太田述正コラム#8952(2017.3.5)
<皆さんとディスカッション(続x3272)>

<太田>(ツイッターより)

 「中国の「観光報復」、日本はいかに克服したか…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/04/2017030400525.html
 「…中国の報復に日本は冷静な対応、半減した自動車売り上げは1年で完全回復…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/04/2017030400523.html
 どんどん親日度を高める朝鮮日報。
 習ちゃんやったね、ご苦労様。

 連日怒涛の日本礼賛記事攻勢を韓国民にかける朝鮮日報。
 「特亜」観念の粉砕は近い?↓
 「韓国の省庁再編、日本のように「国家百年の計」で…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/03/2017030301453.html
 「安倍政権は米国に朝貢ばかりしているわけではない…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/03/2017030301478.html
 「札幌は英語が通じなくても食べて遊ぶには困らないけど平昌は…日本語できなくても注文可能、店頭にはサンプル展示…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/03/2017030301477.html
 「冬季アジア札幌大会で活躍した「シルバーボランティア」…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/03/2017030301475.html
 速い時代変化!

<太田>

 ガリラヤ湖の湖畔で縄文文化類似の文化が生まれなかったのかと前に(コラム#8928で)問題提起したが、その時、記さなかった私の仮説が、未公開の「東は東・西は西?」シリーズ(コラム#8939〜#8949)で裏付けられたって話をそのシリーズ最終回で記すのを忘れた。
 その後の農業社会化が小麦がメインで行われたため、ガリラヤ湖畔での定着狩猟採集社会で人間主義的要素が残っていたとしても、根絶やしされちゃった、と見るわけ。

<太田>

 役人達に大きな裁量権が与えられているのが日本型政治経済体制だが、彼らが上の方ばかり向いてこの裁量権を行使するようなことがあっちゃならんってこと。
 財務省も国交省も大阪府も、役人達、揃いも揃ってひでえもんだ。
 安倍チャン夫妻も安倍チャン夫妻だ。
 能力も、(潜在的には)体力も、足を引っ張らない配偶者も、持ち合わせていない小人物を党首/首相に祭り上げた自民党、そして、国賊・逆臣・利権集団の自民党を短期間で政権の座に復帰させた国民、が悪いんだけどな。↓
 
 「第2の森友か 首相親友の学校法人に36億円の土地無償譲渡・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/12751943/
 「近畿財務局が産廃の「場内処分」促す 費用増大懸念し埋め戻しか・・・」
http://www.sankei.com/affairs/news/170304/afr1703040012-n1.html
 「【森友学園問題】--松井知事、14日までにごみ搬出計画提出なければ4月開校無理・・・」
http://www.sankei.com/west/news/170304/wst1703040045-n1.html

 日本人の老壮青の3人のエライ女性達の揃い踏み。↓

 <老。↓>
 An 81-year-old <Japanese> woman just created her own iPhone app・・・
http://money.cnn.com/2017/03/02/technology/81-year-old-woman-publishes-iphone-app-japan/index.html
 <壮。(NYタイムス、ワシントンポストに刺激されて、人民網化路線のバスに乗り遅れまいとしている?(太田))↓>
 Going From Bond Girl to ‘a Normal Life・・・
https://www.nytimes.com/2017/03/03/movies/going-from-bond-girl-to-a-normal-life.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=mini-moth®ion=top-stories-below&WT.nav=top-stories-below&_r=0
 <青。↓>
 「アイドルから保育士へ 水沢彩佳さん、NGT初の卒業生・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASK333VGVK33UOHB004.html?iref=comtop_photo

 頑張れ、マレーシア。↓

 「北朝鮮、“貴重な工作拠点”失う可能性も 駐マレーシア大使追放・・・」
http://www.sankei.com/world/news/170305/wor1703050008-n1.html

 最初の一文だけしか説明になってないような・・。↓

 「『昭和歌謡』はシンプルで心に残る。現代の曲がサウンド寄りなのに対し、そのメロディーの強さが見直されているのではないか・・・」
 昭和の曲のうち、フォークなどを除いたいわゆる「歌謡曲」・・・の特徴は人に作詞・作曲してもらった曲を歌うという『他作自演』にある・・・。
 ・・・自分で作った曲を自分で歌う『自作自演』は一つのパターンしかできないという限界があるが、『他作自演』は化学反応が起こる。変な曲もできるけど、異常なヒット曲も出る・・・70年代まで活躍していたプロの作詞・作曲家がいなくなり、今はそういうことが起きなくなってしまった・・・」
http://mainichi.jp/articles/20170304/k00/00m/040/028000c

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <最低で10万人ってちょっと多すぎるが、その点を除き、まあ許容範囲なんじゃない? 習ちゃんが本件でも徐々に軌道修正させていくきっかけになるかも。↓>
 「村上春樹氏 新作で南京大虐殺を認める・・・
 この作品は主人公の「私」の口を借りて歴史的事件の南京大虐殺を次のように語る。
 「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」
 村上氏はこの部分に続けて、「もちろん私にはそんなことはわからない」と記す。・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2017/0304/c206603-9185625.html
 <定番の温水洗浄便座称賛。↓>
 「日本の温水洗浄便座<について、>・・・中華網<は、>・・・爆買いが起きた要因は「2つある」とし、それは「品質と価格である」と指摘。・・・」
http://news.searchina.net/id/1630562?page=1
 <ソニーを例にとり、障害者に優しく匠の精神あふれる日本の企業を称賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「日本のソニーはどうして崇拝されるのか、秘密はここにあった」とする記事を掲載した。
 記事は、九州北東部の大分県にあるソニー・太陽株式会社について紹介。ここの従業員約170人のうち、実に110人が障がい者であり、1965年に中村裕氏が設立した障がい者就業支援センター「太陽の家」に感銘を受けたソニーの創始者・井深大氏が1978年に会社を立ち上げ、生産拠点の1つとしたことを説明した。
 そして、この拠点ではマイク、イヤホンといった音響機器やメモリーカードなどを生産しており、従業員たちは毎日続々と「メイド・イン・ジャパン」クオリティの音響製品を生み出し続けているのであるとした。また「匠の精神は、ここの従業員たちの手いっぱいにあふれており、見学者1人1人が驚き震える」とし、精密なはんだ付けなど細かい工程が手作業で行われているほか、人間による音響製品テストが機器よりも精密であることを紹介している。
 さらに、工場では各セクションの作業を1人が担当しており、その大部分は10年の経験を持つ「職人」として、担当作業についての卓越した専門技術を持っている事を伝えた。そして「従業員たちは自身の心が喜びと誇りに満たされていると語るとともに、より努力して仕事するという意思を示している。このような精神こそ、まさに日本製造業が世界で賞賛される秘密なのである」と論じた。
 記事を見た中国のネットユーザーからは「イッツ・ア・ソニー」、「ああ、1000年の差がある」、「仕事に注ぐ力は民度の高さを表している」、「これは確かに学ぶに値する」といった賞賛の言葉が寄せられた。一方で、ソニーが圧倒的に高い品質を保っていたのは過去の話だとするユーザーも複数見られた。」
http://news.searchina.net/id/1630571?page=1
 <日本人の善人悪人観を紹介しつつ日本のアニメを称賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「この点から見える、中国アニメと日本アニメの差」と題した記事を掲載した。記事は、日本のアニメが制作、声優、ストーリーや人物の構成といった部分で中国アニメよりも優れているとしたうえで「今日は、善人と悪役にかんする日本アニメと中国アニメの違いについて説明したい」と伝えた。
 そして、中国のアニメでは「悪人は永遠に悪人であり、悪人のレッテルを張られ続ける」と紹介。一方で「日本のアニメでは、最初は悪人だと思っていたキャラクターが実は決して悪人ではないと思うようになる」と説明。その例として、中国でも人気の高いアニメである「NARUTO」と「ドラゴンボール」などの作品を挙げている。
 記事はこの違いについて「中国アニメは各キャラクターに善人と悪人のいずれかを強制するレベルに留まっているのに対して、日本のアニメはそれぞれの登場人物が持つそれぞれの価値観を通じて、誰が正しくて誰が間違っているかを見る人に判断させるのだ」と論じた。
 さらに「この点において、日本アニメはよりリアリティを持っている。真実の世界でも、善人と悪人を区別することはとても難しい。人に考えさせる日本アニメは、中国アニメより一段上のレベルなのである」としている。」
http://news.searchina.net/id/1630568?page=1
 <使いまわしチックだが、日本のサービスエリアを称賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本のサービスエリアの設備や雰囲気について紹介する写真記事を掲載した。記事は、実際に日本国内のサービスエリアなどで撮影した写真約20枚を紹介するとともに、その特徴や魅力について文章で説明している。
 まず、「日本のサービスエリアの特徴は、地域の特徴を際立たせている点にある」とし、外観や施設内の商品から各地域の特性を感じ取ることができると紹介。また、各施設が地元のPRに力を入れるとともに良質なサービスや商品を提供することで、現地の経済に活気を与えているとも説明した。
 さらに、サービスエリアは主に飲食品エリアと土産物エリアに分かれており、現地の特産品などの土産物は価格が手ごろであること、特設コーナーでは地元の果物や野菜、漬物なども販売されていることを伝えた。また、食事エリアも充実しており、その価格も決して高くないとしている。
 このほか、飲食エリアでは時間短縮のために食券購入制度が取られていること、大量の自動販売機以外にも無料の給茶機や給水機が設置されていること、さらに一部のサービスエリアには無料の足湯があることなどを紹介。トイレについても子ども向けや障がい者向けの設備がしっかり整っていると伝えた。」
http://news.searchina.net/id/1630565?page=1
 <日本の全てを解明し尽すプロジェクトの一環。↓>
 「・・・界面は・・・日本<で婿養子という>「奇異な習慣」が広まっている理由を考察する記事を掲載した。
 記事はまず、日本と米国、そして、中国の3カ国の養子縁組の実態を比較した。日本よりも養子縁組の多い米国では、ほとんどが血のつながらない子どもを引き取り、里子として育てる、いわば「善行」の一環という捉え方だという。中国にも養子の習慣はあるが、養子は子ども、それも、乳児が多く、子どものいない夫婦が「家名存続」のために養子を迎えるケースが主だ。一方の日本が独特なのは、養子の98%が「20代男性」であることだ。
 では、日本での養子にどのような目的があるのだろうか。記事は、中国と同様「家名存続」という側面もあるものの、主な理由は「家族経営の企業存続」にあると紹介した。家族経営の企業は長く続かないことが多いが、日本には家族経営の老舗企業が非常に多く、しかも、家族経営のほうが収益が良い傾向があるのだという。
 家族経営の成功と成人の養子縁組の多さはどのような関係があるのだろうか。記事は、戦前の民法は家督相続を長男に限定したため、息子のいない家庭や息子がいても家業を継承するには不適切とみなされた場合は養子をとることが普通であったと紹介。戦後は女性でも財産を引き継げるようになったものの、「婿養子」の習慣は普遍的な現象として残ったと説明した。
 また、近年では、自ら養子になることを望む若い男性がおり、将来の発展に優秀な人材を確保したい企業と利害が一致しているとのだという。そればかりか、養子の座を狙って社内でし烈な競争を繰り広げることさえあり、社長の実子にも刺激となり企業にとってはプラスとなることが多く、よって日本では家族経営の企業は成功しているとして、婿養子の習慣について家族経営の継続には役立っていると高く評価した。」
http://news.searchina.net/id/1630567?page=1
 <日本へ行けキャンペーン:花見篇。↓>
 「・・・今日頭条は「春だ。一緒に清酒を飲みに日本に行こう」とする記事を掲載した。記事は、日本の清酒業の中心地として最も有名である兵庫の灘五郷、そして京都の伏見の酒蔵めぐりを紹介している。
 まずは灘五郷だ。この一帯で生産される清酒はみな地元の地下水である「宮水」を使って醸造されており、品質が非常に優れていると説明。阪神電車沿線には多くの酒造業者が集まっており、最大手の酒造メーカーである白鶴酒造もあるとした。白鶴では博物館で酒造に用いる様々な道具や設備などを見ることができ、醸造のプロセスを学ぶこともできるほか、さまざまな種類の清酒を試飲することができると伝えている。
 さらに、灘五郷では400年の歴史を持つという桜正宗、間近で醸造の過程を見ることができる福寿酒造などを代表的なスポットとして紹介。「夜ご飯は名高い神戸の霜降り牛だ」としたほか、神戸港の夜景や地震記念館も訪れる価値がある場所であると説明した。
 続いては伏見だ。伏見を代表する酒造業者は、創業400年近い歴史を持ち、現在すでに14代目という月桂冠をおいて他にないと説明。月桂冠の大倉記念館では予約しておけば発酵などの工程を見学することができ、「レトロボトル吟醸」、「玉の泉大吟醸」などの限定品の試飲や購入ができるとしている。」
http://news.searchina.net/id/1630569?page=1
 <日本へ行けキャンペーン:支那とゆかりある場所篇。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本にある寒山寺について、その佇まいと本場中国の寒山寺とのかかわりを紹介する記事を掲載した。・・・」
http://news.searchina.net/id/1630573?page=1
 <翻って国内旅行関係者を叱咤。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本と中国でインバウンド業界の明暗が分かれていることを伝える記事を掲載した。記事は、日本では2012年の安倍晋三政権発足時より「観光立国」を掲げており、約5年間で訪日外国観光客は大きく増加し、日本の観光業が持つ強い実力が顕著に表されたとした。そして、外国人観光客にとっては単に日本の風景だけでなく、その文化や社会も魅力となっていると紹介。とくに、中国人観光客は日本の観光業に対して大きな貢献を果たしているとした。
 その一方で「中国はここ数年、外国人観光客にとっての魅力が低下している」と指摘した。中国国家旅遊局のデータとして、昨年中国に入国した外国人はのべ2841万2000人だったと紹介。前年同期比で8.3%の増加となったが、訪日外国人数に比べれば非常に少ないと伝えた。なお、観光庁が発表したデータはホテルや旅館に宿泊した外国人観光客数であり、実際は記事の示した中国の統計と直接比較することはできない。日本政府観光局によると、昨年の訪日外国人数は約2404万人となっており、中国の方が多いことになる。ただ、日本は前年比21.8%増となっており、両国が今後同じペースを保った場合には数年後に逆転する可能性もある。
 記事は訪中外国人観光客が日本のように爆発的に増えない理由について「世界経済の低迷のほかに、中国国内で頻発している大気汚染も中国旅行のイメージに深刻な影響を与えている。現在、その後遺症はなおもふくらみ続けているのである」と解説している。
 中国のネットユーザーは、中国が観光地としての魅力を失っている原因について「環境が悪い、消費金額が多くなる。全体の風貌が、不動産と発展途上国。これでは外国人を引き付けられない」、「古い街並みを再現したような観光地は、物売りばかりでしかも入場料が高い」といったコメントを残している。「金儲けが先行している」という意見もあった。」
http://news.searchina.net/id/1630570?page=1
 <定番となった、日本の技能実習生制度批判だが・・。↓>
 「訪日前は天国だと思っていた技能実習生、今は監獄のような生活・・・」
http://news.searchina.net/id/1630566?page=1
 <これ↓を読むと、そのココロは、日本に抜本的な人口減対策を講じるよう強く促すところにある、ということが分かる。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、日本が直面する数々の難題を挙げ、「もし自分が日本人だったら、日本に住み続けることを選択しない」と伝える記事を掲載した。
 記事はまず、日本が直面している問題は「構造的問題」であり、短期間で容易に解決できるものではないと指摘し、その例として「少子高齢化」と「生産年齢人口の減少」を挙げた。総務省が2016年に発表した統計によれば、「日本の高齢者人口は3461万人、総人口に占める割合は27.3%」に達し、ともに過去最高となっている。
 こうした構造的な問題は日本経済の先細りを意味することを伝えつつ、「人口はその国の経済と国民の命運を左右する」にもかかわらず、日本の人口は減少の一途を辿っていると指摘。日本国内の消費が今後大きく拡大することはなく、人口が増えていかない限りはこの流れは変えることができないと指摘した。
 さらに、日本が少子高齢化問題を認識してから非常に長い時間が経過しているが、有効な対策をまったく打ち出せていないことを指摘し、「日本は凡庸な国に成り下がりつつある」と指摘。日本経済が今後大きく発展する可能性は極めて小さく、日本で暮らしても「年を追うごとに豊かになる」ようなことは期待できないと主張。中国人が成功を求めて移民する場合、日本には将来性がないとし、「むしろ自分が日本人だったら、先行きが暗い日本からの逃亡を選ぶだろう」と論じた。」
http://news.searchina.net/id/1630564?page=1

 こんな話が漏れるような国が他国にサイバー攻撃なんかやるなってんだ。↓

 Pentagon Has Been Waging Secret Cyberwar Against North Korea Missiles for Years・・・
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2017/03/04/pentagon_has_been_waging_secret_cyberwar_against_north_korea_missiles_for.html
-------------------------------------------------------------------------------

<太田>(昨日)

 山本さん、あるサイトで、Adobe Readerをインストールしてくださいと言われ、そう言えばインストールしてなかったな、PDF文書を読むときにIEではできなかったのもそのためか、と膝を叩き、さっそくインストールしたのですが、その際、魔が差しておまけソフトのIntel Security True Keyもインストールしてしまい、IE以外ではアクティベートしていないものの、ロボフォームとバッティングしている可能性がある上、IEの画面が切り替わる速度がサイトによってはかなり遅くなってしまった感があり、アンインストールしようとしたものの、コントロールパネルを見ると、アイコンがグレー化していてアンインストールできないし、システムの復元をやるのは大げさすぎて躊躇しています。
 で、考えたのですが、今後、しばらくの間、ロボフォームだけにマスターパスワードを入力する形でIE使用を続け、その間、True Keyに、日常的に使うID・パスワードを中心に覚えさせていくこととし、将来、ロボフォーム使用を止め、このフリーソフト・・そのうち課金されるのかもしれませんが・・に全面的に移行させたらどうかという気がしてきたところ、急ぎませんので、意見を聞かせてください。

<K.K>(画像は省略(太田))

 太田さんが、昨日行った検証の結果をまとめると、下記のようになります。
i)[入力シート]への読み込み時、および、[太田コラム大福帳]シートへの保存時の両方でエラーの出る会員
 会員番号2番
ii)[太田コラム大福帳]シートへの保存時のみエラーの出る会員
 会員番号1、427、428番(←昨日検証を行った会員の内、2番以外の全ての会員)
iii)読込、保存とも正常な会員
 無し

 次に、[太田コラム大福帳]シートでの、[カンパ]と[カンパ端数]の計算形式を説明させてください。[太田コラム大福帳]シートでは、ある1人の会員に関して[カンパ端数]の変更が行われた場合でも、全ての会員に関して[カンパ]と[カンパ端数]の計算をやり直すという形式になっています。(会員数が数百人で、DELLパソコンやEpsonパソコンのスペックであれば、計算は恐らく一瞬で終わってしまいます。)
 例えば、「会員番号2番」の方の[カンパ端数]セルに文字列が入力されているとしてください。この時、「会員番号2番以外」の会員の方の[カンパ端数]を正しく変更したとしても、2番の会員の方の[カンパ]と[カンパ端数]も計算し直されますので、2番の会員の方の計算をやり直す段階で当該のエラーが出ます。(ただし、計算は一瞬で終わってしまいますので、2番の会員の方の計算段階でエラーが出たと判断することは不可能です。)

 [入力シート]から[太田コラム大福帳]シートへの保存では、変更が無くても全ての項目を[太田コラム大福帳]シートへ書き込む形式になっています。ここでも、「会員番号2番」の方の[カンパ端数]セルに文字列が入力されているとしてください。すると下記の様な現象が起こります。
I)[入力シート]で、「会員番号2番」の方のデータを読込・保存しようとした場合
 大元の[太田コラム大福帳]シートの[カンパ端数]セルに文字列がある(データ形式(型)に誤りがある)ので、読込・保存時両方でエラーが出るはずです。
II)[入力シート]で、「会員番号2番以外」の会員の方のデータを読込・保存しようとした場合
a)読込時には、データ形式に誤りはありませんので、エラーは出ないはずです。
b)保存時には、読み込んでいる全てのデータの[太田コラム大福帳]への書き込み→[カンパ端数]セルへのデータの書き込み→全ての会員に関して[カンパ端数]の計算のやり直し→会員番号2番の方の[カンパ端数]の計算、ということが起こって、「会員番号2番」の方の[カンパ端数]の計算の段階でエラーが出るはずです。

 以上から、[太田コラム大福帳]シートの「会員番号2番」の方の[カンパ端数]セルに文字列が入力されていると仮定すると、全てのエラーが説明できると思います。そこで、下記の操作を行ってください。
1.[太田コラム大福帳Ver4.xlsm]を開いてください。
2.[太田コラム大福帳]シートをアクティブにしてください。
3.会員番号列([A列])のどのセル(例えば[A2]セル)でも良いのでクリックして選択後、横長の[太田コラム大福帳]ウィンドウの[ソート・計算]のところにある[昇順]ボタンをクリックしてください。データが会員番号昇順で並び替えられます。
4.会員番号2番の方の[カンパ端数]セル([J3]セル)の表示が、例えば[500円]であれば、これを一旦削除して、[500]と入力してください。入力の結果、[J3]セルの表示は[500円]になります。
 この時、下記のウィンドウの様なエラーが表示された場合は、他の会員の方の[カンパ端数]セルにも誤ったデータ形式が入力されていることになりますので、[終了(E)]をクリックして、手順5~13を行ってください。エラーが表示されなかった場合は、手順14に飛んでください。

⇒手順5~13を行いました。(太田)

5.一旦[入力シート]をクリックして[入力シート]をアクティブにした後、[太田コラム大福帳]シートをクリックして[太田コラム大福帳]シートを再びアクティブにしてください。
6.カンパ端数列([J列])のどのセル(例えば[J2]セル)でも良いのでクリックして選択後、横長の[太田コラム大福帳]ウィンドウの[ソート・計算]のところにある[降順]ボタンをクリックしてください。カンパ端数降順でデータが並び替えられます。
7.[J1]セルの一つ上にある[J]という表示をクリックしてください。J列全体が選択されます。
8.[J]の部分にマウスカーソルを置いたまま右クリックして、展開したメニューの[セルの書式設定(E)]をクリックしてください。
9.[セルの書式設定]ウィンドウで、[標準]をクリックして選択した後、[OK]ボタンをクリックしてください。
10.J列に関して、手順9の結果、末尾の単位としての"円"は表示されなくなります。J列の入力が存在するセルに関して、文字列が無いか調査してください。文字列が存在した場合は、そのセルの入力を一旦削除した後、数値のみを入力し直してください。

⇒何か所か「削除」「数値のみ…入力」を行いました。(太田)

11.[J1]セルの一つ上にある[J]をクリックしてください。J列全体が選択されます。
12.[J]の部分にマウスカーソルを置いたまま右クリックして、展開したメニューの[セルの書式設定(E)]をクリックしてください。
13.[セルの書式設定]ウィンドウで、[ユーザー定義]をクリック、一番右の垂直スクロールバーを一番下まで引き下げて、[0"円"]をクリック、[OK]ボタンをクリックしてください。
14.有効期限列(F列)のどのセルでも良いのでクリックして選択後、横長の[太田コラム大福帳]ウィンドウの[ソート・計算]のところにある[降順]ボタンをクリックしてください。有効期限降順で並び替えられます。
15.ウィンドウ右上の["上書きボタン"]をクリックしてください。
16.[入力シート]をクリックしてアクティブにして、2・3人の方のデータの読込と保存を行って、エラーが表示されるか確認してください。

<太田>

 私自身を読込・保存させ、成功したのでOKだと思います。
ついでに、ですが、この「私」の部分を削除するにはどうすればいいのでしょうか?

⇒⇒「太田さん」データが「429行目」に表示されているとして説明します。表示されている行が異なる場合は読み替えて操作してください。
1.[太田コラム大福帳Ver4.xlsm]を開いて、[太田コラム大福帳]シートをアクティブにしてください。
2.[A列]の左に[行番号]が表示されています。[429]という表示をクリックしてください。[429行]全体が選択状態になります。
3.[Delete]キーを押してください。データが削除されたことを確認してください。(K.K)
⇒⇒⇒当該行番号の行が白抜きでそのまま残っていますが、これを詰めるにはどうすれ
ばいいのでしょうか?(太田)
⇒⇒⇒⇒横長の[太田コラム大福帳]ウィンドウの[最後のソート]ボタンをクリックしてください。「会員番号昇順&有効期限降順」で並び替えられます。(K.K)

 また、[太田コラム大福帳]の[メールアドレス]の列の中で、背景が白になってしまっている箇所があるのですが、どうやったら是正できますか?

⇒[有効期限]が空白か、そうでないで対処が異なります。
A.[有効期限]が空白の場合
1.[有効期限]のセル(F列)に、[1]と入力してください。[有効期限]の表示が、[1900年01月01日]となって、背景色が付くはずです。
B.[有効期限]が空白ではなく、[メールアドレス]のセル(C列)のみの背景が白である場合
 問題の行で、メールアドレスのセルのみ白で、他のセルに背景色が付いていている場合は、書式が破壊されている可能性があります。この場合は、その旨、改めて連絡してください。(K.K)
⇒⇒Bです。(太田)
⇒⇒⇒<この>問題に関しましては、少し時間をください。(K.K)

 もう一件。
 同じく[メールアドレス]の列ですが、二か所、メールアドレスが青で表示され、下線が付いてしまっていますが、この是正はどうすればよいのでしょうか?

⇒⇒1.[メールアドレス]という表示([C1]セル)の上の、[C]という表示をクリックして、[C列]全体を選択してください。
2.マウスカーソルを[C]という表示の上に置いたまま、右クリックして、展開したメニューの[ハイパーリンク解除(R)]をクリックしてください。
3.メールアドレスの列は、右詰めですが、下線が付いていたセル(ハイパーリンクであったセル)が、左詰めになってしまった場合は下記の様にしてください。
1)左詰めになってしまったセルをクリックして選択してください。
2)下掲の画像の赤枠の["右揃え"]ボタンをクリックしてください。(K.K)

 それから、全くの別件ですが、画面下のアイコン群からFirefoxが消えてしまっており、そのプライベートモードでの起動ができなくなっています。
 どうしたらいいでしょうか。
 初設定の時と同じ手順でよいのなら、掲載コラム#を教えてください。

⇒1.["スタート画面"]を表示させて、["Firefoxのアイコン"]を右クリックして、展開したメニューの[その他]をクリック、更に展開したメニューの[タスクバーにピン留めする]をクリックしてください。[タスクバー]にFirefoxのアイコンが表示されます。
 (["スタート画面"]に["Firefoxのアイコン"]が登録されていない場合は、エクスプローラで[C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs]を開いて、そこにある[Mozilla Firefox]アイコンを右クリックして、展開したメニューの[タスクバーにピン留めする(K)](←[スタート画面にピン留めする]と間違わないでください。)をクリックしてください。)
2.[タスクバー]に登録された[Firefoxアイコン]を右クリックして、展開したメニューの[Mozilla Firefox]上で更に右クリック、展開したメニューの[プロパティ]をクリックしてください。
3.[リンク先]が、["C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe"]となっているはずです。この末尾に[ -private]と加えて、["C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" -private]に変更してください。(←exe"と-privateの間は半角スペースです。)
4.[OK]ボタンをクリックしてください。(K.K)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8953(2017.3.5)
<夏目漱石は縄文モード化の旗手だった?(その2)>

→非公開