太田述正コラム#8075(2015.12.6)
<皆さんとディスカッション(続x2833)>

<太田>(ツイッターより)

 「日本の大都市はなぜ摩天楼を好まないのか…」
http://j.people.com.cn/n/2015/1204/c94473-8985905.html
台湾人による、東京の「低さ」を愛でた好エッセーだが、それを人民網が載せたところがニクイね。
 「韓国政府・防衛事業庁の国防技術品質院<によれば、>…国防技術力<は>米国、フランス、ロシア、ドイツ、英国、日本、中国、イスラエル、韓国・イタリア(9位で同列)<の順>…
 中国新聞網の記事を転載した捜狐軍事は、そのタイトルを「中国がなんと日本に負けている」と変更して掲載した。」
http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1596198/
 順位、中共は妥当、韓国は高過ぎってところ。

 「中国に来た日本人が「…自由さ」に驚く…民権以外では中国は自由…
 これって未開の地についての描写と同じだよね…
 中国は動物が住むのに適していると説明しているだけじゃないか…
 動物の世界はある意味において人間社会より自由だからな…」
http://news.livedoor.com/article/detail/10916126/
 プッ!

<おきしも>(同上)

 韓国の反日運動は北や中共がテコ入れしてそうですし、外務省のテロ対策局?だかは全く信用出来ない。

<ri1C1QmQ>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 フェイスブックの「節税」、日本にも記事あったよ
http://blogos.com/article/148004/

<太田>

 関連記事だ。

 米国のNYタイムスも批判的見解を載せてるんだね。↓

 ・・・As Jesse Eisinger reported in the New York Times, Zuckerberg simply “moved money from one pocket to the other"・・・
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/dec/06/mark-zuckerberg-philanthrocapitalism-45bn-facebook-shares

 一方、ワシントンポストは夫妻を擁護。↓

 ・・・If Ms. Chan and Mr. Zuckerberg have accepted the Gates model as a challenge to be emulated and even improved upon, we think the logical response would be a simple thank you.
https://www.washingtonpost.com/opinions/giving-away-the-facebook-fortune/2015/12/05/55e5c7bc-9abe-11e5-b499-76cbec161973_story.html

<r67GYHk.>(ツイッターより)

 思いやり予算 来年度以降も同水準を米に提案
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151206/k10010331281000.html
 情けない。

<jkCFAxZ.>(同上)

 「...鳩山元首相は「堪忍袋の緒が切れたと沖縄が本気で独立を示すことが、日本を目覚めさせるのではないか」と話した。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000009-okinawat-oki
 鳩山元首相って時々ハッとさせられる発言するよな。
 誰かの入れ知恵だろうか?

<角田博明>

http://www.ea.u-tokai.ac.jp/tsunoda/
 旧国鉄が民営化してJRになったのは、中曽根政権による『国鉄改革』によったのでしたね。
 僕から見れば、民営化したのは、あまり成功とは思えないです。
 西日本では福知山線脱線事故や、東日本では最近の山手線新型車両不具合や工事ミス等の不祥事が目立つからです。
 JR東日本↓の冨田 哲郎社長は、辞任すべきだと考えております。
 http://www.jreast.co.jp/

<太田>

 何度か書いてるけど、旧国鉄に限らないけど。民営化の主要な目的の一つは「左」というより「極左」の組合つぶしなのであり、その目的は十二分に達しているよ。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 福沢の「思想」の解釈以前に、キミ達の歴史認識自体が誤っとるんよ。↓

 「・・・「『独立自尊』など、福沢は魅力的な言葉も断片的に吐くが、全体を読むと、天皇を中心にまとまり、欧米に対抗し、アジアを侵略しようとした・・・。近年、保守系政治家らがナショナリストとして高く評価していることについて・・・その路線は70年前に破綻したのに、また復活させようとしている・・・。」
http://www.asahi.com/articles/ASHD34KGSHD3OIPE01J.html

 Isisの活動域がシリア/イラクの外にどんどん広がっていることは、Isisが成功しつつあることを示すものだとさ。↓

 ・・・Isis appears to be focused on expanding its presence outside Syria and Iraq and on developing its international network. The bombing of a Russian airliner, the Paris attacks and the Libyan expansion are signs that the group wants to capitalise on its success on the ground in Syria and Iraq by expanding its international reach. That is hardly a sign of weakness.
http://www.theguardian.com/world/2015/dec/06/isis-expansion-libya-not-sign-of-weakness

 サハラ以南からカダフィのリビアに出かけてきていた人々にとっては、カダフィはメシアだったとさ。
 そのメシア、自分の体制が倒れれば、欧州の岸辺に200万人もの難民が押し寄せると予言。
 この予言は的中、だと。↓

 ・・・Before Gaddafi was ousted, he officially warned the European Union that if his regime were to collapse, as many as two million migrants would arrive on Europe's shores, creating chaos.
 He may have been more a dictator than a messiah. But he seems to have been right about that. ・・・
http://www.bbc.com/news/magazine-35005828
-------------------------------------------------------------------------------

<太田>

 提供していただいた指示書の中にも出てきましたが、ブラウザの画面をキャプチャする方法を教えていただけませんか?

<K.K>

 (昨日送付したファイルのリンク先の画像は、他の方がネット上にUpしたものです。)

 私が使用しているのは、FireShotというFirefoxアドオンです。(Chromeにも同じアドオンがあったはずなのですが、今日検索したらありませんでした。)
 アドオンですので、気に入らなければすぐにアンインストールできますので試してみてください。

<1> インストール

 Firefoxで下記のページにアクセスしてインストールしてください。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/fireshot/

<2> 使い方

1.Firefoxのウィンドウの右上にFireshotの赤い[S]のアイコンが確認できると思います。この[S]の右に表示されている[▼]をクリックしてください。

2.[見える範囲をキャプチャsite...]、[選択された範囲をキャプチャして...]、[ページ全体をキャプチャして...]の中から目的のものを選んでクリックしてください。

3.展開したリストの[保存]をクリックしてください。[Select output file]というウィンドウが開きます。

4.保存場所を選択して、[保存(S)]をクリックしてください。

 さらに高度な使い方があるようですが、私は詳しくありません。
 保存したキャプチャ画像の簡単な編集であれば、Windows標準のペイントで可能です。ペイントは、[すべてのアプリ]→[Windowsアクセサリ]の中にあります。

<太田>

 試してみましたが、うまく使えています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8076(2015.12.6)
<西沢淳男『代官の日常生活』を読む(その10)>

→非公開