太田述正コラム#8444(2016.6.7)
<私の現在の事情(続x79)>(2016.10.8公開)

 昨日、「真田丸」展に行く前、ドタバタしたのでその顛末を、まず、ご披露します。
 私のみずほ銀行のキャッシュカードは、指紋認証・ICチップ付でANAカードも兼ねているものなのですが、3日(金曜)の夜に、西馬込駅前のみずほのATMで10万円降ろそうとしたら限度額オーバーだという表示が出て降ろせなかった、というのがことの発端でした。
 昨日(6日の月曜)、予想より早く「ディスカッション」作業が終わったので、自転車で、大森駅方面に、コーヒー焙煎店に立ち寄りがてら、この問題を解決しようとかけたのですが、ジャンパーの左ポケットのファスナーを閉じ忘れていたため、「真田丸」展の入場券を挟んであった手帳を落としてしまったところ、手帳がないのに気付いたのは、焙煎店でのことでした。
 (同じポケットに、キャッシュカード/通帳入れとスマホ、右ポケットには、家の鍵と実印が入っており、そのどれかを落としておれば、更にパニクったことと思います。)

 その時点では、家に置き忘れた可能性もあると思い、予定通り、大森駅前のみずほのATMで10万円を降ろそうとしたけれど、やはりダメだめだったので、その足でみずほ銀行大森支店に駆け込みました。
 ところが、同店側の対応がもたもたし、結局45分間も問題「解決」に空費してしまうことになります。
 とどのつまり、みずほ側は、私の指紋認証登録がなされていないのが原因だった、というのです。
 カードが更新された場合、指紋認証登録は無効になってしまうので、再度登録しないといけなかったのに、それをしなかったと思われる、とのこと。
 私のカードの切り替え、ないし、更新がなされた時期は、4年前(2012年)の3月で、それ以来、ATMからの出金が確認できない、というのですが、そんなに長く、みずほのATMから現金を引き出したことがないはずがないと思いつつも、展覧会に出発する時間が迫っていたこともあり、大急ぎでその場で指紋認証登録を行って、大森支店を後にしました。

 (で、先ほど、過去の通帳群をを引っ張り出して調べてみたのですが、一番最近時では、昨年(2015年)の6月12日に20万円をATMで引き出していました。
 また、たまたま、更新前のカードを捨てずに保管してあるのを発見したのですが、その期限は今年(2016年)の2月であり、その時点以降にカードの更新が再びなされた記憶がないので、大森支店が私に伝えた更新(切り替え)時、というのが、一体何のことなのか不明です。
 ということは、カード更新(切り替え)がなされたのが4年以上前という話も、それ以降、ATMで現金引き出しを行っていないという話も嘘だった、ということになります。
 NISAの登録のみずほ銀行からみずほ証券への切り替えを昨年の10月24日に依頼してからいまだにそれができない、という問題もあるので、明日、みずほプレミアムクラブのデスクにクレームを入れるつもりです。)

 家に戻ったのですが、やはり、手帳はありません。
 そこで、展覧会に行くのは諦めていたのですが、15:00過ぎに、私のスマホに電話がかかってきました。
 「手帳落としませんでした?」、と。
 さっそく、歩いて取りに行きました。
 見つけてくれたのは板金店の店の人で、店の前に落ちていたそうです。
 (皆さん、ポケットに限らず、ファスナーの閉め忘れにはご用心!)
 入場券もあったので、お礼を言って、その足で、道を引き返し、速足で汗ぐっしょりになりながら西馬込の駅に向かい、途中で2度乗り換えて地下鉄の両国駅に着き、16:00の最終受付時間ギリギリに飛び込んでセーフでした。
 めでたしめでたし。

 話は全く変わりますが、現在も盛んにTVコマーシャルをやっている創味シャンタン、2週間ほど前に、行きつけのスーパーでセールをしていたので、チューブ入りのを買ってきたのですが、これ、塩麹より更にお奨めですね。
 というのも、塩麹は、調理したいものを、予め漬け込んでおく必要があり、それが面倒なもので、フライパンの上で調味料代わりに使う場合が多く、それだとあんまりおいしくないのですが、創味シャンタンは、まさに、調味料として手軽に使えるからです。
 大変気に入ったので、数日前に、缶入りの大きな創味シャンタンを買ってきました。
 チューブ入りの方がなくなったので、次回は、缶入りのを使おうと思っています。
 どうして、こんな話題を出したかというと、先ほど、たまたま、ちょっとおもしろい記事を目にしたからです。↓

 「「味覇」と「創味シャンタン」が同じって本当? 食べ比べてみた・・・」
http://kakaku.com/chosatai/article.aspx?ct_id=3141&cid=ob

 まだの方は、だまされたと思って、(味覇の方でもいいので、)お試しあれ。