太田述正コラム#9022(2017.4.9)
<皆さんとディスカッション(続x3307)>

<太田>(ツイッターより)

 常連メンバーが2人、急に来れなくなり、<昨>日のオフ会は私を除くと7名の参加という小ぶりのものになりましたが、うち、6人が2次会に参加し、予定を30分オーバーした20:30頃まで、全員で活発なオフ・ディスカッションが行われました。
 次回は、7月8日(土)で「講演」は朝鮮論です。
 お疲れ!

 「フィンランド…では日本書籍が人気…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/07/2017040701610.html
 「訪米安倍首相が受けた「特別待遇」は忘れ<よう>…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/07/2017040701671.html
 「岸見…両親との争いごとはやめましょう…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/07/2017040701667.html
 韓国人達向けの反日意識克服を促すキャンペーン記事を、連日のように、掲載し続ける朝鮮日報。まことに健気なことだ。
 しかし、最後の記事の「両親」が「日本」の隠喩だと気付く、心広き慧眼の同紙読者が、一体どれくらいいるというのだろうか?
 そろそろ直截的な親日記事を掲げなくっちゃダメでねーの?

<7TmT7z8k>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

  <昨>日配信の朝鮮戦争のコラムはみんなに読んでもらいたいと思った。

<iWxaUSTo>(同上)

 特に良いコラムだったよね。
 韓国の掲示板とかで結構目にする「日本が発展出来たのは朝鮮戦争による戦争特需のおかげ」ってのが以外と根深い話だったんだな
 それ読むたびに「文句はアメリカ中国ソ連北朝鮮にでも言えよ日本関係ねえだろボケ」で流してたけど。
 韓国人達にしてみりゃ地獄の戦争だったってのに、そのおかげで日本が最底辺からの復興に成功し、更に世界に名立たる先進国へと続く礎になったのに対し、自分達は国を焼かれ家族を殺され挙句に国は分断、そのせいで復興は遅れ軍事政権下で長く苦しむハメに陥ったように思えるんだろうな。
 「日本は我々の不幸を喰い物にして今の地位を得た」って書き込みとか結構あるもんなぁ。
 実際は日本にはそれほど恩恵があった訳でも無いらしいけど。↓

 「朝鮮特需・・・
 朝鮮戦争は日本の復興に必ずしもプラスであったとは言えず...むしろ阻害要因でさえあった。・・・」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%89%B9%E9%9C%80

<komuro>

 昨日のオフ会に夫婦で参加された方と、オーディオ談義で盛り上がりました。
 私は<shiouenさん差し入れの>芋焼酎を呑んでいたのでちょっと記憶が曖昧ですが、以下の機器をお使いのようです。

1. WindowsPCでWinAMPを使い、(CDから取り込んだ)wavファイルを再生している。
2. DACまたはアンプは、Ayre社製。
http://www.axiss.co.jp/brand/ayre/ayre/
3. スピーカーは AVALON社の3way。
http://www.taiyo-international.com/products/avalon/isis/
4. このシステムで海外のコンサートホールで聴いたクラッシック音楽を再現したい。
 立ち上がりの良い音が好み。

 私の感想は、総額ウン百万の世界でオーディオ装置として文句ナシだと思います。
 ここに「コンサートホールらしさ」を付加するのですが、その方法が悩みどころですね。
 (出張費は掛かりますが)信頼できるオーディオショップに来てもらって、スピーカーのセッティング辺りから調整するのが良いと思います。

 あと太田さんに、将棋の本をプレゼントしました。
・升田将棋の世界 真部一男著
 升田将棋を愛した美男子、故・真部九段が将棋世界誌に書いた連載記事の中から升田将棋を選んで出来た本です。
 各記事の前半は将棋界の雑学博士でもあった真部九段のコラムなので、もしかしたら太田コラムで取り上げられるかも。
http://www.shogi-books.com/jisenki/masuda_kouzou.htm

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 奥様、八面六臂の大活躍でらっしゃいますわねー。↓

 「校長就任前日に…昭恵夫人が・・・大阪府・・・府私学審会長と“疑惑の面会”・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/12907918/

 これ、必ずしも悪いことじゃないのでは?
 法学部進学をしない連中の相当部分は文系の(法学・政治学以外の)学者的なキャリアを目指していると想像されるからだ。↓

 「・・・日本の文系学部では最難関の東大教養学部(前期)文科一類(文1)に入学した学生の多くが、3年次に法学部を「進学」先としてきた。だが、その様相が近年変わり、記事によれば文1から法学部以外を志望する学生が、2008年度の19人から2017年度は76人と4倍に膨れ上がったのだ(第1段階第1次志望時)。文1の定員は約400人だから、4分の1近くが法学部以外に進学を希望していることになる。・・・」
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/aera/product/2017031600003.html?iref=comtop_btm
 
 トランプ、オバマ政権と同じ、アサド政権打倒の姿勢に転換。↓

 No peace in Syria until Assad is ousted, says Nikki Haley・・・
https://www.theguardian.com/world/2017/apr/09/no-peace-in-syria-until-assad-is-ousted-says-nikki-haley

 米国、新たに空母群を北朝鮮向けに派遣。↓

 US navy strike group moves towards Korean peninsula・・・
https://www.theguardian.com/world/2017/apr/09/us-navy-strike-group-north-korea-peninsula-syria-missile-strike

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <日本の人間主義的トイレ文化を称賛。↓>
 「・・・今日頭条・・・記事は「中国人が日本から持ち帰るべきなのは温水洗浄式便座ではない」とし、中国人が日本から持ち帰るべきは「日本のトイレ文化である」と論じている。
 記事は、日本を訪れたすべての中国人旅行客は日本滞在中に温水洗浄式便座の快適さを味わっていると説明。日本のトイレはいつでも清潔で、便座はいつでも適温であると指摘し、日本のトイレは中国人旅行客たちに「史上前例がないほど芸術感に満ちている」と実感させるほど優れていると称賛した。
 また、日本人は公衆トイレ利用者が心地良くトイレを利用できるよう「細かな点に本当によく配慮している」という見方を示し、例えば新幹線には和式、洋式、男性用の3種類のトイレが設置されており、また、揺れ対策のためにトイレ内には手すりが設けられていると説明。また、スペースは狭くても利用しやすい合理的な設計となっていると称賛した。
 さらに日本の公衆トイレには、次の利用者のために清潔に使用するようお願いする注意書きがあると紹介。また、デパートのトイレも「とても思いやりのある」設計になっているとし、子ども専用の背丈の低いトイレやオムツ交換用の設備、ハンドドライヤーまでも設置されていると説明、日本人はトイレ文化を非常に重視しており、それによって今日の使いやすいトイレが出来上がったと主張。中国人旅行客が日本で温水洗浄便座を爆買いしたことは記憶に新しいが、日本から持ち帰るべきは洗浄便座というハードではなく、文化というソフトであると論じた。」
http://news.searchina.net/id/1633200?page=1
 <以下は、必ずしも日本礼賛じゃない記事ばかりだが、たまにはいいでしょう。
 さて、この記事なんだかちゃうんだけど・・。ところで、日本人女性は英国人男性と相性がいいと思ってるようだが、人間主義者は人間主義「的」者を好むってことかしら。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、日本人女性と結婚したという中国人男性の経験を紹介し、「中国人男性が抱く『理想の夫』のイメージは、必ずしも日本人女性が理想とする夫のイメージと同じではない」と論じる記事を掲載した。
 記事は、中国には「最も幸福な生活とは、日本人女性を妻として娶り、中国人をコックとして雇い、フランス人を執事として雇い、米国人と同等の給与をもらって英国式の家に住む生活である」という言葉があると説明。そして、フランス人を執事として雇うことは無理だったが、実際に日本人女性と結婚することができた中国人男性がいると紹介した。
 この中国人男性は自分で料理を作ることができるため、前述の言葉に照らせば幸福な生活の条件をそれなりに満たしていることになる。また、この中国人男性は結婚後に「夫としての素晴らしい魅力」を発揮する努力を払い、仕事を終えたあと妻のために毎日美味しい料理を作ったようだ。
 しかし、妻の気持ちが日ごとに沈んでいくことに気づき、その理由を訪ねたところ、日本人の妻は「料理を作るという仕事を夫に奪われ、達成感のない生活を非常につらく感じていた」と説明。結婚生活における認識の違いを話し合い、この中国人男性は日本人の夫の生活方式に見倣い、家事などは妻との役割分担を行った結果、日本人妻は充足感を得ることができたが、中国人男性は自分で料理を作る生活を恋しく感じるようになったと説明した。
 中国では日本人女性と結婚したいと考える人が非常に多い。日本人女性は良妻賢母というイメージがあり、男性に負けないくらい強い中国人女性よりも、優しい日本人女性と結婚したいと考えるようだ。だが、一部アンケート調査によれば、日本人女性が結婚したいと思う外国人は英国人(48%)であり、中国人は1.2%にとどまり、人気の国籍別ランキングではかなり下位に位置しているのが現実だ。」
http://news.searchina.net/id/1633197?page=1
 <客観記事で、まあまあの内容。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「中国企業に比べて、日本企業はどうして新卒者を喜んで採用するのか」とする記事を掲載した。
 記事は、日本企業で長年人事部門を担当している中国人社員の話が「日本企業は新卒者をより好む傾向がある。募集条件にも『新卒者優先』とはっきり書かれている」と語るとともに、日本企業が採用時に重視するのは学生の学力、自己管理能力、協調性といった基本的な能力であり、特殊な職種でない限り、応募資格として特殊技能を求めないとしたことを伝えた。
 そして、この傾向は会社が新卒社員に各種の研修を施して一人前に育てていくという、日本企業独特の人事管理方式と不可分であるとし「汚れていない大学生は育成や管理が容易なのだ。だから、一般的に仕事の経験がある人は好まれない」と説明した。また、ある日本企業の人事担当者が「欧米企業で働いた経験のある人は、日本企業に溶け込みづらいので敬遠する」と語ったとも紹介している。
 記事は「規律性や年功序列を重んじる日本企業においては、各社員が企業のルールを守ることが求められる。この点において、新卒の学生がよりふさわしいのである」と論じた。」
http://news.searchina.net/id/1633195?page=1
 <客観記事的ではあるが、おふざけに近い。↓>
 「・・・今日頭条は・・・中国人から見た日本の「悪習」を紹介する記事を掲載した。
 記事はトップ10形式で、「悪習」と感じる日本の習慣を紹介。第10位は「体重を気にしすぎること」だ。「たった500グラム増えただけで同僚から『太ったね』と言われ、ちょっとでもイメージより細くなると『ダイエットしてるの』と聞かれる」と指摘している。9位には「小顔に対するこだわり」を挙げた。
 8位は「質問があっても本人に直接聞かない」点。ちょっと難しいが「日本人と日本語の多少できる中国人と話をしていて、中国人個人に関する情報を聞く際に、直接本人にではなく別の人に聞く」ということのようだ。7位はロリコン、6位は「電車の中で隣の人に寄りかかって寝ること」が入った。
 5位は「麺を食べる時に音を立てること」。中国のネット上でもしばしば見かける話題だ。4位はメイドカフェの文化を挙げた。そしてトップ3は、3位が「日本の会社は使えない社員をクビにしないで閑職に就かせる」、2位は「垂れた鼻水を吸って呑み込む」、そして、栄えある第1位はなんと「カンチョー」だった。」
http://news.searchina.net/id/1633198
 <これは、大真面目。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本のアニメと現実の日本で全く異なる8つの点を紹介する記事を掲載した。1つ目は「学生たちの教師や年配者に対する口のきき方」だ。アニメの世界ではかなりラフだが、実際の社会ではみんな基本的に敬語を用いるとした。
 2つ目は巫女さんについて。アニメに出てくる巫女さんは魔法を使え、邪悪なものや妖怪から人びとを守るが、実際の巫女さんは儀式に参加したり神社の日常的なお手入れをしたりといった役割であると紹介している。3つ目は「お坊ちゃまやお嬢様が自家用車で学校まで送ってもらう」というイメージ。現実社会では、たとえお金持ちだったとしても自分で学校に通うと説明した。
 4つ目は、アニメでよく見られる「両親が子どもを置いていなくなったり長期間旅行に出かけたりする」、5つ目は「お金持ちのお屋敷に必ずいる、スーツに革靴の執事やメイド服を着たお手伝いさん」、6つ目は「お金持ちが住む、学校なのか自宅なのかわからないほど広い庭と建物のお屋敷」といったシチュエーションを挙げている。
 最後の2つは学校でのシーンだ。7つ目は「屋上で弁当を食べたり、告白したり、超常現象が起きたりする」、8つ目は「教室の生徒はみんな異なる髪型をしており、カラフル。重力の法則に反するものまである」というもの。それぞれ「一般的に屋上への立ち入りは禁止されている」、「大部分の生徒の髪型は普通で地味。学校が奇抜な色に染めることを許さない」と否定した。」
http://news.searchina.net/id/1633199?page=1
-------------------------------------------------------------------------------

<太田>

 新会員を大福帳ソフトに入力したら、大福帳画面で茶色表示になっていました。
 通常色表示にするにはどうしたらいいのでしょうか。

<K.K>

 茶色になってしまったセルが多数である場合は、その旨連絡してください。

⇒特定の1つの行のセルの左端から連続して合わせて8つのセルが茶色表示になっています。
 で、今気が付いたのですが、一番左のセルが「428」と表示され「428番」になっていません。
 また、この人、終身名誉会員なのですが、有効期限のセルが「2100年12月31日」ではなく「73415ヶ月」と表示されてしまっています。(太田)
⇒⇒セーブせずに閉じてもう一度このソフトを開いたら、茶色の点を除き、正常表示
に戻っていました。
 どうやら、下の操作をやったせいであったようです。(太田)


 茶色になってしまったセルが少数である場合は、下記の操作を行ってみてください。
1.表示が茶色になってしまったセルと"同じ列"の表示が正常なセルをクリックして選択してください。(例えば、C10セルの表示がおかしくて、C9セルの表示が正常であれば、C9セルをクリックしてください。)
2.下掲画像の[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックしてください。
3.表示が茶色になってしまったセルとクリックしてください。

⇒念のためやってみましたが、ダメでした。(太田)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#9023(2017.4.9)
<2017.4.8東京オフ会次第(その2)/下川耿史『エロティック日本史』を読む(その16)>

→非公開