太田述正コラム#8568(2016.8.25)
<皆さんとディスカッション(続x3080)>

<太田>(ツイッターより)

 「…蓮舫…猛省 岡田…「つまらない男」発言…」
http://www.sankei.com/politics/news/160824/plt1608240029-n1.html
 ホントのことを言っちゃダメな場合があることが分かってないんじゃ政治家失格。
 「前原誠司氏 民進党代表選出馬へ 週内に正式表明…」
http://www.sankei.com/politics/news/160824/plt1608240030-n1.html
 根拠薄弱中共軍事的脅威論、及び、メール問題で代表の座を汚した前科
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E5%8F%B8
からして政治家失格。
 失格者同士の争いじゃ、どーしょーもないね。
 ま、属国暮らしが長過ぎて、日本の政治家の劣化がここまで進んじゃったわけで、この二人が悪いんじゃ必ずしもないんだけど。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 日本における「イケメソ男子」・・「イケメン男子」じゃないよ!・・なるものの存在をBBCに教えてもらった私かな。↓

 The ‘handsome weeping boys’ paid to wipe away your tears・・・
http://www.bbc.com/news/magazine-37178014

 村井サーン、いい加減にしようよ。↓

 <そもそも、中国共産党が「世界革命を実現し」ようとしたことなんて一度でもあったっけ?↓>
 「・・・中国共産党も共産主義政党ならば、最終目標は全世界の労働者と団結し、全世界の資本家を打倒する世界革命である。共産党の道具である軍や政府もあらゆる手段を駆使して世界革命を実現しなければならない。これが共産党の基本構造である。
 <支那での拝金主義の蔓延は今に始まったことじゃないでしょ?
 また、「目標」は最初から「中華民族の偉大な復興」だったと思うけど?↓>
 しかし、拝金主義が蔓延する現在の中国で共産主義は人気がない。そこで共産党の目標は「世界革命」から「中華民族の偉大な復興」に変わった・・・
 <あのさ、基本的に、日本以外の現在のあらゆる国・地域の経済は、「指令」原理で機能する「固い組織」、と、「平等」原理で機能する「市場」、という、「根本的<に>矛盾」する二つの原理で動いてるんだぜ。↓>
 共産党が資本主義経済を実行しているという根本的な矛盾は、共産党が資本主義政党に権力の座を譲るか、資本主義経済を廃して共産主義経済に戻り再び全国民が平等に貧しくなれば解決する。しかし、経済発展を正統性の根拠とする現在の中国共産党がこの2つの道を取る可能性はない。・・・」
http://www.sankei.com/column/news/160824/clm1608240005-n1.html
 <ま、アメちゃん識者自身が、欧米のチャイナ経済のウォッチャーは、(今後の中共経済の動向についてだが、)大きく3派に分かれるが、群蒙象を撫でるが如しだ、と言ってるくらいなんだから、村井サンが(より大きな、中共の経済体制問題の本質)分かんなくても無理もないが・・。↓>
http://foreignpolicy.com/2016/08/24/its-time-for-china-analysts-to-stop-talking-past-one-another/?wp_login_redirect=0

 さーもあらん、さもあらん。↓

 「・・・中国外交を統括する楊潔--(ヤンチエチー)国務委員(副首相級)・・・は「日中関係を非常に重視している」と述べ、関係改善に向けてともに努力していく姿勢を強調した。・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASJ8S6Q4KJ8SUHBI03G.html?rm=432

 中共よ、お前もか。
 相変わらずの拝「金」主義だねえ。↓

 「北京・重量挙げ15人陽性…中国「金」3選手も・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20160824-OYT1T50152.html?from=ytop_top

 では、中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <習ちゃん、日本を大国ともちあげ、「独立」への自覚を持てと示唆。↓>
 「・・・東方頭条はこのほど、日本は「まったくもって小さな国ではない」と指摘し、国土面積を比較しても日本はフランスよりわずかに小さいだけで、ドイツや英国より大きいと伝えている。
 記事は、日本の国土面積は中国の江蘇省と浙江省、安徽省と上海市を足したくらいだと紹介したうえで、「日本は縦長の国土であるため、細く小さく見える」と主張した。一方、国土ではなく、排他的経済水域(EEZ)を加えた場合、「日本の領海およびEEZの総面積総面積は一気に世界で上位になる」と指摘、日本には中国よりはるかに広いEEZを有していると伝えた。
 さらに、日本には英国とフランスを足しただけの人口がいることを指摘したほか、東京都の経済規模は世界有数であり、世界の多くの国のGDPを東京都だけで上回るほどの規模だと指摘。中国は近年、日本のGDPを上回ったとしながらも、中国の人口は日本の10倍以上であり、中国がGDPで世界第2位となったことに大きな意味はないと主張した。
 さらに、国土面積や領海およびEEZの総面積、さらには経済規模のいずれから見ても「日本は決して小国ではない」としたうえで、日本を大国と呼ばないのであれば、「世界でどの国を大国と呼ぶことができようか」と疑問を投げかけた。」
http://news.searchina.net/id/1617225?page=1
 <ヴォーゲル・センセは、「社会の団結力」と「人間主義」の違いが多分分かってないね。ま、センセもこのセンセをこのところ何度も取り上げてる習ちゃんも好感が持てるが・・。↓>
 「・・・晶報はこのほど、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者エズラ・ ヴォーゲル氏と、当時この本を中国語に翻訳したスタッフの間で交わされた会話を紹介する記事を掲載した。
 記事によれば、中国で同書籍が出版されて間もないころ、ある翻訳スタッフはヴォーゲル氏に「中国が日本から学ぶべき最も主要なものは何か」と訊ねた。これに対してヴォーゲル氏は「日本人の団結力の強さ」だと回答。記事によれば教授は続けて「中国人も思想統一を強調するが、思想は抽象的なものでしかなく、思想に頼るだけでは社会の団結力は弱い」と指摘したという。
 また記事によれば、ヴォーゲル氏はこの翻訳スタッフに、ハーバード大学を訪れた日本の研究チームは良く準備しているため「ABC」からではなく「QRS」から教えることができたが、中国の研究チームには「ABC」から教える必要があるだけでなく後続チームにもまた「ABC」から教える必要があったと説明。記事によれば教授は「日本チームは研究結果を後続と共有するが、中国チームは結果を後続に共有しない」という観察を翻訳スタッフに紹介した。」
http://news.searchina.net/id/1617211?page=1
 <日本企業のマーケティング能力を礼賛。↓>
 「・・・捜狐は「なぜ中国メーカーは良い車を造れないのか」と疑問を投げかけている。
 記事はまず、中国の自動車メーカーが近年、合弁メーカーの技術を消化吸収することで技術力を高めていると主張。中国の自動車メーカーには資金もあるはずなのに「中国の消費者は中国車の品質に対して今なお疑問を持ち続けているのが現実」と指摘し、その理由は「自動車とは単なる鉄の塊ではないため」と論じた。
 続けて、中国車には「ブランドがない」と指摘し、フェラーリが高級車の代名詞であり、日本車が燃費が良く高品質の代名詞であるようなブランドが存在しないことが中国車が直面する最大の問題であると論じた。」
http://news.searchina.net/id/1617187?page=1
 <外国から良いものを取り入れては自家薬籠中の物にする日本の礼賛。↓>
 「・・・捜狐は・・・日本を代表する料理やお菓子を紹介する記事を掲載した。その中で、日本人と牛肉との関わりについて紹介している。記事は「今、日本料理において有名な牛肉料理は多い。例えばハンバーグ、肉じゃが、すき焼きなど」と説明したうえで、「しかし驚くべき事実がある」とした。
 そして、日本人が牛肉を食べる歴史は200年にも満たないこと、日本では古来より「肉類は汚れたもの」との思想があったことを紹介。明治維新を経てようやく牛肉が「解禁」され、わずか100年あまりの間に肉じゃがのような庶民的なメニューから、神戸牛などの高級料理まで数々の牛肉料理が発明され、日本料理の文化の一部分にまでなったと説明した。
 世界的に有名な日本発の牛肉料理の1つが牛丼だろう。記事は決して長くない日本の「牛肉文化」から生まれた牛丼が、海をわたって広く世界に浸透していることに対しても感嘆している。記事はまた、肉じゃがのルーツについても言及している。純和風に見えるこの料理が実は、19世紀末に日本の海軍コックが英国で食べた牛肉料理を再現しようとして生まれたものであることを紹介した。」
http://news.searchina.net/id/1617219?page=1
 <韓国なんかじゃなく、日本を訪れよ、と中共人民に説く習ちゃん。↓>
 「中国商網は・・・「日本が韓国を抜いて、中国人観光客最愛の海外旅行目的地になった」とする記事を掲載した。記事は、米ブルームバーグと中国アウトバウンド観光研究所(COTRI))が7月25日に発表した統計で、今年第1四半期に訪日した中国人観光客が、のべ91万3000人と訪韓中国人を24%上回ったと紹介。昨年同時期の統計では訪韓中国人がのべ67万人で訪日中国人を47.9%上回っていたことから、「日本の観光業が韓国の観光業を鮮やかに逆転して、中国人観光客から最も喜ばれる目的地になった」と伝えている。
 また、今年第2四半期に日本を訪れた中国人観光客のうち、20−30歳の女性が40%以上を占めたとのデータも紹介。これにより、「化粧品大国」と称された韓国に代わって、日本が中国人観光客にとって一番の化粧品購入地ともなったとした。
 そのうえで、今年の円高トレンドの中でも多くの中国人観光客が韓国ではなく日本を選んだ理由として、中国旅行業界関係者が「日本は1980年代から布石を打ち始めており、経営基盤がしっかりしている。バラエティに富んだ景観、そしてアニメ文化の存在も強みだ」と解説したことを紹介。
 一方、韓国については中国人向け観光業務の歴史が浅いこと、魅力が不足していること、さらに「安かろう悪かろう」という旅行業のクオリティでトラブルの発生リスクが高いことを指摘したと伝えた。このほか、中国人観光客が韓国で化粧品を買わなくなった理由として、韓国の化粧品店が続々と中国に上陸しており、わざわざ現地に行って購入する必要がなくなっているという点についても言及している。」
http://news.searchina.net/id/1617215?page=1
 <日本社会の人間主義性を礼賛。↓>
 「・・・捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人の手記を掲載し、「日本の交通事情を見て思ったのは、日本人は誰もが交通ルールを守っていたこと」だと伝え、数日間の滞在期間中に一度もクラクションの音を聞かなかったと驚きを示し、日本の交通事情は中国と大きく異なっていたと伝えている。
 記事は、日本人が交通マナーを守るだけでなく、交通事情そのものが日本と中国は大きく違うと指摘。特に「気配り」という点で大きな違いがあったと伝え、路線バスのなかには乗客の乗降時にステップの高さを低くするバスがあったと紹介。こうすることで高齢者や子どもの乗り降りが安全になると伝え、こうした気配りはいたるところに見られたと紹介した。
 また、日本の高速道路では前方で事故があった場合、電光掲示板に事故の情報を掲載することで、後続のドライバーに情報を共有すると同時に、注意を呼びかけていたと伝え、こうした仕組みはドライバーに対する気配りであると同時に、日本が交通インフラについて深く考えている証拠であるとの見方を示した。
 そのほか記事は、日本では「車線変更をするドライバーが少ないことに気付いた」と伝え、一般道であっても高速道路であっても「日本のドライバーは中国のように車線変更を繰り返しながら先行の車両を抜いていくことはしない」と紹介し、驚きを示している。」
http://news.searchina.net/id/1617227?page=1
 <衷心から日本経済の更なる発展を祈念している習ちゃん。↓>
 「・・・匯通網はこのほど、東京五輪が安倍首相にとっての「第4の矢」となる可能性について考察している。
 安倍政権は「デフレからの脱却」と「富の拡大」を目指し、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という3つの政策を打ち出した。これらの政策は「3本の矢」と称されているが、記事は「10年以上にわたって続くデフレからの脱却は容易ではない」と主張、日本はマイナス金利の導入や事業規模28兆円超の経済対策を打ち出しているものの、デフレ脱却に「疑問符がつきはじめている」と論じた。
 一方で、1950年から2009年までのデータとして、五輪は開催前に国内総生産(GDP)を押し上げる効果があり、開催後もGDPの成長にプラスの効果があることが分かっていると紹介。2020年に東京五輪が開催されることで、少なくとも日本はインバウンド産業の伸びやインフラ投資の伸びが期待できると指摘し、今後の消費増税による消費の落ち込みをカバーできるはずだと論じた。」
http://news.searchina.net/id/1617190?page=1
 <そのためにも、安倍チャンによいこよいこする習ちゃん。↓>
 「・・・果殻網は・・・<リオ五輪閉会式での安倍首相>の演出について「実際に東京からリオまで土管でワープすることは可能なのか」を科学的に検証する記事を掲載した。「土管でワープなどスーパーマリオの世界だけ。現実世界では不可能」というのは誰でも知っている。ただ、それを言ってしまっては野暮というもの。記事は至ってまじめに不可能な理由について考察しているのだ。
 まず、実際には不可能であるものの、仮にこういう条件ならばと想定したうえでの成功シミュレーションを紹介。それは、地球が理想的な球体をしていて、その中心を貫くような真空のトンネルを掘ることができた場合だ。その場合、片方の土管から入った人は引力によって地球の中心にまで引きつけられ、その力は反対側の土管に到達した時点でちょうどゼロになるのだという。そこでしっかり土管に捕まって再び引力の影響を受けることを防げば、めでたく成功という訳である。
 そのうえで、このようなシミュレーションが夢物語に過ぎない理由を具体的に示した。簡単に説明すると、リオに着くようにまっすぐ穴を掘るならば、日本近海の海中に穴を掘らなければならない、トンネル内を真空状態にしなければならないが、人間は真空内で呼吸ができない、地球は完全な球体でない上に自転しており、通過中に土管の壁に当たってエネルギーロスが生じる、地球の核部分は摂氏6000度の超高温である、そもそもそんな深い穴を人類は掘ったことがない……などだ。
 当たり前だが、やっぱり無理なのである。ただ、そこを承知のうえで敢えて科学的に無理な理由を証明するという試みはおもしろいものだ。そして記事は更に、実に興味深い点について問題を提起して文章を締めくくっている。それは「ドラえもんがいるのだから、どこでもドアで行けばよかったのではないか」という疑問だ。マリオの横で旗を持って応援するドラえもんが、どうしてあの場面でどこでもドアを出さずに土管を出したのか。その理由を考えるのも、おもしろそうだ。」
http://news.searchina.net/id/1617199?page=1

 日本についての不勉強ぶりを露呈しちゃった編集者・記者はきつーいお灸をすえられることだろ。↓

 「・・・海外網はこのほど、日本旅行を計画している中国人に対し、日本と中国の法律は「違う」と指摘したうえで、日本でうっかり法を犯さないよう注意を喚起する記事を掲載した。
 記事は、日本において軽犯罪法に触れる恐れのある行為を紹介している。それは列の割り込み、おつりを多く渡されたのに返さないこと、指定以外の時間にゴミを捨てること、電柱に登ること、公園など公共の場所で痰を吐くこと、酒を無理に飲ませるといった行為だ。
 こうした行為のいずれもが、中国では日常的に見られることだ。だが、日本では厳密に言えば犯罪にあたるとし、場合によっては罰金や拘留が科せられることもあるので注意が必要だと論じた。続けて、日本人は民度が高いと指摘しつつ、「民度が先天的に高いことはありえない」と主張、日本には軽犯罪法があるため、日本人は処罰を恐れて「非文明的な行為」ができなくなっていると主張した。」
http://news.searchina.net/id/1617184?page=1

 眦を決して日本との友好関係推進記事を降り注ぐ朝鮮日報。↓

 「孫基禎と朴柱奉、恥辱から誇りになった日章旗・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/25/2016082500598.html

 オバマ政権の対シリア積極的軍事介入は、単に(、シリアのクルド人の、自治/独立、及び、クルド人地区拡大、に反対する形で)トルコに宥和的姿勢を取り、トルコに対シリア積極的軍事介入を行わせる、というものであることが明らかになった。↓

 The Obama administration will cut all U.S. support for its Syrian Kurdish allies, which it considers the most competent rebel force fighting the Islamic State, if they do not comply with Turkish demands that they withdraw to the east of the Euphrates River, Vice President Biden said here Wednesday.・・・
 Biden’s arrival here came only hours after Turkish forces crossed into Syria to eject the Islamic State from the town of Jarabulus, the militants’ last remaining stronghold along the Syrian-Turkish border. ・・・Turkey’s motivation was to vanquish the Islamic State and to ensure that Kurdish fighters did not move into position there from nearby Manbij.・・・
https://www.washingtonpost.com/world/biden-visits-turkey-on-mission-to-repair-strained-relations/2016/08/24/bc684904-6a04-11e6-99bf-f0cf3a6449a6_story.html

 パートナーがAVを見始めると・・とりわけそれが女性である場合・・離婚の可能性が高まるんだと。
 (当たり前のような・・。(太田))↓

 People More Likely to Divorce After They Start Watching Porn, Says Study・・・http://time.com/4461451/people-more-likely-to-divorce-after-they-start-watching-porn-says-study/?xid=homepage 

 年とるとシアワセになるって話は何度も聞かされてきたが・・。↓
 
 Old People Are Happier Than People In Their 20s・・・
http://time.com/4464811/aging-happiness-stress-anxiety-depression/?xid=homepage

 昨日紹介したのと同じ研究についての記事だが、専業主婦ってそれだけで亭主虐待だってことなんだな。
 日本の男性の平均寿命が女性に比べて、(他国との比較において)相対的に遜色があるの、当たり前だわな。↓

 New Study: It’s Actually Bad for Men to Be Breadwinners・・・
http://time.com/4458236/new-study-its-actually-bad-for-men-to-be-breadwinners/?xid=homepage
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8569(2016.8.25)
<チーム・スターリン(その1)>

→非公開