太田述正コラム#7503(2015.2.23)
<皆さんとディスカッション(続x2547)>

<太田>(ツイッターより)

 トルコが、Isisに包囲される形になっていたスレイマン・シャーの墓(コラム#7196)のシリア領内での移転のための作戦に成功。
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-31572257
 前回の移転の場合と違ってシリア政府の同意なしに、コバニ経由で行われたもの。
 移転先は、トルコ国境のシリア領内。

 「1億円の遺贈放棄を迫る…『百田尚樹「殉愛」の真実』が暴くたかじん夫人の“闇”…」
http://news.livedoor.com/article/detail/9813458/
 「史実」の歪曲度で、百田サン、司馬遼太郎といい勝負?
 おのおのがた、フィクション「大家」によるノンフィクションはフィクションとして読むべし。

<太田>

 「フィクション」マンの百田さん、吠えとるねえ。↓

 「百田尚樹氏「狂った正義感」と猛反発 「『殉愛』のウソ解明」本めぐりツイート・・・」
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-20150222-228508/1.htm

<dIqIZK2D>

≫ハンガリーにもまた、ハンガリー人がフン族の相続者と称してきた歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%B3%E6%97%8F
にも鑑み、仏教や日本の人間主義に注目せよ、と教えてあげたいところです。≪(コラム#7290。太田)

 そういやツラニズムなんてものが有りましたね。

<太田>

 おー懐かしい。↑↓

 「・・・20世紀初頭には、ツラニズムと呼ばれるウラル・アルタイ語族(現在はウラル語族とアルタイ語族は別の語族として考えられている)の諸民族が強い関連を持つという思想が台頭し、マジャール人と大和民族が同祖であるという思想が広まった。学問的には裏付けはないものの、ハンガリーの政治や文化に大きな影響を与えたロシアと対立していたハンガリーでは、日露戦争で日本が勝利したことも歓迎された・・・」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82
 Turanism
http://en.wikipedia.org/wiki/Turanism

<komuro>

 オーディオマニアの<komuro>です。先日のオフ会ではお世話になりました。
 さて昨年11月に送ったスピーカーユニットですが、もうお使いですか?。
 まだ使用予定が無いようでしたら、一旦お返しいただけませんか。
 というのも、このユニットが役に立ちそうなスピーカーボックスを入手したからです。

・ヤフーオークション 自作波動スピーカー
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k181846152

 筒の両端にスピーカーユニットが付いている「変り種」の一品ですが、すでに市販されているものに似せて作ったスピーカーです。音場が良いと、一部のファンから高く評価されています。
http://www.hado-speaker.jp/ms1001/ms1001.html

 すでに箱などを入手済みでしたら、結構です。
 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

<太田>

 さっそく、<本>日にでも、・・・お返しすることにします。

<komuro>

 ありがとうございます。
 ヤフオクで「自作スピーカー」で検索すると、玉石混合で結構楽しんでいます。
 これはその中の「玉」かも?

<太田>

 <14:00前に>、クロネコヤマト便で自宅から送り出しました。
 明日届きます。
 引っ越してからは、宅急便を自宅に取りに来てもらったのは初めてです。
 インターネットで申し込めるんですね。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 中共人民の日本讃嘆は、今日も続く。↓

 「母国語が聞こえて、思わず涙が・・言葉が通じない訪日中国人、「日本人の助け方」に感動―中国ネット・・・」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409532/
 「日本人の「自制心」で成り立つ秩序、マナー違反で「無言の抵抗」を受けることも―中国メディア・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/9811816/

 韓国の方も、朝鮮日報からだけじゃなく、韓国「人民」からの直接の日本讃嘆が、このところ、よく聞こえてくるようになったねえ。
 朴ちゃんも、いい子だから、習おじちゃんを見習って、早く、政府としての日本讃嘆を始めさせるんだよー。↓

 「日本の国産ステルス機が8月に初飛行へ・・韓国ネット「なぜ日本はこんなことができるのか?」「率直に言って…」・・・」
http://www.focus-asia.com/rss/409402/

 元NY市長バッシングが続いているが、このコラム筆者が挙げる、オバマの演説例だけからしても、ジュリアーニのオバマ批判もまんざら出鱈目じゃあないねえ。↓

 <オバマは、米国人は、米国の独立宣言の自由主義的内容には誇りを持つべきだ、としている。↓>
 ・・・our pride is based on a very simple premise, summed up in a declaration made over two hundred years ago: ‘We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain inalienable rights, that among these are life, liberty and the pursuit of happiness.’ That is the true genius of America.”・・・
 <但し、米国は、かかる自由主義的内容を実行することで初めて偉大となる、としている。(露骨に言い換えれば、米国は、自らがかつて掲げた理念を実践していないんだから、米国が偉大なんてことはありえねーさって言ってるわけさ。(太田))↓>
 I believe in American exceptionalism with every fiber of my being. But what makes us exceptional is not our ability to flout international norms and the rule of law; it is our willingness to affirm them through our actions.”・・・
 <だから、このコラム筆者による、ジュリアーニはオバマの諸演説を実際に聞いたことがないとみえる、という下掲の捨て台詞はあたらない。(太田)↓>
 Does former Mayor Giuliani not listen to Obama’s speeches? The president has consistently expressed love of country and extolled the virtues of the United States in many speeches・・・
 Giuliani must have muted the sound whenever Obama spoke.
 <よって、ジュリアーニのオバマ批判は、誤った事実に基づいているとの、このコラム筆者の下掲のバッシングも的外れだ。(太田)↓>
  He certainly has every right to his opinion about the tenor of the president’s remarks. But he has no business claiming something that is so factually incorrect -- or easily disproved.・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/fact-checker/wp/2015/02/22/giulianis-false-claims-about-obamas-speeches/?hpid=z1

 長生きしたけりゃ生卵をじゃんじゃん食えだとさ。↓

 「・・・卵は完全食品と言われます。ビタミンCと食物繊維以外で体が必要とする栄養素は、微量元素からアミノ酸までほとんどすべて備えています。・・・
 高い卵も安い卵も栄養に違いはありません。日本は品質管理が徹底しているので、どんな卵も生で食べられますし、栄養素を100%とるには生が一番いい・・・
 目標は1日3個。他の食べ物を卵に置き換えれば、もっと食べてもOK。・・・
 コレステロールは身体に悪くない!・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/9812334/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7504(2015.2.23)
<映画評論44:アニーAnnie>

→非公開