太田述正コラム#7389(2014.12.28)
<皆さんとディスカッション(続x2490)>

<太田>(ツイッターより)

 Isis支配地域に滞在して取材していたドイツ人ジャーナリストに対し、Isisスポークスマン(ドイツ人)が、Isisは欧州を必ず征服する、と語る。
http://edition.cnn.com/2014/12/22/world/meast/inside-isis-juergen-todenhoefer/index.html?hpt=hp_c1
 718年から732年にかけてウマイヤ朝の欧州征服は阻止されてしまったわけだが、今度こそは?

 「中国、防空識別圏の「警告」削除 国際摩擦を懸念か…」
http://www.asahi.com/articles/ASGDR5WWHGDRUHBI026.html?iref=comtop_6_03
 当然、日本を再軍備させ、米国から「独立」させる、という目的が事実上達成された、と中共当局が判断したからなんだよね、おのおのがた。
 ホント、すんばらしい脚本、演出、演技だったぜ。

<KY>

 滅多に日本には行きませんが、ヨーロッパ人の家内と東京に行って、一杯やってから外を歩いていた時の話です。
 真夏の死ぬ程暑い21時過ぎの目黒通りを、背広を着込んだ(!)男性会社員が沢山歩いているのを見て、

 <こんな夜遅くサウナみたいなのに背広着て何してんの?(太田要訳(以下同じ))↓>
"What are they doing at this time of the day, wearing a jacket in this natural sauna?"

 最近は自分でも日本事情は怪しいんで、「たぶん家に帰るんだろう。帰らない奴は取引先から自分のオフィスに戻る、とか?」みたいな返事をしたんですが、相当に驚愕したようです。
 それで、驚きが更に増したらしいのは、昼間の銀座やら何やらで、女性たちが大勢楽しそうに友達と飲食しているのを見た時みたいです。

 <何で働いてないの?-男性売春婦達が夜9時まで鎧甲冑を着て働いてるからだよ。-汗水たらして稼いだカネが彼女たちがくすねてんのね。-そう。なんでオレがあのひでえ英国に住んでるか分かったろ。↓>
"Why aren't they working?"
"Because their man-whores are working till 9 in the evening, wearing their f###ing body armours!"
"And they just squander their hard-earned money, right?"
"Yes. Now, you know why the hell I live in miserable England, don't you!?"

≫世界中の専門家が検証して問題が無いとしているから、賃金格差や社会的に地位の高い立場での割合というのは、女性差別の根拠としてはメジャーどころにあるんですけど?≪(コラム#7387。Ke+yQiTw)

 <私は自然科学者だが、>そもそも科学的理論には必ず前提条件ってものがあるんですがね。
 日本以外の(非人間主義な)世界では、基本的に「金や地位の無い奴は死ね」というのが前提なんだから、そんな前提に基づいて測定対象に決めた物理量モドキを比較しても、クソの役にも立たんでしょう。

≫これを否定するのは「エネルギー保存の法則」や「相対性理論」を否定するようなものです(これらも専門家が検証して問題ないとしているわけですからね)。≪(同上)

 物理法則が成立するのは、ある条件下で仮説が確かに成立して、誰がやっても繰り返せると証明されたからで、専門家が検証したからじゃないです。
 あなたみたいなド素人でも、もし仮に相対性理論が成立しないと"Beyond reasonable doubt" に証明すれば、それは正しいし、専門家の方が間違いという事になるんだが、日本の社会科学とやらの世界では違うのか?

≫この手の発言は女性差別の根拠としている一般的な考え(しかも世界的常識レベル)の否定になるって分かっているのかな?≪(同上)

 当然の話で、世界的な常識の話を否定している訳だし、だからこそ<太田さんは>凄いんだけど、それが一体何で悪いのか? 
 日本の文系様は帝国大学で大独逸帝国様やら何やらの有難い世界的常識(とかいう御託)を忠実に翻訳輸入する以外は管轄外なんですか。常識が成立しない特殊条件を発見するのが偉大な業績じゃないって言うのなら、それこそ相対性理論なんて無価値でしょうが。

<5CFBIVOw>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫貴方は自分が何を主張しているか理解している? 「かつてのアメリカでは白人に政治家を選ぶ責任を押し付けられていた白人差別の歴史がある」と主張して受け入れられると思っているの? ・・・既得権益を自覚した上で甘い汁を吸える立場が面倒事だと誤魔化しているだけ。≪(コラム#7387。Ke+yQiTw)

 (厳密には「主張」じゃないんだが・・)私が引用した典拠のどこに注目して欲しかったかが伝わっていないみたいだね。ここだよ↓

 「塀に囲まれて分離されている武士の家族たちの住んでいる中庭で私の見た彼等の風習や生活様式は下層階級の間で見たものと同じものであった・・・
 大名屋敷または貴族の居館を、われわれは、誤って宮殿と名づけているが、(庶民との)その差は広さと長さに過ぎない。最も贅沢な点も、最も簡素な点も、同じような建築様式と同じような性格を持っている・・・
 上流階級の食事とても、至って簡素であるから、貧乏人だとて富貴の人々とさほどちがった食事をしているわけではない」
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20121001/1349098468

 さて、半世紀ぐらい前までの(、あるいは現代でも、)アメリカでは白人が支配者階級と主張して間違いはないだろうけど、「風習や生活様式」って黒人と同じだったの?違うよね。
 で、話を非支配者である女性に戻すけど、女性って虐げられている?食卓でおかずの数が一品少ないの?土間で寝泊まりさせられている?
 ちなみに国際比較でこんなデータがあるけど(フランスあたりのデータが欲しいね)↓

 「図を一目すれば明らかなとおり、日本はニュージーランド、ドイツ、オーストラリア、英国、韓国よりパートナーからの身体的暴力、性的暴力の経験率は低く、先進国の中でもドメスティック・バイオレンス(DV)は比較的少ないことが分かる。」
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2792d.html

 あと誤解があるのか知りませんが、私も太田さんも、女性の社会参画を推進すべきだという考えだよ。↓

「•男性も参加する子育て環境・介護環境の整備を。
•女性の政策決定への参画、起業援助など、アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)を。
•子どもの世代に負担を残さない環境対策と財政運営を。」
http://www.ohtan.net/opinion/opinion2_text.html

⇒同じ頁を示して、当時の自分の考えは未熟で誤っていた、と書いたので、誤解されたかもしれませんね。
 そう。結論的には今でも変わってないんだって前にも書いたけど、その理由が180度変わったワケ。(太田)

≫会計士、税理士、経理関係の部局に所属している人達、お金を管理する立場にある人は皆さん給料を貰っています。それに対して夫の少ない給料を必死にやりくりさせられている妻には正当な報酬が支払われているんでしょうか?(しかも女性の小遣いが少ないというオマケつき。)
≪(同上)

 予算決定権こそ支配者の証であり役割では?
 これについての言及がないのは片手落ちどころかこの主張の欠陥といっても過言ではありませんよ。
 あと「女性の小遣いが少ない」の典拠をお教えください。
 (最後の羅列されたURLのどれかにあるのかもしれませんが、こういった典拠の付け方は不親切で、良い議論に発展する機会をみすみす逃すという意味であまりいいやり方ではないと思いますよ。)

<L63iQboo>(同上)

 Ke+yQiTwさんの持参金に対する認識は間違いです。

 『庶民の結婚生活は、女性の側の持参金や女房の働きが重要な柱になっていた。妻の持参金をもとでにして仕事をする男性も多かった。持参金は5〜10両という例が多かったというが、もっともこれは「宵越しの金を持たない」八つぁん、熊さんの長屋暮らしの住人よりワンクラス上の層である。
 <庶民は共稼ぎがふつうで、それを「銘々稼ぎ」といった。共同で家計を支えるという感覚ではなく「個々それぞれ稼ぐ」という意味の言葉である。江戸時代は何についても、「個々で」という考えかたが強い時代だったのである。多くの女性が働いていた。江戸時代で働かないですんだ女性は、公家と武家の女性だけであった。農家も商家も職住一致であったためである。近代になって工場などへの勤めで職住が離れ、武家並みに仕事をしなくなった女性が増えたのだという。>
 女性の持参金のことを江戸時代では「敷金(しききん・しきがね)」といった。貸し屋入居時の敷金と同じで、保証金のことである。男性が女性の敷金めあてに結婚するのはごくふつうのことで、べつだん非難もされなかった。まとまれば持参金の1割を報酬でもらえることから、けっこう仲人の話を持って専門に活躍した人がどの町内にもいたという。娘の器量が悪い場合には持参金を上積みしたという。
 落語に「持参金」という噺がある。借金返済を迫られて持参金めあてに仕方なく結婚するというものだが、返済を要求している男がその金を持参金に、はらました女中につけようとしているのだから、一向に金が動かず、世話する金物屋がイライラするといったお笑いである。
 持参金は日本だけでなく、外国でもめずらしいことではない。ただし日本の場合、敷金がそうであるように、離婚するときには妻に返さねばならなかった。持ってきた家具調度衣類も最後まで妻に所属する。もし持参金を返せなかったら離婚できなかった。』
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=seizoh529&id=21361602
 中世ヨーロッパ貴族の結婚
http://m.oshiete1.goo.ne.jp/qa/q4244014.html?qid=4244014&uid=NULLGWDOCOMO&sid=c1c371139f2584aa2641bab4aa2c995135bbe53e
 『お江戸の結婚』
http://okanejuku.blog92.fc2.com/?mode=m&no=894
http://www.google.co.jp/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/rouen/rouen_hanayome1.htm&client=ms-docomo_link-jp&source=s&q=%E6%8C%81%E5%8F%82%E9%87%91+%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3&sa=X&ei=qryeVOOHOYXp8gXlywI&ved=0CB4QFjAD
 少なくとも持参金=女性差別という解釈は誰もしませんよ。

⇒「武家や商家の結婚となると、持参金が大きな役割を果たす。」
http://shinshomap.info/theme/married_life_in_edo_g.html
ということのようですから、持参金は武士階層だけの話(コラム#7387)じゃないわけですが、いずれにせよ、それ以外の大部分の人々にとって、持参金などさしたる役割を果たしていなかった、と言えそうですね。(太田)

 そういやこんなの見つけました。↓

 女性管理職について、女の8割弱が「関係ない」「どうでもいい」「興味ない」と回答
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/26/081/

<nF8UT95A>(同上)

 コラム#7387を読んだけど、やっぱり女性はああいう反応するんだなぁ。
 前に慰安婦問題で盛り上がる某ブログに太田さんのコラムを失礼ながら一部抜粋↓

 コラム#7149<の>
「芸者・郭文化称揚の縄文性が〜このような日本の売春・売春宿観を粘り強く説明して行く必要がある。) 」の部分
<を>書き込んだって話をしましたが、まさにあんな感じの反応で大荒れしたんですよね。
 特に「売春婦たる慰安婦は賤業に就いていたわけではなく、〜極めて適切なことだった。」
 この部分に反応・・・なんて生易しいもんじゃなく、烈火の如く怒り狂ってた。(多分大多数が女性。)
 多かった反応は「ああ、典型的な男の発想だな」とか「女だったら慰安婦が必要だったなんて頭で理解出来たとしても心が付いていかない」とか、「橋下大阪市長系の女性差別主義者」とか。
 私が上記のコラムを読んだ時に凄く関心した内容だっただけに、この反応には驚きました。
 細かい指摘もあったんで、太田さんのコラムを引用しながら、何とか説明しようと試みたんですが、引用すればするほど皆の怒りのボルテージが上がって行くんですよ。
 特にコラム#7387と同じく女性差別問題について取り上げたコラムを引用した後の女性達の怒りはPCの画面から溢れてきそうで怖かった。
 今にして思えば本当に浅はかな考えだったんですが、これだけ素晴らしい内容のコラムなんだから、慰安婦問題に感心を持つ人達なら当然共感するだろう、
 その上でこれら書き込みの内容は私のモノでは無く、太田述正という賢い人のコラムなんだよとバラして、あわよくば太田コラムに誘導してやろうと目論んでいたんですが、あまりの荒れっぷりに太田さんの名前が出せなかった・・・。

<72Fb2grg>(同上)

 太田さんは小保方さんの単独犯説を確信しているようですね。
 しかし小保方さんの身近にいた異常者が真犯人という可能性は本当にないのでしょうか?

 福岡伸一という分子生物学者の著書で、スペクター事件といわれるコーネル大学での癌研究実験で発覚した不正の経緯が詳しく書かれていますが、その分野で高名な学者の仮説を証明してその学者本人を喜ばせるために、性格異常者の弟子が密かに実験のプロセスをいじって望む結果が出るようにトリックを使っていたというものでした。

 ES細胞を故意に紛れ込ませたのが小保方さん本人とは限らない、という記事もちらほら出はじめています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122702000163.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000082-san-soci

<太田>

 その東京新聞の記事を踏まえれば、彼女は、「約二年間<の>神戸市にある理研発生・再生科学総合研究センター(当時)の客員研究員」の間に、既に「STAP細胞」を作ることに成功しており、そのおかげで、正研究員に「昇格」した、ということのようですね。
 その結果、当然、給与が大幅にアップしたはずです。
 だから、仮に「STAP細胞」なるものを彼女が捏造によってでっち上げたのだとすれば、それだけでも、詐欺罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E6%AC%BA%E7%BD%AA
の構成要件に該当します。
 しかも、この詐欺は、ES細胞の混入という、捏造行為によって実行されたものです。
 これは、食物等に青酸カリを混入させた、のと同じような比較的単純な事件であり、司法当局に捜査してもらうのが一番でしょう。
 もとより、彼女を起訴できるような証拠が出てこないかもしれないけれど、ここはどシロウトではなく、餅屋に任せてみるべきだ、というのが私の見解です。
 もちろん、あなたのご指摘のように、真犯人は別にいるかもしれませんが、その真犯人が捜査の過程であぶり出される可能性もありますよ。
 いずれにせよ、正研究員になってからのことだと思われる、STAP細胞がらみの諸学術論文において、また、自身の学位論文においても、彼女が無数の捏造行為を繰り返していたということは、彼女にとって決定的に不利な状況証拠です。
 ですから、本当に真犯人ではないのであれば、彼女の方こそ、疑いを(少なくとも刑事上)晴らすために、かかる捜査はむしろ歓迎すべきことではないでしょうか。

<太田>

 話は変わるけど、コラム#7385で、「どうして、日本の大部分の人は、事実を直視しないのかってのが」について書いたわけだけど、かなり決定的な私の「優位」について書き忘れていた。
 つまり、中共当局による、軍事力をちらつかせた対日領土攻勢が、どんだけ無謀な行為であるかを、私が防衛庁にいたから、分かっていたことだ。
 もとより、中共当局としては、軍事音痴の戦後日本で、そのことに気付く人は殆んどいないことを承知で、そういう演技をしたわけだが・・。

<HN>

 <私が譲ろうとしているスピーカーの>メーカーはタンノイです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%82%A4

 年代は70年代かそれ以前だと思います。
 機種名は分かりません。
 私、オーディオに詳しくないのです。(^ ^;
 詳しい人が身近にいると頼ってしまって。
 画像検索ですと以下ページの写真に似てるような気がします。
http://audio-heritage.jp/TANNOY/speaker/mansfield.html
 車庫の中で車の排気ガスのススがついて汚くなってますので、この写真のようなきれいなものをだと思い込まないでくださいね。(笑)
 ・・・そのタンノイのスピーカーの箱は、日本で作られた合板の物だと聞いてます。
 本物はむくの板なのでしょうね。

<太田>

 <HNさん>自身も、オーディオに詳しい友人から、マンションに引っ越すことになった、ともらったものなので、こういう書き方になっています。
 1月6日に、音が鳴るかどうか、パソコンと、(あの)DACを持参して、チェックさせてもらうつもりでいます。

<komuro>

 スピーカーは私より幾つか若いようですね。
 娘の親としてはちょっとほっとしました(笑)

>1月6日に、音が鳴るかどうか、パソコンと、(あの)DACを持参して、チェックさせてもらうつもりでいます。

 音質の確認には、小型アンプとスピーカーケーブルも一緒に持参してください。
 もし音質の確認が不要なら、スピーカーケーブルと単3か単4乾電池だけでも良いです。
 乾電池をスピーカーケーブルの片側に繋げた瞬間「ボコッ」と音がして、振動版が動けば簡易テストはOKです。

 私の予想では、音質はDALIの小型スピーカーの方が良いと思います。
 ただリラックスしながら聴くなら、大らかに鳴るタンノイは良い選択肢かもしれません。
 仮に修理するとしたら、費用が5万円以上掛かるなら止めた方が良いと思います。

 先ほどウチの<アンプ>を送り出しました。
 到着予定は明日(12/28)です。・・・

 荷物の中身は以下の通りです。
・バクーンプロダクツ AMP-5512K
 天板やフロントパネルに結構キズがありますが、動作は問題ありませんでした。
 電源を入れた後、数分間経たないとまともな音が出ません。これは音質を良くするための仕様です。
 たまに10分以上経っても、音のザラザラが取れないときがあります。そのときは一旦電源を切って数分間待ってから再度電源を入れてください。

・styleaudio CARAT RUBY
 お使いのUSB DAC TOPAZの3年前に出た兄貴にあたる機種です。
 音はちょっと固めで分解能がTOPAZより劣りますが、十分使える代物です。
 買ったときについていたACアダプタが壊れたため、別途購入したものを付けてあります。

・カナレ製ラインケーブル
 業務用のRCAラインケーブルです。アンプとUSB DACの接続にお使いください。

・オーディオ雑誌の付録CD
 高音質録音だと、雑誌には書いてありました。煮るなり焼くなりご自由に。

 では、到着までしばらくお待ちください。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 誰か教えてほしいんだけど、従来のLinkと違うのは、射撃管制システムもLink先と共用するってことなの?↓

 「ミサイル迎撃:海自艦に共同交戦装備・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20141228k0000m010123000c.html

 将棋に関しては私立も健闘していると見るべきか、それとも、将棋においてすら、国公立大学は強いと見るべきか。↓

 「将棋学生王座に立命館大 3年ぶり8回目・・・
 立命館大は8勝1敗で早稲田大と並んだが、勝った対局の総数で上回った。
 3位以下は次の通り。三、京都大、四、東京大、五、名城大、六、東北大、七、福岡大、八、金沢大、九、北海道大、十、愛媛大」
http://www.asahi.com/articles/ASGDW34F5GDWUCVL002.html?iref=comtop_list_cul_n01

 「慰安婦問題のぬれぎぬ晴らす好機」じゃないし、外務省はそもそも宗主国べったりであって、本件じゃあ産経の敵だから、古森サン、徹底的にズレてるねえ。↓

 「慰安婦問題のぬれぎぬ晴らす好機なのに…奇々怪々な外務省の対外発信 古森義久・・・」
http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280010-n1.html

 ところが、先の大戦では、報道戦で日本は蒋介石政権に完敗したところ、その責任は外務省にあるってのが私の見解だったよね。↓

 「「120年前の日清戦争、報道戦でも清は完敗」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700774.html

 韓国人(韓国系米国人を含む)は、日本化した部分と丸っきし元のままの部分があってオモロイねえ。↓

 「・・・2012年の選挙でアジア系の有権者登録率が高かったのは順に日系・インド系・フィリピン系、低かったのはカンボジア系・韓国系・ベトナム系だった。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700789.html

 丸っきし元のままの部分が出てるのが下掲だな。↓

 「【社説】日本との軍事情報共有、国民の理解を得るべき・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700705.html
 「野党「韓米日の情報共有、国民感情とかけ離れている」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700710.html
 「・・・ロシア、ドイツなど29カ国と既に情報共有協定・約定を締結済み・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700712.html
 「韓米日、北朝鮮の核・ミサイル情報共有へ・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700720.html

 YouTubeに有料部門があることすら知らなかった私。↓

 「ザ・インタビュー:・・・米国で配信が始まった数時間後に中国と韓国で違法にダウンロードされた海賊版の視聴サイトが出現した・・・
 公式サイトの一つ、ユーチューブでは「ザ・インタビュー」のチャンネルは、登録者数だけで46万人を突破、クリスマスで最もアクセスが多かった。」
http://mainichi.jp/select/news/20141228k0000m030056000c.html

 ソニーをハッキングしたのが北朝鮮だという米国政府発表に異を唱えるたって、米国政府が手の内を全部明らかにして発表してるワケないんだからねえ。↓

 Experts doubt North Korea was behind the big Sony hack・・・
http://edition.cnn.com/2014/12/27/tech/north-korea-expert-doubts-about-hack/index.html?hpt=hp_c1

 我らがフランシス・フクヤマは、最近の2連作では(当局を含む)中共で売れっ子、最近民主主義化したウクライナ、ポーランド、ミャンマー、インドネシアじゃ『歴史の終わり』で売れっ子だと本人が自慢してるね。
 それぞれ、何でウケてんのか、誰か、私に代わって分析してごらん。↓

 ・・・The Origins of Political Order, which narrates the emergence and growth of the state “From Pre-Human Times to the French Revolution”, ・・・
 Fukuyama goes on to say that a friend in Beijing had learned that the Communist party would translate that book’s recently published companion volume, Political Order and Political Decay for publication in a private edition for its senior leadership. “They take the analysis seriously,” he said. ・・・
 “I think where I’ve had my biggest and most positive audience is in recently democratised countries -- Ukraine, Poland, Burma and Indonesia,” he says. “In places like that, I’m still a rock star. In places like that, the End of History writings allowed people to see themselves as a broad historical movement. It wasn’t just their local little disputes, there were deeper principles involved.・・・
http://www.theguardian.com/books/2014/dec/27/francis-fukuyama-end-history-books-interview

 戦時中にハンガリーでユダヤ人2人をかくまい続けた女性の日記が紹介されている。↓

http://www.theguardian.com/world/2014/dec/27/hungary-holocaust-diaries-budapest-jews
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7390(2014.12.28)
<河野仁『<玉砕>の軍隊、<生還>の軍隊』を読む(その7)>

→非公開