太田述正コラム#9078(2017.5.7)
<皆さんとディスカッション(続x3335)>

<太田>(ツイッターより)

 オランダ人の廃墟・廃物写真家のBob Thissen、奈良ドリームランド跡も撮ったが、この度、日本のラブホテルの廃墟写真集を発表。
http://edition.cnn.com/2017/05/03/arts/abandoned-hotels-photography-japan/index.html
 面白い被写体を見つけたもんだ。
 お岩さんが現れても不思議じゃないような、エログロ的雰囲気が伝わってくる。

 「【千葉・9歳女児殺害】軽乗用車から尿反応…容疑者は…引き続き供述を拒否している…」
http://news.livedoor.com/article/detail/13028922/
  「…40件以上…カーブミラーたたき割った疑い、無職の男逮捕…「黙秘します」と供述…」
http://news.livedoor.com/article/detail/13029267/
 取り調べ完全可視化をした上で、憲法第38条1項の解釈改憲を行い、黙秘権を制限したら?
 戦前は黙秘権はなかったし、英国は1994年に黙秘権を制限している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC38%E6%9D%A1
 ま、家宅捜索並びで、早晩、裁判所の令状の下、頭脳内の記憶開示をさせる仕組みができるだろうけど。

<Komuro>

 <本>日(5/7)に、BS241ch「川井郁子 15周年コンサートツアー」という番組が放送されます。
 <「一人題名のない音楽会」でも何度か紹介された、>美人バイオリニスト・川井郁子のコンサートです。
 無料放送のため画面の一部に余計なメッセージが表示されますが、それ以外は問題なく見られます。

・日時  2017年5月7日(日) 19:00-21:00
・放送ch BS241 スカパー!
・番組名 「川井郁子 15周年コンサートツアー」 無料放送
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/38059/2

 私は Blu-rayビデオレコーダーに録画してから見ることにします。

<太田>

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/38059/2
には2017.5.7放送、という情報は載っていませんね。

 また、そもそもスカパーは有料であるところ、無料ということは、その時間だけ視聴できるということなのでしょうが、先ほど、BSの番組表をTVで見てみましたが、241チャンネルは表示されていませんでした。
 その時間だけ表示されるのでしょうか。
 それとも、「BS」じゃなく、「ケーブル」の方の番組表を見るべきなのかな?

<山本>

 将棋うちで株主優待の桐谷広人と太田述正の両氏の顔と髪型が似すぎて見分けつかない1949年生まれの同い年なのもできすぎだ。
 株主優待はネタとしては面白いけど費用対効果で株の利益を棄損している可能性が高いのでやめてほしい。
http://amzn.to/2pfkDtG
http://kabumatome.doorblog.jp/tag/%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E5%84%AA%E5%BE%85
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%90%E8%B0%B7%E5%BA%83%E4%BA%BA&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjXtbjHg9XTAhXIurwKHUN3BPkQ_AUICygC&biw=1920&bih=957
<太田>

 おー似てる人間がいるって言われたの、生まれて初めてだな。
 ノーコメントにしとく。
 ところで、株式会社の財務情報開示度に疑問符が付く日本株相手に、随分、桐谷七段、回り道をしたもんだねえ。↓
 
 「2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄<だったが、>・・・2008年のリーマン・ショックや引退後に頻繁に行った信用取引が裏目に出て、2013年時点で株式の時価は約5000万円にまで激減する。その後は優待・配当銘柄を売らずに持つ投資戦略をより重視するようになった。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E8%B0%B7%E5%BA%83%E4%BA%BA

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 骨の髄まで逆臣の安倍チャン。
 もはや、天皇家に対して、強い、うらみ、つらみを抱いているとしか思えないレベルだ。
 ここまでとなりゃ、改めて、そのよってきたるゆえんを追求する必要ありそ。↓

 「安倍政権「女性宮家」創設認めず 14年に閣議決定案まとめる・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017050601001597.html

 高校無償化をやるくらいなら奨学金制度の充実をしろい。↓

 「東大を辞退して九大を選ぶ貧困家庭の事情・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e3%82%92%e8%be%9e%e9%80%80%e3%81%97%e3%81%a6%e4%b9%9d%e5%a4%a7%e3%82%92%e9%81%b8%e3%81%b6%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e3%81%ae%e4%ba%8b%e6%83%85/ar-BBAPhES?ocid=iehp#page=2

 世界宗教各宗は、人間主義回帰を目指して生まれた(が概ね誤った処方箋を提示した)のに対し、日本の新興宗教各派は、基本的に、モード転換に乗り遅れた人々が互いに傷をなめ合うために生まれたのよ。↓

 「バブルの饗宴の陰で、数々の宗教団体が生まれていった昭和末期。その中には、後に「カルト」として社会問題化する教団が含まれていた。時代の何が彼らを生み出したのか。・・・
 バブル時代にかけて、資本主義的な自由や競争の広まりが誘発した利己主義や自己責任論の拡大によって、とりわけ弱い立場の人々への共感が後退した。社会的な絆が薄れていくなかで居場所を見つけられない人を仲間に引き入れるとき、一般社会と隔絶した特殊な連帯意識を作ることが有効に作用する・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/13029112/

 朝鮮日報の日本礼賛記事。
 (どうして韓国で偽証・偽造が大手を振ってまかり通っているか、については、次々回のオフ会「講演」で。)↓

 「・・・2014年に韓国国内で偽造犯罪事件は2万1662件も発生した。これは、日本(2665件)の実に8倍に上る件数だ。日本の人口が韓国の2倍以上であることを思うと、韓国の偽造件数は多過ぎる。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/05/2017050500690.html

 これもそう。
 (あのさ、「学兵世代」だけじゃなく、日本の大学教育を受けた人々総体が中心となって今日の韓国を築いたの!)↓

 「韓国で復権する対日協力「学兵世代」・・・
 こんにちの韓国を設計して作り上げた主役として・・・政治やメディア、教育、宗教、学術など韓国の枠組みを磨き上げたのが「学兵世代」だ・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/05/2017050500688.html

 これ共同電だけど、ガセだろ。↑

 「中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り・・・」
http://www.sankei.com/world/news/170506/wor1705060036-n1.html

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <わざわざレベルの低いアメちゃんの著作を持ち出しつつ、結構まっとうなことを言わせてる業師の習ちゃん。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、「日本人の民族性」について論じる記事を掲載した。
 記事は、中国人が日本人の人材や著作物、民族性について研究を行った事例は少なく、例えあったとしても「大国中国」という視点から「日本を見下ろす形」で研究がなされており、その内容は見るに堪えないと説明した。
 しかし、ルース・ベネディクト著作の「菊と刀」は客観的、かつ、冷静な態度で日本人の民族性を研究しており、中国人が日本人を理解するうえでの助けを与えてくれると論じた。
 「菊と刀」から得られた日本人の民族性に対する洞察について、日本人は「精神性を重んじ、精神性は物質より得難いもの」という信念を有していることが理解できたと説明。これは資源が乏しい日本において物質の欠乏は日本人を精神面における探求へと向かわせたためであり、またこれが「精神性は物質より得難いもの」とする性質が育まれたと指摘した。
 また日本人は「外部からの見栄え」や「外部から認められること」を何よりも重要とする性質があるとし、「外部からの見栄え」を重視するがゆえに災害が起きても大声でわめき叫ぶことはないと説明。多くの日本人はこれを理知の表現であると見なしており、災害発生時において「世界のすべての眼が我々を見ているゆえに、日本人の精神をはっきり示さなければならない」という信念のもとに行動していると論じた。」
http://news.searchina.net/id/1635127?page=1
 <習ちゃんも人民も、よっぽど食に対するこだわりが強いのね。高速鉄道の弁当問題を2紙が取り上げている。↓>
 「・・・西寧晩報は・・・中国高速鉄道の駅弁は「いつになったら乗客の期待に応えてくれるのか」というテーマについて考察する記事を掲載した。
 記事は、中国高速鉄道の弁当に対する中国人消費者の不満について説明、例えば中国高速鉄道では15元(約244円)、30元(約488円)、40元(約650円)、60元(約976円)の駅弁が販売されているが、ネット上では「安い弁当を買いたくても15元はいつも売り切れで、買えたためしがない」と不満を口にしていると紹介した。高速鉄道を利用できる都市でも15元もあれば店で十分に美味しい食事を味わうことができる。いかに中国高速鉄道の弁当が高額かが分かるだろう。
 また別のネットユーザーは、価格が高いのはしょうがないとしても「相応のクオリティが伴っていない」とし、食事は冷えているうえに硬くなっていると不満を口にしていると紹介した。
 一方、ソーシャルメディア上で日本の駅弁を紹介する中国人ネットユーザーは「美味しいうえに安い」と称賛し、日本の駅弁は人を惹きつける魅力があると指摘しつつ、中国高速鉄道の弁当は「食べずに済むよう、乗車前に腹を満たしておこうと考えてしまう」ほど、消費者にとって魅力がないものだと指摘した。
 消費者のこうした不満を解消すべく、2017年の春節を含む一定期間に中国の一部高速鉄道路線において「出前仲介サービス」を導入する試みがなされたと説明したが、記事は高速鉄道の弁当市場を開放し、競争原理を導入することこそがクオリティ向上の鍵となるという見方を示した。」
http://news.searchina.net/id/1635125?page=1
 「・・・広西新聞網は・・・中国高速鉄道における飲食サービスの根本的な問題は出前サービスがあっても「真の解決にはならない」と論じる記事を掲載した。
 記事は中国高速鉄道の飲食サービスにおける根本的な問題として、価格が高いこと、味が悪いこと、種類が少ないこと、乗客が必要としている食事をすぐに提供できないこと、という4点を指摘し、もしこの主要な問題を根本から解決しないなら「餓了么」などのインターネットを利用したサービスを導入しても、実質の伴わない表面的な変化にしかならないと論じた。
 一方、新幹線の車内販売について、インターネットを利用して注文できるというサービスはないものの、それでも「美味しいうえに安く、種類も多く、非常に多くの乗客に愛されている」と絶賛し、中国鉄路総公司はインターネットを利用した飲食サービスを導入するにとどまらず、こうした新幹線の優れた飲食サービスから学ぶべきだと提言した。」
http://news.searchina.net/id/1635126?page=1
 <何が何でも、日本との経済提携を推進したい習ちゃん。↓>
 「・・・香港の・・・鳳凰衛視の「独家評論」という番組では、日本がAIIBに参加する可能性があるとした二階幹事長の発言について分析し、鳳凰衛視のウェブサイトでは・・・この分析内容を紹介する記事を掲載した。
 記事は二階幹事長に対するインタビューの要点、および、二階幹事長の発言に対する評論員の分析を紹介している。この評論員は、まず自民党内における二階幹事長の実力を高く評価したうえで、もともと日本にはAIIBに加入する意向があったが、米国の反対によって加入しなかっただけだと主張。そのため日本はAIIB参加の機会をずっと待っていたが、トランプ大統領が米国のTPP参加を取りやめたことにより、「日本は米国に対してAIIBに参加する理由を説明できるようになった」との見方を示した。
 しかし、二階幹事長の考え方は必ずしも安倍首相の考え方と一致しているわけではないと主張。香港メディアのインタビューにおける発言は安倍首相に対する牽制の意図を含んだものでもある可能性もあると説明。従ってAIIBへの日本参加に含みをもたせた二階幹事長の考え方は、必ずしも日本政府の考え方ではないと指摘した。
 AIIBは中国の国家プロジェクト「一帯一路」構想実現に向け、インフラ整備のための資金供給をする役割も担っているが、報道によれば二階幹事長は一帯一路について鳳凰衛視によるインタビューのなかで、中国側のリーダーシップで行われることであるにせよ、中国と日本が協力し合えば良い成果をもたらすことができると語っている。」
http://news.searchina.net/id/1635130?page=1
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9079(2017.5.7)
<二つのドイツ(その1)>

→非公開