太田述正コラム#7240(2014.10.14)
<私の現在の事情(続x43)>(2015.1.29公開)

1 始めに

 以下の事情で大幅に時間を空費したことと、講座疲れが今頃出てきたことか
ら、本日も表記をお送りすることになりました。

2 気まぐれSIMカードに振り回され・・

 スマホ(iPhone5S)のSIMカードがらみの不具合の件ですが、4時間半近くを
費やした挙句、とりあえずの解決に至ることができました。
 (スマホ通の人には常識なのだろうが、SIMが入っていない(認識されない)
と、メールやインターネットやSiriは使えるけれど、電話が使えないし、テザリ
ング等を行うための設定もできない。)
 そのご報告です。

 11:30過ぎ、早めに昼食を済ませ、自宅を出発。
 西馬込駅に向かう途中も、五反田駅を降りてからも、台風一過のまぶしいほど
の青空だ。
 12:00前に、五反田駅から桜田通り(第二京浜)を一駅分歩いた所にあるTOCビ
ル6階の、(前に一度訪れたことのある、)アップル正規サービスプロバイダ
「クイックガレージ」に到着。
 同店は、11;00〜19:00が営業時間だが、3連休明けの、しかも昼食時だから、
混雑していることは覚悟していたものの、1時間〜1時間半待ちと聞いてげっそり。
 ウェイティングリストに登録し、気を取り直して、五反田駅の近くにある、
「洋服の青山」へ向かう。
 一ヶ月ちょっと前に同店で買い物をしたばかりだったが、再び、セール品・・
今回はシャツ2枚・・を購入し、次は書店へ。
 書店なんて何年ぶりだろう、と何だか心が躍る。
 結局、同店では、内藤湖南『支那論』、河野仁『<玉砕>の軍隊、<生還>の
軍隊--日米兵士が見た太平洋戦争』(どちらも文庫本)の2冊を購入。
 (いずれ、それぞれ、ちゃっかり、コラムシリーズに仕立てるつもりだが、ど
うなることやら。)
 12:10頃にアップルの店に戻り、更に10分ちょっと待って、やっと私の番に
なった。
 スマホを渡し、結構待たされた後、下されたご託宣は、SIMケースは何とか開
いたけれど、そのSIMを同店のスマホに装着したところ、SIMが認識されなかった
ので、SIMが故障している。SIMケースを開けるのにまた手間取るようなことがあ
るといけないので、SIMを取り外したままAUショップに持ち込み、SIMを交換して
もらえ、というもの。
 なお、針金状の太いもので無理にSIMケースを開けようとしたためだろうが、
ピンを差し込む小穴にちょっと傷が付いているが、これを修理するとなると(保
証期間中だが)有償になってしまう、とも。

 とまあそういう次第で、五反田駅近くのAUショップの場所を教えてもらって、
同店に赴いた。

 殆んど待たずに対応をしてもらえたが、「SIMケースが開かないこともあり、
アップルの店に行ったのだが、SIMカードが故障だ」、と伝えたところ、店員が
同カードを私のスマホに装着したら、SIMが認識されてしまったではないか!
 スマホでは、SIMが認識されなくなるということはよく起きることです、とこ
の店員に冷たく言い放たれた上、SIMケースはもっと細い針で開けるようにして
くださいね、と畳み掛けられ、スゴスゴ退出しようとした時、これだけ時間を無
駄に費やしたのだから、せめて、iPhone6に切り替えた時の料金プラン等はどう
なるのかを教えてもらおうと思い立ち、説明を求めた。
 (SIMケースでケチのついた自分のiPhone5sを、この際、捨てるか、という気
が少しはあった。)
 で、適当にその説明を聞き流している最中に、まてよ、と、「アップル」が
「SIMは故障している」と言ったんだぞ、と、この女性店員に、改めて、念を押
してみた。
 すると、店員の態度が変わり、すぐに、説明を中断し、SIMをとっかえてくれた。
 私が、同店にとって煙たい(?)第三者の言を直接引用した途端、態度を変え
るということは、私自身の話などハナから信用していなかったということだな、
と腹が立った。
 改めて、SIMカードが認識されないという不具合は「よく起きる」そうだが、
具体的にどれくらいの頻度で起こっているのかい、とこの店員をイジリたくなっ
たがその気持ちもぐっと堪え、それにしても、アップルの店で、SIMを同店のス
マホに装着した際にそれがたまたま認識されなかったことは何と僥倖であったこ
とか、とヘンな感慨を覚えながら、このAUの店を後にした。 
 (帰宅したのは、16:00ちょっと前になってしまった。)

 最後に、このAUの店がらみの蛇足を三つどうぞ。

一、アップルの店で、SIMケースを開けるピン・・スマホを買った時に付いてき
たはずだというのだが、全く記憶がない・・をAUショップでもらえるのではない
か、と聞いていたが、もらえるどころか、売ってもいなかった。
 代用品としては、昔のマッチ針が一番よさそうだが、これからは、テザリング
用にスマホを持参する時は、裁縫針を持参するのも忘れないようにしよう、と自
分に言い聞かせた。
二、機種切り替えについては、説明を最後まで聞いたけれど、通話品質向上と
言ったって、スマホの電話機能を殆んど使っていない私にとって、iPhone6に切
り替えるメリットはなさそうだ、と判断した。
三、自宅最寄りのAUショップで、iPhone5を5sに機種変更した時に、オプション
のAppleCareを巡ってトラブルになった件を以前ご披露したと思うが、今回のAU
ショップでは、このオプションは強制であるとのこと。(「オプション」が「強
制」って何じゃらほい?)
 ひょっとして、最寄りのAUショップは、まだ、良心的な方だったのかもしれな
い、という気がしてきた。
 あな、恐ろしや。