太田述正コラム#8369(2016.5.1)
<皆さんとディスカッション(続x2980)>

<太田>(ツイッターより)

 前ロンドン市長「ヒットラーはシオニストだった」⇒労働党員資格停止⇒「ネタニヤフと同じこと言っただけなのに」⇒ネタニヤフいわく、「ヒットラーはユダヤ人を欧州から追放しようとしただけなのに、パレスティナ人指導者にパレスティナに来られちゃ困るので殺してくれと言われたのでそうした」⇒イスラエルのホロコースト記念館の首席歴史学者がこの説明は誤りだと指摘」
http://www.bbc.com/news/uk-politics-36177333
 以上登場した人々の言は全て誤りだ。
 ユダヤ人に悪感情など抱いていなかったヒットラーが、ドイツ民族の「総意」のユダヤ人殺害欲求に従った、というだけだったんだからね。

 「1人当たり年間食肉消費量…米国…89.7キロ…でOECD1位…韓国…51.4キロ…中国…47.1キロ…日本人35.5キロ…バングラデシュ…2.1キロ…インド…2.6キロ……」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/29/2016042901285.html
 恐らくは牛豚鶏の割合も含め日本が健康上最善。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 ブッシュマスターって何だと不思議に思った。↓

 「自衛隊は2月19日までタイで行われた東南アジア最大級の多国間軍事演習「コブラ・ゴールド」に約300人の隊員を参加させ、在外邦人の輸送訓練を実施した。・・・
  訓練に参加した高機動車は“疾風(はやて)”の愛称を持つ人員輸送車。トヨタ自動車が生産を担当しており、陸自の普通科部隊を中心に広く配備されている。乗員は10人で、最高速度は時速125キロ。邦人輸送や災害派遣時などで主力の輸送手段として位置づけられている。価格は1両あたり約700万円とされる。
 コブラ・ゴールドに参加した高機動車だが、陸自には、より邦人輸送に適した車両がある。“ブッシュマスター”の通称で知られる「輸送防護車」だ。昨年3月、中央即応連隊(宇都宮市)に4両が配備されている。・・・」
http://www.sankei.com/premium/news/160501/prm1605010006-n1.html
 <ビックラ仰天、豪州製だったー。↓>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC_(%E8%A3%85%E7%94%B2%E8%BB%8A)
 <より、ハイエンドのは何かと調べてみたら、三菱重工が開発に悪戦苦闘中らしい。↓>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E9%97%98%E8%BB%8A
 <それよりハイエンドとなると、装輪車じゃなく、装軌車になるわけで、当然三菱重工製。↓>
https://ja.wikipedia.org/wiki/89%E5%BC%8F%E8%A3%85%E7%94%B2%E6%88%A6%E9%97%98%E8%BB%8A
 <ハイエンドの極めつきは、戦車で、当然当然三菱重工製。↓>
https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E5%BC%8F%E6%88%A6%E8%BB%8A

⇒以上から直感的に分かるのは、三菱重工が三菱自動車を分離させてしまった結果、装輪車に関して、日本でまともな受け皿・・トヨタと重工の間・・が消滅しちまったってこと。
 こういう観点からも、三菱自動車の重工への解体的復帰が必要なんじゃないか?(太田)

 日本のYKKにひれ伏すようなアメちゃんコラムだ。↓

 ・・・YKK, the Japanese zipper behemoth, makes roughly half of all the zippers on earth. ・・・
http://www.slate.com/articles/business/branded/2012/04/ykk_zippers_why_so_many_designers_use_them_.html

 朝鮮日報による、こんな回りくどい日本礼賛記事は感心しないが・・。↓

 「「ダメよ〜ダメダメ」 NOと言い始めた日本・・・」
 日本の若者たちは、不毛な世の中とは一線を画したまま、個々人の持つ世界観によって問題を解決していく。・・・
 日本の若者は安倍首相や米日同盟などのメジャーな話題よりも、サブカルチャーに関心を持っている。中途半端に足を踏み入れてはとてもかなわない。関心は常に自分自身。自分の考えを世の中で具現するには、どのような生き方が最も望ましいのか、自分に最も正直な人生はどのようなものなのか。「ありのまま」「自分探し」がキーワードだ。・・・
 <ここだけは面白かったよ。元データが欲しいけどな。↓>
 自衛隊隊員が日本人女性の「結婚したい男性の職業ランキング」の上位に入るようになったという現状、日本を信頼する米国人に比べて米国を信頼する日本人がはるかに少ないというアンケート結果・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/29/2016042901293.html

 日本政府がどーして広島でオバマに謝罪させたくないかを「解説」してる。
 全然ダメ。
 こんな記事をアメちゃん新聞に書かせず、日本人は自分で胸に手をあてて考えて見な。吉田ドクトリン/米事大主義、がなせる、悲しき業なんだぜ。↓

 Japan doesn't want the U.S. to apologize for bombing Hiroshima. Here's why・・・
http://www.latimes.com/world/asia/la-na-japan-hiroshima-apology-20160429-story.html

 米元国連大使(イスラム教徒)がトランプを高く評価。
 こりゃ、ひょっとするとクリントン敗北?↓

 ・・・
<Journalist>The sense I am getting from you is that you might not necessarily support Trump but he isn’t someone you see as far out of the mainstream.
<Zalmay Khalilzad:>Right. He should not be dismissed. I am old enough—and I don’t want to give the sense that I am comparing them—to remember when people said Ronald Reagan was a B-level actor who could only read his lines and who had an empty head and a nice suit and who would cause a nuclear war because he was so irresponsible. And now we think he was one of our greatest presidents.
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/interrogation/2016/04/zalmay_khalizad_george_w_bush_s_ambassador_to_his_native_afghanistan_is.html

 本来、有料読者向けコラム・マターだが・・。↓

 <どうして人は、しばしば、見知らぬ他人を助けたりするのか。宗教のおかげだ!(バッカじゃないの。(太田))↓>
 ・・・people often help a stranger they will never see again. Humans have uniquely high levels of pro-social cooperation, and recent research suggests that one of its driving forces is religion.・・・
 <狩猟採集社会じゃ、人格神は殆どおらず、道徳を説く人格神に至ってはほぼ皆無だった。(にもかかわらず、人間主義的だったんだ、あほんだら。(太田))↓>
 Human beings have spent 99% of their history living in small hunter-gatherer bands. Such cultures rarely have a deity who pays attention to humans, let alone one who monitors and judges their morality, meting out rewards and punishments.
 <道徳を説く神の出現は、大集団諸文化の誕生と軌を一にしている、とさ。(要するに堕落したんだよ。(太田))↓>
 When do religions tend to invent such moralizing gods? A number of researchers・・・have shown that moralizing gods become more common in large-group cultures. ・・・
 <その結果、(私の言葉で言う)人間主義が生まれたんだと。(逆で、人間主義は廃れたんだよ。(太田))↓>
 ・・・the threat of moralizing gods may help to explain some of the human capacity for pro-social cooperation among strangers.
 <これは、諸実験によって証明されたことだっちゅうんだけど、実験対象が同一宗教信徒であって、ひょっとして信徒以外に対してはひどいことを平気でするのかもしれない、とさ。(語るに落ちるってこのことだわ。(太田))↓>
 Of course, this doesn’t address two vitally important, related issues. First, the strangers were co-religionists. Presumably, it’s a whole different ballgame if the strangers belong to another religion.
Second, the idea that moralizing gods promote pro-social cooperation within a group says nothing about the character of that cooperation. Dividing a modest amount of money is small change compared with other examples of the human capacity for selflessness. As we know all too well, people are willing to subordinate themselves to group goals when they work collectively to raise a neighbor’s barn—but also when they raze an enemy’s village.
http://www.wsj.com/articles/why-you-just-helped-that-stranger-1461769802
-------------------------------------------------------------------------------

 連休の臨時一人題名のない音楽会です。
 石川ひとみの3回目です。

ともだちみつけた(1995年) 作詞・作曲:山田直毅 石川が唱歌調でもって再活躍を始めた(?)頃の曲なので採録した。
https://www.youtube.com/watch?v=k3Y279ZbQ9E
おやすみ前に(1980年) 作詞・作曲:小室みつ子(注) 私の基準未満の曲だが、作詞・作曲者たる小室みつ子を「発見」したことから採録した。
https://www.youtube.com/watch?v=hrebMNj59Ts

(注)後出の「小室とまと」も同人物。1957年〜。慶應法卒。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E3%81%BF%E3%81%A4%E5%AD%90
 写真。
http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https://pbs.twimg.com/profile_images/458092211586887680/s7Dq0Xv6_400x400.jpeg&imgrefurl=https://twitter.com/miccorina&h=400&w=400&tbnid=-g4gTZFXkxvZDM:&tbnh=155&tbnw=155&docid=mPg8ZN0P-82DXM&itg=1&hl=ja&usg=__WzQyeKvyP6c9IeqO2gtf0z7ZE68=

Follow You−空港まで−(1983年) 作詞:竜真知子 作曲:林哲司 ※
https://www.youtube.com/watch?v=WsIy8sp--1E&nohtml5=False
夕暮れて(1981年) 作詞・作曲:丸山圭子←注目! ※
https://www.youtube.com/watch?v=hKdJwpo0v68&nohtml5=False
ジプシー・ナイト(1983年) 作詞:田口俊 作曲:林哲司 ※
https://www.youtube.com/watch?v=1e0NY9L1_sg&nohtml5=False
サムシング・フォーリン・ダウン(1978年) 作詞・作曲:小室とまと 「おやすみ前に」よりはちょいマシ。で、ぎりぎり→※
https://www.youtube.com/watch?v=qMD0fbP32g4&nohtml5=False
置き忘れたメモリー(1983年) 作詞:宮原芽映 作曲:玉置浩二←注目! ※
https://www.youtube.com/watch?v=nKQlikq1a50&nohtml5=False
さよならGood-bye(1980年) 作詞:たかたかし 作曲:井上鑑 ※
https://www.youtube.com/watch?v=7ydNwbBtKao&nohtml5=False
マーシー・シチュー(1980年) 作詞:小室みつ子 作曲:深町栄 ※
https://www.youtube.com/watch?v=geUEv63EgXA

(続く)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8370(2016.5.1)
<一財務官僚の先の大戦観(その19)>

→非公開