太田述正コラム#7087(2014.7.30)
<皆さんとディスカッション(続x2339)>

<太田>(ツイッターより)

 「…日清戦争は、清と日本が朝鮮を取ろうとして朝鮮の地で繰り広げた戦争だった。
 にもかかわらず、当の韓国の古戦場には、このことを伝える表示がない。…
 韓国には、日清戦争関連の常設展示館もない。…
 韓国の日清戦争の現場は、完全に忘れられた場所。
 韓国の運命を左右した戦争なのに、よその国のことだと考え、国内問題にばかり没頭して国際情勢に対する認識が足りないからだ…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/29/2014072900747.htm
「日本とは、歴史にとらわれた単線的な認識を超え、協力チャンネルを拡大しなければならない。…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/29/2014072900735.html
 いい記事だねえ。

<24Nr0LSw>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫中韓が信用できる時代がやがて来ると信じるバカ≪(コラム#7085。3ci4o8/A)

理想や目標を掲げることが「バカ」だと言ってるの?
戦前の日本人は大東亜共栄圏だの五族協和だのと大概理想主義的だったと思うが、そういう人たちも、中韓を理解していない「バカ」だったってこと?

<K9efEZzU>(同上)

 韓国人の事は理解してなかっただろ。
 おかげで今や反日は韓国内で宗教化してんじゃん。
 結果だけ見りゃバカ以外の何者でもねえ。

≫韓国には、日清戦争関連の常設展示館もない。≪(コラム#7087。朝鮮日報)

 こんなもん作られたら更に歴史歪曲されて反日のシンボルにされるだけじゃん。
 何度も騙される奴の事をバカって言うんだよ。

<wTPQIl9g>(同上)

 <24Nr0LSwクン、>理想を語るのは、自由だけどね。
 現実も見ないとね。
 戦前の日本人は中国を民主化しようとしたが、二国間の取り決めは反故にされ、日本人に対するテロが横行したために日本の朝野に「シナを討つべし」という論調が主流になったんだよ。

<pDCiCxec>(同上)

 犬のおまわりさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93

まいごのまいごの こねこちゃん
あなたのおうちは どこですか
おうちをきいても わからない
なまえをきいても わからない
にゃんにゃん にゃにゃんにゃんにゃん にゃにゃんないてばかりいる こねこちゃん
いぬのおまわりさん
こまってしまって
わんわん わわん
わんわん わわん

 迷子の子猫は自力で名前と家を探さなきゃ。
 ただ泣いてちゃ駄目だぞ。

<太田>

前にも、同趣旨のことを書いたことあると思うが・・。
 朝鮮人が日本人を何人殺した? うち、民間人は? で、殺した理由は? (逆は?)
 支那人が日本人を何人殺した? うち、民間人は? で、殺した理由は? (逆は?)
 それに対して米国人は日本人を何人殺した? うち、民間人は? で、殺した理由は? (逆は?)

 せっかく太田コラムとご縁が出来たんだから、せめて、客観的事実に基づいて議論をすることを、そして、全体像を見ることを心がけてくれな。
 家畜化して脳ミソのシワが伸びちゃった戦後日本人の中じゃ太田コラムを読むだけ見どころがあるはずのキミ達にすら、宗主国事大主義の呪縛から一刻も早く逃れて欲しいとの僕の願いはなかなか届かないねえ。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 そこが天下人になった秀吉と一介の大名にしかなれなかった黒田や毛利との決定的違いだな。
 「軍師」官兵衛も、世界情勢・・スペイン・ポルトガル帝国の世界侵略・・についてはからっきし音痴だったってこと。
 ま、でも、毛利の方は、爾後も、歴代当主がほどほどのアホであり続け、幕末、下剋上を許して明治維新が可能になったんで許す。↓

 「キリシタン勘兵衛の布教活動 えっ毛利輝元も入信?・・・」
http://kotoba.asahi.com/mukashino/2014072300002.html?iref=comtop_btm

 「戦犯」シリーズの続きだ。↓
http://j.people.com.cn/n/2014/0729/c94474-8762119.html
http://j.people.com.cn/n/2014/0729/c94474-8762342.html
http://j.people.com.cn/n/2014/0729/c94474-8762350.html

 で、この「報道」もその「引用者」も間違い。
 習近平閣下が、日本「独立」化戦略の下、尖閣軍事攻勢はアブナ過ぎるので、アンゼンな歴史政治攻勢に戦術的転進をなさったってことだわさ。↓

 「見境なく日本を叩く中国 今度は日本人戦犯の“告白”を公開欧米メディアは「醜い反日キャンペーン」と報道・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41347

 米国等が、現在でも1日当たりではるかに多くの人命が犠牲になっているシリアのことを忘れて対ガザ戦争に注目していることをあざ嗤うイスラエル人。
 (米国は、昔も今も、度し難いアホ国家だとイスラエル人は分かってるみたいね。僕みたいに犯罪国家であるとさえ思ってる可能性が強いな。(太田))↓

 ・・・Close by, the deaths continue in Syria. More people are dying in Syria (on a daily basis) than in our conflict. Last week alone, 1,700 people died.
Why the world does not seem to care is the question on most Israelis minds.
 <そして、この間も、反ユダヤ的言動が募る欧州諸国に憂慮の念を表明するイスラエル人。(プロト欧州文明に復帰しつつある欧州なんじゃよ。諦めなさい。(太田))↓>
 The other wonder and concern is directed at Europe. The level of anti-semitism that has developed in Europe in the past few weeks has shocked Israelis. To some extent I think most Israelis were not surprised by the anti-semitic incidents in France over the past few weeks, but what has shocked Israelis is the reports of the call in Berlin for Jews to go to the gas chambers. ・・・
http://www.newsweek.com/tel-aviv-diary-anti-semitism-europe-and-victory-speech-hamas-262044

 下掲コラムでも、オバマのなーんにもしない対外「政策」に、米国の知識層は苛立ちをぶつけてるが、オバマのやり方を米国民の圧倒的多数が支持しているとさ。
 (その米国民の圧倒的多数は成果が全く上がらなかったイラク戦・アフガニスタン戦に単に疲れ果ててるに過ぎないが、オバマ親分自身は自分がたまたま取り仕切ってる米国という犯罪組織(国家)に一切暴力的シノギをさせずに解体的更生に向かわせようと決意して頑張ってんだよ。悪臭放つ泥沼に一人咲く白きハスの花かな。(太田))↓

 ・・・it is surely true that Barack Obama's administration is loath to get drawn into another war in the Middle East, but in addition to what is repeatedly cited as war weariness, there lies at the core of that resistance a glaring uncertainty as to whether U.S. involvement would actually lead to a better outcome, either for the United States itself, for the Syrians, or for America's allies in the region. And there is every reason to think U.S. involvement could easily make things worse, based on the state of the nations in which the last few interventions have occurred. ・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2014/07/29/what_would_nietzsche_do_us_military_intervention_iraq_afghanistan?wp_login_redirect=0

 上述した米国の知識層がオバマへの苛立ちをストレートにぶつけた準社説だ。
 (オバマよ、もっとゴルフにうつつを抜かせ!(太田))↓

 Obama needs to work on his foreign policy, not his golf game・・・
http://www.latimes.com/opinion/op-ed/la-oe-boot-obama-foreign-policy-20140730-story.html

 米国がマリファナ所持を犯罪視するようになったのは、1930年代のメキシコ系移民や黒人・・大麻を用いていた・・に対する差別感情だったとさ。
 (同様に差別されてたはずの日本人が大麻を違法視してるのは、恥ずかしいハナシだが、戦後、宗主国によって押しつけられたのかなあ?(太田))↓

 ・・・The federal law that makes possession of marijuana a crime has its origins in legislation that was passed in an atmosphere of hysteria during the 1930s and that was firmly rooted in prejudices against Mexican immigrants and African-Americans, who were associated with marijuana use at the time. This racially freighted history lives on in current federal policy, which is so driven by myth and propaganda that is it almost impervious to reason.・・・
http://www.nytimes.com/2014/07/30/opinion/high-time-federal-marijuana-ban-is-rooted-in-myth.html?ref=opinion&_r=0
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7088(2014.7.30)
<ロシア亜文明について(その2)>

→非公開