太田述正コラム#7859(2015.8.20)
<皆さんとディスカッション(続x2725)>

<太田>(ツイッターより)

 「中露海軍が初めて日本海で合同演習、実戦に即した内容…」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0819/c94474-8938564.html
、「日本経済「マイナス成長」・・・中国依存が強まる…」
http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%b5%8c%e6%b8%88%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e6%88%90%e9%95%b7%e3%80%8d%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e4%be%9d%e5%ad%98%e3%81%8c%e5%bc%b7%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%9d%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2/ar-BBlRc9T?ocid=iehp
 尖閣を敬遠して南シナ海、次いで日本海で日本を兆発、他方で経済面では猫なで声で日本を誘う。
 脚本通りの曲芸的対日政策を続けつつ、近々安倍チャンとも会う習ちゃん。
http://mainichi.jp/select/news/20150818k0000m010157000c.html
 だけど、前の話なんて日本の主要メディア報じもしないし、後の話も天津での大爆発みたいな「地政学的」リスクがあるんじゃ日本企業もびびるよな。

<Qz4tP6kE>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

「茶色の過去」を直視せよ ドイツ企業の10年
戦後70年と企業(3)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90363770Q5A810C1000000/

この記事、ドイツ人が過去を直視する姿勢を、日本人も参考にしようってことなんだろうけどさ、4ページ目のロジックがどうもわからんのよ。

「ナチスは階級社会の廃止や中低所得者に手厚い財政・経済政策を提唱していたため、「ドイツ軍高官や高級官僚、職業外交官などエリート層は、内心ではナチス党を嫌っていた」というのがこれまでの通説だった。だが最近の調査でドイツ軍も官僚もナチス党に積極的に協力していた「犯罪組織」だった事実が暴露された。」

階級を廃止しようとしたり、中低所得者に手厚くしたりしてさ、そういう政党をさ、ドイツのエリートが支持してたってことで、なんかいい話みたいになりそうなのに、それを犯罪扱いすると、
なにがどう暴露で、何が悪いのかなんだかもうわけわからんね。
 ドイツは何をしようとしてるのかね? 
 この記事を書いた日本人はわかってるのかなあ?

<Qz4tP6kE>(同上)

前回の「資本主義とポスト資本主義」のシリーズには感動した。
ただ、感動を分かち合えそうな人が身近に誰もおらず、残念無念。
唯一、分かって貰えそうな研究者の友人がいるので、<3か月半>月後の公開を待ってから、読んでもらってみようかと思います。

<xZXvRCmM<(同上)

>前回の「資本主義とポスト資本主義」のシリーズには感動した。

 そう?
 どんなとこに感動したの?
 最近じゃ、「株式会社という制度自体が野蛮である」(コラム#7822(未公開)。太田)ってのの方がオモロかったけどね。

⇒なら、キミもその理由を書かにゃあ。(太田)

><3か月半>後の公開を待ってから、読んでもらってみようかと思います。

 コピペしてメールで送ったら?

</nS/cuR3>

 中国・天津での大規模爆発で、国営中央テレビ(CCTV)は17日夜、現場に出動した消防幹部の話として、爆発の起きた付近の大気から化学兵器のひとつ、神経ガスの成分が検出されたと伝えた。

 ・・・香港紙、文匯報(電子版)によると、北京公安消防総隊の幹部は、「シアン化ナトリウムと神経ガスの2種類の有毒な気体が前日に続き検知されている。指標としては最高の値だ」と語った。・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000516-san-cn
 
 化学兵器を密かに作ってた?

 化学兵器禁止条約
 ・・・1925年1月1日以降に他国領域内に同意なく遺棄した化学兵器についても廃棄処理を行うこととされており、遺棄国に処分に必要な費用や技術の提供を義務付けている。・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%B5%E5%99%A8%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84

 遺棄化学兵器問題
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E6%A3%84%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%B5%E5%99%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C
 遺棄化学兵器処理事業で、中国に60兆円ばら撒き。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b64d2d741d9e5f3dc04e881947f3a821

 もしそうだとすれば、日本政府はこの件でも中共にアッサリ騙された事になる。

<太田>

 関連記事だ。

 天津爆発事件は、中共の市民社会の組織や活動を抑圧する統治モデルにある。
 (間違い。人間主義の欠如にある。(太田))↓

 ・・・this tragedy shows the shortcomings of China’s governance model, a key component of which is regular trimming of civil society organizations and activists.・・・
http://foreignpolicy.com/2015/08/19/china-tianjin-explosion-corruption-civil-society/

 累次事案でいつも当局は責任回避、だが、今回は責任を認めた。↓

 ・・・ The mayor of the northern Chinese city where huge explosions killed more than 100 people last week took responsibility for the disaster on Wednesday, as the authorities sought to contain growing public anger about the accident. Mounting evidence has suggested that political malfeasance and rampant safety violations played significant roles in the accident.
 “I bear unshirkable responsibility for this accident as head of the city,” said Huang Xingguo, the mayor and acting Communist Party secretary of the metropolis, Tianjin, in his first news conference since the blasts at a chemical warehouse on Aug. 12. ・・・
 <倉庫会社が違法行為をやっていたと新華社が報道。↓>
 Xinhua news agency reported that two major shareholders in Rui Hai had admitted to using their political connections to gain government approvals for the site, despite clear violations of rules prohibiting the storage of hazardous chemicals within 3,200 feet of residential areas.・・・
 ・・・the sight of Mr. Huang accepting responsibility on Wednesday seemed to reflect a revision of crisis management, coming after a series of news briefings in which officials refused to answer reporters’ questions, creating outrage.・・・
 <北京の一市民いわく、いくら癌の摘出手術をしたって、根本的治癒はできない。(その通り。(太田))↓>
 “The corruption is like cancer, and we are a patient at a late stage,” said Wang Baoshun, 36, who owns a newsstand in central Beijing. “You can have a few surgeries, but you won’t be able to get rid of it for good.”
http://www.nytimes.com/2015/08/20/world/asia/tianjin-china-explosions.html?ref=world

 これぞ、人間主義の欠如の現れ。↓

 「ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国ーー危険物の安全軽視は天津の倉庫だけではない…」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/258513/081900010/?n_cid=nbpnbo_mlp&rt=nocnt

 それでは、その他の記事の紹介です。

 予想通り、産経が、今般の首相談話を全面的に賛美するコラムを載せたな。↓

 <その結果、歴史を完璧に歪曲して振り返ってしまった安倍チャン。(太田)↓>
 「「歴史の教訓に学び、未来を望」む、というのは20年前の村山談話にも語られた、或(あ)る意味で当然の心得ですが、ここで大切なのは、「歴史の教訓」を正しく引き出すには歴史を正確に振り返らなければならない、ということです。 その点に関しては、ただ単に、わが国が「国策を誤り、戦争への道を歩ん」だとしか述べていない村山談話は、ややお粗末であったと言わざるをえない。
 これに対して、今回の安倍談話は同じく「歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければ」ならないと語った上で、その「戦争への道」をきわめて正確に描き出しています。わが国が国際社会に参入した19世紀以来の世界の歴史の流れはどうであったか。その中で日本はいかなる課題に直面したのか。それをしっかりと見つめた上で、日本が「挑戦者」としての立場を「力の行使」によって切り開いていこうとしたところに「誤り」を見いだしています。
 <「右」の心ある諸君、それでもって「十分に納得」しちゃったのかい?
 そこまで、自民党/産経・安倍チャンのオトモダチ、にバカにされて平気なのかい?(太田)↓>
 この反省は十分に納得のゆくものと言えますし、またそこから導き出される「歴史の教訓」、ことに「力の行使」による現状変更への戒めは、わが国のみならず世界中の人々に役立つ「未来への知恵」にほかなりません。その意味で、今回の談話は村山談話をさらに充実、発展させたものであると言うことができるでしょう。
 <話は逆で、これで、未来永劫、謝罪を続けなきゃならなくなったんだよ。(太田)↓>
 しかし、ここには更に重要な、まったく新しいメッセージが語られています−「私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
 この言葉にとまどった人も多かったことでしょう。なにもわれわれは好んで謝罪し続けているわけではない。繰り返し謝罪を要求し続けてくる隣人たちをどうすればよいというのか…。
 <そりゃ確かに「難問」だよ。解けるワケないもんな。(太田)↓>
 しかもこの談話はすぐに続けて「私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければ」ならないとも語っています。隣人たちの謝罪要求を「時効だ!」と突っぱねるようなことが推奨されていないのは明らかです。いったいこの難問をどうしたらよいのか。
 <「愛語」=人間主義、だが、人間主義でもって、ひどい目に遭ったのが先の大戦だったんだぜ。また、ひどい目に遭いたいということね。(太田)↓>
 真の平和のためには「謝罪」の精神風土を脱する必要があり、さらにそのためにはわれわれ一人一人が「愛語」を実践していかなければならない、ということになります。今回の安倍談話は、そうした途方もなく大きな宿題をわれわれにつきつける「未来志向」の談話なのです。・・・」
http://www.sankei.com/politics/news/150820/plt1508200004-n1.html

 スゲエ、トンデモナイ話だわ。↓

 「・・・五輪エンブレムのロイヤリティは、4〜5%らしい。それで計算すると、様々なシーンで使用され、グッズにも使用されると、総額で200億円くらいがデザイナーの懐に入るとか。
 そりゃ、辞められないね。この儲けをパァにはしたくないだろう。・・・」
http://blogos.com/article/128950/
 <二股かけるコラムニストも出現。↓>
 「・・・ピンタレスト・・・「見ていない」発言は誤解・・・
 「乗っ取りを未然に防止するために退会」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/10484887/
 <でもやっぱ佐野研ちゃんは死に体アル。↓>
 「パナソニックなど東京五輪パートナー企業が次々に佐野氏デザインのエンブレムを自社サイトから撤去・・・」
https://netatopi.jp/article/1000667.html

 このコラム面白かったが・・。↓

 「毛利元就の美談「3本の矢」はウソだった?毛利家の秘められた衝撃の「真実」・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%af%9b%e5%88%a9%e5%85%83%e5%b0%b1%e3%81%ae%e7%be%8e%e8%ab%87%e3%80%8c3%e6%9c%ac%e3%81%ae%e7%9f%a2%e3%80%8d%e3%81%af%e3%82%a6%e3%82%bd%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%9f%e6%af%9b%e5%88%a9%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%a7%98%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e8%a1%9d%e6%92%83%e3%81%ae%e3%80%8c%e7%9c%9f%e5%ae%9f%e3%80%8d/ar-BBlT19V?ocid=iehp#page=2
 <しかし、最後の挿話(読んでね)の説明は誤り。(太田)↓>
 「<毛利>輝元に代わって秀就が当主となった。しかし幼年のため、幕府からは輝元と共同での藩主と見なされていたようで、政務は秀元が行なった。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E7%A7%80%E5%B0%B1
 <ついでに出っくわした下掲も面白かったが、典拠が司馬遼太郎ってんでズッコケたでー。(太田)↓>
 「輝元は<関ヶ原での>責任を問われ周防国・長門国(長州藩)に減封された。
 長州藩士はこの時、毛利家と共に防長二州に転じた毛利家の家臣をルーツに持つといわれる。彼らは元来が広島県-安芸・備後を本拠としたために非常に結束が固かった。輝元はかつての膨大な人数を養う自信がなかったので「ついて来なくてもいい」と幾度もいったが、みな聞かなかった。家臣のうち、上級者は家禄を減らされて萩へ移ったが、知行も扶持も貰えない下級者は農民になり山野を開墾した。幕末、長州藩が階級・身分を越えて結束が強かったのは、江戸期に百姓身分であった者も先祖は安芸の毛利家の家来であったという意識があり、それが共有されていたためともいわれる。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E6%B0%8F

 サウディアラビアが地方選挙で女性にも選挙権を与えた。
 (ま、イスラム世界には、いかなる期待もしない方がいいな。(太田))↓

 Women in Saudi Arabia are registering to vote in nationwide local elections for the first time in the history of the country. ・・・
 <でもまだ、自動車の運転は許されていない。↓>
 “Let’s not forget that Saudi Arabian women won’t actually be able to drive themselves to the voting booths as they’re still completely banned from driving.
 <旅行も、有給の仕事に就くことも、高等教育を受けることも、男性たる保護者の許可なく結婚することも、認められていない。↓>
“They are still unable to travel, engage in paid work or higher education, or marry without the permission of a male guardian.”
http://www.csmonitor.com/World/Global-News/2015/0819/Saudi-women-register-to-vote-for-the-first-time-ever

 中東では風紀政策が軍事政権やイスラム原理主義者の双方の支持を得ている、とさ。↓

 ・・・“respectability politics” has the power to unite military regimes and religious zealots alike.
 <女性が解放的な着衣を纏ったり(同性愛者とみなされたり)すると逮捕される。↓>
 We will truly be free only when morality and decency no longer depend on policing the length of a woman’s skirt, criminalizing suggestive videos or trapping vulnerable groups with the catchall of debauchery accusations. What is more indecent: torture, beheadings, car bombs and mass incarceration — or a glimpse of a woman’s skin?
 <かかる風紀諸法令は撤廃せよ。↓>
 The reality is that we are all in chains so long as we punish those whom society judges “debauched” and “deviant.” It is time to rid the Middle East’s penal codes of these morality laws that serve only the hypocrites and misogynists.
http://www.nytimes.com/2015/08/20/opinion/mona-eltahawy-the-middle-easts-morality-police.html?ref=opinion&_r=0

 パルミラの可動考古財物の隠した先を白状しなかった、パルミラ学の碩学が、Isisによって、首を切られて晒し者になっている。↓

 Islamic State militants beheaded a renowned antiquities scholar in the ancient Syrian city of Palmyra and hung his mutilated body on a column in a main square of the historic site because he apparently refused to reveal where valuable artefacts had been moved for safekeeping.・・・
http://www.theguardian.com/world/2015/aug/18/isis-beheads-archaeologist-syria

 スロヴァキア政府が、キリスト教徒以外の難民は受け容れないと宣言。↓

 ・・・Slovakian Interior Ministry spokesman Ivan Metik now insists that Slovakia will only accept Christian arrivals to the Eastern European nation. And he warned this week that Muslims should not move to Slovakia because they will not easily integrate with the country’s majority Christian population.・・・
 <そもそも、大量難民発生の原因である、例えば、リビア空爆、にスロヴァキアは関わっていないとも。↓>
  Slovakian Prime Minister Robert Fico told・・・last week that Slovakia wasn’t responsible for the migrant crisis and didn’t want to bear its burden.
“Who bombed Libya?” Fico said. “Who created problems in North Africa? Slovakia? No.”
http://foreignpolicy.com/2015/08/19/slovakia-to-eu-well-take-migrants-if-theyre-christians/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7860(2015.8.20)
<ヤーコブ・フッガー(その1)>

→非公開