太田述正コラム#7991(2015.10.25)
<皆さんとディスカッション(続x2791)>

<bonkers_blunder>(ツイッターより)

 横須賀など都市に原子力発電所を作るのはやはり難しいのではないでしょうか?(小規模原発なら可能?)→都市に原子力発電所の立地は可能か?
http://www.ne.jp/asahi/ma/ru/energy/toshini.html
 米軍には基地でも原子力でも何でも好き放題させてるのにおかしいですが…。

<太田>(同上)

 あちゃー、ギャグをまともに受け取らないでくださいね。

<bonkers_blunder>(同上)
 
 恥ずかしい限りです…。

<太田>(同上)

 現在<(24日夜)>帰りの新幹線内。ディスカッションを車内からアップする予定。
 但し、有料読者には、私のミスにより、本日分の2コラムを本日中には送付できない。
 本日の仙台オフ会は、私を除き、1次会は8名、2次会は7名集まる。
 (うち、2次会だけの出席者1名)。
 たった一人で幹事を務めたY氏に心から感謝。

 「オバマ… に接したことがある政府高官らは「オバマ氏は軍を動かすのをいやがる」と語る。なぜなら、たいていの問題は、話せば何とかなると思っているからだ。…」
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO93226400V21C15A0PE8000/?dg=1
 モチ間違い。
 過去の米国の軍事介入が世界にもたらした惨禍を心から恥じてるからさ。

<wUxESajg>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「「週刊新潮」は10月29日号で、司法試験考査委員を務める憲法学者で早稲田大の中島徹教授(60)が「教え子に破廉恥メール」と題したスクープ記事を報じた。」
http://www.sankei.com/affairs/news/151023/afr1510230008-n1.html
 憲法学なんかイラネ。

<fz01EJgg>(同上)

 「高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった・・・
 「自衛隊」と他の国の「軍隊」は、見た目はほとんど同じだ。しかし、実はその中身は大きく異なっている。
 意外と見落としがちなのが、法制度面における違いだ。諸外国の軍隊は、戦争という非常事態を想定した組織となっており、通常の行政機関とは異なり、法律の外で活動することが認められている。ところが自衛隊は戦時活動を想定していないため、他の行政機関や民間機関と同じように平時に即した法規制を受けている。」
 (中略)
 かつての防衛庁は、買い物官庁と揶揄されてきた。それは戦車や戦闘機などを買うことだけが仕事だという意味だ。軍隊のハードウエアさえ揃えて、軍隊らしくみえればそれでいいということだ。
 通信の問題を放置するのも「買い物官庁」の意識が抜けていないからだろう。「どうせ戦争なんて起こるはずがない」という楽観主義が覆う中で、国防を全うできるのか、甚だ疑わしい。
 これは防衛省だけの問題ではない。すぐれて政治の問題といえるだろう。政治こそが、より大きな視点から防衛省・自衛隊を縛る規制の撤廃を提起するべきだ。
 本来安保法制の前に、軍隊と同じことができない自衛隊を縛る法制度や規制を撤廃することを行うべきだった。作業は膨大だが、憲法の解釈の変更が必要でもなく、基本的に既存の法律に「ただし自衛隊は除く」と書けばいいだけである。」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151021-00088753-toyo-bus_all

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。
 まず、昨日分から。


 対日統合失調症戦略を苦心惨憺して継続している我らの習ちゃん。↓

 「国連総会の第1委員会で22日、大量破壊兵器の討論があり、中国は第2次世界大戦中の旧日本軍による化学兵器などの問題を取り上げ、「人類史で最も野蛮で残虐な記録だ」と批判した。・・・
 旧日本軍は化学兵器を「中国で1131回以上使った」と、細菌兵器については「民間犠牲者は120万人に達し、広島と長崎の原爆犠牲者の4倍だ」と主張した。・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASHBR2J8CHBRUHBI00C.html?iref=comtop_list_int_n02

 中共が孔子賞を、カストロ、プーチンらに引き続き、今年は、何と、ムガベに与えた、として、非難するコラムだ。
 (孔子に対する冒涜だっちゅうんだけど、それはともかく、欧米秩序(過去の植民地主義を含む)に対する異議申し立て、ということでは一貫しとるんじゃねーの?(太田))↓

 Confusion over Confucius? Zimbabwe's Mugabe nets Chinese peace prize Since 2010, China has given an annual award to recipients such as Fidel Castro and Vladimir Putin, in an apparent riposte to the Nobel Peace Prize. ・・・
http://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2015/1023/Confusion-over-Confucius-Zimbabwe-s-Mugabe-nets-Chinese-peace-prize

 中共にすり寄る英国政府を批判したコラムだ。
 過去の大国は、政治や経済の力が落ちた時こそ、価値や社会資本で勝負しなきゃいけないのに、後者を投げ捨て前者を追求した、とさ。
 (いや、新興大国の中共の後者を評価したってことだろ。(太田))↓

 ・・・If your political and commercial output is declining, values and social capital are exactly what you should be trading as a key part of your assets, because they are going to become the only exclusive product that you have to offer. This debate is therefore not about whether Britain should or should not maximize its trade with China. That’s a red herring with five stars. It is about whether boosting foreign trade requires more rather than less consideration of non-economic issues.
http://foreignpolicy.com/2015/10/23/china-britain-trade-uk-xi-jinping-cameron-nuclear-investment/

 国連の中核たる安保理の機能不全には、中露だけじゃなく、米国の手前勝手な拒否権行使にも責任がある、とさ。
 (パチパチ。(太田))↓

 ・・・The Security Council veto has also been used by the United States and Britain in the 1980s to protect apartheid South Africa and in 2006 by the United States to delay a cease-fire in Lebanon during a conflict that resulted in more than 1,000 deaths. More recently, the threat of the United States’ veto made futile any hopes of passing a resolution during the 50-day-long conflict in Gaza in which more than 2,000 Palestinians died.・・・
  ・・・the hypocrisy of the United States, in wielding the threat of veto to shield its own forces — and those of its close allies — from accountability gives cover for Russia and its bad behavior. ・・・
http://foreignpolicy.com/2015/10/23/the-united-states-hamstrung-united-nations-mission-crimes-humanity-syria-russia/?wp_login_redirect=0

 セックスを、時期を選ばず励行する女性は、免疫システムに影響を与え、妊娠しやすいんだって。↓

 ・・・the more frequently a woman engages in sexual activity, the more often her immune system gets the message that it’s time to reproduce,・・・
http://well.blogs.nytimes.com/2015/10/22/a-sexually-aware-immune-system/?hpw&rref=health&action=click&pgtype=Homepage&module=well-region®ion=bottom-well&WT.nav=bottom-well&_r=0

 本日分はありませんでした!

<K.K>

 太田さん、お久しぶりです。オフ会お疲れさまでした。

 <事故に遭って、>ひと月前に退院したのですが、腰が痛く座れない状態でインストール手順を書くのが延び延びになってしましました。
 DELLパソコンのWindows10インストールの手順(添付ファイル)を送付いたします。お時間のある時に行ってください。

 下記の点を頭の片隅においてください。
 ・Windows10をクリーンインストールする為には、一度アップグレード(上書き)インストールする必要があります。
 ・アップグレードインストールを行いライセンス認証されれば、Windows10の無料アップデートの権利は確定します。
 ・アップグレードインストールの状態で使用することも可能ですが、太田さんのパソコンの使用状況を考慮しますと、EpsonパソコンよりDellパソコンの方が長持ちする可能性もありますので、クリーンインストールを行うことを推奨いたします。
 ・Dellパソコンをクリーンインストールまで行えば、他のパソコンをアップグレードインストールで済ませるかクリーンインストールまで行うかの判断の基準になるだろうと思います。
 ・Windows10のインストールは、問題がなければ、極めて簡単です。面倒なのは、アプリケーションの再インストールです。
 ・添付ファイルは7つのファイルで構成されています。すべてのファイルを一日で終わらせる必要はありません。
 ・各ファイルの操作を行うのに要する時間は、おおよそ30分から1時間です。
 ・すべてのファイルの操作を行うのに必要な時間は、トータルで5・6時間であろうと思います。
 [添付資料群:省略]

<太田>

 くれぐれも無理をなさらないように。
 全く別件ですが、ある、不要なwordファイルが削除できなくなっています。
 (恐らく、コマンド・プロンプト状態でなら削除できるのでしょうが、そもそも、どうやってその状態に入るのかも忘れてしまいました。)
 削除方法を教えていただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7992(2015.10.25)
<仙台オフ会(2015.10.24)次第(その2)>

→非公開