太田述正コラム#8073(2015.12.5)
<皆さんとディスカッション(続x2832)>

<太田>(ツイッターより)

 「大御所でも相部屋使いタレント司会者は別格 紅白の楽屋事情…」
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_368493/
 今年ももう後わずかだなあ、私のTV出演も随分ご無沙汰だなあ、などと感慨に耽らせた記事だ。
 一年前のだが、こんな記事も見っけた。
http://www.news-postseven.com/archives/20141220_292519.html

 独と英じゃ、フェイスブックが「節税」によって殆ど法人税を払っていないので、今般のザッカーバーグ夫妻による持株の99%を慈善事業体に寄付するとの声明に、新たな節税対策だという冷ややかな見方がなされているとさ。
http://www.latimes.com/world/europe/la-fg-germany-zuckerberg-20151205-story.html
 やっかみもある?

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 犠牲者数が増えれば増えるほど、第三者の同情心は減衰するとさ。↓

 WE all can relate to the saying “One death is a tragedy; a million deaths is a statistic.” Our sympathy for suffering and loss declines precipitously when we are presented with increasing numbers of victims. In the 1950s, the psychiatrist Robert Jay Lifton studied survivors of the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki and discovered that a condition he labeled “psychic numbing” enabled them to withstand the psychological trauma of this experience.・・・
http://www.nytimes.com/2015/12/06/opinion/the-arithmetic-of-compassion.html?ref=opinion&_r=0

<K.K>

 太田さん、Epson・DEll・富士通新パソコンのOfficeをどうするかうかがわせてください。

 1)まず、現時点でインストールされているOfficeは下記の通りであっていますか?
Epson:Office365(Office2016)32bit
DELL:同上
富士通新:Office10?

⇒富士通新には(富士通旧に付いてきた?)Office2007をインストールしてしまっています。(太田)

 2)インストール状況が上記のようであるとして、DELLのOffice365を[非アクティブ化]して、富士通新パソコンにOffice365をインストールするということでよいでしょうか?
 3)次に、仮に上記2)でDELLのOffice365を非アクティブ化した場合、次A~Dのいずれを行いますか?

 A:富士通新パソコンのOffice365を非アクティブ化した上で、DELLのOffice365の有効化を"試みる"
  ・この選択肢は、有効化できるかわからないので、あくまで"試みる"という試験的意味合いになります。
  ・ここでDELLのOffice365の有効化が可能であるとすると、富士通新パソコンでOfficeが必要な場合、同様の手順で有効化出来るということになります。
  ・「EpsonとDELLパソコンでは、いつでもOffice365が使えるが、富士通新パソコンではOffice365の有効化を行わない限りOfficeは使えない」ということになります。

 B:DELLパソコンのOffice365(Office2016)をアンインストールし、Office2013をインストールを試みる
  ・Office2013のライセンスは、EpsonパソコンのOEMだろうと思います。Epsonパソコンに関連付けられているので、DELLパソコンにインストール可能かはわからないです。また、ライセンス的にはグレーゾーンということになります。

⇒そもそも、Office2013単独のインストールディスクがなさそうである上、インストールディスク作成を怠っていたため、Dell添付の(?)Office2010が、私の手持ちのインストールディスク中最もバージョンが新しいものです。(太田)

  ・「Epsonと富士通新パソコンではOffice365が、DELLではOffice2013がいつでもすぐに使える状態」ということになります。

⇒「DellではOffice2010がいつでもすぐに使える状態」と読み替える必要があります。(太田)
 
 C:何もしない
  ・「Epsonと富士通新パソコンでは、いつでもOffice365が使えるが、DELLパソコンではOffice365の有効化を行わない限りOfficeは使えない」ということになります。

 D:その他

<太田>

 Aを試み、うまく行かなかったら、最初の状態に戻し、富士通新は、遠出をする場合に限り、月極でOffice365を購入する、ということにしたいと思います。
 当然のことながら、その場合、富士通新のOfficeは2007から2010に入れ直すこと にしたいと思います。
(そもそも、2007の方にはPowerpointが入っていません。)

<K.K>

>そもそも、Office2013単独のインストールディスクがなさそうである上、・・・

≫引き続き、Officeの上記入口に、今度はすんなりと入ることができ、今度は何と、プロダクトキーの入力も求められずにアップグレードに成功。≪(コラム#6876。太田)

 太田さんは、昨年の4月にネット経由でOffice2013をインストールしています。Offic2013にインストールディスクは元々無く、またインストールディスクを作成する必要もなかったのだと思います。

 いずれにしましても、とりあえずAをやってみましょう。
 手順に関しましては、また週末ドタバタしますので週明けになるかもしれません。(<本日>07:30までにメール送信がなかった場合は、その日は書けなかったと思ってください。)

 Officeを除いて、Epson/DELL/富士通新パソコンのWindows10環境に関して設定は済んだと思いますが、何か忘れていることはあるでしょうか?
 (本日行いましたドライバーのアップデートをDELL/富士通新に関して行うことも可能ですが、正常に動作しているのであれば、強いて行う必要はないと思います。)

<太田>

>何か忘れていることはあるでしょうか?

 Skypeのインストールですね。
 もっとも、富士通新にはカメラが付いているけれど、EpsonやDellの場合は、 WindowsXP対応のロジクールのウエブカメラしかなく、既にWindows7にすら正式 のドライバーが提供されていなかったので、そのうち、新しいのを一つ買おうと 思っています。

<K.K>

 太田さん、「パソコン間Office365の設定」(添付ファイル)を送付いたします。
 試験的な部分があることは承知しておいてください。

EpsonパソコンのOffice64bit化に関しては、記述してありません。必ずしも必要ありませんが、EpsonパソコンのOfficeを64bit化させたい場合は、
「<1> DELLパソコンのOffice365の無効化」と
「<4> DELLパソコンのOffice365(32bit)アンインストール」と
「<5> DELLパソコンのOffice365再インストール」
の部分の、「DELLパソコン」を「Epsonパソコンに」読み替えて、同様の操作を行ってください。

 ([非アクティブ化]を行わなくても、再インストールできるのですが、[非アクティブ化]を行わずに再インストールを行うと、認証にすさまじく長い時間が掛かる場合があります。)

>⇒Skypeのインストール・・・

 カメラには詳しくありませんので、お力にはなれませんが、パソコン本体への投資は抑えられていると思いますので、カメラに限らず他の周辺機器およびソフトウェアに多少投資しても良いのではないかと思います。

[添付文書]

<パソコン間Office365の設定>

<1> DELLパソコンのOffice365の無効化

***重要***
 この部分は、DELLパソコンでの操作です。
**********

 この部分の操作を、DELLパソコンで行うことが必要条件かどうかはわかりませんが、十分条件だと思いますのでDELLパソコンで行ってください。

1.DELLパソコンで下記のサイトにアクセスしてください。
https://login.live.com/login.srf?wa=wsignin1.0&rpsnv=12&ct=1449247996&rver=6.5.6509.0&wp=MBI_SSL&wreply=https%3A%2F%2Fstores.office.com%2Fauthredir%3Furl%3Dhttps%253a%252f%252fstores.office.com%253a443%252fmyaccount%252fhome.aspx%253fms.officeurl%253dmyaccount%2526ui%253dja-JP%2526rs%253dja-JP%2526ad%253dJP%2526fromAR%253d1%2526s%253d1%2526auth%253d0%26hurl%3DvNZtVdeuXwPhuW8gcwfgccRUObriRk7DQnuhB1Yidcc%253d.XvDTHWcAIOI0RpAsMmEEx1FodloSPGvnxN%252b6YY6iFeY%253d%26ipt%3D0&lc=1041&id=290950&lw=1&fl=easi2&cbcxt=101___Type_mux
2.サインインしてください。
3.オレンジ色の[インストール]をクリックしてください。
4.下記のページのような表示になり、[インストール情報]の下にOffice365がインストールされた[コンピュータ名](太田さんの場合、[EPSON-TY1100S]と[DELL-XPS8300])が表示されていることを確認してください。
http://www.ka-net.org/blog/wp-content/uploads/Office_365_Solo_03_01.jpg

⇒[DELL-XPS8300])が表示されていませんでした。
 インストールしていなかったということのようです。
 で、ここで作業を中断しました。(太田)

⇒⇒DELLパソコンを起動させて、Office365がインストールされているか確認してください。
 次に、DELLにインストールされているにもかかわらず、Microsoftアカウントのページでは表示されない場合は、一度WordかExcelを起動させて、初回の認証が行われているか確認してください。
 (Word/Excelを起動させて、認証の画面が出てこない場合は、既に認証されていたということになります。この場合、すなわちインストールもされ、認証も済んでいるのに、アカウントのページで表示されないとすると、今はちょっと原因がわからないです。)(K.K)

⇒⇒⇒Wordを起動させたら認証されました。(太田)

5.[DELL-XPS8300]という表示の右の方にある[非アクティブ化]をクリックしてください。
6.[このインストールを非アクティブ化しますか?]というポップアップが現れます。[非アクティブ化]をクリックしてください。
7.[インストール情報]の下に表示されていた、[DELL-XPS8300]が消えたことを確認してください。
8.関連するウィンドウを閉じてください。

********************

<2> 富士通新パソコンへのOffice365インストール

***重要***
 この部分は、富士通新パソコンでの操作です。
**********

1."富士通新パソコンで"下記のページにアクセスしてください。
https://login.live.com/login.srf?wa=wsignin1.0&rpsnv=12&ct=1449247996&rver=6.5.6509.0&wp=MBI_SSL&wreply=https%3A%2F%2Fstores.office.com%2Fauthredir%3Furl%3Dhttps%253a%252f%252fstores.office.com%253a443%252fmyaccount%252fhome.aspx%253fms.officeurl%253dmyaccount%2526ui%253dja-JP%2526rs%253dja-JP%2526ad%253dJP%2526fromAR%253d1%2526s%253d1%2526auth%253d0%26hurl%3DvNZtVdeuXwPhuW8gcwfgccRUObriRk7DQnuhB1Yidcc%253d.XvDTHWcAIOI0RpAsMmEEx1FodloSPGvnxN%252b6YY6iFeY%253d%26ipt%3D0&lc=1041&id=290950&lw=1&fl=easi2&cbcxt=101___Type_mux

2.サインインしてください。

***重要***
 次の手順3で、オレンジ色の[インストール]をクリックしないでください。
**********

3.下記のページのような表示になるはずです。
http://www.ka-net.org/blog/wp-content/uploads/Office_365_Solo_03_01.jpg
4.オレンジ色の[インストール]ボタンの左列に[言語とインストールのオプション]という青い字の表示があるはずです。この[言語とインストールのオプション]をクリックしてください。

***重要***
 次の手順5で、オレンジ色の[インストール]をクリックしないでください。
**********

5.下記のページのような表示になるはずです。
http://blog-imgs-83.fc2.com/b/i/l/billyboy/20150927_office365_003.jpg
6.青い字の[追加のインストールオプション]をクリックしてください。
7.下記のページのような表示になるはずです。
http://blog-imgs-83.fc2.com/b/i/l/billyboy/20150927_office365_004.jpg
8.[Office-32ビット (推奨)]と表示されているドロップダウンリストをクリックして、展開したリストの[Offcice-64ビット]をクリックしてください。
9.[インストール]をクリックしてください。
10.後はインストーラーの指示に従ってインストールを進めてください。

⇒Office2007のアンインストールを求められたのでそうしてからやり直しました。(太田)

11.インストール完了後、[Word]もしくは[Excel]を起動させて、初回の認証を行ってください。

***参考***
 次の手順<3>で、ここでインストールしたOffice365を無効化します。ここでWordもしくはExcelの起動が確認できれば、ここまでの手順<1>と<2>を再び行えば、富士通新パソコンのOffice365を再有効化出来るということになります。
 私の環境で検証したところ、非アクティブ化されたOffiece365(64bit)が存在しているパソコンに、Offiece365(64bit)を再インストールすると、アンインストールを行うことなく、正常にOfficeが動作しました。
 ただし、1回だけの検証ですし、ライセンスのあり方をMicrosoftが変更することも考えられますので、100%富士通新パソコンのOfficeを再アクティブ化できるとは思わないでいてください。
**********

********************

<3> 富士通新パソコンのOffice365の無効化

***重要***
 この部分は、富士通新パソコンでの操作です。
**********

 この部分の操作を、富士通新パソコンで行うことが必要条件かどうかはわかりませんが、十分条件だと思いますので富士通新パソコンで行ってください。

1.”富士通新パソコン”で下記のサイトにアクセスしてください。
https://login.live.com/login.srf?wa=wsignin1.0&rpsnv=12&ct=1449247996&rver=6.5.6509.0&wp=MBI_SSL&wreply=https%3A%2F%2Fstores.office.com%2Fauthredir%3Furl%3Dhttps%253a%252f%252fstores.office.com%253a443%252fmyaccount%252fhome.aspx%253fms.officeurl%253dmyaccount%2526ui%253dja-JP%2526rs%253dja-JP%2526ad%253dJP%2526fromAR%253d1%2526s%253d1%2526auth%253d0%26hurl%3DvNZtVdeuXwPhuW8gcwfgccRUObriRk7DQnuhB1Yidcc%253d.XvDTHWcAIOI0RpAsMmEEx1FodloSPGvnxN%252b6YY6iFeY%253d%26ipt%3D0&lc=1041&id=290950&lw=1&fl=easi2&cbcxt=101___Type_mux
2.サインインしてください。
3.オレンジ色の[インストール]をクリックしてください。
4.下記のページのような表示になり、[インストール情報]の下にOffice365がインストールされた[コンピュータ名](太田さんの場合、[EPSON-TY1100S]と[FMV2-FMVA50HN7S])が表示されていることを確認してください。
http://www.ka-net.org/blog/wp-content/uploads/Office_365_Solo_03_01.jpg
5.[FMV2-FMVA50HN7S]という表示の右の方にある[非アクティブ化]をクリックしてください。
6.[このインストールを非アクティブ化しますか?]というポップアップが現れます。[非アクティブ化]をクリックしてください。
7.[インストール情報]の下に表示されていた、[FMV2-FMVA50HN7S]が消えたことを確認してください。
8.関連するウィンドウを閉じてください。

********************

<4> DELLパソコンのOffice365(32bit)アンインストール

***重要***
 この部分は、DELLパソコンでの操作です。
**********

 64bit版インストールの為に、32bit版をアンインストールします。

1.下記のページにアクセスしてください。
https://support.office.com/ja-jp/article/Windows-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%89-Office-2016%e3%80%81Office-2013%e3%80%81%e3%81%be%e3%81%9f%e3%81%af-Office-365-%e3%82%92%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%99%e3%82%8b-9dd49b83-264a-477a-8fcc-2fdf5dbf61d8?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP
2.ページ下の方にある[Fix it]をクリックして、削除ツールをダウンロードしてください。
3.ダウンロードされた[O15CTRRemove.diagcab]をダブルクリックしてください。
4.[Uninstall Microsoft Office]というウィンドウが開きます。[次へ(N)]をクリックしてください。
5.[この修正を適用します]をクリックしてください。

 (次の手順6まで数分掛かります。)

6.[次へ(N)]をクリックしてください。
7.[閉じる]をクリックしてください。
8.念の為、パソコンを再起動させてください。

********************

<5> DELLパソコンのOffice365再インストール

***重要***
 この部分は、DELLパソコンでの操作です。
**********

1."DELLパソコンで"下記のページにアクセスしてください。
https://login.live.com/login.srf?wa=wsignin1.0&rpsnv=12&ct=1449247996&rver=6.5.6509.0&wp=MBI_SSL&wreply=https%3A%2F%2Fstores.office.com%2Fauthredir%3Furl%3Dhttps%253a%252f%252fstores.office.com%253a443%252fmyaccount%252fhome.aspx%253fms.officeurl%253dmyaccount%2526ui%253dja-JP%2526rs%253dja-JP%2526ad%253dJP%2526fromAR%253d1%2526s%253d1%2526auth%253d0%26hurl%3DvNZtVdeuXwPhuW8gcwfgccRUObriRk7DQnuhB1Yidcc%253d.XvDTHWcAIOI0RpAsMmEEx1FodloSPGvnxN%252b6YY6iFeY%253d%26ipt%3D0&lc=1041&id=290950&lw=1&fl=easi2&cbcxt=101___Type_mux
2.サインインしてください。

***重要***
 次の手順3で、オレンジ色の[インストール]をクリックしないでください。
**********

3.下記のページのような表示になるはずです。
http://www.ka-net.org/blog/wp-content/uploads/Office_365_Solo_03_01.jpg
4.オレンジ色の[インストール]ボタンの左列に[言語とインストールのオプション]という青い字の表示があるはずです。この[言語とインストールのオプション]をクリックしてください。

***重要***
 次の手順5で、オレンジ色の[インストール]をクリックしないでください。
**********

5.下記のページのような表示になるはずです。
http://blog-imgs-83.fc2.com/b/i/l/billyboy/20150927_office365_003.jpg
6.青い字の[追加のインストールオプション]をクリックしてください。
7.下記のページのような表示になるはずです。
http://blog-imgs-83.fc2.com/b/i/l/billyboy/20150927_office365_004.jpg
8.[Office-32ビット (推奨)]と表示されているドロップダウンリストをクリックして、展開したリストの[Offcice-64ビット]をクリックしてください。
9.[インストール]をクリックしてください。
10.後はインストーラーの指示に従ってインストールを進めてください。
11.インストール完了後、[Word]もしくは[Excel]を起動させて、初回の認証を行ってください。

<太田>

 全部目出度く完了しました。
 なお、Lunascape、Epsonにインストールできました。
 古いバージョンをインストールしようとしたので、注意喚起表示が出たのでしょう。
-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 悪夢の音楽の5回目です。

Jean-Baptiste Lully(注a) Atys(1676年初演)(注b) 指揮:William Christie オケ:?
Atys Bernard Richter tenor
Cybele (Cybele) Stephanie d’Oustrac mezzo-soprano
Sangaride Emmanuelle de Negri soprano
Celenus ICelenus) Nicolas Rivenq baryton
Idas Marc Mauillon baryton
Doris Sophie Daneman
Melissa (Melisse ) Jael Azzaretti soprano
The God of Sleep (le Sommeil) Paul Agnew tenor
Morpheus (Morphee) Cyril Auvity tenor
Time (Le Temps) and the God of River Sangarius ( le fleuve Sangar ) Bernard Deletre bass-baritone
Flora (Flore) Elodie Fonnard
Iris Rachel Redmond
Melpomene Anna Reinhold
A Zephyr (Zephir ) Francisco Fernandez-Rueda tenor Renoud Van Mechelen tenor
Phobetor (Phobetor ) Callum Thorpe
Phantasmus (Phantase) Benjamin Alunni
A Baneful Dream Arnaud Richard
“L’impresario” Olivier Collin
Alecton, Maitre de ceremonie Jean-Charles di Zazzo
Atys Bernard Richter tenor
Cybele (Cybele) Stephanie d’Oustrac mezzo-soprano
Sangaride Emmanuelle de Negri soprano
Celenus ICelenus) Nicolas Rivenq baryton
Idas Marc Mauillon baryton
Doris Sophie Daneman
Melissa (Melisse ) Jael Azzaretti soprano
The God of Sleep (le Sommeil) Paul Agnew tenor
Morpheus (Morphee) Cyril Auvity tenor
Time (Le Temps) and the God of River Sangarius ( le fleuve Sangar ) Bernard Deletre bass-baritone
Flora (Flore) Elodie Fonnard
Iris Rachel Redmond
Melpomene Anna Reinhold
A Zephyr (Zephir ) Francisco Fernandez-Rueda tenor Renoud Van Mechelen tenor
Phobetor (Phobetor ) Callum Thorpe
Phantasmus (Phantase) Benjamin Alunni
A Baneful Dream Arnaud Richard
“L’impresario” Olivier Collin
Alecton, Maitre de ceremonie Jean-Charles di Zazzo
https://www.youtube.com/watch?v=i3FUARvnau0

(注a)1632〜87年。イタリア生まれのフランスの作曲家、器楽演奏家、舞踏家。キャリアの大部分をルイ14世の宮廷音楽家として送った。
https://en.wikipedia.org/wiki/Jean-Baptiste_Lully
(注b)オウィディウス(Publius Ovidius Naso(英語ではOvid)。BC43〜AD17年)の長編詩『祭暦(Fasti)』を脚色した初期のフランス・オペラ。パリの市民の間では不評だったが、ルイ14世が高く評価したので、国王のオペラと呼ばれている。
https://en.wikipedia.org/wiki/Atys_(Lully)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9
https://en.wikipedia.org/wiki/Fasti_(poem)
 文字通り悪夢に悩まされる話。(ガーディアンの元記事のコラムニスト)

(続く)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#8074(2015.12.5)
<西沢淳男『代官の日常生活』を読む(その9)>

→非公開