太田述正コラム#6806(2014.3.11)
<皆さんとディスカッション(続x2199)>

<太田>(ツイッターより)

 不謹慎ながら、「…マレーシア航空機は何故見つからないのか?…マレーシア、ベトナム<の>…捜索能力が低い<からだ。>」
http://j.people.com.cn/94475/8560826.html
 「先進国である日本の…社会の成熟した様子を目の当たりにし、感動した… 一般の日本国民を応援しようではないか。 」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/10/2014031001417.html
の両記事、それぞれ大真面目な記事なんだが、前者は苛立ちで本音が出たというところだし、後者は韓国民に猫なで声で懇願している趣があり、どちらにもニヤリとしちゃった。
 人民網の記者も朝鮮日報の記者も、まことにもってキャーワイーじゃないけ。

 「マレーシア航空機捜索を領有権拡大に利用する中国…中国海軍少将はこのほど、…「南沙諸島…に救助作業のための港湾や飛行場を設けるべきだ」<と>…語った。…中国の一部メディアは、今回の事態で救助船舶の現場到着が遅れたのは、ベトナム、フィリピンなどの救助能力が不足しているためだと伝えた。…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/11/2014031100861.html
 にゃーるほど、昨夜紹介した人民網記事はそのための布石だったのね。
 ニヤリとした僕の未熟さを反省。
 とまれ、朝鮮日報が反中的記事を載せたことに注目したい。

<c/JmCFqQ>(「たった一人の反乱(避難所)より)

≫部内向け諜報雑誌・・断じて学術雑誌ではない!・・に書いてあることを真に受けるバカセンセが、この世にいるとはねえ≪(コラム#6804。太田)

 ちょうど書店で一ノ瀬氏の「日本軍と日本兵」見かけて流し読みしましたが、案の定でしたね。
 (筆者自身、米軍広報誌に懐疑的なのに公式報告書に頼らないでよく本書けるなと)
 筆者には太田コラムぜひ紹介したいですね。ちなみにAmazonでの評価は4.7/5.0でした。

<3u1dsmBk>(同上)

 <c/JmCFqQクン>と同じ箇所について

 太田さん、ツイッターやってらっしゃるので、そこで相手の実名出して批判されたら
どうですか?
 反論が来れば掲示板も盛り上がると思いますが。
 海外紙の太田さんの投稿への反論はイマイチもの足りませんぜ。
 相手が市井の人間であるがゆえに。

<N2VA6Ypk>(同上)

 過去色んな人を何度か実名出して批判してるけど本人から反論なんて帰ってきた試しがねえじゃん。
 批判してる相手に直接ツイートしろって事?
 太田さんにそこまでやらせんの?

<太田>

 新聞記事に出た範囲の中身に対する批判だからねえ。
 いずれにせよ、日本人が書いた本を買ってまできちんと読んで批判するほど僕にゃ親切心も忍耐力もあーりません!

<:ROU6vUeY>(「たった一人の反乱(避難所)より)

≫もともと日本は女性優位の男女同権・共同参画の社会なんだが、先の大戦で、政府が、女性を兵士にせず、生めや増やせよの担当としたことを奇貨とし、日本の女性は、戦後も政治や実業の前線に男だけを送り込み、家庭で主婦として財布を預かり、これら男達から搾取する地位に安住してきた・・最近の結婚しない女性は、実家の父親を搾取している・・ということなんだ、と最近考えるに至った。これは実にひどい話で、女性達は、子供はつくらないわ、家事は電化等で楽になるわ、であるというのに、この地位を死守して手放そうとしないんだな。だから、マジ、日本の男性達は、自分達の地位向上のためのゼネストを敢行し、女性に意識改革を迫る必要がある。そして、これと並行して、政治家や企業幹部に女性を登用するクォータ制を導入し、しぶる女性達の尻をぶったたいて政治や実業の前線に送り込む必要がある。≪(コラム#6796。太田)

 日本には構造的女性差別があると言う考えは撤回?

<太田>

 然り。
 僕がつい最近まで見ていたのは、構造的男性差別の鏡像だったのだ。

<MH>

 --イギリスブログネタの続き--

 --「イギリス毒舌日記」より(続き)--
http://ameblo.jp/wiltomo/

≫イギリス人は、自分達は先の大戦で日本に実質敗れた、日本によって大英帝国を瓦解させられた、と日本人に対して恨みを持っているのに対し≪(コラム#6804。太田)

 そんなことはないと思います。
 カーライルの英国人(の一部か殆ど)はアジア人(中国、アジア諸国全部)に対して差別意識丸出し発言が酷いです。
 やはりアングロサクソン自身が戦争責任や帝国崩壊と関係なく差別主義なのではないですか?

 『ブログ左のテーマ別「差別ばなし」より』

 「町に近づいた停留所で、1人の老人が降りようとした。
 私は「すいません」と声をかけ、狭くなってしまった通路について、老人に一応、侘びを入れた。
 すると老人は、「1人の中国人の子供と、1人のイギリス人の子供・・・狭いバスの通路を塞ぐと分かっているのなら、中国人が降りるべきだろう!!」と私に怒鳴って降りて行った。
 バスの中は静まり返り、運転手さんは「気にするな」と声をかけてくれた。」

 「(同僚の)おばちゃんが、昨日の夕方退社し、車を停めている駐車場まで歩いていた時の事。
 目の前を肌の黒い、恐らくインドかどこかのアジアの女性が通り過ぎた時にそれは起こった。
 その女性に向かって「汚い肌をさらすな」「早く帰れ」「その肌の色を、恥かしいと思わないのか」などと、罵り笑う声が聞こえた。
 振り返ると、15歳くらいの男女のグループが、その女性に向かって叫んでいたという。
 おばちゃんは、つい先日、私の身に起こった事(クソガキに雪をぶつけられた)を思い出し、怒りで自分を抑えられなくなり、吐き気がしたので、そのままグループの男女に向かって、「あんた達こそ、恥を知れ!!吐き気がするわ!!」と言った。」
(この方はまともな英人ですが)

 またこの話は余りに酷すぎる。
(彼女らはブログ主の職場の同僚)

 「1人の女が「タイ料理って何?」と聞いた。
 ともう1人の女が「ああ、中華料理のことよ。アジア料理は気持ち悪いから、私は食べた事ないけど、タイ料理もどうせ肌の汚い人が作ってるから、不潔に決まってるわ」と言った。
 それに伴い、他の女達も「タイ料理って汚いの〜?!」とゲラゲラ笑い始めた。
 その中に私が最も嫌っている女がいて、「だいたい、アジア人てアジア料理を食べて生きていられるのが不思議〜」と爆笑しながら言った。
 これで一同が爆笑したが、勿論、私は笑えなかった。
 呆れるとか、怒るとか、そういうレベルを超えてしまい、私の頭の中が真っ白になってしまった。
 こいつらは、私が日本人というアジア人であることを承知で、よくもこんな人種差別丸出しの会話が出来たもんだと、信じられなかったのと、あまりの無知に呆れてしまった。
 白人以外の人種は「肌が汚れている」と聞いたとき、私はそういう目で見られていたのかと知った。
 私はその日の帰り道、悔しくも泣いてしまった。
 そして初めて旦那に「日本に帰りたい」と言った。
 イギリス生活が辛いんじゃない。
 ただ、あまりにもレベルの低い人間と働いている自分に辛くなったのである。」

 太田さんは英国人が人間主義だと仰いますが、性根はアメリカ人と変わらないのではないですか。
 断っておきますがこれ今現在の話しです。
 ロンドン在住のメイロマさんはそんな目には合わないそうですが職場の黒人(スーダンやガーナ人)が白人から酷い差別を受けてるのを見て止めに入ってるそうです。
 それについては如何お考えでしょうか?

<太田>

 私はイギリスには、1958年、1976年に旅行者として行き、1988年には1年間滞在したわけですが、いずれもロンドンです。
 1988年の時は、留学先の学校の集団旅行や、個人的な旅行をしたけれど、訪問先は、軍等政府の施設と観光地なので、地方の地元住民と接触があったわけではありません。
 ですから、私のイギリス経験は、(多国籍大都市と言ってよい)ロンドン経験であり、接触相手は、インテリないし上中流階層の人々が殆んどであったことになります。
 また、ご承知のように、私が毎日読んでいるのは、ガーディアン、FTという高級紙です。
 あなたが引用した私のイギリス人の日本観は、あくまでも、その範囲のイギリス人、ただしイギリス全体を規定する人々、に関するものです。
 そのイギリスは、階層社会であり、地域社会の連合体です。(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはイギリスの中には含めていません。)
 有色人種差別言動が、特定の地方の地域社会の、しかも、下流階層の中にあっても何の不思議もありません。

<MH>

 --イギリス毒舌日記続編PART2--
http://ameblo.jp/wiltomo/

≫フランス人は、自分達による植民地統治そのものに罪悪感を(正しくも)持っている上、仏 領インドシナ等の独立は、米英が日本と戦ったせいだと思ってい るのだと思い ます。≪(コラム#6804。太田)

 これも違うんじゃないでしょうかね?
 太田コラムに寄稿してきたフランスの方は偶々遭遇しなかったわけでブログには以下の体験談コメントもあります。

 「私は以前フランスの田舎に住んでいて、道で唾を吐きかけられたり、殴られたりした事が多々あります。
 私は「中国人」と言われて殴られたりしましたが、あきらかに日本人に見える日本人留学生の男の子は「日本人」と言われて殴られたそうで・・・結局、アジア人だからターゲットにされるんですよね。
 妊娠中、追いかけれて何度も殴られたり、当時3ヶ月の息子がベビーカーごと道で蹴り飛ばされた時は、もうこんな所では暮らしていけないと思いつめましたが、幸い主人の転職で大きな都市に引っ越して、今は大分落ち着いた生活ができています。
 人種差別主義者って死ぬまで直らないと思うんです。
 私はアジアが好きで、中国、韓国に留学していましたが、私の両親は未だに中国、韓国を嫌いで、これは私が何を言っても変らない様です。
 私の義父母もアジア差別が激しく、「日本なんて、貧乏で汚い国で、ビザがほしくてフランスにくるんでしょ」なんて平気で言う人たちです。
 自分の息子が日本で働き、フランスでのお給料の倍以上を日本で稼いでいたにもかかわらず。
 私に近い人達が、いまだにアジア差別をしているのに、道で会った知らないおじさんに私が一言言い返したくらいで、おじさんが改心するとも思えません。
 私も「中国人」と言われても言い返しません。
 「日本人です」と言い返して、相手に暴力でも振るわれたらその方が怖いので、変な人が来たらとにかく無視です・・・とくに子連れの時は。
 でも、悶々としたものが胸に溜まっていきますが・・」

 まあ何だかんだお互い言いたいことはありますが、海外に出ると東アジア人(日本、韓国、中国)は仲が良くなるそうですし、お互い仲良くして助け合わないとやっていけないという厳しい現実がありますから結束するしかないわけです。
 太田さんには「それが人間主義なんだよ!」と言われそうですが・・・・

<太田>

 フランスは、階級社会であり、地域ミニ国家の連合体です。
 イギリス流の階層社会とフランス流の階級社会の違いは、前者は意思と能力があれば、下流から中流、上流へと「上昇」できるのに対し、後者では基本的にそれが不可能なであること・・そもそも、上・中流と下流階級とでは「人種」が違う・・です。
 ミニ国家というのは、ブルターニュ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E5%9C%8F
ラングドック、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A8%E3%83%B3%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E5%9C%8F
アルザス=ロレーヌ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8C
等の、もともとは言語もフランス語とは異なっていた場合もあるところの、地域圏を指します。
 ですから、イギリス人の日本観について述べたことは、フランス人にはもっとあてはまるはずですよ。

<やまもと>

 大英帝国が世界支配できたのは 産業資本主義ではなく金融資本主義に転向したから
しかも必然ではなく いくつかの偶然でそうなった。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51889881.html
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51890127.html
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51890168.html
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51890202.html
 大英帝国崩壊の直接原因が大日本帝国だとすると 日本に負けたのを誤魔化すためにガンジーを持ち上げてるのかな。
http://agora-web.jp/archives/1585201.html

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 明治初期までの日本の女性は、オッパイ丸出しで平気だったって話を書いた(コラム#略)ばっかしだけど、なんちゅうことになっちゃったんだ。↓

 「ついに『ドラえもん』しずかちゃんの裸に規制の手が入った!! ・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8617868/

 いまだに「正しいと見ている研究者・・・がいる」なんて信じ難い思いだが、人間主義者が、他人も全員人間主義者だと思い込んでることからくる悲喜劇だな。↓

 「新たに画像酷似の指摘「根幹揺らぐ」 STAP細胞論文・・・
 理研を所管する文科省幹部は「理研の調査委の中に、STAP論文について、正しいと見ている研究者と、疑いの目を持った研究者がいるので結論が出ていない」と説明する。・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASG3B7F8QG3BULBJ011.html?_requesturl=articles/ASG3B7F8QG3BULBJ011.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG3B7F8QG3BULBJ011

 あのなー、渡辺サンよ、「タカ」の安倍首相だって、「ハト」の自民長老OB達だって、米事大主義者って点じゃ同じなのよ。
 集団的自衛権に係る憲法解釈変更を、間違っても日本が「独立」しない線で決着させようとしている外務官僚(含OB)の陰謀を覆すためには、安倍首相べったりじゃあダメなんで、「独立」に向けて安倍首相らと長老OB達をまとめて批判せにゃアカンの。↓

 「渡辺氏、集団的自衛権で自民重鎮に刃 行使容認慎重派を牽制・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140310/stt14031023590004-n1.htm

 幸い、米国は。習近平、日本「独立」させ戦略に実に協力的だわ。↓

 Japan, US differ on China in ‘gray zone’ threats talks・・・
 As Japan and the US start talks on how to respond to armed incidents that fall short of a full-scale attack on Japan, officials in Tokyo worry that their ally is reluctant to send China a strong message of deterrence.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/2014/03/11/2003585402

 日本人を集団主義だの物まね民族だなどとぬかしてきたガイジン達も、最近は日本人が個人主義的だと言い始めたねえ。↓

 <日本の女の子達のストリートファッションがそうだってんだな。↓>
 Tokyo’s Incredible Street Fashion・・・
 Japan’s street fashion scene has long inspired and fascinated adventurous style-watchers across the world.・・・
 In the early part of our production process, we were thinking of this as different tribes and groups that were very close and defined. I was thrilled when I got there to find that nearly all the girls really view this as an expression of themselves.・・・
http://www.slate.com/blogs/behold/2014/03/10/thomas_card_photographs_tokyo_street_fashion_in_his_book_tokyo_adorned.html

 共産主義を否定した中共当局が日本の共産主義化を図るなんて笑い話だが、秘密指令文書の話、知ってる人は情報提供を!↓

 「・・・中国の・・・2013年のジニ係数は0.717・・・北京大学の歴史学教授がかつて行った概算では、明末に李自成が農民反乱を起こした際のジニ係数は0.62、清末の太平天国の乱の際は0.58であり、現実に易姓革命につながった。20世紀初めの国民党政府統治期は0.53で、最終的には現在の共産党による統治に移行した。・・・
 先進国は基本的に0.2〜0.3台(2010年:日0.329、独0.295、米0.378)で、0.4が警戒ライン、0.6は社会不安につながる危険ラインとされている。・・・
 中国の砂漠化や乾燥化は進行が速く、今や森林面積が12.5%、人工衛星での実測では8.2%とも言われる(ちなみに2005年国連統計では中国は21.2%で、日本は68.2%となっている)。・・・
  中国の対日工作秘密指令文書(福田博幸著『中国対日工作の実態』)からは、中国が日本の共産主義化を最終目標にしていることが読み取れる。日中の国交正常化を第1段階に、民主党政権樹立を第2段階に位置づけていたし、その点では中国の意図通りに進んできた。
 尖閣問題が急浮上したように日本人は錯覚しているが、1992年の領海法で中国領に組み込むなど、長期的計画のもとに進めてきたのである。・・・」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40136

 ルール破りをすると創造性が増すってさ。↓

 ・・・Breaking the rules frees up the mind and makes it easier to be creative. ・・・
http://time.com/17472/why-cheating-is-good/

 エビ等の無脊椎動物も痛みを感じている(らしい)ことが分かった。↓
http://www.washingtonpost.com/national/health-science/do-lobsters-and-other-invertebrates-feel-pain-new-research-has-some-answers/2014/03/07/f026ea9e-9e59-11e3-b8d8-94577ff66b28_story.html?hpid=z5
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6807(2014.3.11)
<資本主義と不平等(その9)>

→非公開