太田述正コラム#8680(2016.10.20)
<皆さんとディスカッション(続x3136)>

<太田>(ツイッターより)

 「自殺中2女子の写真、一転してコンテストの最高賞に 批判高まり方針転換 青森・黒石…」
http://www.sankei.com/affairs/news/161019/afr1610190025-n1.html
 よかった!
 自分への苛めの記録を残し、自殺を決意し、思い残すことがなかったからこそ、あんな素晴らしい表情と姿の被写体たりえたのだろうが、悔しいねえ。

 「…三浦九段による、スマホを使用した「将棋ソフトでのカンニング疑惑」の対局は4局あるとされ、そのうちの1局は10月3日に行われたA級順位戦の「三浦九段対渡辺竜王」だった。
 この対局を一部の棋士がネット中継をもとにリアルタイムでソフトで検証していたところ、驚くほど三浦九段の指し手がソフトと一致したという。
 それを知らされた渡辺竜王は過去の三浦九段の対局も含めて調べ、指し手の一致、離席のタイミング、感想戦での読み筋などから「間違いなく“クロ”だ」と確信したという。…
 羽生善治三冠…佐藤天彦名人…将棋連盟会長の谷川浩司九段…らトップ棋士7人が集まり“極秘会合”が開かれた。
 渡辺竜王から説明を受けた出席者たちからは「99.9%やってますね」という意見も出て、“シロ”を主張する棋士はいなかった。…」
http://news.livedoor.com/article/detail/12167027/
 拙劣極まるソフト使用をした三浦、これほど杜撰なヨミの力でこれまで活躍できていたのが不思議。

<dhQwC2fY>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「三浦九段と将棋ソフトとの指し手一致率 対久保九段、渡辺竜王戦で高い一致率も真相は不明・・・」
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-4559.html

 羽生さんも出てきたので三浦がいかにも真っ黒のように思えるが、クロと断定するのは時期尚早。
 10年前のソフトはレベルが低かったので研究対象にならなかったのでしょうが、最近のソフトは三浦世代なら研究してもおかしくないし、違法でもないでしょうからね。

>仮にもA級の棋士が一手一手離席してカンニングなんてするもんかな?
 カンニングの一手が棋士には生み出し辛い手だとしても一手さえ見ればプロはその先の局面はそれなりに読み進めるだろ

 ↑こんな考え方も出来なくはない。

⇒面白くて、上掲への書き込みを520まで読んじゃった。
 ついでに、下掲も、今度は全部読んだぜ。↓
http://matometanews.com/archives/1830434.html
 (自分の潔白を「証明」するために、物証としては自分のパソコンやスマホ・・に入ってるソフト一覧の画像?・・のみを提出するという、殆ど無意味なことをやったこともアヤシイが、)要は、仮に白だったら、こりゃしめたと小躍りしたいところをぐっと堪え、疑惑を持たれたことを公表し、完全に濡れ衣だと宣言した上で、告発者(複数)の名前不詳のままでも名誉棄損で刑事告発し、対局相手の(間違いなく告発者の一人である)渡辺竜王にメタメタにプレッシャーをかけた上で、竜王戦に臨み、竜王奪取を目指すハズだってこと。
 将棋は勝負事であって、こういう番外戦もイラハイの勝負師じゃなきゃハナシにならんだろ。
 (三浦が黒であっても上記と全く同じ対応をするのが、モチロン最善手。)
 告発の中心的人物であることが判明した渡辺竜王は、まさに、勝負師のカガミでもある、と受け止めるべきだろ。
 (これぞ、現状じゃ、まだAIが逆立ちしても真似できない、人間のスゴさだわさ。)
 いずれにせよ、勝負師失格の三浦、このまま野垂れ死に必至だな。(太田)

<太田>(ツイッターより)

 「…ドゥテルテ…<比>大統領は…北京…で行ったスピーチで、同盟国である米国に「さよならを言う時が来た」と述べた。…
 米国とは長い間同盟を組んできたが得るものはほとんどなかったと主張。
 「お前らは自分の利益のためにフィリピンにいる。
 友人よ、さよならを言う時が来た」と…語った。…」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%80%8c%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e3%81%95%e3%82%88%e3%81%aa%e3%82%89%e3%80%8d-%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%82%be%e6%96%9c%e9%ae%ae%e6%98%8e%e3%81%ab/ar-AAja6hr?ocid=iehp#page=2
 日本の場合、露(ソ)抑止・封じ込めという点では若干「得るものは」あったけれど、後は同じだ。
 一体、いつになったら、日本の首相がドゥテルテ的な、当たり前の発言をしてくれることやら。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 中共官民による日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <日本人のスリムな体型をべた褒め。↓>
 「・・・日本は全世界で肥満率が低い国の一つであるだけでなく、先進国の中でも肥満率が最も低く、今年のデータでは、なんと約4%だ・・・。・・・フランスでも肥満率は11%で、アメリカは32%に達している。財経網が伝えた。
 興味深いのは、日本人は運動好きとは言えず、普段も体を鍛える習慣がない点だ。・・・「全世界で最も運動嫌いな国」の調査によると、日本は11位にランクインし、60%以上の人が運動に対する積極度が平均レベル以下となった。どうして運動嫌いの日本人が世界で最も痩せているのだろうか?
【食生活】
カロリーが低く、食材の組み合わせが豊富・・・
お碗や皿は小さく、腹八分目に・・・
出かける習慣・・・
【長い通勤時間】・・・
【政府が法律を定める】・・・
【日本政府がダイエットを国の政策としている・・・】・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2016/1020/c94475-9130004.html
 <日中友好を願う習ちゃんの執念を感じる。↓>
 「日本人エンジニアが内モンゴルで心筋梗塞 一時拒否するも無事手術終了・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2016/1019/c94473-9129755.html
 <和食礼賛。↓>
 「・・・北京時間は・・・「日本料理は高級料理なのに、中華料理は安いイメージしかないのはなぜか」と疑問を投げかけた。
 記事は、欧米の映画に出てくる中華料理は「お世辞にも良いイメージで描かれていない」と指摘する一方、同じアジアの料理であるのに「日本料理は名実ともに高級料理の地位を確立することに成功した」と紹介。東京には世界でもっとも多くのミシュランガイド掲載店があると伝え、こうした点からも日本料理は世界的に良好なイメージを確立したことがわかると論じた。
 また、米国のレストランガイドの統計においても、日本料理の平均価格は1人あたり68.94ドルで、フランス料理やイタリア料理を超えていると紹介。一方、中華料理の1人あたり単価はインド料理やタイ料理と並んで各国料理のなかで低いほうにあたると伝えた。
 米国において日本料理と中華料理のブランドイメージに大きな差が生じている現状について「各国の料理の名声と地位を決めるのは味や食材だけでなく、その国の経済力や文化的威光や文化的名声も大きく関係している」と指摘。米国において日本料理が高いブランドイメージを確立できたのは、日本の経済力やソフトパワーが優れていることを示すとの見方を示した。」
http://news.searchina.net/id/1621193?page=1
 <これもそう。↓>
 「・・・今日頭条は・・・日本のラーメンは中国のラーメンより確かに美味しいと論じる記事を掲載した。
 ラーメンが中国生まれの料理であることは誰もが認める事実だ。だが、日本のラーメンはもはや中国のラーメンとはまったく異なる麺料理へと進化した。
 記事は、日本のラーメンを食べた多くの中国人が「中国のラーメンより遥かに美味しい」と評価することを紹介。日本のラーメンを称賛する中国人に対し、「海外崇拝だ」と批判する中国人ですら、日本のラーメンを食べると「確かに美味しい」と豹変させる力があると紹介した。
 さらに日本のラーメンを研究した結果、「日本人はラーメンに命をかけているゆえに進歩しないことなどあり得ない」という知見を得たと説明。これに対して中国のラーメンは中国市民の料理の中でそれほど重要なメニューではないゆえに、中国のラーメンは進歩のための力を得ることができていないと指摘した。確かに中国のラーメンは中華料理に存在する膨大なメニューのうちの1つであり、日本のラーメンのような進化はまったくしない料理だ。
 さらに記事は、日本のラーメンは当初は中国のラーメンに及ばなかったはずとしながらも、「日本のラーメン職人たちが一生涯をささげて改良を重ね、食材や調理方法などを絶えず向上させた」結果、日本のラーメンは世界に認められるようになったと絶賛した。また、日本のインスタントラーメンについても「レベルは低くない」と指摘、「中国のネット通販サイトで評価の高い日本のインスタントラーメンを試してみるよう強烈に提案する」とした。」
http://news.searchina.net/id/1621217?page=1
 <日本製品礼賛。↓>
 「中国寧波網は・・・日本を訪れた中国人旅行客がこのほど、「宿泊先のホテルから温水洗浄便座を持ち去る事件が起きた」と伝えた。
 中国人旅行客は持ち去った便座について「前の宿泊客の忘れ物だと思った」、「自分が外したものではない」としているが、ホテル側に便座を郵送で返却したという報道があることから、中国人旅行客がホテルの備品の便座を持ち去った可能性もある。
 報道はまだ一部で錯綜しているものの、・・・今日頭条は・・・中国人旅行客が日本のホテルから温水洗浄便座を持ち去ったことは「恥ずべきこと」であり、民度の低さを示す事例だと批判する一方、中国ネット上では同中国人の出身地を巡って論争が起きていることを伝え、「出身がどこであろうと、結局は中国人である」と指摘している。
 記事は、中国のネット上では、温水洗浄便座を持ち去った中国人旅行客の出身地が「寧波市」もしくは「浙江省台州市」のどちらかだとして論争が起きたことを紹介。その後、出身地が台州市であることが判明したと伝える一方、今回の事件を一言で言えば「中国人が日本のホテルから温水洗浄便座を持ち去った」ということだと指摘。中国国内の人にとっては、持ち去った中国人の出身地が重要になるかも知れないが、日本人から見れば結局は「中国人が持ち去った」ことに変わりはないとの見方を示した。
 続けて、今回の事件によって「恥ずべき」は民度の低さを露呈した中国人のみならず、中国人消費者にとって魅力的な製品を今なお提供できない中国の製造業も同様だと指摘。2015年に大きな話題となった温水洗浄便座の爆買いが沈静化するなか、中国人旅行客が日本で便座を持ち去ったということは「日本の便座のほうが中国メーカーの製品より魅力的と考えている証」ではないかと主張。今回の事件は中国人のイメージを悪化させると同時に、中国の製造業が再び「恥をかいた」事件だと論じている。」
http://news.searchina.net/id/1621218?page=1
 <日本の清潔さを支える人間主義を礼賛。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「なぜ日本人は中国人よりも清潔さに配慮できるのか」というテーマについて論じる記事を掲載した。記事はある中国人記者が日本で何人かの一般市民にインタビューを行った様子を紹介している。
 記事によれば、中国人記者は何人かの日本人に「外出時に出たゴミをどう処理しているか」を訊ねたが、その答えは全員同じであった。すなわち小さな袋にゴミを入れ、その袋を自分の鞄に入れて家に持ち帰って処理するというものであり、全員がそれを「当然の行為」として日常的に行っていると回答した。
 さらに記事は、日本の街にゴミが落ちていない理由について、日本人女性の見解として「街が清潔であれば、人びとも清潔さを維持しようとするが、街が不潔であれば誰も配慮しなくなるため、ますます不潔になっていく」と説明し、日本が清潔なのは清潔さを保つために日本人が意識して取り組んでいるためであることを紹介。・・・
 「日本人の民度には敬服せざるを得ない」と驚きを示している。」
http://news.searchina.net/id/1621215?page=1

 日本テイストを出した韓国映画が話題になっている。↓

 Park Chan-wook: 'Be prepared to be criticized for your choices'・・・
http://edition.cnn.com/2016/10/18/arts/park-chan-wook-the-handmaiden/index.html

 その韓国、経済はますます深刻に。↓

 「マイナス成長目前、変化に取り残される韓国経済・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/20/2016102000673.html

 タイトルを見ただけで、中身の薄っぺらさが透けて見えるアメちゃんコラム2篇。
 (実際、中身はその通りだった。)↓

 The Decline of the West, and How to Stop It・・・
http://www.nytimes.com/2016/10/20/opinion/the-decline-of-the-west-and-how-to-stop-it.html?ref=opinion
 Don’t Blame ‘Wahhabism’ for Terrorism・・・
http://www.nytimes.com/2016/10/20/opinion/dont-blame-wahhabism-for-terrorism.html?ref=opinion
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8681(2016.10.20)
<植民地史を改竄した英国(その3)>

→非公開