太田述正コラム#7999(2015.10.29)
<皆さんとディスカッション(続x2795)>

<太田>(ツイッターより)

 不治の病に罹っている米国の5歳の少女が、母親の、次に症状が悪化したら病院に行きたいか家に留まって天国に行きたいか、との問いかけに、天国と答える。
http://edition.cnn.com/2015/10/27/health/girl-chooses-heaven-over-hospital-part-1/index.html
 涙なくしては読めない。
 彼女の可愛い写真だけでもご覧。
 天国が本当にあったらいいなあ。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 目出度いことだが、中共チームはどうしちゃったんだろね。↓

 「世界体操、男子団体総合で日本37年ぶり「金」・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20151029-OYT1T50017.html?from=ytop_main1

 南砂諸島での米艦艇による中共「領海」航行についての、英米でのコメントは、ことごとくピンボケ。↓

 <藪蛇であり、むしろ中共軍部内及び体制内の強硬派を勢いづかせることだろう、だって。(まるっきし、中共の軍部や党内の力学を理解してないね。(太田))↓>
 ・・・I think these freedom of navigation missions may play into the hands of the hardliners in the [Chinese] military or in the regime … It will be harder for moderates in the regime to say no to People’s・・・
http://www.theguardian.com/world/2015/oct/28/china-not-frightened-fight-war-south-china-sea-uss-lassen
 <やり方が手ぬるすぎてバカにされるだけだ、だとさ。(ちゃうよ。そもそも、中共当局のやらせにオバマがつきあっただけなんだよ。(太田))↓>
 ・・・It showed just how reluctant Washington is to stand up to China for fear of provoking a crisis・・・
 Since the South China Sea was the traditional route the West used on the way to invading, China wants to make sure that eventually they can establish sea control in the South China Sea in times of conflict・・・
http://www.nytimes.com/2015/10/29/world/asia/china-pushes-back-against-us-influence-in-the-seas-of-east-asia.html?ref=world&_r=0

 米国の高校で警官が黒人女子生徒をメタメタにした上で逮捕した映像が公開されて大問題になっているが・・。↓

 <(大体からして多くの高校に警官が常駐してるってのが驚きだが、)先生は何かあるとすぐ警官に処置を委ねるってんだからひでーもんだ。(太田)↓>
 ・・・ this incident--where police force, normally reserved for criminal offenders, was used to discipline a student--is incredibly common.・・・
 <1年間に学校内で逮捕される生徒数は9万人超!↓>
 About 92,000 students were arrested in school during the 2011--2012 school year,・・・And most of those were low-level violations.・・・
 <問題なのは、その7割が黒人と中南米系であること。↓>
 In 2007, 70 percent of in-school arrests were of black and Latino students.・・・
 <特に黒人女子生徒がひどい目に遭っており、小中高で停学処分をくらう黒人女子生徒は年間12%、白人女性生徒はわずか2%。↓>
 Black girls in public elementary and secondary schools nationwide were suspended at a rate of 12 percent, compared with a rate of just 2 percent for white girls, and more than girls of any other race or ethnicity・・・
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/politics/2015/10/spring_valley_high_school_resource_officer_ben_field_s_violent_arrest_of.html

 ハンガリーは、第一次世界大戦後に領土の3分の2を奪われたところの、「トリアノン症候群」に象徴される、その歴史を通じて被害者意識の塊だとさ。↓

 ・・・Hungarians share a collective pathology known as the “Trianon syndrome.” This refers to a post-World War I treaty・・・
  At the end of the war, French and English diplomats exacted their revenge by shearing off two-thirds of what had been a large country at the heart of Europe. Hungary lost pieces of itself to Czechoslovakia, Romania, Yugoslavia, Austria, and even Italy. ・・・
 <その第一次世界大戦後、ドイツより早くファシストが席巻し、第二次世界大戦中には率先してホロコーストに血道をあげた、といったことには口を拭っている、とさ。↓>
 After the trauma of World War I and Trianon, Hungary adopted right-wing authoritarian rule well before Germany did, joined the Fascist Axis powers, and then became a willing participant in the Final Solution.・・・
http://foreignpolicy.com/2015/10/28/hungarys-500-year-old-victim-complex-nazis-habsburgs/?wp_login_redirect=0

 イラクのクルド人自治区じゃ、バルザニが大統領職に、期限が切れたのに居座っていて、それに米、土、イランが全て了解を与えていることを非難するコラムだ。↓

 ・・・Iraqi Kurdistan’s president since 2005 has been Masoud Barzani, whose family has ruled the conservative Kurdistan Democratic Party (KDP) since its establishment in 1946. Barzani was originally supposed to serve for eight years, as stipulated by the draft constitution. But a 2013 deal between the KDP and its erstwhile rival, the Patriotic Union of Kurdistan (PUK), extended his term for an additional two years. This deal was pushed through the regional parliament despite fierce resistance from the opposition and civil society, who called the extension unconstitutional. But, as of August 19, even this two-year extension has now passed — and the KDP has refused to respect the agreement. Barzani still clings to the presidency. His recalcitrance has plunged Iraqi Kurdistan into a deep constitutional crisis.・・・
 <安定が民主主義より大切なのか、と改めて米国批判。(その通りだよ。オバマはそこがブッシュよりマシなんだわさ。(太田))↓>
 ・・・the United States, Turkey, and Iran -- support the unconstitutional extension of Barzani’s term. These countries claim that this bolsters the fight against the Islamic State and will provide stability in Kurdistan and Iraq. For them, it seems, “stability” is more important than democracy.・・・
http://foreignpolicy.com/2015/10/28/kurdistans-democracy-on-the-brink/

 ボスニア・ヘルツェゴヴィナでセルビア系が分離独立を画策していて、その背後にロシアがいることを非難するコラムだ。
 (いや、むしろ、それをやらなきゃ、旧ユーゴスラヴィアの解体は完了しないんじゃないのかなあ。(太田))↓

 After 20 years of peace, Republika Srpska threatens to tear apart the agreement that has held Bosnia together. The West must stop it.・・・
http://foreignpolicy.com/2015/10/26/war-break-out-balkans-bosnia-republika-srpska-dayton/

<太田>

 「仙台オフ会(2015.10.24)次第」(その1〜5)(未公開)を読んだ読者はお分かりのように、このオフ会でのやりとりの中でも、中共の対日攻勢についての私の説そのものに対する疑問、批判は提示されなかった。
 しかし、本当に、疑問、批判の余地がないのなら、私の説が絶対少数説、ちゅうか、世界中で一人だけの説、であり続けているはずがなかろう。
 だから、先日、呼びかけたように、この説に対する疑問、批判を寄せてくれるよう、再度、諸君にお願いしておく。

 さて、12月の東京オフ会の実施要領を決めたので、ご披露をしておく。
 世界史に名を残したいというツワモノでも、面白そうだくらいの軽いノリの軟弱男女でも、誰でもいいから、ふるってご参加を。
 USさんに、太田HPへのアップ、及び、申込フォームの作成をしていただいたが、改めて御礼を申し上げておきたい。

東京オフ会 2015年 12月26日(土)14:00〜22:15
場所 大田区の太田の自宅(最寄駅は西馬込。出席者に詳細開示)
会費 500円 当日徴収

一次会(日露百年戦争勝利記念祝賀会)
14:00
机等の準備・参加受付
14:15
講演 「日露百年戦争勝利までを振り返って」を予定
15:15
自己紹介
休憩
質疑応答
・・途中で帰るのは自由
(ソフト飲料付。第三のビールを@100円、コーヒー(豆挽を含めセルフ)を@70
円で希望者に提供)

二次会(忘年会)(追加的会費不要)
18:00(目途)
参加者は、各自、自分用のおかずと飲み物を持参。西馬込駅から太田宅に向かう
途中のコンビニ2か所(どちらもセブンイレブン)ないしスーパー(キタム
ラ)・・全て左側・・で購入してくることを推奨。
太田宅の冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ等使用可。お湯、氷は提供。
白飯、食パンも提供。
22:15 お開き・机等の後片付け
・・途中で帰るのは自由

申し込みは下掲から。
http://www.ohtan.net/meeting/

政治ブログランキング 政治ブログ村ランキング コメント→安全保障の掲示板