太田述正コラム#7567(2015.3.27)
<皆さんとディスカッション(続x2579)>

<太田>(ツイッターより)

 「「女性の権利」よりも「母親の権利」が重要視される日本…」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0326/c94473-8869046.html
 殆んど私の女性優位社会日本論に到達している。
 これは、いかに、私に勝るとも劣らないくらい、中共当局が日本を懸命に研究しているかを示すものだ。」
 「…日本人は文化の多様性に対して非常に寛容だ。」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0326/c94473-8869012.html
といった具合に讃嘆措く能わぬ日本をとことん解明し、理解しなければ、日本文明の核心である人間主義の継受などできない、と臍を固めているのだろう。
 日本人に書かせた軽い話題もどーぞ。
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0326/c94473-8869193.html

<太田>

 関連記事だ。
 中共当局筋による、上の冒頭のよりほんのちょっとクオリティの低い、日本解明・理解の試みだが、引用者たる日本人のコメントが秀逸。↓

 「国営新華社系のニュースサイト新華網は24日付で「毎年3月末から4月初旬にかけて、東京の全域が、鮮やかに輝く桜の雲で覆われ る」として、「日本人はなぜ、そこまで桜を愛するのか」と題する記事を発表。同記事は日本人の「もののあわれ」や「武士道」、「大和心」にも言及した。・・・
 上記記事の筆者は「武士と犬死」については誤解している可能性がある。出典は江戸時代中期の書物である「葉隠」と見られるが、同書は、武士として死ぬべき時に、「犬死にとなるのでは」と心配することを「思い上がり」と否定している。
 ただし中国では多くの場合、日本の武士道を「軍国主義の根源」として強く非難するが、上記記事は武士道を否定していない。逆に、日本人の桜を愛する心情を 武士道の人間観と関係づけ、さらに日本人の団結力に結びつけて論じている。桜と絡めて日本人の考え方を中立の立場で解説していると言える。
 記事が論じる桜と墓地の関係については、西行の「願わくは花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃」の歌を下敷きとしたと思われる。」
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/sech-20150326-20150326_00079/1.htm

<太田>(ツイッターより)

 米軍の近接航空支援の前提は、シーア派民兵に手を引かせイラク政府軍だけでティクリットのIsis掃討作戦を遂行することだった。
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-32074224
 こんな馬鹿げた条件をつけてティクリット廃墟化を必然にしたり、アジア投資銀への非参加を日本に命じたり、米の断末魔。

<太田>

 関連記事だ。

 シーア派各民兵は、一斉に反発し、撤退を決めたむき(のほか、中には米軍機を狙うとまで示唆しているむき)も。
 (こんな調子じゃあ、ティクリット封鎖が破れ、立てこもったIsisへの人員・物資の補給を阻止出来なくなるのでは? 結局、私が危惧したよりも、もっと甚だしい、ティクリットの砲撃や空爆による徹底的破壊を伴う形でティクリット「解放」がなされるのでは?(太田))↓

 U.S. Airstrikes on ISIS in Tikrit Prompt Boycott by Shiite Fighters・・・
 <イラク首相は、シーア派各民兵に何の相談もなく米軍に近接航空支援を求めた。↓>
 Prime Minister Haider al-Abadi・・・rushed into this decision to liberate Tikrit with the Americans without taking time to work out a compromise among all these・・・Shiite militia・・・groups and the Americans, most of whom have a lot of disputes with the Americans,・・・
http://www.nytimes.com/2015/03/27/world/middleeast/iraq-us-air-raids-islamic-state-isis.html?ref=world&_r=0

<4fvhUUYI>

≫記事内容が正確だとすると、まだまだ高価なオモチャだってことだな。↓
 「情報収集衛星、見えぬ効果 最新の商業衛星に劣る解像力・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASH3S45HTH3STLLS001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH3S45HTH3STLLS001 ≪(コラム#7565)

 解像度もさることながら、最も深刻なのは情報解析の人員と質でしょう。
 機密事項なのでデータは得られませんが、米国のおそらく万単位のスタッフに比べ日本は100人にも満たないのではないでしょうか。
 それ以上いれば周囲には何となく分る筈です。
 解像度が上がれば情報量も増えるし解析人員も増やさなければならんでしょう。

<pTLvvSYc>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 韓国、アジア投資銀に参加=創設メンバーで発言力確保
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032601001

 米国に参加すんなって釘刺されてたけど結局中国に引っ張られちゃったのか。
 参加不参加を決める権限すら無い属国日本の国民ごときにとやかく言われたか無いだろうけど。

<太田>

 関連コラムだ。

 負け「犬」の遠吠えってやつだな。↓

 「ルー米財務長官は17日、下院金融委員会の公聴会で証言し、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)を念頭に、「新たなプレーヤーが国際システムにおける米国の指導力に挑戦している」と述べ<た。>・・・」
http://www.sankei.com/world/news/150318/wor1503180036-n1.html

 北岡伸一と並ぶ自民党御用学者兼宗主国の「犬」の御高説に対する批判は、現在進行中の「『チャイナ・セブン』を読む」シリーズ(未公開)に譲る。↓

 「中国はAIIBで何を狙うのか 拓殖大学総長・渡辺利夫・・・」
  中国の膨張、日米の力量の相対的減衰をこれほど端的に示した事例は近年ない。オバマ政権の「内向き志向」、遅すぎた安倍晋三政権の登場のスキをみごとに突かれてしまったのである。かかる帰結にいたらしめた日米の指導者の自省は徹底的でなければなるまい。」
http://www.sankei.com/column/news/150327/clm1503270001-n1.html


 それでは、その他の記事の紹介です。

 とりあえず、よかったねえ。↓

 「大塚家具、久美子社長側に経営権 株主総会で決定・・・
 株主総会は約3時間10分で終了した。出席者は前年の10倍程度の200人。16万5340の議決権行使数に対し、会社提案への賛成票が61%と過半を占めた。・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD27H0C_X20C15A3MM0000/?dg=1

 国際操縦士連盟は、今次航空機「事故」の原因発表が早すぎる、と抗議。↓

 ・・・The International Federal of Airline Pilots Associations, or IFALPA, condemned the leaks of the cockpit voice recorder or CVR on Thurdsay, saying that it violated long-established practices after plane crashes, where details are kept confidential until the investigation is complete.・・・
http://time.com/3760283/germanwings-german-pilots-association/

 日航機羽田沖逆噴射墜落事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA350%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85
があった国にしちゃあ、日本の航空当局の動きはトロイねえ。↓

 「独機「意図的」墜落で世界に衝撃、航空各社が規則見直し・・・ 
 発表を受け、航空業界で最初に操縦室規則の変更を命じたのはカナダ当局だった。これにより同国航空会社は操縦室の常時2人体制を義務付けられ、即時適用された。なお、米国の航空会社の多くは既に同様の規則を導入している。
 また英格安航空イージージェット(easyJet)、ノルウェー・エアシャトル(Norwegian Air Shuttle)、アイスランド航空(Icelandair)も規則改定を発表。ドイツ航空協会(BDL)も、操縦室の常時2人体制を各社に義務付ける方針を明らかにした。・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e7%8b%ac%e6%a9%9f%e3%80%8c%e6%84%8f%e5%9b%b3%e7%9a%84%e3%80%8d%e5%a2%9c%e8%90%bd%e3%81%a7%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ab%e8%a1%9d%e6%92%83%e3%80%81%e8%88%aa%e7%a9%ba%e5%90%84%e7%a4%be%e3%81%8c%e8%a6%8f%e5%89%87%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e3%81%97/ar-AAa3Lgk?ocid=iehp#page=2
 「・・・日本の国土交通省航空局によると、国内には操縦室に2人が常駐するよう定めたルールなどはなく、トイレなどで1人が外に出た場合、一時的に1人態勢となっている。同局担当者は「事故の正式な調査結果が出た段階で、今後の対策などについて協議したい」と話す。・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20150327k0000e040199000c.html

<太田>

 昼前に、大森駅近くのダイシン百貨店で、冷蔵庫に入れる小ぶりのプラスティック製ストッカーを買ってきたのですが、そもそも、これまで自分が使ってきた、大きい米用ストッカーなんて売ってもいないことにショックを受けました。
 あらゆることが、私が生きてきた間に、激変してるんですねえ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7568(2015.3.27)
<『チャイナ・セブン』を読む(その2)>

→非公開