太田述正コラム#7549(2015.3.18)
<皆さんとディスカッション(続x2570)>

<太田>(ツイッターより)

 先月21日に(コラム#7500(未公開)で)取り上げたばかりの、来年没後400年を迎えるセルバンテスの墓が、マドリードの女子修道院の地下室で発見された。
 埋葬されてから、一度移され、行方不明になっていたもの。
 本人と奥さん等の骨を分別中
http://www.bbc.com/news/world-europe-31852032

 まぐまぐがメンテ中なので、<無料コラムの>配信は正午以降になるよー。
 買ったばかりのホームベーカリーで、先日の食パンに引き続き、本日はふんわりパンデミを作った。
 昨夜、前回と違ってこねる音がしなかったので、仕込みに失敗したかと心配で寝付けず、一杯ひっかけてようやく眠ったけど、うまく出来ててニンマリ。

 中共観光客の日本での爆買のトップは実は市販薬なんだって。
 当局が薬価格統制をしていること等のために中共産の薬の品質が低く、また、新薬、就中輸入薬の認可が遅れがちであることがその背景にあるんだと。
http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2015/03/18/why-chinese-tourists-are-wild-over-japanese-drugs-its-not-just-the-quality/?mod=chinablog%2525252525252525252525252525252525252525252Chttp%2525252525252525252525252525252525252525253A%2525252525252525252525252525252525252525252F%2525252525252525252525252525252525252525252Fblogs.wsj&mod=chinablog
 便座の話ばかりの日本のメディアに喝だ。

<hDWO3Ae6>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫それにつけても、国民啓発をサボる、(私を除く)防衛官僚OB達の責任は大きい。≪(コラム#7547。太田)

 確かに「防衛官僚OB」でネット検索したら太田さんか柳澤協二氏ぐらいの名前しか、見かけませんね。

 (柳澤協二氏講演内容を文字起こし↓)
題名『解釈改憲そのものに平和の問題だけではなく日本の民主主義の根幹にかかわる問題が内在している』
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3585.html
題名『抑止だけが戦略ではない』
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3589.html

 いまだに太田さんに続く国民啓発する人物が防衛省から出て来ないのが残念です。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 「日米」なんておこがましい。
 「米国とその属国日本」だよ。↓

 「独仏伊、中国主導銀に参加 申請を表明、日米に打撃・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015031701002255.html

 改めて感じるのは、ドイツの国民一般も主要メディアも、自分達がナチス時代にやった蛮行の反省など実は全くしちゃいないってことだな。
 そんな国の首相として、メルケル首相は、ドイツ国内の世論を懐柔しつつ、訪日を絶妙のバランス感覚でやり遂げた、と言うべきではなかろうか。↓

 「メルケル独首相が訪日で犯した3つの過ち・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84476720X10C15A3I00000/?dg=1
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43203
 「自国の事情を棚に上げ安倍首相を批判する独メディア・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43203

 私の予想通りの中共当局の反応。↓

 「尖閣地図に中国「歴史的事実は地図で覆せない」・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150317-OYT1T50132.html?from=ytop_main4
 
 そもそも、ハイヤーをゴルフ場で待たせるという感覚が信じられない。
 野に置けレンゲソウだよ。
 安倍首相のオトモダチには碌なのがいないね。↓

 「・・・籾井会長は今年1月2日、東京都渋谷区の自宅と小平市の小金井カントリー倶楽部(くらぶ)をハイヤーで往復。車両は午前7時に出庫し、約12時間利用した。・・・」
http://www.asahi.com/articles/ASH3K5DGGH3KUCVL00X.html?iref=comtop_6_03
 「・・・NHKではハイヤー代など外部発注の支払いは翌月払い。正月の使用料なら2月払い・・・内部通報者はMHKが籾井会長の私用料金をハイヤー会社に 払ったのを確認してから告発に踏み切ってい<る。>。料金は税込みで4万9585円。籾井会長は“あとで払う”つもりなら、なぜ1カ月以上も放置したのか。・・・
 恐らく籾井会長にも後ろめたさがあったのだろう。不正がバレないように“小細工”を弄した疑いがある。プレー当日、東京・小金井市の名門ゴルフ場「小金井 カントリー倶楽部」を往復する際、普段は「白のレクサス」のハイヤーに乗っているのに、「わざわざ別の車種を用意させた」(関係者)というのだ。・・・
 安倍官邸が次期会長候補のリストアップを始めたという声も聞こえてくる。・・・」
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/gendai-20150317-245562/1.htm

 以下の3本の記事は、いかに、日本が女性優位社会であるのをいいことに、日本の女性達が男性達を嬲りものにしているか、ということを、改めて我々に突きつけている。↓

 濃厚な関係を取り結ぶべきじゃない2人が取り結ぶ羽目になってしまった結果の悲劇、という意味では、先般の川崎の事件等と基本的に同じ構図だが、今回は、責任が基本的に被害者の方だけにあるケースだな。
 自分の好みの範囲内の女性にストーキングされたら、持ちこたえられる男性なんて、世界中に一人もいない。↓

 「福井大准教授教え子殺害 浮かび上がる被害女性の「一途な恋」・・・」
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/gendai-20150317-245700/1.htm

 眉唾物の内容ではあるが、モラハラなんてウソであることだけは(何度でも言うが)明らかだ。↓

 「「パパの役目は終わった」!? 三船美佳・高橋ジョージ夫妻に“計画離婚”説・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e3%80%8c%e3%83%91%e3%83%91%e3%81%ae%e5%bd%b9%e7%9b%ae%e3%81%af%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%8d-%e4%b8%89%e8%88%b9%e7%be%8e%e4%bd%b3%e3%83%bb%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%a4%ab%e5%a6%bb%e3%81%ab%e2%80%9c%e8%a8%88%e7%94%bb%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e2%80%9d%e8%aa%ac%e3%81%8c%e6%b5%ae%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%83%af%e3%82%b1/ar-BBikLdH?ocid=iehp#page=2

 失笑するほかないが、相手が女性だからとしか思えないこの理研の対応、根本的なことに目をつぶって小手先の対応でお茶を濁す、後述の、慰安婦問題での日本政府や識者の対応にそっくりだね。↓

 「小保方氏に研究費の一部返還請求へ・・・
 請求額は、撤回した論文2本の投稿にかかった費用など数十万円となる可能性が高い。・・・
 理研の調査委員会は昨年末、小保方氏が論文の画像データを捏造するなど4件の不正を行ったと認定した。理研は、研究自体は行われていたことから、請求対象を論文投稿に直接関連した経費に限定するとみられる。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/9900396/

 そんなん、もともと常識だろ。
 そもそも、食糧自給率なんて語ることなかれ。↓

 「食料輸入止まっても、イモ中心なら供給可能・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASH3K5RM8H3KULZU00F.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH3K5RM8H3KULZU00F

 日本の縄文モード化は極端に。↓

 「「国のため戦う」日本・・・11%で・・・最低 パキスタンや越が高率・・・」
http://www.sankei.com/politics/news/150318/plt1503180006-n1.html

 四国の名頃の人形群の紹介記事だ。↓
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/2015/03/18/2003613841

 本日の中共当局日本ヨイショ記事をどーぞ。↓

 「親切、細やかで温かい日本の宅配便・・・」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0318/c94476-8864567.html

 アドラー心理学については、前に読者が取り上げたことがあったね。
 しかし、この本の内容は人間主義奨励のような感じだ。
 欧州人の説の紹介の体裁だからこそ韓国でベストセラーたりえたのかしら。
 誰か、説明してくんない?↓

 「<日本人2人が書いた>日本のベストセラー『嫌われる勇気』が韓国でもバカ売れ・・・
 アドラーの心理学<を>紹介した<もの>。・・・
 「人生は他者との競争ではない」「人の期待を満たすために生きてはいけない」「自分という存在は大事、平凡な自分を認めて今をまじめに生きる」というメッセージ<が盛り込まれている。>・・・」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20150317/278808/?n_cid=nbpnbo_mlt&rt=nocnt

 歴史学者の秦郁彦さんらが、米マグロウヒル社の教科書の慰安婦記事に批判の声をあげた。
 しかし、どうして、事実誤認や、事実歪曲までもやって、欧米や韓国の識者達がばかげた主張をするのか、その根っこにあるものを解明し、叩かずして、戦いに勝ち目はないよ。
 要するに、日本政府でも日本の歴史学者でもなく、日本の文化人類学者、ないしは、日本の病理学者の出番なんだよ。↓

 Japanese historians contest textbook’s description of ‘comfort women’・・・http://www.washingtonpost.com/world/japanese-historians-contest-textbooks-description-of-comfort-women/2015/03/17/6e5422e3-09a3-4d96-a520-8a5767ab93e4_story.html?hpid=z9
 <いつもの、古森のおじちゃまの嘆き節だ。↓>
 「放置していいのか?--米国で増える日本糾弾の欠席裁判--慰安婦問題で一方的に日本を断罪・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43218?page=4

 日本人と一部のアジア人以外の世界の人々は、みーんな味盲だっちゅうことね。↓

 「日本人にわかって外国人にはわからない味覚“旨味”・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ab%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%ab%e3%81%af%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e5%91%b3%e8%a6%9a%e2%80%9c%e6%97%a8%e5%91%b3%e2%80%9d%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/ar-AA9Sz7z?ocid=iehp#page=2

 エジプトのイスラム教最高権威が、懲りずに寝言を言ってるよ。↓

 There’s No Place for Terror in the Teachings of Islam・・・
http://www.newsweek.com/theres-no-place-terror-teachings-islam-314437

 有料コラムに回すべきコラムが2本あったが、うち1本は、無理やりここで紹介することにしたよ。↓

 <イギリスじゃ、歴史の授業が1066年から始められることがよくある。↓>
 ・・・Today, when English history is taught in schools, it often starts in 1066,・・・
 <その年は、イギリスが植民地になった年だ。イギリスの庶民からすれば、往々にしてイギリスの歴史は奪われ続けの歴史なのだ。彼らは、いわば大英帝国の最初の犠牲者であり、このようにしてイギリスは大帝国を形成したのだ。↓>
 ・・・the date at which English history is often said to begin is actually the date at which England was colonised. The history of England, seen through the eyes of the ordinary English woman or man, is often a history of dispossession. A case could be made, in fact, that the English were the first victims of the British empire: without their conquest, that empire could not have been built. The country that invented capitalism and the first modern empire did so on the backs of most of its population. ・・・
 <だからこそ、イギリスの民謡にはひどく悲しいものが多いのだ。↓>
 English folk song. Listen to enough of them, and you begin to realise how many are laments. Laments for sons or lovers taken away by the press-gang or forced to take the King’s shilling. The laments of women waiting seven years for their lovers to return from the sea. The laments of the landless poor. The laments of those hanged or transported for stealing a sheep or a loaf of bread. The laments of those forced into the factories, working for a pittance with no chance of escape. The laments of the bridge builders and the sappers and the miners.・・・
 <現在のイギリスの左翼は、他のEU諸国の左翼とは全く違って、自国への恨み節に満ちている。↓>
 The English left famously exhibits a strange national self loathing that doesn’t seem mirrored in any comparable European country.・・・
 <これは、今に始まったことじゃない。(前にも引用したことがあるが(太田)、)ジョージ・オーウェルは、「左翼は、イギリス人であることを不名誉なことと感じ、イギリスのあらゆるものをせせら笑っている」、と喝破したところだ。↓>
 This is not a new phenomenon. “England is perhaps the only great country whose intellectuals are ashamed of their own nationality,” wrote George Orwell in his 1941 pamphlet “The Lion and the Unicorn”. “In leftwing circles it is always felt that there is something slightly disgraceful in being an Englishman and that it is a duty to snigger at every English institution, from horse racing to suet puddings.”・・・
http://www.theguardian.com/books/2015/mar/13/englands-uncertain-future

 楽しい記事ではあるが、経験者じゃないと・・経験者ばかりじゃないからこそ日本の少子化が進行している!?・・どうしてカロリー消費量が高いか、さっぱり分からんだろな。↓

 「【日常の意外なカロリー消費量】キスではどれくらい消費する?・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/9900450/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7550(2015.3.18)
<「個人」の起源(続)(その1)>

→非公開