太田述正コラム#6944(2014.5.19)
<皆さんとディスカッション(続x2268)>

<太田>(ツイッターより)

 「ベトナムの過激な反中デモ、「少しは日本人の気持ちを理解できたか?中国も粗暴で無教養だ」―中国版ツイッター…」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=88187
 中共人民の気持ちは日本人民と共にあり。
 皮肉にも中共は数年前の反日暴動での償いを反中暴動を受けて果たした勘定だね。

 「STAP論文:マウス購入記録なし 万能性証明実験前…」
http://mainichi.jp/select/news/20140519k0000m040093000c.html
理研は再現実験を即刻中止すると共に、小保方嬢を始めとする、転出している(彼女の直近上司だった)若山山梨大教授への研究費返還請求等を含む関係者の懲戒処分を断行すべきだ。

<太田>

 関連記事だ。

 「解説:STAP論文 理研調査報告に疑問 矛盾放置許されぬ・・・」
http://mainichi.jp/shimen/news/20140519ddm041040107000c.html

 小保方嬢は片山被告並。
 ついてる弁護士のマヌケかげんも似たようなもの。↓

 「「真犯人」メール、片山被告が自ら送信か・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8845822/
 「自作自演「あり得ない」と弁護士 片山被告とは連絡取れず・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8846385/

<5UCUd526>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「世界の警察をやるような軍隊をつくるには、志願制では困難というのが世界の常識だ。
 従って集団的自衛権を積極行使するようになれば、必然的に徴兵制にいかざるを得ないと思う。」
http://www.asahi.com/articles/ASG5L6HCDG5LUTFK00P.html

 こんな人が官房長官やってたんだね この国は。

<太田>

 猫にもオツル日本国民にさえオツル元官房長官だわね。
 あの猫は、あの飼い主一家に初めて出会った時に自分でついていって、押しかけ飼い猫になったんだぜ。
 つまり、徴兵制じゃなく、志願制で飼い猫になり、自分を守るためじゃなく、飼い主の幼児を守るために集団的自衛権を行使し、犬に体当たりをしたんだな。
 平均的日本人は枝野ほど非科学的じゃない。
 よって、枝野は猫に一翻(イーファン)オツルのである。
 とはいえ、平均的日本人にも困ったもんだわ。↓

 「憲法解釈変更、反対過半数 集団的自衛権、賛成39%・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140518/stt14051819350004-n1.htm
 「集団的自衛権 憲法解釈変更…反対56%・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20140519k0000m010080000c.html

 いずれにせよ、こんな連中だって官房長官や自民党幹事長をやってたんだぜ。この国は。
 自民党は民主党よりはるかにひでーぞ。↓

 「加藤、古賀、野中氏…元自民幹部 宿敵「赤旗」に続々登場で首相批判・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140518/stt14051822580008-n1.htm

<TA>

 アングロサクソン・欧州対立構図で一部英語が使われていますが、これは日本語で表現することはできないのでしょうか。
 例えば「extension」<(外延)>ですが、これは「extend」の「めーしけー」のようですが、「extend」の語彙レベルは現在での高校二年レベルだそうです。↓

 高校2年レベルの単語一覧
http://agreatdream.com/word-list-senior-high-school-2nd-year/

 私の英語力は小学生レベルですので、「extension」はおろか「Protestant」や「bastards」も、普通わかるレベルなのか判断が全くできません。
 英語で表現する必要があるのでしたら別ですが、もしないのであれば、日本語の方が良くないですか?
 (逆に「The Great Game」をカタカナで書いてしまったら一気に安っぽくなるでしょうが・・)

<太田>

 TAさんの言う通りですね。
 Chaseさん、ご再考を。

<Chase>

 TAさんのご指摘を受け、無造作に英語にしていたのを日本語化しました。
 The Great gameもザ・グレートゲームにしています。(検索するとカタカナ表記もよくあります)
 なお余談ですが、英露係争のいわゆるグレートゲームにもすでに?定冠詞がついていますので、
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Game
太田さんのこの大テーゼを勝手にあえて区別するなら、拡大グレートゲーム、真のグレートゲーム とかでしょうか?
 (The expanded Great Game/The true Great Game)
 expandedは、enlarged、extended、Greater とか、シソーラス
http://thesaurus.com/browse/enlarged
見るといろいろありますが。。。いかがでしょう。
 私としましては当初、書いたときに、こちら<太田テーゼ>が本質だという解釈で、The Great gameを使いました。

<太田>

 ・・・Chaseさんに、講座5回目に使用するスライドの一つの基本デザイン案をお考えいただくお願いをしておこうと思います。
 これです。↓

 「私の三次元イメージは、高空から俯瞰すれば、個人主義文明たるアングロサクソン文明とそれ以外の全体主義諸文明との中間点に中庸の文明たる 日本文明が位置し、地平線から眺めれば、左のなだらかな稜線半ばにアングロサクソン文明、右の急峻な稜線と地平線の接点にそれ以外の全体主義 諸文明を従え、山頂に日本文明が鎮座している、というものです。」(コラム#6716)

<太田>

 <K.Kさん、>前から申し上げていることに関連する別件ですが、有料読者は2グループに分けてコラムを配信しているところ、1つは「送信済みメール」に入り、もう1つは「14送信済みメール」に入る、という状況が続いています。

<K.K>

Aグループ:「送信済みメール」に入ってしまうメール
Bグループ:「14送信済みメール」に入るメール
とします。

 基本的なことの確認になりますが、Aグループの差出人がxxx@ohtan.netであるにもかかわらず、「14送信済みメール」に仕分けられないということでしょうか?
 わざわざ差出人を変更しているとは思えませんので、差出人は同じだと思うのですが、それですと現時点ではちょっと原因が思い当りません。
 有料読者へのコラム配信は「Bcc」を利用してらっしゃるのでしょうか。
 もし「Bcc」を利用しているのであれば、「Bcc」を条件に含めたフィルタを設定できるのですが。
 また、他に、Aグループに共通する点はないでしょうか、あれば、それを条件にフィルタを設定できるかもしれません。

<太田>

 今もう一度チェックしてみたら、「送信済みメール」にはゼロで「14送信済みメール」に2通ずつ入っていた(過去の分も同様)ので、両方に1通ずつ、と いうのは、瞬間的に起こる現象なのかもしれません。(あるいは、2通とも一旦前者に入ってから後者に入る仕組みなのかもしれません。)
 ただ、今回だけの異常な現象は、2通のうち1通がクリックする前は赤字で表示されており、開くと普通に表示されるけれど、タグの所に赤の背景に 「重要」、紫の背景に「To Do」と入っていました。
 ちなみに、G-Mailの「14送信済みメール」の中では、2通のうち1通の□☆⇒の ⇒(・・形は正確には異なりますが・・)が、毎回、白じゃなくて橙色になって いますね。
 なお、もう一つも問題は、(まずは起こらないことですが、)同じ1組に二重に 送って、もう1組に送り忘れていないか確認したいと思っても、従来とは違っ て、(BCCで送っているところ、)私には送信ログで宛先が全員見えていたのに、見えなくなっていることです。
 ・・・
 もう一つありました。
 有料読者向け一斉配信をすると、この数日間、某読者に不達であった旨のメッセージメールが届くのですが、そのメールが「2014」にではなく、「受信トレイ」に(だけ)入ります。
 色々お伝えしましたが、どれ一つ致命的な問題ではないので、余り気にしない、というのも手かもしれません。

<K.K>

>今もう一度チェックしてみたら、「送信済みメール」にはゼロで「14送信済みメール」に2通ずつ入っていた(過去の分も同様)ので、両方に1通ずつ、というのは、瞬間的に起こる現象なのかもしれません。(あるいは、2通とも一旦前者に入ってから後者に入る仕組みなのかもしれません。)

 この辺は、太田さんの推察通りではないでしょうか。

>ただ、今回だけの異常な現象は、2通のうち1通がクリックする前は赤字で表示されており、開くと普通に表示されるけれど、タグの所に赤の背景に「重要」紫の背景に「To Do」と入っていました。ちなみに、G-Mailの「14送信済みメール」の中では、2通のうち1通の□☆⇒の⇒(・・形は正確には異なりますが・・)が、毎回、白じゃなくて橙色になっていますね。

 まず、「重要」タグの方ですが、Gmailに自動で「重要」タグをつけてしまう機能があります。
 「重要度のランク付けとマーク」
https://support.google.com/mail/answer/186543?hl=ja&rd=1
 このGmailが勝手に付けた「重要」タグに、Thunderbirdが同期してしまったためかな〜、というところです。
 この機能が煩わしいようでしたら、以下の手順でOFFに出来ます。
1)Gmailにアクセスしてください。
2)右上の「歯車」アイコン→「設定」をクリックしてください。
3)上の青い字の中の「受信トレイ」タブをクリックしてください。
4)「重要マーク:」のところの、「マークを表示しない」ラジオボタンをクリックしてください。
5)画面下の方にある、「変更保存」ボタンをクリックしてください。
 以上です。

⇒たまにしか起こらず、しかも、実害がないので、そのままにしておきます。(太田)

 「To Do」タグの方は、なぜ付いたのかちょっと現時点ではわからないです。

>有料読者向け一斉配信をすると、この数日間、某読者に不達であった旨のメッセージメールが届くのですが、そのメールが「2014」にではなく、「受信トレイ」に(だけ)入ります。

 これは、有料読者の方の一人が、メールアドレスを削除/変更等してしまって、太田さんの場合送信サーバはGmailなのでxxx@ohtan.netではなく、Gmail宛に戻ってきた結果だろうと思います。

>なお、もう一つも問題は、(まずは起こらないことですが、)同じ1組に二重に送って、もう1組に送り忘れていないか確認したいと思っても、従来とは違って、(BCCで送っているところ、)私には送信ログで宛先が全員見えていたのに、見えなくなっていることです。

 私も知らなかったのですが、「メールクライアント (Thunderbird、Outlook、Entourage など) で Gmail アカウントのメッセージをIMAP で同期するよう設定しているときに、送信済みメールフォルダで BCC の宛先を見ることはできません。・・・
 送信後に"送信済みメール" フォルダでそのメッセージを表示しても、"To" と "CC" の宛先しか見ることができません。
 これはGmailがメッセージから、BCC に設定した宛先を取り除くためです。
 メッセージは BCC の宛先にも送付されますが、BCCの宛先は保存された送信済みメールでは表示されません。
 (Thunderbird でメッセージを作成した場合、GmailのWeb メールでもBCC の宛先は表示されません。) 」
https://support.mozilla.org/ja/kb/thunderbird-and-gmail
だそうです。
 つまり、Gmailの仕様の様です。
 しかし、このままですと、太田さんの手元に有料読者に送信した記録が残らないことになりますので、私はこれはちょっと問題かなと思います。
 解決策は、
1)(今更言いにくいのですが、)POP環境に戻す。
2)IMAPとPOPを共存させ、POPの方の受信は停止させた上で、Bccを含むメール送信(コラム配信)のみはPOPから行う。(検証してみましたが、POPの方でBccの内容は確認できます。)
です。
 2の方法の場合、送信メールに関して、IMAPとPOPに2重に保存することになりますが、IMAP環境を他のPC・スマートフォン等で共有できるメリットの方が大きいと思いますので、私としては、方法2をお勧めします。
 どうしましょう?

<太田>

 方法2でいきましょう。

<K.K>

 昨日、xxx@ohtan.net(POP)アカウントの受信停止方法について書かせていただきましたが、改めて書かせていただきま す。
 尚、以下の手順で”自動”受信は停止されますが、"手動"受信は可能ですので、xxx@ohtan.net(POP)アカウントに関して"手動"受信を行わないようにお願い致します。
1)Thunderbirdを起動し、「xxx@ohtan.net」上で右クリックし、展開したリストの一番下「設定(E)」をクリックしてください。
2)「アカウント設定」ウインドウの左側の方の「xxx@ohtan.net」の下の「サーバ設定」をクリックしてください。
3)画面が変わりましたら、下記の3つのチェックボックスのチェックを外してください。
「新着メッセージがないか起動時に確認する(C)」
「新着メッセージがないか”xx”分ごとに確認する」
「新着メッセージを自動的にダウンロードする(M)」
4)チェックを外しましたら、「OK」ボタンをクリックしてください。
 以上です。
 次に、POPアカウントからメールを送信したときに少し奇異な現象が起こりますので、この点について予め説明しておこうと思います。
 POPアカウントからメールAを送信した際、宛先もしくはBCCに自分 (xxx@ohtan.net OR xyz@gmail.com)が含まれる場合と含まれない場合、宛先とBCCがある場合とBCCのみの場合等で、IMAPアカウント側での仕分けの結果が 異なります。
 しかし、いずれの場合も、IMAPアカウントから別のメールBを送信すると仕分けが正しく行われる(「14送信済みメール」フォルダに仕分けられる) ようです。
 また、POPアカウントからメールを送信しますとローカル(PC)側でPOPとIMAP2重に送信メールが保存されることになりますので、BCCを含まないメールは可能な限りIMAPアカウントから送信するようお願い致します。
 (ローカル(PC)側での容量を気にしないのであれば、送信はPOPから行うことに統一してもOKです。
 この辺は、太田さんの好みでお願い致します。)

<太田>

 上記手順を行ないました。
 しかし、このままだと、xxx@ohtan.netに入っているこれまでのメールログ・・xyz@gmail.com以外に入っていて結果的にxxx@ohtan.netに流れ込んだものを含む・・はそのままThunderbird上に残ることになりますが、ログ消去を行わなくていいのですか?
 なお、BCCを含まないメールは、全てIMAPアカウントから送信することにします。

 別件ですが、私は日経BP社の電子雑誌を何冊も講読しているところ、・・・「2014」だけでなく、「受信トレイ」にも(「2014」に入らなかった)数「冊」が入<り続けています>。
 これも実害は殆んどない話ですが・・。

<K.K>

 「2014」フォルダに仕分けられる雑誌=xxx@ohtan.netで登録している、「受信トレイ」にそのまま入る雑誌=xyz@gmail.comで登録している、等ではないでしょうか?

<太田>

 そんな登録をしたはずはないのですが・・。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 これを契機に臨時一人題名のない音楽会をとも考え、彼の曲を数曲視聴したが、生理的に受け付けず、諦めた。↓

 「取り調べを終え湾岸署に戻るASKA容疑者・・・」
http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20140519_0020

 堀江貴文の長文インタビュー記事がFTサマに載ったでよ。↓
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/6c099ae4-dab4-11e3-9a27-00144feabdc0.html?siteedition=intl#axzz327rPwEhr

 福本清三
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%9C%AC%E6%B8%85%E4%B8%89
の大きな紹介記事が出ていた。↓
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304655304579547093505162448?mg=reno64-wsj&url=http%3A%2F%2Fonline.wsj.com%2Farticle%2FSB10001424052702304655304579547093505162448.html

 こいつぁーオモロイ。↓

 「マー君よりダルの成績が低いのは味方打線が沈黙しがちだから・・・」
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_256909

 ユーロヴィジョン優勝者たるオカマの故国凱旋公演と同国首相との面会を報じる記事だ。
 (本件で、前回、私がリンクを貼った映像を鑑賞した人は気付いたろうが、「彼」もロシア代表の双子も、どちらも英語で歌ってたことに注意を喚起しておきたい。大変な時代になったもんですわ。)↓
http://www.bbc.com/news/world-europe-27462330

 私の指摘、「キリスト教徒は、その教義上反ユダヤ主義ですし、アラブ人ないしイスラム教徒は、パレスティナ問題に反発して反ユダヤ主義なので、そのような調査結果が出るのは当然です。」(コラム#6942)と同じ指摘をしているコラムだ。↓
http://www.slate.com/blogs/saletan/2014/05/16/anti_semitism_and_anti_zionism_does_an_adl_survey_show_hatred_of_jews_or.html
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6945(2014.5.19)
<欧州文明の成立(その2)>

→非公開