太田述正コラム#8598(2016.9.9)
<皆さんとディスカッション(続x3095)>

<太田>(ツイッターより)

 イギリス最後のペスト大流行であったロンドンの1665〜66年の大疫病・・ロンドン総人口の4分の1近くの10万人が死亡・・の病原菌の痕跡(DNA)が当時の集団墓地に埋葬されていた人々の歯髄から検出され、それがペスト菌であることが確認された。
 なお、この作業の過程で、デフォーの『ペスト』中の死者達が穴の中に折り重なって投げ入れられたとの記述が嘘で、一人一人棺に入れて埋葬されていたことも分かった。
http://www.bbc.com/news/science-environment-37287715
 ちなみに、デフォーのこの著作は小説だとする説が有力化しつつあった。
https://en.wikipedia.org/wiki/A_Journal_of_the_Plague_Year

 「…。福建省出身で日中の民間交流にも関心を持つ中国人男性は次のように話している。「みんなが日本だ、日本だというので、まだ行ったことのない中国人は焦りました。昨年、日本を訪れた中国人には“日本嫌い”もいましたが、当時はそういう人でも『日本に行かなければ話題についていけない』という焦りがあったと思います」(同)…」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%ae%a2%e3%81%8c%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%81%a7%e3%80%8c%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9c%9f%e7%94%a3%e3%80%8d%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%84%e6%bc%81%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1/ar-AAiFus0?ocid=iehp#page=2
 習ちゃんの人民日本「留学」政策は見事に成功。
 それに比べ、日本再軍備/「独立」化政策の方は、意識的無意識的連携下の日本の「右」と「左」による強靭な抵抗の前に苦戦。
 日本人協力者は野田前首相と僕だけ?

<七氏>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 もともと反民主主義、世界最野蛮国であるっていうことからすると、選挙に的を絞られちゃうとなんだかねぇ〜〜。↓

 「アメリカの選挙のおそるべき汚さ・・・」
http://lite.blogos.com/article/189679/?axis=&p=1

<83R5ZlSs>(同上)

 この保立道久先生は、9条を守る人なんだね〜
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E7%AB%8B%E9%81%93%E4%B9%85

 そんな野蛮なアメリカを、傭兵として使い続けることについては、何とも思わないんだね。
 なんだかわけわからないね。

<七氏>(同上)

 そもそも規範性がないってことは置いておいて、やるやーん。↓

 「改憲派も護憲派も欺瞞だ――井上達夫氏が憲法論議を斬る・・・」
http://news.yahoo.co.jp/feature/346

<年収約650万円>(同上)

 なんだかんだいってさ、日本人の大半とまではいかないけどさ、属国で良いやって思ってるんじゃね?
 ソースはないけどさ、俺の周辺はみんなそんな感じだよ。
 まぁ、政治の話とか歴史の話とかほとんどしないけどね。
 (しないこと自体が証明してね?)
 事実、憲法も改正できてねーじゃん、71年間も。 
 <太田さんは>エリートで国士なのは認めるけどさ、なんの影響力もないのは明らかじゃん。
 だだし、膨大な典拠を元にしたコラムを残しているという点では、後世になってから評価されるかもね、ピカソみたいにさ。

⇒ピカソは生前から評価されとるよ。(太田)

 ほんと「たった一人の反乱」だわな。

<7IiIdHIA>(同上)

 「ヘリパッド移設抗議行動に元米兵も--「狂気」と計画批判・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASJ983T72J98TLZU001.html

 そんなら手前んとこの親分に文句言いに行けやって感じだな。

<GiICw5c6>(同上)

 <年収約650万円クン、>属国で良いやって思う思わない以前に、日本人の中で自分達が属国民だと認識してる人間がどれだけいるんだ?
 老若男女、吉田ドクトリン思想に骨の髄まで侵食されてんのに。
 俺だって太田コラム読むまでそんな事に気付きもしなかった。
 太田さんの深謀遠慮はそれはそれでスケールがデカすぎて付いていけない時があるし。
 中長期的には人類全体への貢献になると解っていても、人間主義の海外輸出の為に日本人は犠牲になれって言われてハイそうですかなんて言えねえよ。

<JVRQiCnY>(同上)

 吉田ドクトリンを守って属国でやっていくのが、幸せだとは思えないんだよね。
 個人主義の野蛮なあっちの国じゃなくて、人間主義でやってるこっちの方が正義だって、やっぱり自覚的になっていかないと、人類全体じゃなくて、日本人だって早晩行き詰まると思う。
 原爆を落としたのは謝るべきだし、アメリカがしたことは野蛮すぎるって真実を、お金と武力でねじ伏せられて言えないのは、不幸なことなんじゃないの?
 お金と武力にはかなわないって、そういう日本人になってしまうのは、不幸じゃないかな?
 そうなると、人間主義の方がおいおい消えていくってことで、それでいいのか?

<:5.DB2m/Q>(同上)

≫番組内でおばちゃまが持ち出した「一次史料や一次体験」を、録画をもとに書き留めて教えてもらえないかな?≪(コラム#8596。太田)

・『毛沢東年譜』によると抗日戦争勝利を毛沢東は祝っていない。1951年にスターリンに「抗日勝利おめでとう」という電報を送っただけ

・毛沢東は日本の「侵略」という言葉は使わず「進攻」としている

・潘漢年(スパイ)が日本の外務省の機関(岩井英一)とつながっていて、毛沢東からの指示で国民党の情報を流していた?(中国側の資料でも金銭の授受があったと確認)↓
http://bylines.news.yahoo.co.jp/endohomare/20151116-00051441/

・但し、出演した朱氏曰く戸部良一氏はその情報は虚々実々だと指摘している(→まあスパイなので虚々実々なのは当たり前なんですけどね、気になったのは陸軍が面会しようとしていた事ですが番組中では話されませんでした。ほとんど二次史料みたいですね。疑問なのは関東軍は阿片で共産党と密接に繋がりがあったという事が言われませんでした↓)

 『満洲国はアヘンを専売にしていたことは番組でも言っている。・・しかし主に熱河省(現在は河北省に併合)で栽培されているアヘンは、・・・専売価格より高価に買い取って資金源にしていたのが中国共産党である。それは北京や天津、上海で販売されて活動費となった。』(『石原莞爾と小澤開作』参照)
http://www.jiyuushikan.org/rekishi/rekishi168.html

・遠藤氏に対する反論↓

 『潘漢年、揚帆、袁殊らが逮捕されたのは1955年で、日本敗戦から10年、中華人民共和国建国からでも6年経っています。これを「まもなく」とだけ表現し、具体的な逮捕年についての記述を避けるのはあまりにも恣意的です。実際には1953年に高崗、饒漱石らが劉少奇、周恩来らと対立して生じた政治闘争が原因で、高崗、饒漱石らの失脚と関連して潘漢年、揚帆、袁殊らは逮捕されています。
 ちなみに潘漢年は建国後、陳毅の下で上海における反革命運動弾圧に関与していますが、「毛沢東の「日本軍との共謀」という策略をあまりに知り過ぎていた」から投獄されたという遠藤説は信憑性に欠けるといわざるを得ません。
 さらに言えば、袁殊が国民党のスパイ組織である軍統(国民政府軍事委員会調査統計局:軍統局)にも所属していた点についても遠藤記事では触れていません(書籍には書いてあるのかもしれませんが)。
 そもそも、1945年春の時点で国府は潘漢年が汪精衛と会っていたことを誇張して、中共が日本と通じているかのような反共プロパガンダに利用しています。日本敗戦直前で中共は勢力を拡大していたとは言え、国府に比べて劣勢な状況で、当時、連合政府構想を掲げていた中共の状況を考えれば、「毛沢東の「日本軍との共謀」という策略をあまりに知り過ぎていたから」という理由で1955年に投獄するなどというのはナンセンスにも程があります。もし潘漢年が毛沢東にとって都合の悪い存在なら、1945年時点で始末したでしょう。少なくとも国共内戦に勝利してから5年も経った後に投獄する理由としては、あまりにも不自然です。』
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/mobile?guid=on&date=20151120§ion=1447952850

⇒サンキュー。
 この番組をながら視聴しようとしたらタブレットがまた不調・・今朝、J:COMのサポートに電話しようとタブレット使ってみたらちゃんとTV見れた!・・だったもんで、意を決し、VHS時代の10年ほど前に録画して以来の録画を決行、この番組が終わった後で録画を視聴した。
 確かに、毛沢東の日本軍との協力の主要な根拠として持ち出したのが潘漢年の話だけで、この話の典拠も主として彼の相手をした日本人の公刊本・・一応一次史料ではあるが・・だってところにひっかかったね。
 後、もう一人の出演者の朱建栄が随分エキサイトしてたね。
 何がなんでも、これ以上の日中関係の悪化を回避せよ、との指令を習ちゃんから受けてんだろ。(太田)

<七氏>(同上)

 太田さん!もうちょい詳しく教えて!
 「やっと分かった!野田前首相は、消費税解散を含め、「ハト派」受け皿の民主/民進党弱体化を図り、「タカ派」自民に踏み絵突き付け。」(コラム#8592)

⇒西郷隆盛や江藤新平らが明治維新後、急に耄碌したように見えるのは私だけじゃないだろうが、仮に耄碌したんじゃないとすると、彼らの維新後の言動をどうしたら合理的に説明できるか、私見を以前記したことがある(コラム#8115)。
 それに対し、野田前首相については、首相在任中、真正タカ派的政策を次々に、かつ、急速に推し進めた、という見方をしている人が殆どいないんで困っちゃうんだが、間違いなくそうなんだな。
 だもんだから、その野田が、退任直前の消費税/議員定数改正解散をやった瞬間から、急に耄碌しちゃったように私には思えたんだな。
 だって、民主党惨敗が予見できた解散をやったと思ったら、今度は、自分の選挙にすら弱く、かつ、見識もない海江田が後任になるのを「放置」し、次いで、安保音痴でかつ政治家に全く向いてない岡田を推薦し、今度は、(私もつい最近まで気付かなかったが、)言動に脇が甘過ぎ、政策も語れない蓮舫を推薦した、ときたもんね。
 つまり、彼は、どう考えても、民主/民進党を弱くしよう、弱くしよう、と画策してきた、としか思えなかったワケ。
 そこで、ひらめいたんだな。
 彼も、耄碌したんじゃないんじゃないかってね。
 つまり、自分自身の手でスタートさせた日本再軍備/「独立」政策は、民主/民進党よりも潜在的支持基盤の大きい自民党、とりわけ現在ではその大半を占める「タカ」派をタカ派へと矯正しない限り完遂できないと見、民主/民進党を、当分の間、「ハト」派の受け皿としてまともに機能できない弱体化した状態にとどめさせることによって、自民党単独政権を実現させ、自民党「タカ」派に、「タカ」派のままとどまるか、タカ派へと自主「矯正」するか、踏み絵を踏ませ、後者を選ばせるしかない、と野田は策謀していると考えれば説明がつくってこと。(太田)

<K.K>

≫今度も、パスした方がいいんですよね、KKさん。(そもそも、何度もひどい目に遭ってるもんだから、当分の間、恐ろしくって、AU代理店に行く気がしないが・・。)≪(コラム#8596。太田)

 (私よりスマホ事情に詳しい方がおられると思いますが、)現在使用しているiPhone5の減価償却が済んでいると太田さんが判断され、且つ、次もAUのiPhoneにすると決めているのであれば、買い替えもありだとは思います。

 個人的には、太田さんはスマホでの通話量が多いわけではないと思いますので、「格安スマホ+格安SIM」or「iPhone+格安SIM」という選択肢も一応考慮してみるべきだと思います。(但し、太田さんの場合、AUというのがKDDIのブランド名であり、J:COMがKDDIの連結子会社である結果、何がしかの利点を享受している可能性があります。)

【格安スマホおすすめランキング】3分で分かる格安スマホ講座
http://格安スマホおすすめ.com/
楽天の機種([VAIO Phone Biz]は[Windows 10 Mobile]で、その他は[Android])
http://mobile.rakuten.co.jp/select/
楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う
http://mobile.rakuten.co.jp/article/iphone/

<太田>

 せっかくの格安スマホのお奨めですが、6月の予期せぬ入院中、スマホが大活躍したこともあり、買い替えるのなら、次も高機能スマホにしたいと思っています。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 本人はやっぱ恐ろしく「頭が悪」いし、その母親も高畑淳子よりずっとみっともないね。↓

 「東大集団わいせつ・・・母親は「4年生で卒業を目前に控えているので、ここで大学の処分を待たずに自ら学業をあきらめて手放すのは決心がつかないとのことでしたので、本人の気持ちを尊重した」と示談不成立の理由を明かした。
 東大生の“おごり”が事件を招いたと分析しながらも、東大の看板にしがみつく複雑な心情をうかがわせた。」
http://news.livedoor.com/article/detail/11992861/

 錦織勝利の衝撃は続いている。↓
http://www.wsj.com/articles/u-s-open-kei-nishikori-downs-andy-murray-to-reach-semifinals-1473299208

 横地光明元陸自東北方面総監によるコラムだが、その不勉強ぶり、ある意味、元空幕長の田母神よりひどいね。
 (そこに至る論理こそかなり違うが結論だけは田母神と同じく自衛隊強化、というのがいじましく憐れをさそう。)
 皆さん、ゴメンなさい。
 モノ言う防衛官僚OB・自衛官OBで、まともな人を殆ど生んでいないことを・・。↓
 
 「・・・日本は米英勢力をアジアから駆逐し大東亜共栄圏自立を狙って国際政治秩序に挑戦し一敗地にまみれたたが、今中国は巨大な経済力と強大な軍事力によって「中華民族の大復興」を掲げて米国をアジア太平洋から駆逐し中華体制を築かんと冒険していることは全く日本軍国主義が進んだ軌と一にしている・・・
 日本は日露戦争に勝利し(明治38年=1905年)満洲(中国東北3省)の地に利権を占めると米国の介入を拒否し、日米対立の遠因を作った。一方、中国はウイグル・チベットを制圧(1949)大量虐殺を含んで激しく弾圧支配し、民族自決人権擁護の米国と相互反目の源を作った。・・・
 両国は共に安易に国際的主動的地位を手中にしたためその国際平和に対する責任を深く自覚できない危険性を共有する。・・・
 日本は経済も軍備も米国の資源(石油など)技術に依存して発展してきたのにこれに対決せんとする不合理な道を選び、対日経済包囲網(ABCD包囲網)を構築されると「八紘一宇、大東亜共栄圏建設」の美名で武力によるアジアの支配を企てた。
 中国も同じく米国の資本・技術・市場によって経済発展と軍備を拡大しながら、「偉大な中華民族の復興」の名で米国のアジア太平洋からの駆逐を企て、米国の対中アジア連合包囲網と衝突しつつある。・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47816?utm_source=editor&utm_medium=mail&utm_campaign=link&utm_content=list

 相模原大量殺人事件の被害者達の名前を公表しないのは日本に根強い精神障害者差別のせいだと決め付ける、いつもの調子の、アメちゃんによるおバカ記事だ。↓

 ・・・ in the case of the Sagamihara killings, the police said the families themselves had requested anonymity, specifically because the victims were disabled. Some, fearful of the stigma, had not even told relatives, friends or co-workers that their sons or daughters resided at Tsukui Yamayuri-en, the center where the attack took place.・・・
http://www.nytimes.com/2016/09/09/world/asia/japan-knife-attack-disabled.html?ref=world&_r=0

 これ、もはや、日本のニュースじゃないのかもしれんが、確か、プラズマクラスターってインチキだって話だったんじゃない?
 製品としちゃ使ってるから心強い「実証」・・なんでグルジアでやったんだよ・・結果だが・・。↓

 「「プラズマクラスター」の結核感染リスク低減効果を実証 シャープが臨床試験・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/11993112/

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <日本の自動車修理業の優秀さの礼賛。↓>
 「・・・慧聡汽保設備工具網はこのほど、中国の自動車市場が世界最大となったことで、自動車修理という産業も巨大化したとしながらも、部品の偽造や予定どおりに行われないにもかかわらず高額な修理費用といった問題点が存在すると指摘した。
 <ここにも人間主義が登場。↓>
 記事は、日本の自動車修理について、「日本では自動車メーカーやその特約店が修理を行ってくれる」と伝え、そのサービスは何より「自動車オーナーの立場に立った修理」が行われているのが最大の特徴だと指摘。自動車を修理するには「自動車整備士」という資格が必要であり、技術を持つ人材の育成、故障箇所の検査といった点で、中国と日本は大きな差があることを指摘した。
 続けて、日本の自動車修理は「技術、サービス、規格、品質」のいずれをとっても優れていることを指摘する一方、中国の場合は「利益目的に自動車修理産業に参入する人は多い」と指摘し、修理や整備の知識がまったくない人も参入していると紹介。そのため、修理の質にばらつきが存在すると論じた。
 また記事は、中国国内では自動車部品の偽造品も多く出回っており、4S店での修理であれば部品は正規品だが、非常に高額になると指摘。4S店ではない修理工場の場合は偽造された部品を使用される可能性もあるとし、利益のためなら部品の質は「二の次」というのが中国の修理産業の現状だと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1618391?page=1
 <日本の果物及びその背景たる農業政策の卓越性の礼賛。↓>
 「・・・捜狐はこのほど、日本には「1つ25元(約380円)もするようなイチゴがある」と紹介。そればかりか、日本の高級果物店では1つ1065元(約1万6000円)もするようなメロン、一籠で1000元(約1万5000円)を超えるようなサクランボもあると伝えつつ、日本ではなぜ果物が中国より高額なのかと疑問を投げかけた。
 記事はまず、日本の果物が高額な背景について、日本人は「国産」を非常に信頼しており、市場には一定のニーズが存在すること、また日本は人件費が高いため、どうしても国産品は高額になることを指摘。また、日本は知的財産権に対する保護がしっかりとなされているため、おいしい品種に対する保護もなされていることを指摘し、こうした要素が国産果物の高額化につながっていると論じた。
 また記事は、日本では果物に限らず、農業従事者の保護のために農産物の価格が一定に保たれていることを指摘し、「日本の農業従事者は中国のように広大な農地がなくとも、一定以上の収入が保障されている」と主張。また、農地が狭く、作付面積あたりの収穫量も少ないため、農産物の価格が高くなってしまうのだと指摘し、日本では農業従事者が安定した生活を送れることで、社会の安定にもつながっていると論じた。」
http://news.searchina.net/id/1618370?page=1
 <日本女性への憧憬の念を吐露。↓>
 「・・・中国国内では「中国人男性が日本人女性の間で大人気」という内容の記事がネット上で広まり、中国人男性の虚栄心を満たしたものの、日本人から完全否定されるという「思いがけない」反撃を受けたという。・・・
 今日頭条はこのほど、この記事の内容と実際の日本人の声とのギャップを紹介した。・・・
 記事では日本人女性が中国人男性と結婚したがる5つの理由があると主張、それは「日本人よりも男女平等」、「結婚しても働ける」、「妻にやさしい」、「家事を手伝ってくれる」、「財布を女性に預けてくれる」というものだった。しかし今日頭条は、この5つの理由はいずれも時代錯誤だと指摘。日本でも共働きは増えてきており、若い世代を中心に日本人男性も家事を担うようになってきたからだ。また、財布の管理や発言権については、日中の別を問わず、家庭ごとに違うとも指摘した。
 記事は、日本のネットユーザーから、日本人女性と中国人男性の結婚よりも、日本人男性と中国人女性の結婚のほうが多いという意見や、日本人女性の間ではむしろ中国人よりも韓国人男性のほうが人気だという意見、中国人と結婚すると親戚付き合いが面倒になるなどの意見があったと紹介。「日本人女性が中国人男性と結婚したがっている」という主張は、日本人から完全否定されたと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1618365?page=1
 <日本製品礼賛の行き過ぎを嗜める記事2篇。↓>
 「・・・柯橋日報は・・・日本で購入した電子炊飯器を巡って、修理上の面倒が生じているとする記事を掲載した。記事は、ある女性消費者が昨年末に日本から買って帰った日本メーカーの電子炊飯器を使用してプラグを差し込んだところ、全く作動しなくなったという事例を紹介。この女性は中国と日本の電圧差を知らず、変圧器を使わなかったために炊飯器が故障したことを説明するとともに、「現地にはメーカーの拠点がない。自己責任ゆえ日本に修理に出せば、発送料だけでもかなりの費用が掛かる」と女性が途方に暮れていることを伝えた。
 そのうえで、中国国内ブランドの修理店が「国外製品の購入は便利だが、アフターサービスが大きな問題になる。一部メーカーはグローバルなサービスを展開しているが、その手順は簡単ではない」と語ったことを紹介。市井にある個人修理店の経営者が「ここ2年、確かに外国家電の修理が増えている。一番多いのは220ボルトの電圧による故障だ」と語るとともに、修理技術自体は難しくないものの、コンプレッサーや制御装置などの部品を取り寄せることが困難であり、修理できない状況であると説明したことを伝えている。
 記事は、「日本の温水便座は軟水向けであり、(硬水の)中国で長く使えばノズル詰まりなどの問題が出る」、「日本の炊飯器で美味しく炊けるのは、現地のお米とも関係がある」という専門家のコメントを紹介するとともに、「決して外国のものを盲目的に信じてはいけない。自分に合ったものこそ最良のものなのだ」と理性的な購入を呼びかけた。」
http://news.searchina.net/id/1618367?page=1
 「・・・北京青年報・・・記事は、無印良品が8月末より28日間にわたるセールを開始、一部の商品で10−31%の割引、新価格設定を行っていると紹介した。一方で、記者が実際に足を運んでみるとタオルから服装品、食料品、家具など半数以上の商品が値下げ状態になっているにも関わらず、売り場で商品を物色する客はまばらであったと現況を説明。ある「無印ファン」という女性客が「去年おととしなら値下げと聞けばみんな喜び勇んで押し掛けただろう。レジには長蛇の列ができたと思う」とその様子に驚きを示したことを伝えた。
 そのうえで、業界関係者や専門家から「単に値下げだけで中国の消費者を引き留めておくことは難しいのではないか」、「消費者の心理が成熟し、価格だけで消費行動に出るケースが少なくなった」との分析が出たとしている。また、「シンプルな風格ながら、値段が高い」、「無印良品を模倣したパクリ製品の大量発生による影響」という指摘もあると紹介した。
 記事はさらに、無印良品の商品の価格が日本に比べて2倍近いとも紹介。その理由について無印良品の関係者が中国の税金が高いことによる輸送コストをはじめとする種々のコストが加算されることを挙げたと伝えている。一方で、親会社である良品計画が依然として中国大陸、台湾、香港などでの成長をを見込んでおり、生産地の東南アジアへの移転、包装の簡素化や物流の改善によるコストダウンに取り組み始めているとした。」
http://news.searchina.net/id/1618369?page=1

 回りくどい表現ながら、そのココロは日本の再軍備/「独立」への期待。↓

 「・・・和訊網は・・・「日本はまさに4つの大きな悪循環に陥っている」とする記事を掲載した。
 記事が示した4つの悪循環とは、「政治構造上の悪循環」、「経済発展上の悪循環」、「対中政策上の悪循環」、「日米関係上の悪循環」だ。「政治構造上の悪循環」では、民主国家と称しておきながら米国のような2大政党による均衡が実現したことはなく、今は改憲勢力が参議院の3分の2を占めていると説明。過半数の国民が改憲に反対しているにもかかわらず、安倍政権の更なる誘導によって「日本が上から下まで右傾化する」という悪循環が起きているとした。
 また、「経済発展上の悪循環」では、アベノミクスは「軍国主義化を成し遂げるための表面的なもの、超短期的なもの」であると解説。経済の悪循環を放置し、再び対外拡張を求める口実にする可能性すらあると論じている。「対中政策上の悪循環」では「中国脅威論」を煽り立てることによる軍備の増強を批判し、「日米関係上の悪循環」では米国が「中国を抑えるうえで日本の改憲、軍拡を指示せざるを得ない、『縛り』を緩めた日本の未来について憂慮を抱いている」と説明した。
 記事は、この4つの悪循環が日本国内で加速、さらには暴走しているとするとともに「悲しいことに、日本国内にはその暴走を止める力がすでに存在しない」と指摘。日本の「暴走」は中国を含む地域全体の悪循環を招き、安全問題もさらに悪化することになるとの危惧を示した。」
http://news.searchina.net/id/1618368?page=1

 オバマの中共訪問時の冷たい接遇を例にとり、米国が、イラン、ソ連、独仏等、ありとあらゆる諸国から蔑ろにされつつあることを嘆いたコラムだ。
 (相対的な力の衰えが背景にあることはもとより、その相対的な力の衰えの数等倍、今までの悪行が酷過ぎたために米国が蔑ろにされていることに、全く気付いていない極楽とんぼコラムだ。)↓

 Incident in Hangzhou・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/incident-in-hangzhou/2016/09/08/c1da28f4-75f2-11e6-be4f-3f42f2e5a49e_story.html?hpid=hp_no-name_opinion-card-b%3Ahomepage%2Fstory&utm_term=.3d0b2492d7c8

 トランプが、全般的にクリントンと支持率が拮抗してきただけじゃなく、選挙人を争ってる鍵となる諸州でも盛り返していることを指摘した記事だ。↓

 Donald Trump is finally seeing signs of life in key swing states・・・
https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2016/09/08/donald-trump-is-finally-seeing-signs-of-life-in-key-swing-states/?hpid=hp_hp-cards_hp-card-politics%3Ahomepage%2Fcard

 英国に最も近い欧州大陸の町であるフランスのカレーに英国渡航を狙う難民達が押し寄せているので、カレーの回りに(すでに塀は設けてあるが、)壁を設けることになり、英仏が費用を出し合う予定。↓

 ・・・The wall-building initiative comes as part of a security deal between Britain and France, where migrants pool in the port city of Calais, seeking a way to enter Britain -- often illegally.・・・
 Thousands of migrants, many of whom come from the Middle East and North Africa, are currently waiting in a camp known as the "jungle." They share the same dream: jobs and a better life in Britain.
Unfortunately for the desperate migrants, passage to Britain by train, boat, or truck is difficult to come by and very dangerous. Migrant aid group Auberge des Migrants says that 11 migrants have died along the way this year alone.
 Previously, authorities have built high fences to keep workers from illegally hitching a ride on various forms of transport, but some do manage to get through. ・・・
http://www.csmonitor.com/World/Europe/2016/0907/Why-Britain-France-are-building-a-wall-in-Calais-to-keep-out-migrants
 <トランプの米墨国境に作ろうとしている壁の先取りだとして揶揄されている。↓>
 Britain’s Big, Beautiful Wall・・・
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2016/09/08/britain_is_building_its_own_big_beautiful_wall_in_calais.html
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8599(2016.9.9)
<ウィルソン流民族自決の愚かさ(その2)>

→非公開