太田述正コラム#8185(2016.1.30)
<皆さんとディスカッション(続x2888)>

<太田>(ツイッターより)

 「…モーツァルトの「二台のピアノのためのソナタK.448」を聴くと、人の空間認知と記憶を改善できるという<研究につき、>…中国人科学者<が、そ>…の鍵が…リズムである<と>証明…」
http://j.people.com.cn/n3/2016/0129/c95952-9011341.html
https://www.youtube.com/watch?v=HVPgJ2f5bd4 ←此曲

<太田>

 というわけで、これから、できるだけ、この曲を聴くことにした。

<太田>(ツイッターより)

当局:「視覚障害者用設備が完備され、障害者が自由に行動できる日本…」
http://j.people.com.cn/n3/2016/0128/c94473-9010847.html
人民:「「たった100万円!?」閣僚辞任の甘利経財相に中国ネットは大爆笑…」
http://news.livedoor.com/article/detail/11120280/
 重き荷を背負いて遠き道をゆくがごとしだ。

<supply2525>(同上)

 おーたん!この記事さ、 当たり前すぎて悲しくならない?
 当時じゃ、両国が共に判断ミスをするのも仕方なかったの?
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_376559/

<太田>(同上)

 米国のは利己主義的援助、日本のは人間主義的援助だった。
 で、米国の方は騙されただけだからミスだったということになるが、日本の方は、中共当局の、人間主義を中核とする日本文明継受意欲を更に高めたんだから大成功だった。
 太田コラムのバックナンバーに目を通してたもれ。

<8ljvxCWQ>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 ドイツ人はなぜ偏向報道に流されるのか?「難民歓迎」熱から覚めたメディアの欺瞞と矛盾
http://news.livedoor.com/article/detail/11118877/

 こういう記事を読むと、ドイツ人って、太田さんがいうところの「アメリカのリベラルの双極性障害みたいな人たち」ばっかりなのかなと思う。
 その点、イスラム敬遠ムードで普通に極右政党が躍進してるヨーロッパの国の方が、「アメリカの共和党系の人たち」程度にはまともなのかも。

<太田>

 言えてる。
 極左の共産主義と極右のナチズムとを生み出したドイツは、確かに、危険な振幅を繰り返す双極性障害国家だな。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 アベノミクスは四苦八苦状態。
 本日のTV東京の昼前の番組に野田前首相が出ていたが、彼が言うように、民主党時代の3年間の方が安倍現政権の3年間よりも日本の経済成長率は高かったわけで、アベノミックスって一体何なの、どうして財界が自民党サマサマなの、ってカンジだな。↓

 「マイナス金利、影響両面 企業・家計に恩恵先行・・・
 29日の東京市場では10年物国債の利回りが0.1%を下回り史上最低を更新した。銀行は日銀にお金を預けるよりも国債を買うだろうとの連想が働いたためだ。
 国債の利回り低下がさらに進めば、より高い金利収入を稼ぎやすい民間向けの融資競争が活発になる可能性がある。住宅ローン金利や企業向けの貸出金利が一段と下がるとの見方がある。・・・
 <しかし、>日銀の発表後、銀行株は一斉に下げた。マイナス金利によって銀行の財務基盤が悪化すると、企業や個人への貸し出しなどのリスクを取りにくくなる懸念もある。・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC29H09_Z20C16A1EA2000/?dg=1

 なるほど、そうだったんか。↓

 「・・・週刊文春(今月21日発売)で甘利氏の政治とカネ問題が最初に報じられた直後。安倍首相、塩崎恭久厚生労働相、石原氏の3人で酒を交えており、この席で石原氏に打診したとみられる。・・・
 NAISの会 自民党の根本匠氏、安倍晋三首相、石原伸晃氏、塩崎恭久氏の4人で結成。命名は、ローマ字表記した際の4人の頭文字に由来する。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/11123289/

 日本のステルス試験機X-2がお目見えしたのを世界が注目。↓

 Everything We Know About The X-2, The Future Of Japanese Stealth Fighter Design・・・
http://foxtrotalpha.jalopnik.com/everything-we-know-about-the-x-2-the-future-of-japanes-1755710322
 This Is Japan’s New Stealth Jet・・・
http://foreignpolicy.com/2016/01/29/this-is-japans-new-stealth-jet/?wp_login_redirect=0

 NYタイムスが、天皇訪比の機会を捉え、意地悪くフィリピンでの「慰安婦」「問題」を取り上げている。
 フィリピンの場合、確かに、日本軍兵士達による拉致ハウスキーパー事案めいたものはあったんだろうが、集団強姦されるよりはマシだった、ということじゃないのかね。↓

 In Philippines, World War II’s Lesser-Known Sex Slaves Speak Out・・・
 Researchers in the Philippines say that more than 1,000 girls and women in the country were sexually enslaved by the Japanese during World War II. About 70 are still living.・・・
http://www.nytimes.com/2016/01/30/world/asia/japan-philippines-comfort-women-emperor-akihito.html?ref=world

 米知識人による、トランプに対するあえぎあえぎの非難がなされていた。
 ポリティカルコレクトネスがないんじゃなく、単にコレクトネスがないだけだと。↓

 Trump isn’t politically incorrect. He’s just simply incorrect.・・・
 ・・・insult(侮辱), an artless form perfected by Trump, isn’t politically INcorrect. It is rude. Name-calling(非難) isn’t clever; it is childish and lazy. ・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/donald-trump-isnt-politically-incorrect-hes-simply-incorrect/2016/01/29/4d686764-c6cb-11e5-9693-933a4d31bcc8_story.html?hpid=hp_no-name_opinion-card-e%3Ahomepage%2Fstory

 しかし、どうして、結構まともな人もトランプを支持し始めているか、を上掲のような非難をする人は全く理解していない、と言えそうだ。(太田)

 <侮辱や非難は、ビジネスマンたる(バラエティー番組の寵児だった)トランプは、注目を引くためにあえてやっているだけで、大統領になれば、そんなことはしなくなるはずってワケ。↓>
 ・・・The・・・reason・・・<Traump is> upport<ed> is・・・: <they> do・・・not really take Trump’s controversial political slogans at face value. In some senses, this might seem odd; Trump has become popular among some voters precisely because they like his inflammatory remarks on, say, immigration. But <they> think・・・that these (often shocking) statements are just marketing rhetoric, created by a canny businessman who knows the importance of grabbing airtime. But precisely because Trump is a businessman, he will become pragmatic -- to get things done -- and he will tone down the inflammatory language once he gets into power・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/f005d72a-71eb-11e5-ad6d-f4ed76f0900a.html

 英国での論調も、もう諦めムード。↓

  We shouldn’t be enjoying the Trump ascendancy -- but who can look away?
・・・
 Trump just proved: it's possible to win a debate you didn't attend・・・
http://www.theguardian.com/commentisfree/2016/jan/29/republican-race-donald-trump-lose-victory-rivals

 で、トランプ抜きの共和党候補者同士の討論会で、二番手のクルーズが沈没。↓

 The Texas senator managed to lose to the man who wasn’t even there.・・・
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/politics/2016/01/ted_cruz_lost_the_fox_debate_to_donald_trump.html
 <彼がウソつきであることがはっきりした、とさ。↓>
 Fox News Caught Ted Cruz Lying Again・・・
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/politics/2016/01/fox_news_is_getting_really_good_at_spotting_ted_cruz_s_lies.html
 <もはや、トランプのせいで、共和党予備選挙そのものがバラエティー番組に堕してしまった、と。↓>
 Donald Trump’s Transformation of the Republican Primary Into a Reality TV Show Is Now Complete・・・
http://www.slate.com/blogs/xx_factor/2016/01/29/donald_trump_s_transformation_of_the_republican_primary_into_a_reality_tv.html

 すっかり影が薄くなってしまった、民主党の予備選の方だが、クリントンは、緒戦と第二戦で負けることを予想しつつ、その後、3月で一挙に挽回する算段らしい。↓

 Even with immediate hurdles in Iowa and N.H., Clinton has quietly been looking ahead・・・
 The early states are obviously very important in terms of kick-starting the primary, but they [award] only 4 percent of the delegates・・・
https://www.washingtonpost.com/politics/with-defeat-possible-in-iowa-and-nh-clinton-has-quietly-been-looking-ahead/2016/01/29/14526b4c-c6b1-11e5-a4aa-f25866ba0dc6_story.html?hpid=hp_hp-top-table-main_clintonstrategy720pm%3Ahomepage%2Fstory

 オックスフォード大のローズ像問題は、収束しそうもないとさ。↓

 Oxford Rhodes statue row is part of global protest・・・
http://www.bbc.com/news/education-35441074

 ロシアじゃスターリン時代への郷愁が募ってるとさ。↓

 Maybe the Soviets weren't so bad? Russian nostalgia for USSR on the rise.・・・
 <当時は、福祉国家で超大国で経済的に安定していて貧富の差も少なかった、とさ。↓>
 Most people probably wouldn't actually want to go back to the USSR, but they find it comforting to reach back for those old certainties. The Soviet Union was a more effective welfare state, a military superpower, where there was far less economic uncertainty and inequality than people experience today. So, this generates nostalgia・・・
http://www.csmonitor.com/World/Europe/2016/0129/Maybe-the-Soviets-weren-t-so-bad-Russian-nostalgia-for-USSR-on-the-rise
-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 クレズマー音楽の2回目(最終回)です。
相当の分量があるので、適宜、お聴きください。
 一つだけなら、最後のをどうぞ。

L'Orkestina(注): "Jewish Gypsy"  ジプシーとユダヤ人が結びけられてりゃクレズマー音楽っぽいっわけで採択したけど、そもそも、結び付けられやすいのはなぜ?
https://www.youtube.com/watch?v=_iUHW2yzErQ

(注)ブルガリアのミニ・ジプシー・オーケストラ。
http://www.citronproductions.com/en/art_orkestina.php

Jewish Klezmer Music 歌:Karsten Troyke(注) たくさんの歌曲が収録されている。まさに、本来のクレズマー音楽ってカンジ。
https://www.youtube.com/watch?v=yB1scKselg4

(注)ドイツのユダヤ歌曲歌手にして俳優。父親がユダヤ人。
https://en.wikipedia.org/wiki/Karsten_Troyke

Daniel Hoffman(注) - Original Klezmer (klezmer fiddle)
https://www.youtube.com/watch?v=BVtIl3dqDbM

(注)米国のヴァイオリニスト。マンハッタン音楽学校卒。
http://www.klezmerfiddle.com/Klezmer_Fiddle/Biography.html

Klezmer meets Polka and Dance(注) 屋根の上のバイオリン弾きの原形的な曲であるな。
https://www.youtube.com/watch?v=TIfbWqkK_AI

(注)映画"Zug des Lebens" (Train de vie)より。(上掲)
 この映画は、1998年公開で、イスラエル・フランス・ベルギー・オランダ・ルーマニアの合作。
https://de.wikipedia.org/wiki/Zug_des_Lebens

Budapest Klezmer Band(注)
https://www.youtube.com/watch?v=0VdoHnidz70

(注)1990年に設立された
https://hu.wikipedia.org/wiki/Budapest_Klezmer_Band
世界のクレズマー音楽界の指導的グループ。
http://www.kosiceklezmer.sk/onas-e.html

Kaschauer Klezmer Band(注)
https://www.youtube.com/watch?v=q1oG32IrNP4

(注)スロヴァキア東部のコシツェ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%84%E3%82%A7
を拠点とするクレズマー音楽バンド。
http://www.kosiceklezmer.sk/onas-e.html 前掲

Itzhak Perlman(注) plays Klezme 異ジャンルでも即興で(?)見事に弾きこなす。血が騒ぐんだろうから当然とも言えるが・・。
https://www.youtube.com/watch?v=DkmFgQ9fM94

(注)イツァーク・パールマン(1945年〜)(コラム#3115、3911、4051、6590)は、「イスラエルのテル・アヴィヴ生まれのヴァイオリニスト、指揮者」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

(完)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8186(2016.1.30)
<矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を読む(その9)/私の現在の事情(続x73)>

→非公開