太田述正コラム#7541(2015.3.14)
<皆さんとディスカッション(続x2566)>

<太田>(ツイッターより)

 英国が中共が主導するアジアインフラ投資銀行に参加表明するも米国がこれに反対。
http://www.bbc.com/news/world-australia-31864877
 米国の反対理由は、米国が主導する世銀やアジア開発銀行(米日の権利同等だが事実上米国主導)による国際秩序が攪乱されるから。
 参加せぬ豪州、参加できぬ属国日本。インド、インドネシア、ニュージーランドは参加。
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0313/c94476-8862933.html …も参照。)
 この種の中共の動きに米国が焼きもち焼いておられるのも今のうちだけだろな。
 むしろ、宗主国米国は、日本を引き連れて、積極的に参加し、中共の主導権を薄める努力をすべきじゃないのかね。

<太田>

 関連記事だ。

 豪州が後追いするのは必至だとさ。
 また、ルクセンブルグもフランスもそうするだろうって。
 アングロサクソン文明と欧州文明が手を組んで米国「文明」と対峙する構図になりつつあるな。↓

 ・・・the British decision would probably lead Australia to join.・・・
 In South Korea, Britain’s announcement is likely to reignite the government’s internal debate about the merits of membership・・・
 “If Britain walks through that door, others will follow swiftly. I am sure Luxembourg and the French are next.”・・・
http://www.nytimes.com/2015/03/14/world/asia/asian-infrastructure-investment-bank-britain-china.html?ref=world&_r=0
 ・・・President Obama brought up American concerns that Britain is losing crucial military capabilities, making it a less effective ally, when he met privately with Mr. Cameron in January・・・
http://www.nytimes.com/2015/03/14/world/europe/british-leader-diverges-from-us-on-china-policy-and-military-spending.html?ref=world

 で、関連記事の「関連」記事だ。↓

 トルコはイスラム文明に既にほぼ回帰しちゃった。↓

 <トルコ政府は、ネット上の(政府に批判的なトラフィックや)無神論者のトラフィックは弾圧し、Isis関係のトラフィックは放置しているとさ。↓>
 Islamist Websites in Turkey Manage to Evade Strict Internet Censorship・・・
 blocking sites it deems offensive like those promoting atheism, but being tolerant of radical Islamist sites・・・
http://www.nytimes.com/2015/03/14/world/europe/islamist-websites-in-turkey-manage-to-evade-strict-internet-censorship.html?ref=world
 <トルコはこのままじゃNATO脱退かなんちゅう話まで出ているという。↓>
 Turkey’s Drift From NATO・・・
 <中共から防空システムを買う話が進行中。↓>
 The government says it is still considering buying from China a $3.4 billion air defense system that involves radars and long-range ground-to-air missiles that can shoot down enemy missiles. ・・・
 <こんなもの、NATO全体の防空システムとアブナくて統合できない。↓>
 NATO would not integrate its system with a Chinese system because the two are not compatible, a Chinese system might contain risky software, and members of Congress oppose it.・・・
 <ロシアの天然ガスパイプラインのトルコへの延長も認めた。↓>
 Meanwhile, Turkey is supposed to sign an agreement this year that will allow Russia to build a natural gas pipeline to Turkey, thus bypassing Ukraine.・・・
http://www.nytimes.com/2015/03/14/opinion/turkeys-drift-from-nato.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=c-column-top-span-region®ion=c-column-top-span-region&WT.nav=c-column-top-span-region

<太田>(ツイッターより)

 「ドイツ政府のザイベルト報道官は…メルケル独首相が民主党の岡田克也代表との会談で「(日韓関係は)和解が重要」と促したとする報道について「正しくない」と否定した。<彼>は、メルケル氏が日本で質問に答える形で、ドイツがナチス時代の過去とどう向き合ってきたかについて発言したと説明。
 日本での記者会見で「(過去との向き合い方を)助言するために日本に来た訳ではない」との立場を表明したとし、岡田代表との会談でも同じ「表現を用いた」と強調した。…」
http://www.sankei.com/world/news/150313/wor1503130061-n1.html
 当然そうだろうと思ってたよ。
 だから、一切取り上げなかったんだ。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 羊頭狗肉とはこういうコラムのことを指す。
 こういう調子で書き続ける筆者の動機に疑念を抱かざるを得ないね。↓

 「大塚家具、娘社長の敗北決定か・・・
 たとえ久美子氏が株主総会で勝利したとしても、店長や幹部の明白な離反にどう対処しようとしているのか。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/9887021/
 <繰り返す。老醜だよ。↓>
 「委任状争奪戦で舌戦ヒートアップ 勝久会長「負けても再度株主提案する」 久美子社長「創業者は節度を持って…」・・・」
http://www.sankei.com/economy/news/150314/ecn1503140005-n1.html

 フィクションを紡ぎ出すのは自由だが、自分がフィクションの世界に生きていてどうする?↓

 「大江健三郎氏「慰安婦問題は日本の女性軽視が原因」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/14/2015031400547.html

 訴えた親娘のお二人、自己責任だし、そもそも、日本の古来からの裸肯定、混浴文化を何と心得る。↓

 「「女湯丸見えで精神的苦痛を受けた」武田尾温泉を利用した親娘の訴え棄却・・・」
http://www.sankei.com/west/news/150314/wst1503140023-n1.html

 ポップアート画家・彫刻家の奈良美智
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%BE%8E%E6%99%BA
のインタビュー記事だ。↓
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2015/03/13/qa-yoshitomo-nara-seeks-lasting-art-after-japans-tsunami/

 家族ないし疑似家族内の助け合いは古今東西、しかも歴史を通じて普遍的にみられるのに対し、後段の話は、キリスト教徒による親切の押し売りか、日本人の人間主義か、もう少し情報がないと分かんないね。↓

 「・・・北朝鮮ではお客さんが食事時間に家に来ると、どんなに貧しくても、「おかゆでも食べましょう」と接待する。近所に旅館があっても、自宅に遠方のお客が来たときは自宅に泊まってもらう。正月にはおもちをつくり、近所に配る。
 「苦難の行軍」と言われた90年代の食糧危機の時期、同じアパートで飢え死にが相次いだ。そのときでも、アパートの住民で助け合って葬式を出した。葬儀委員長を決め、カップに一つずつコメを出して、素朴な葬式をした。・・・
 脱北者の自立を支援をしているのはNGOなど民間。実際には、個人が自分の財産を崩しながらやっている。私の息子が自立できたのもNGOのおかげだ。なぜ脱北者と何の血縁関係もない日本人がここまで私たちのためにやってくれるのか、不思議でならなかった。私たちの中では、神様であり、仏様のような存在。・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASH3F0Q3FH3DUHBI02P.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH3F0Q3FH3DUHBI02P

 ホントにそんな教科書があるのかどうか知らないが、面白い。↓

 「日本の中国語教科書 中国のネットユーザーから突っ込まれる・・・」
http://j.peopledaily.com.cn/n/2015/0313/c94473-8862859.html

 ティクリットはまだ陥落してないが、少なくともイラク全般で、Isisが防勢に追い込まれているのは確かだ。↓

 「・・・イラクの居住地域で、イスラム過激派組織「イスラム国」が実効支配する面積が約25%縮小した・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150314-OYT1T50031.html?from=ytop_top

 それにしても、いまだに、米国じゃ、Isisはイスラム教と関係ないって議論が横行してるね。↓

 CIA Director Says ISIS Not Islamic, But ‘Psychopathic’・・・
http://time.com/3744801/cia-director-john-brennan-isis-muslims-islam/

 イランが核オプションを手放すわけはないので、交渉ではなく戦争しかない、という議論は正しい。↓

 ・・・Yes, there are risks to military action. But Iran’s nuclear program and vaunting ambitions have made the world a more dangerous place. Its achievement of a bomb would magnify that danger manyfold. Alas, sanctions and deals will not prevent this.・・・
 <しかし、イランがイデオロギーを存在根拠にしている、というのは間違い。何度も指摘しているように、一種のナショナリズムに他ならない。↓>
 Ideology is the raison d’etre of Iran’s regime, legitimating its rule and inspiring its leaders and their supporters. In this sense, it is akin to communist, fascist and Nazi regimes that set out to transform the world. Iran aims to carry its Islamic revolution across the Middle East and beyond. A nuclear arsenal, even if it is only brandished, would vastly enhance Iran’s power to achieve that goal.・・・
http://www.washingtonpost.com/opinions/war-with-iran-is-probably-our-best-option/2015/03/13/fb112eb0-c725-11e4-a199-6cb5e63819d2_story.html

 英語じゃ、白人の移住者はexpat、非白人の移住者はimmigrant/migrant、と言葉で既に差別されているとさ。↓

 ・・・Africans are immigrants. Arabs are immigrants. Asians are immigrants. However, Europeans are expats because they can’t be at the same level as other ethnicities. They are superior. Immigrants is a term set aside for ‘inferior races’.・・・
http://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2015/mar/13/white-people-expats-immigrants-migration

 ナポレオンは、学校教育の中で個人崇拝を押し付けたんだね。
 何と先進的であったことか。↓

 ・・・"What are the duties of Christians ... towards Napoleon I, our Emperor?
... We owe to Napoleon I, our Emperor, love, respect, obedience, loyalty, military service....
 Why are we bound in all these duties towards our Emperor?
 To honor and serve our Emperor is to honor and serve God himself."
 ・・・from 1806 until the end of Napoleon’s reign, these words were recited daily by every schoolchild in the French Empire. ・・・
http://www.csmonitor.com/Books/Book-Reviews/2015/0313/Napoleon-argues-for-the-humanity-of-the-infamous-French-emperor
-----------------------------------------

<太田:お知らせ>

東京オフ会 2015年 4月25日(土)14:00〜22:15
場所 大田区の太田の自宅(最寄駅は西馬込。出席者に詳細開示)
会費 500円 当日徴収

一次会
14:00
机等の準備・参加受付
14:15
講演 読者が「ディスカッション」上で提起した質問中、一言では答えられない
もの(複数)への回答を予定
15:15
自己紹介
休憩
質疑応答
・・途中で帰るのは自由
(ソフト飲料付。第三のビールを@100円、コーヒー(豆挽を含めセルフ)を@70
円で希望者に提供)

夕食会(追加的会費不要)
18:00
参加者は、各自、おかずと飲み物を持参。西馬込駅から太田宅に向かう途中のコ
ンビニ2か所(どちらもセブンイレブン)ないしスーパー(キタムラ)・・全て
左側・・で購入してくることを推奨。
太田宅の冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ等使用可。お湯、氷提供。
白飯、食パンは太田が提供。

二次会(追加的会費不要)
19:00 懇談
22:15 お開き・机等の後片付け
・・途中で帰るのは自由

申し込みは下掲から。
http://www.ohtan.net/meeting/
--------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 河村尚子の3回目(最終回)です。

 チェロ:マキシミリアン・ホルヌング
Robert Schumann 佳曲。
0:48 Adagio & Allegro

Manuel de Falla 駄作に近い。
10:40 Suite populaire espagnole

Ludwig van Beethoven 佳曲。
25:35 Sonata a major op. 69

Anton Webern まあまあの曲。
52:22 Two romantic pieces

Anton Webern まあまあの曲。
57:32 Three little pieces op. 11

Johannes Brahms 佳曲。
1:00:08 Sonata f major op. 99

Encores:
1:32:56 Frank Bridge Serenade 佳曲。
1:37:22 Claude Debussy Bonsoir まあまあの曲。
https://www.youtube.com/watch?v=jHq0tN5mZcE

(完)
-----------------------------------------------

おまけ:久米小百合時代の久保田早紀

 久保田早紀時代の末期もそうだが、久米小百合時代の彼女のものは、私は、基本的に全く評価していないが、これだけまとまったものは初めてなので、『はじめの日』というアルバムを紹介しておく。
 彼女自身による各曲の解説が読める。
 ●は、直截的なキリスト教賛歌ではない、と思われるもの。
 中島みゆき等と比較して、彼女の創作家としての才能が余りにも早く枯渇したことが、返す返すも残念であり、可哀想でならない。
 批判は覚悟で書く。
 彼女は、才能が枯渇したからこそキリスト教に頼ったのかもしれないが、そうだとしても、そんな枯渇した才能でキリスト教賛歌を作るなどという「神」の冒涜まがいのことなどせず、百万本のバラ等のカバー曲や久保田早紀時代の自作曲や在来の讃美歌等を歌う、一キリスト教徒歌手としてのみ、残りの人生を生きて欲しかった。
 
1. とおき くにや トラディショナル・イギリス賛美歌 編曲ミチコ ヒル
2. Hikari 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996
3. 優しさの秘密● Yasashisa No Himitsu 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996
4. TOKYO● 作詞作曲: 久米小百合 編曲:久米大作 c1996(コラム#5223に登場(リンク切れ)) 解説によれば久保田早紀の1985年に作曲したもの。
5. はじめの日 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996(コラム#5223に登場(リンク切れ))
6. いつでも・・・● 作詞作曲:久米小百合 編曲 久米大作 c1996
7. サテライト● 作詞作曲 久米小百合 編曲:久米大作 c1996 解説によれば1990〜91年に作曲したもの。
8. マリア 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996
9. エンジェル ソング(Angel's Song) 作詞:藤井美保 作曲:ヨシオ・ジェイ・マキ 編曲:久米大作 c1992
10. 銀色星のテーマ 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996
11. ル・アハ(Ru-A-Ha) 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996
12. Terah(テラ) 作詞作曲:久米小百合 編曲:久米大作 c1996 
13. あなたを賛美しなければ 作詞:牧昭子 作曲:ミチコ ヒル 編曲:久米大作 c1993
https://www.youtube.com/watch?v=T86TbpdWjhc
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7542(2015.3.14)
<「個人」の起源(その7)>

→非公開