太田述正コラム#8604(2016.9.12)
<皆さんとディスカッション(続x3098)>

<太田>(ツイッターより)

 オリンピックに比して日本のパラリンピックの途中結果が44位と極端に悪いので心配になってきた。
 中英が1、2位で、その次がウクライナ、そして米国と続くのも興味深い。
http://mainichi.jp/sportsspecial/rio2016para/data/?sj_page=ME0000000
 パラリンピックは英国発祥で独からの亡命ユダヤ人が提唱したもの(ウィキ)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

 9.11追悼式典からよろけながら中途退出したクリントン、肺炎で抗生物質を服用中であったことが判明。大統領就任時点でトランプは歴代最高齢、クリントンは1位レーガンにほぼ並ぶ歴代2位だが、両候補ともこれまで詳細な健康状態の開示を行っていない。
 ここで、トランプが健康を裏付ける詳細開示ができればだが、大統領選で一挙に有利に?
https://www.theguardian.com/us-news/2016/sep/11/hillary-clinton-leaves-911-ceremony-after-feeling-overheated
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2016/09/11/hillary_clinton_s_overheating_turns_her_health_into_legitimate_concern.html

<bonkers_blunder>(同上)

 普天間をめぐる民進党代表候補者たちの議論は、結局は吉田ドクトリンの枠の中に収まったものでしょうか?
 中国が東アジア覇権国となった以上、せめて日本は独立を決めて米国との主従関係をご破算にしたいものです。:
https://t.co/U2Ua5wr3Zb

<太田>(同上)

 前原に安全保障に関する見識はなく、他の2人も同様のようですから、「議論」が成立するワケがありません。
 とまれ、ここはぜひ野田謀略通り蓮舫に民進党代表になってもらって自民党単独政権樹立に期待しましょう。
 安倍チャンの進退窮まった姿をぜひ見たいものです。

<nyaonnyaon >(2016.8.26)http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-12193901467.html

≫太田述正コラム#8570(2016.8.26)

 チュウゴクが国民に対して、日本ヨイショ記事を読ませようと努力しているのは、自国民があまりにも文明から離れた動物のような連中になってしまっているからだと思う
 別に日本と仲良くしようという意味ではないでしょう。
 チュウゴク国内には、堕落した官僚しかいないし、良い見本が無いから日本に倣えと言っているだけです。
 今まで、極端な反日教育を繰り返して、自国民が復讐の鬼になり、日本で犯罪を平気で犯すような「野蛮人」になっているので、このままではチュウゴク人が世界中で恥をさらすと気がついただけです。
 違うかな。

⇒違うだ!
 でも、違う、ちゅうことが分かってきたようでご同慶の至り。(太田)

 チュウゴク人は、欧米人にもコテンパンにやられているのに、そういうのは、あまり構わず、日本に支配されたことばかり言い募って憎しみの炎を日本にだけ向けているのは、公平では無い。

⇒実は日本大好きってことを知られると、(日本もろとも)「コテンパンにやられ」ちゃうので、そうならないように、戦中も今も、心にもない悪口を日本にぶつけているって私の説明もそのうち分かるようになるよ。(太田)

 欧米に植民地にされても平気だけど、日ごろ、チュウゴクより下の身分だと思っている日本に満州に入ってこられると無性に腹が立つらしい。
 満州は、朝鮮系の清国の人々の故郷であり、ロシアにぶんどられていた土地であるとの認識を捨てて、日本がチュウゴクを侵略したことにした。
 欧米は良くても、日本はダメなのだ。
 日本だけ憎いのだ。
 欧米にはかなわないが、日本には、アメリカを利用すれば対抗できると、
 当時のチュウゴク人は思ったんでしょう。当時のアメリカの大統領は、満州に入った日本を悪とするからには、これからは、欧米も植民地政がしにくい時代になるのだろうと言っていた。
 わかってんじゃないのと思った。
 ネットで読んだ記事ですけどね。

⇒ネットで、くだらない記事、読み過ぎだよ。
 書いてる人の信頼性を、私のように、常に確かめなきゃあ。
 それにしても、よく懲りずに太田コラム読み続けてるね。(太田)

<IP:2402:6b00.*(ipv6)>(2016.7.13)http://nov.2chan.net/35/res/922478.htm

 背広組だとこんな人も。
 太田述正。
 今何してんだろ?

<IP:61.46.*(zaq.ne.jp) >(同上)

 ググってみましたが右側の人みたいね。
 まぁ右側の元自も変な人多いけど…。

<平和の絵本>(2015.11.6?)http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/?no=771

 防衛キャリア30年 太田述正様 −日本独立の選択

 防衛庁のキャリア出身で元防衛庁長官官房防衛審議官にして、経営学修士(MBA)、政治学修士(いずれもスタンフォード大学)の大田述正様(以上情報は、ウィキより)が、ご自身のWEBで 絵本「独立の選択」をご紹介くださいました!
 大田様、ありがとうございます!<(_ _)>

→太田述正コラム#8015(2015.11.6)
→ウィキペディア

<shihouen>

 --オフ会差し入れ--

 ご無沙汰してます。麦焼酎の新製品が発売、オフ会でお試しあれ。
 残暑厳しい中、ご自愛ください。
 近日中に届きます。(11日注文)
http://www.shochu-kojika.jp/news/20160711/

<太田>

 いつもお気遣い、ありがとうございます。

 オフ会出席申し込みは下掲から。↓
http://www.ohtan.net/meeting/

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 いつもの、中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <今度は、習ちゃん、邦画のプロモーションだ。THAAD導入韓国「懲罰」のための韓流れ排斥目的か、というい気もちょっとしてくるが・・。↓>
 「・・・中国経営網は9日、「日本の映画の淡い温情」と題した文章のなかで、「ハリウッドや韓流が世界を席巻するなかで忘れ去られたような、日本のドラマや映画」が持つ良さの代表例として「深夜食堂」の映画版を取り上げた。ぶっきらぼうで普段は客の事情に干渉しないマスターが、しばしば客が抱える問題の核心を突いた「処方薬」をさりげなく差し出す様を、「涙が自分で見えるほど泣かせはしないが、それでいて涙のしょっぱさを感じさせるような温かさ」をもって描いていると紹介。絶妙な距離感を持ったカメラワークは「日本のテイストに満ち溢れている」と評した。
 また、シンプルながらも深みと味わいがあるセリフが「最高の調味料」になっていること、食堂にやって来る客が抱える問題を批判することなくすべて受け入れる温かみもこの作品の魅力であるとしている。
 文章は同作品について「クライマックスや刺激的な大シーンがあるわけではない。しかし、音や光、映像が一体となった料理のような味わいは、人びとの心に響いてくる」と評価。「こんな痛くもかゆくもなく、甘くも辛くもない日本の映画を好んで食する人がいるのか」という疑問に対する答えを、「客が来るかって? それが結構来るんだよ」というマスターの名台詞を使って示し、文章を結んだ。」
http://news.searchina.net/id/1618526?page=1
 <習ちゃんが、中共の高速鉄道の今日は、日本の新幹線をレスペクトしつつ、日本人から教わった「匠の精神」によって、出藍の誉れになりつつある、と報告。↓>
 「・・・中華鉄道網はこのほど、走行中の車内でも硬貨が立ち続けられるほど安定している中国高速鉄道から「匠の精神」を見たと伝える記事を掲載した。
 記事は、スウェーデン人が撮影した動画は中国国内のみならず、国外でも大きな話題となったと紹介。さらに、中国政府が高速鉄道の発展を重視し、「国外から技術を導入し、消化吸収したうえで革新を加えた中国高速鉄道」は実際に大きな発展を遂げたと主張。走行中の車内でも硬貨が立ち続けるという事実は、中国高速鉄道の安定性が世界最先端の水準に達していることを示すものだと主張した。
 一方、中国高速鉄道がすべての点で世界最先端の水準かと言われれば、「決してそうではなく、新幹線に比べるとまだ差があるのは事実」と指摘。だが、中国高速鉄道の1つ1つの技術と革新はすべて「匠の精神」に紐付いた成果であると主張したうえで、走行中の社内でも硬貨が立ち続ける中国高速鉄道の技術は「少なくとも成熟している」と言えるはずと論じた。」
http://news.searchina.net/id/1618517?page=1
 <「匠の精神」の背後にもある、日本人の人間主義性を「思いやり」としてとらえ、紹介している。↓>
 「・・・今日頭条は・・・「在日中国人ママが感じた、日本人の『思いやり』」と題する文章を掲載した。文章の作者は、福岡で子育てをしている中国出身の女性だ。
 文章はまず、あるエピソードを紹介している。それは、娘の幼稚園時代の保護者たちが卒園後初めての同窓会を企画し、その連絡がスマートフォンのメッセンジャーアプリを通じて行われた時のことだ。19人のママが参加するグループで、あるママが会の詳細について紹介した際、最後に「返信はいりません」という一言が書いてあった。これを見た作者は「日本人なら、連絡に対して全員がそれぞれ感謝の返信をするだろう。紋切り型の返信ではダメだから、ちょっと考える必要がある。それを見越して『返信はいりません』と一言添えてくれた、というのは本当に思いやりがある」と感じたとのことである。
 そのうえで文章は「とても些細な事だが、極めて日本の特色を表すものだ」とし、日本人には「他人に迷惑を掛けるのを恐れ、どんなに面倒な事でも自分の力で解決できるものは自分でやる」という性質があると説明。その処世観は「思いやり」という言葉に表されているのだと解説した。
 そして、「思いやり」の精髄は「相手の立場に立って問題を処理する」というものであるとも説明。その一方で、これを中国語に翻訳しようとすれば困難に直面するとし、「われわれ中国人は今もなお、迷惑を掛けつ掛けられつするなかで感情が増すという、泣くに泣けず笑うに笑えぬような考え方を持ち続けているのだ」とその理由について言及した。」
http://news.searchina.net/id/1618510?page=1
 <人間主義社会の日本を、「公正と正義が最大レベルで実現されている」と手放しで讃嘆している。もー泣けるでー。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、「真実の日本」と題して、日本人の生活の日常を紹介する記事を掲載している。日本人の日常であるため、日本人からすれば何ら驚きではないことでも、中国人からすれば驚き以外の何ものでもないことは多いことが分かる内容となっている。
 記事は、休日のあるテーマーパークにベビーカーが「整然」と並べられている様子を紹介。中国であれば「ただ置いてある」状況になるであろうものが、日本では「整然」と並ぶことを称賛した。また日本の街中は非常に清潔であり、日本人の公徳心の高さが明確に反映されていることを紹介しつつ、「日本では野良猫まで非常に清潔」と指摘した。
 さらに、日本社会では「法律意識や道徳・節操が浸透しており、公正と正義が最大レベルで実現されている」と絶賛。記事はその事例の1つとして、横断歩道を渡るやや高齢の女性の写真を掲載。この女性は信号が赤になった時点で横断歩道を渡りきれていなかったが、信号待ちの車両はクラクションを鳴らすことも動き出すこともなく、女性が横断歩道を渡り終えるのをじっと静かに待っていると説明した。」
http://news.searchina.net/id/1618486?page=1
 <日本のゆるキャラ論が巧まずして人間主義論にもなっている。↓>
 「・・・ 中国には「呆萌」という流行語がある。これは間が抜けている・鈍いという意味の「呆」と、可愛いという意味の「萌」が組み合わされた言葉であり、その人物、動物、キャラクターなどが持っている間の抜けた感じから生じる可愛さを表している。「バカっぽく可愛い」と訳される場合もある。
 中国では、「呆萌」という言葉の代表として熊本県のゆるキャラ「くまモン」が挙げられることが多く、中国メディアのAdmin5創業網はこのほど、「呆萌」には消費者の潜在意識に影響を及ぼす大きな力を持ち、くまモンは中国人に歴史問題を乗り越えて日本を愛する力を与えることができると称賛する記事を掲載した。
 記事は呆萌という言葉が表す可愛さには、消費者の理性を通り越して潜在意識に影響を与える力があると説明。また「美しさ」や「センス」、「高級感」という特質よりも、呆萌はさらに消費者に好まれる特質だとも指摘した。
 さらに記事は「世界レベルで見ても日本文化は呆萌の集大成である」と説明、「その最も代表的な例はくまモンだ」と指摘した。続けて記事は「くまモンはそのイメージにより国内また海外で想像を超えた歓迎を受け、世界で極めて高い人気を有するキャラクターとなった」と絶賛。また注目すべき点として、くまモンは中国人に文化の違いや歴史問題から生じる偏見を超越して、日本と交流したいと思わせる力を与えていると絶賛した。」
http://news.searchina.net/id/1618505?page=1
 <もちろん、習ちゃんの目的は、中共人民に、日本訪問にあたって、そろそろ団体旅行ではなく、個人旅行にさせ、日本から深く学ばせるところにある。↓>
 「国捜旅游は8日、旅行会社による団体ツアーに参加した1人の中国人旅行客の感想を紹介する記事を掲載。記事によれば、旅行後、この訪日中国人旅行客は「団体ツアーには二度と参加しない」と不満を呈している。
 記事によれば、この中国人旅行客は団体ツアーに対して、「毎日、朝早く起こされて夜遅くまで、くたくたになるまで観光スポットを急いで駆けずり回された」、「京都を心静かに体験したかったが、せかされた」、「バスの中で眠り、トイレ休憩のために下車するツアーだった」という感想を吐露している。
 さらに、この中国人旅行客は「苦労して稼いだお金を旅行に使うのは、いつもと異なる場所に出かけ、いつもと異なる風景を眺め、いつもの日常生活から思いを開放する、いわば非日常を体験するためだ」と述べる一方で、団体ツアーからはこうした体験は得られず、むしろ「心と身体を疲れさせるだけだった」という。
 <ちなみに、>「訪日外国人消費動向調査」によれば、中国人旅行客の「訪日旅行全体の満足度」は「大変満足」が42.9%、「満足」が47.7%、「やや満足」が6.7%、そして「普通・不満」が2.8%だった。
 つまり、記事が紹介した中国人旅行客の感想は、調査に照らして言えば日本を訪れたすべての中国人旅行客の感想を代表するものではなく、むしろ少数派だ。」
http://news.searchina.net/id/1618485?page=1

 ちょいオモロイ記事。↓

 「・・・今日頭条は・・・「韓国人と日本人がケンカをしたら、あなたはどちらを助けるか」という記事を掲載した。記事は「中国人とインド人がケンカをしたら同胞である中国人を助ける、インド人と米国人がケンカしたらアジアのインド人を助ける、米国人と宇宙人がケンカしたら地球人である米国人を助ける、日本人が宇宙人とケンカをしたら、日本人は力が強いから宇宙人を助ける」というネット上の書き込みを紹介したうえで、では日本人と韓国人がケンカした場合にどちらの肩を持つかをネットユーザーたちに問いかけている。
 これに対して、中国のネットユーザーからさまざまな回答が寄せられた。賛同者が多いコメントで目立つのは「日本に加勢する」とうものだ。彼ら曰く、「日本人には少なくともリスペクトしたり学んだりすべき部分がある」、「韓国の方が嫌悪感がある」、「韓国は宇宙大国だから日本を助けなければ」とのことである。一方、韓国を助けるという意見は明らかに少なかった。
 しかしこの結果に日本人が喜ぶのは早い。「どちらにも加勢せず、両方倒れるのを待つ」、「片方に加勢して、相手をやっつけた後で加勢した方も叩く」といった意見がさらに多かったからだ。また、「日本と韓国であれば韓国に味方する。しかし、日本人と韓国人だったら、日本人に加勢する」という、日韓両国に対する複雑な態度を示すユーザーも見られた。」
http://news.searchina.net/id/1618481?page=1

 中共の北朝鮮支援は、北朝鮮が崩壊し、米国の同盟国たる(北朝鮮を併合した)拡大韓国が、自国の接壌国になるのを防止するため、だとさ。
 (支那事大主義の韓国をおだてあげ、米韓同盟破棄を条件に北朝鮮併合を実現させた上で、拡大韓国全体を朝貢国(保護国)にするオプションを、習ちゃんがあえて放棄したのはなぜか、と考えなきゃダメじゃん。)↓

 ・・・China sees living with a Communist-ruled nuclear-armed state on its border as preferable to the chaos of its collapse・・・. The Chinese leadership is confident that North Korea will not turn its weapons on China, and that China can control its neighbor by providing enough oil to keep its economy afloat.
 The alternative is a strategic nightmare for Beijing: a collapsed North Korean regime, millions of refugees piling into China and a unified Korean Peninsula under an American defense treaty.・・・
http://www.nytimes.com/2016/09/12/world/asia/north-korea-china-nuclear-sanctions-thaad-america.html?ref=world&_r=0

 フィリピンの司法制度が壊れているので、自警団による殺人が横行し、ついにそれを公認する大統領まで出現した、とさ。
 (ことあるごとに自分達による比植民地統治に対する反省の弁を記さなきゃダメだろ、NYタイムスよ。)↓

 ・・・the judicial system, the court system, is broken in the Philippines・・・
 When people begin to see the justice system as thoroughly corrupt and broken, they feel unprotected from crime. That sense of threat makes them willing to support vigilante violence, which feels like the best option for restoring order and protecting their personal safety.・・・
http://www.nytimes.com/2016/09/12/world/asia/the-philippines-rodrigo-duterte-vigilante-violence.html?ref=world

 生まれてから数か月で、早くも、成人してからの性向が現れるんだって。↓

 ・・・there are significant links between our behavioural tendencies when we’re just a few months old and our later personality. ・・・
http://www.bbc.com/future/story/20160907-clues-to-your-personality-appeared-before-you-could-talk
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8605(2016.9.12)
<英国のインド亜大陸統治の醜悪さ(その1)>

→非公開