太田述正コラム#7607(2015.4.16)
<皆さんとディスカッション(続x2599)>

<太田>(ツイッターより)

 「日本政府、AIIB対処方針をほぼ確定 参加へ一歩前進か…6月、中日両国の財務大臣対話が北京で開かれる。…日本はこの会議でAIIB参加の問題について態度をはっきりさせるのだろうか。期待が高まっている。」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0415/c94476-8878516.html
 中共当局は熱烈歓迎ムードだねえ。

<太田>

 関連記事2つ。

 ホント、日本政府は世話やけるよ。↓

 「AIIB、独首相が日本の参加要請…電話会談で・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150416-OYT1T50064.html?from=ytop_top

 韓国がTPPへの参加表明を米国に行ったが、米国が、合意目前で議会との関係も微妙な今は止めてくれと拒否。↓

 South Korea has formally asked to join the 12-nation Trans-Pacific Partnership trade deal, which is finally beginning to make some progress in Congress, but the United States has told it to wait until the pact is agreed on. ・・・
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/south-korea-asks-to-join-pacific-trade-deal-washington-says-not-so-fast/2015/04/15/85d7396a-e39e-11e4-ae0f-f8c46aa8c3a4_story.html

<A.Aq4Pv2>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「パイロットとは接触できておらず、居場所も把握していないという。」
http://www.asahi.com/articles/ASH4H3Q73H4HUTIL00Q.html
 「乗務員が誘導する様子は見られず、やがて開いたシューターを使い、乗客が助け合って脱出した。」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150415-OYT1T50056.html?from=ytop_top

 パイロットぐらい、身柄を確保せんかいww。
 韓国は海も空も陸も、いつもこんな調子が日常なんやろうなぁ。
 これで、また日本人観光客が減るぞ。

<yms2dZ2w>(同上)

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12014919393.html
 韓国人から日本へのエール。
 「...単に集団的自衛権だけでなく、「戦後レジームからの脱却」というもっと大きな目標から見ると、最終的に乗り越えなければならない「ラスボス」は、むしろアメリカ、もっと広く考えると連合軍陣営の国々です。...」
 日本人よりも韓国人の方が状況良く解ってんだなぁ。

<太田>

 関連記事だ。

 「仇敵」産経新聞の記事を使って間接的に朴大統領を批判するとは、朝鮮日報もやるじゃん。↓

 「・・・産経新聞は・・・朴大統領は、閣僚や大統領府関係者と意思疎通ができないという意味で『不通大統領』と呼ばれている」と書いた。また、朴大統領に対し「加藤記者が日本語で書いたコラムによって、どんな被害を受けたのか。重い処分を望んでいるのか」「改めて聞きたい。あなたは本当に『被害者』なのか」と問いかけた。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/16/2015041600595.html

<K.K>

 太田さん、プロバイダからのGmailのメール転送に関して、J:COMのページを検索してみたのですが、下記のページしか発見できませんでした。
http://support.zaq.ne.jp/cs/mail/ml_mail_fwset_01.html
 [設定]ボタンの下に[ご利用は、ケーブルモデム配下のみ可能です。]とあり、太田さんは光接続ですのでこのページではないことになります。
 私はJ:COM会員ではないので、これ以上はわかりませんので、転送を希望するようであれば、サポートに問い合わせてみてください。

 個人的な見解ですが、転送は行った方がよいと思います。Thunderbirdの登録アカウントを[ohtan.net@gmail.com]一つに出来る、Thuderbirdの設定を他のPCにコピーする手間が省ける、という利点があります。

<太田>

 アドバイスに感謝します。
 しかし、万一G-Mailがダウンした場合の代替として、現在のままにしておきたいと思います。
 理論上は、ダウンした時に、G-Mail経由を解除すればいいんでしょうが・・。
 それに、インターネットに詳しくない旧JCNたるJ:COMにその類のムツカシイ設定の仕方を聞くことを考えただけで疲れちゃいます。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 ろくでなしこ裁判をガーディアンが取り上げてるが、ガーディアンの無理解を咎めたいのは山々だが、現在の日本における猥褻観念のいいころかげんさはガーディアンの言う通りだな。↓

 <ポルノで性器にぼかしを入れてるとさ。(確かに馬鹿げてるよな。(太田)↓>
 ・・・While the country has a thriving pornography industry, its obscenity laws ban the depiction of genitalia, which usually appear pixelated in images and videos.
 <児童ポルノ漫画・アニメを禁止しない日本だとさ。(どこが悪いんじゃ?(太田))↓>
 Commentators pointed out the hypocrisy of her initial arrest, which came soon after Japanese authorities resisted pressure to ban pornographic images of children in manga comics and animated films. ・・・
 <男根は神社に祭られてるのに女陰は訴追されるとさ。(確かに!(太田))↓>
 ・・・she wants to use her art to “demystify” female genitalia in Japan, where 3D images of male genitalia draw thousands of visitors to the Kanamara penis festival at a Shinto shrine in the city of Kawasaki, near Tokyo, every April. ・・・
 <女性による性表現は男性によるそれに比べて許容度が低いとさ。(男性差別されてることの補償だわさ。(太田))↓>
 “Japan is still a society where those who try to express women’s sexuality are suppressed, while men’s sexuality is overly tolerated.”・・・
http://www.theguardian.com/world/2015/apr/15/japanese-artist-trial-vagina-selfies

 ドゥリットル隊による日本(東京)初空襲についての本の書評だ。↓

 <日本軍は報復のため、(同隊が日本の占領下にない支那の地域に着陸したので、)その一帯に三光作戦的に侵攻し、支那人25万人を殺戮した。(ホントかいね。(太田))↓>
 ・・・Japanese troops viciously attacked areas of China that they did not control to prevent future attacks, an offensive characterized by exceptional brutality toward the civilian population. Scott’s summary of the murder, arson, torture, and gratuitous savagery makes for difficult reading, even for those accustomed to the horrors of World War II. He estimates that 250,000 Chinese died during this campaign. ・・・
 <無事生還した操縦士の一人は、人間性と思いやりを示し、宣教師となり、戦後日本で宣教し、30年超の間に20超の教会を設立し、真珠湾攻撃に参加した旧日本軍戦闘機操縦士も一人キリスト教徒にした。(キリスト教徒の数が増えてない以上、これ、20超の既存の教会を廃止に追い込んだというだけのことだろ。そもそも、そんな話、ハイチ人がブードゥー教を米国に宣教した、に等しい野蛮で恥ずかしーことだって、この本の著者も書評子も、夢にも思ってないんだろうな。(太田)↓>
 Scott finds evidence of humanity and grace. Jacob DeShazer, one of the four surviving airmen turned to Christianity and promised he would return to Japan as a missionary after to war. He did and eventually spent more than 30 years and started more than 20 churches. Among those he converted and baptized was Mitsuo Fuchida, the famed Japanese fighter pilot who led the attack on Pearl Harbor. ・・・
http://www.csmonitor.com/Books/Book-Reviews/2015/0415/Target-Tokyo-offers-a-gripping-retelling-of-the-Doolittle-raid-complete-with-new-detail

 19世紀のNYは、口では綺麗ごとを吐きながら、奴隷貿易と奴隷工業の中心として繁盛したが、そのことをいまだに直視していないとさ。↓

 ・・・while Southern cities like Charleston, South Carolina, unequivocally supported slavery and New England ones like Boston thoroughly opposed it, New York was probably the most ideologically conflicted urban center in the nation. Jackson surmised that New York’s complicity in the slave trade remains an “unpleasant topic” to this day. ・・・
 <早くも、1697年に、市当局は、黒人の墓を(白人)居住区につくることさえ禁じた。↓>
 ・・・. In 1697, the British masters of New York forbade the burial of blacks in the cemetery of Trinity Church. African burials were conducted outside the settlement’s limits, in what would come to be known as “Negros Buriel Ground.” After the burial ground was closed in 1794, it was covered up, and the city grew above it.
 <19世紀のNYは、チャールストンに続いて奴隷人口の多い都市だった。↓>
 We rarely think of New York as a slaveholding city, but it had more slaves than any other city except Charleston. Foner writes that on “the eve of the War of Independence...some 20,000 slaves lived within 50 miles of Manhattan island, the largest concentration of unfree laborers north of the Mason-Dixon Line.” Brooklyn was even worse than Manhattan: In 1771, one-third of its population was slave.・・・
http://www.newsweek.com/2015/04/24/new-york-city-would-really-rather-not-talk-about-its-slavery-loving-past-321714.html 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7608(2015.4.16)
<『大川周明--アジア独立の夢』を読む(その11)>

→非公開