ行動様式にしろ、互いに一歩近づくといいのだが」と結んでいる。」
http://news.searchina.net/id/1637020?page=1
 <3000年の歴史は大袈裟だが、道後温泉を取り上げ、日本へ行けキャンペーン。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「25元(約400円)で『千と千尋の神隠し』の世界を味わえる」として、愛媛県松山市の道後温泉本館を紹介する記事を掲載した。
 記事は「日本に温泉は数あれど、歴史ある温泉を楽しみたいのであれば四国は松山に来なければならない。ここの道後温泉は日本最古の温泉とされているが、重要なのはわずか410円の入場料で楽しめてしまうことだ」と紹介。3000年あまりの歴史を持ち、かの聖徳太子もこの地を訪れたと説明した。
 そして、「道後温泉の名は聞いたことがないかもしれないが、宮崎アニメの『千と千尋の神隠し』を見た人であれば、その『油屋』のイメージを抱くことだろう」とし、道後温泉が「油屋」の原型であるとしている。
 また、日本唯一の皇室専用浴室「又新殿」があり有料で拝観できること、上階の休息所も料金を支払えば利用できることを紹介するとともに、道後温泉が市民の日常的な憩いの場になっており、浴衣姿の日本人を見ることもできると伝えた。」
http://news.searchina.net/id/1637017?page=1
 <敗れた平野選手に温かい中共人民達。↓>
 「・・・丁寧選手が平野選手にアジア選手権での「借りを返した」ことについて、中国ネット上の反応を見てみると、歓喜の声が当然多かったものの、「平野選手はまだ若く、これからさらに伸びる」などと評価する声が多かった。中国の簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)では「平野選手はまだ17歳だ。今後は中国人選手が負ける機会が増えるはずだ」といったコメントが寄せられており、中国人ネットユーザーから多くの支持を得ていた。」
http://news.searchina.net/id/1637018?page=1
 <自国の商人よりも日本の商人の方を信用している中共人民達。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、中国国内の農村に日本直輸入の手づくり鉄瓶を専門に販売する店が出現したとする記事を掲載した。
 記事によれば、日本の鉄瓶専門店が出現したのは山東省東部の古い街。最近建てられた、封建時代の様式を模した建物が並ぶなかで「手づくり鉄瓶」という木製の看板を大きく掲げている店舗がある。そして、店の前には黄色い布が敷かれたテーブルが置かれ、そこにはたくさんの鉄瓶が並んでいる。
 テーブルの前に掲げられた説明書きには「日本で手づくりされた」、「これで湯を沸かすと軟水になる」、「日本では健康鉄瓶と言われている」といった宣伝文句が。凝ったデザインのものが多く、値段は数千円から十数万円とのこと。
 日本から個人輸入で仕入れたと説明されているが、その真偽は不明。段ボールに油性ペンで書かれたプライスボードがやや胡散臭さを放っている。決して安い値段の代物ではないが、記事は立ち止まて手に取ってみる人が結構いたと紹介している。
 記事と写真を見た中国のネットユーザーは、おおかたが「ニセモノだ」と評価している。「全部中国製。本物の日本の鉄瓶だったら店主はこんな風に外に並べて売ったりしないし、一般庶民が買える値段でもない」、「中国で作った日本の道具」、「全部没収だ」といったコメントが寄せられた。また、仮に日本の鉄瓶を模して作ったものだった場合には、その成分や安全性も心配だという声もあった。」
http://news.searchina.net/id/1637015?page=1
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9135(2017.6.4)
<ダコタ戦争(その4)>

→非公開