太田述正コラム#7014(2014.6.23)
<皆さんとディスカッション(続x2303)>

<太田>(ツイッターより)

 イラクのスンニ派地区の都市が次々にIsis側の手に落ちており、地区内の政府軍は逃げ惑うばかりだ。Isis戦士の練度が高いのと、旧バース党連中が共闘しているのと、スンニ派部族達の全面的支援を受けていることによる。
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-27960142
 シリアはどうなる?

<太田>

 関連記事だ。
 Isisによって、イラク政府は、シリア、ヨルダン、サウディアラビアとの陸路を全て奪われた。↓
http://time.com/2909424/sunni-militants-push-for-control-of-iraqs-western-border/

<sTFZ7vtu>

 戦時中も今も日本人が変わっていないこと示す、分かり易い写真。
http://pbs.twimg.com/media/Bpanf_eCAAAFJEk.jpg

<5m80iaZY>(「たった一人の反乱(避難所)」より)>>991

 <CNrJFXeMクン(コラム#7012)、>読んだよ。
 そっかイスラムのこと、なぜかうっかり忘れてた。
 そうだねイスラムはユダヤが嫌いだね。
 そしてフランスではどんどんイスラム人口が増えてるしね。

 しかし古いコラムだから、キャメロン首相が「国としての多文化主義は失敗した」って公式に言ったこととか、イギリスで低所得階級の暴動が起きたこととか、反映されてないよね。
 このあと太田さんの考えもずいぶん変わったしね。

<7KCGShp2>(同上)

 日本代表、8年前の惨敗と似ているが… サッカーW杯ブラジル大会
http://www.asahi.com/articles/DA3S11203139.html
 ザック異例の練習中止「メンタルのため」
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140622-00000006-nksports-socc

 今頃、休養するというところに、どうしようもない愚かさがある。
 4年前はうまくやったのに・・
http://www.coach.co.jp/wc/interview/sugita001.html

 こういうところに、もっと科学的分析のメスを入れてほしいものだが、こういうのは日本は、伝統的にだめだよね。

<WpPIFq6c>(同上)

 W杯は基本的に、宗主国である欧州と中南米・アフリカ・中東の戦いですね。
 日本や韓国は場違い感がある。
 レイシズムの匂いもある。
 アメリカがクールな態度で参加してますが、日本も熱くならずに試合に臨むべき。

<WpPIFq6c>(同上)

 W杯は世界的なスポーツイベントとあって、放送局としてはのどから手が出るほど欲しいコンテンツだ。
 だが、その放映権料は大会を追うごとに高騰。
 例えば、1998年のフランス大会の放映権料は6億円だった。
 ところが、2002年の日韓大会から放映権は各国放送局の競売形式となり、みるみる高騰。
 2010年の南アフリカ大会では250億円、そして、今回のブラジル大会では400億円にも跳ね上がった。
 これはNHK(日本放送協会)と民放連加盟各社で構成されるジャパンコンソーシアムが負担するもので、400億円のうちの70%をNHKが支払っている。
 もちろん、これは受信料からまかなわれるものだ。

 NHKの受信料収入は6428億円(2014年度)もあるのだが、
それにしても400億円の70%=280億円はあまりにも高すぎないか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000509-san-socc
 金満・W杯なんかいらない! FIFAが嫌われる7つの理由+(1/8ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140621/wco14062108500011-n1.htm

<鯨馬>

 昨日の<有料>コラムにおいて、

 「結局のところ、これらを含め、第一次世界大戦から今日に至る、殆んど全ての> 国際問題の原因を作り出した責任は、好んで第一次世界大戦に参戦して中央同盟> 側を勝利に導き、」

とありましたが、中央同盟はドイツ側ですので、米国の責任と言えるか疑問です。

<太田>

 単なるミスプリです。
 中央同盟→協商国


 それでは、その他の記事の紹介です。

 いつも10倍くらい無意味な増量をしている伊東乾のコラムだが、今回もいつも通りの無意味な増量コラムであるところ、それはともかく、この、最初の方の、しかも、別の記事の要約引用の部分は衝撃的。
 小保方嬢は単なるビョーキなんだろうが、ホンモノのワルもからんでたようだね。
 そう言えば、東京女子医大ってつい最近大医療過誤事件
http://www.asahi.com/articles/ASG627SB3G62UUPI004.html
で世間を騒がしたよな。↓

 「・・・セルシード社の社外取締役である岡野光夫・前東京女子医大副学長、その部下で、小保方晴子氏の指導教官、STAP論文の共著者でもある大和雅之・東京女子医科大学教授らのインサイダー取引の疑い・・・
 <STAP「事件」は、>米国ではとっくに時代遅れになりつつある「特許」「科学研究」「インサイダー」三位一体の経済犯罪が、法規制の進んでいない日本に持ち込まれ、あざとく利ざやが抜かれた<事件であった>可能性・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41030

 集団的自衛権犬猫は数多い。
 戦後日本人も、ポチやミーちゃんの爪の垢を煎じて飲まなくっちゃね。
 (それにしても、赤の他人の幼児を救った犬猫・・太田説の集団的自衛権行使犬猫・・はいないのかしら。)↓

 「お手柄犬、クマから男児救った!普段は臆病、6歳雌のシバ犬・めごちゃん・・・」http://news.livedoor.com/article/detail/8966050/
 「集団的自衛権「反対」が過半数 行使拡大懸念6割・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014062201001704.html

 現代日本の若者達も、やっぱり、女性達とおんなじで、あえて責任を負わない、つまりはストレスのない生き方を選んでるからだろうな。↓

 「・・・現代の若者が、実は過去40年で最も生活満足度が高い若者・・・」
http://book.asahi.com/reviews/column/2014061500002.html?iref=comtop_list_cul_b01
 で、ストレスが高い生活をしてるとなんで命が縮むのか、科学的根拠が一つ明らかになった。
 白血球が増えて血栓ができやすくなり、循環器疾患をもたらすんだと。↓

 Stress can cause an overproduction of white blood cells, which can contribute to blockages  Scientists may have identified the connection between chronic stress and heart attacks・・・
http://time.com/2909424/sunni-militants-push-for-control-of-iraqs-western-border/

 中韓でも、犬を食用に供していることへの批判が高まりつつあるとさ。
 (欧米の目なんか気にしないで食い続けなさい!(太田))↓
http://www.bbc.com/news/blogs-china-blog-27952543

 中共の人々が日々日本人の人間主義に触発されている姿を見よ。↓

 「・・・日本のサポーターは敗戦後、雨が降っているにも関わらず、スタンドに残されたごみを拾い集めた。この行動は、国内外から称賛を浴びている。・・・
 日本人の他人に迷惑をかけないという意識は、もはや病気レベル。・・・
 日本の空港のトイレに入ったとき、ある日本人が飲み終わったコーヒーのカップを洗っていた。何かに使うためかと思っていたら、彼は洗ったカップをごみ箱に捨てた。一方で昨日のこと。深セン市の商店街で2人の若者が、飲み残したミルクティーのカップを地面に投げ捨てていた。この差はなんて大きいのだろう。・・・
 道を歩いているとき、自分からぶつかっても、相手にぶつかられても、日本人はみんな「すみません」と言う。日本の街は清潔で、靴は買ってからはきつぶすまで磨く必要はない。子どもを連れた若いお母さんは、まだ小さい子どもが転んで泣いていても「早く起きなさい。周りの人の邪魔よ」と言い、子どもも自力で立ち上がり、それ以上泣かない。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8965668/
 「・・・ツアーのなかのある客が、ホテルにカメラを忘れたことがあった。ホテルの従業員は客が取りに戻れないことを知ると、仕事が終わった後、自分の車を運転して持ち主に届けてくれた。このような社会のなかでは、悪人はそう簡単には生まれないだろう。
 われわれ中国人客は、少なくとも日本にいる間は分別をわきまえていた。あるとき、ツアー客の1人が、道を歩いているときに無意識にごみを地面に捨てた。彼ははっとして、慌ててごみを拾い上げ、「いけない、ここは中国じゃなかった」とひとり言を言った。環境が人に与える影響は、確かに大きいようである。」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=88555
 「・・・日本の小学生は学校給食で、「残さず食べる」ことを身に付ける。物を大事にすることや、資源を大切に使うことを子どもころから教えられた日本人は、エコの分野で世界をリードしている。燃費のいい日本車が米国車に勝ったのがいい例だ。日本人にとって節約は美徳であり、倹約は知恵だ。・・・
 日本の小学生の「将来の夢」で最も多いのは、男の子が「スポーツ選手」、女の子が「ケーキ屋さん」だ。中国の小学1年生に同じ質問をしたところ、ある子どもは「官僚」と答えた。「どんな官僚?」と聞くと、「汚職官僚!だって、いっぱい物をもらえるから」と大真面目に答えた。純粋で無邪気であるはずの子どもでさえこうも違うのだ。
 日本人は真の愛国者だ。国家や家族、自然を愛し、守ろうとする。団結し、助け合う精神がそこにある。そして国家の尊厳を大事にする。サッカーのワールドカップで日本人サポーターが見せたマナーの素晴らしさ、東日本大震災で見せた日本人の秩序ある行動は世界中の称賛を浴びた。国家の尊厳を維持する、これこそが真の愛国意識ではないだろうか。」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83623
 「・・・清潔さは、貧富の差とはさほど関係がないが、完ぺきを追求することとは関係がある。私が子どものころ、中国はとても貧しかった。私が住む村には、何軒か比較的きれい好きの家庭があった。数年後、これらの家庭の子どもだけが大学に合格し、出世した。彼らは汚れた環境を受け入れられなかった。物事を適当に終わらせることができなかった。彼らは、何をするにも人より徹底した。このような環境が、子どもの才能を開かせたのだろう。・・・
 なぜ中国人は清潔を保つことができないのか。私は一つの考えを持った。幼稚園がきれいでなければ、小学校はきれいにならない。小学校がきれいでなければ、中学校はきれいにならない。中学校がきれいでなければ、高校は…。私は自分が大学に合格したときのことを思い出した。当時の進学率は高くなく、私たちはいわゆる「エリート」だった。しかし、そのときの男子寮の汚さや臭いにおいは、今も忘れることができない。私たちのような人間が社会に出れば、社会が清潔になるはずもないのだ。」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83477
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#7015(2014.6.23)
<中東イスラム世界の成り立ち(その7)>

→非公開