太田述正コラム#6760(2014.2.16)
<皆さんとディスカッション(続x2176)>

<コラム#6758の訂正>(ブログは訂正済)
単独での興行を目指さない音楽なら→対価を得ることにこだわらない音楽なら

WAJ→WSJ
---------------------------------------------------------------------------

<太田>(ツイッターより)

 金平氏
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014021000012.html?iref=comtop_fbox_d2_01
がTBSの夕刻の番組で、新NHK会長の政府と反対のことを放送することはできない旨の発言を英BBC元会長に批判させていた。
 今でも明治期同様、英国が模範なんだと苦笑。
 とまれ、大河しか見ず、その大河にも不満な私、受信料返せと言いたい。

 「北朝鮮核問題を放置する無気力な米国…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/16/2014021600352.html
 まさに、オバマは習近平による日本の「独立」強要戦略に「協力」している。
 何度でも言う。
 一体いつになったら、日本人は、かくも温情溢れる彼らの配慮に気付き、感泣に咽び、目覚めてくれるのだろうか。

 「韓国政府は「オバマ訪韓」にこだわるな…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/16/2014021600339.html
「韓国はなぜ、祖国を愛する人を追い出すのか…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/16/2014021600378.html
 朝鮮日報が、自国政府、及び自国民批判を展開。
 その調子その調子。
 更なる努力を求めるである。

<BnbDOPUM>(「たった一人の反乱(避難所)」より

 前から気になってたんだけど、「新【たったひとりの反乱】太田述正 目指せ!日本独立」本スレって復活させない方がいいの?

<CAPKeE.o>(同上)

 太田さんがどこをどうフォローするかは裁量次第だし、俺は知らんけど、需要があれば建ててここにURL貼れば良いんじゃね。
 需要がなければまたdat落ちして無くなるだろうし、需要があれば存続していくことだろうさ。
 (個人的に、もし建てるなら、人口が多く議論が活発な板で、なるべく他から人が流入してきそうな場所に建てるのが良いと思う。
 そこまで言って委員会繋がりで、あれの総合スレがあるマスコミ板にあったんだろうけど、今更、過疎なマスコミ板に建てる事はないと思う。
 ここは書き込みが制限されてないところが長所だけど、クローズドって欠点はある。)

 物凄くマイナーなスレで太田コラムが話題になっても、どう検索したのか見つけてきてディスカッションにあげるぐらいだし、まったく無視されるなんてことは基本的に無いはず。

→身近なところで投稿が概ね途切れずにあるもんだから、積極的に検索かけて探しに行くことが殆んどなくなっている。
 (そもそも、投稿ゼロでも「ディスカッション」ということにしちゃったしねえ。)
 だから、発見したら、教えてくれるとありがたいな。(太田)

<BnbDOPUM>(同上)

>過疎なマスコミ板

 俺がスレ立て躊躇する理由がまさにこれなんだよね。
 精神疾患を患ってる奴がマスコミ板経由で流れてきて荒らすから迂闊にスレ立て出来ん。
 太田さんのブログ内に掲示板があるし、避難所もあるからこのままでも良いかな?って思いと、中には太田さんに共感する新規の奴もいるだろうから門戸閉じるようなのも如何なものか?って思いとで悩む。

<o-ya>

 ・・・貴ブログにて、ご紹介いただきありがとうございます。
 上記をきっかけに、太田様のブログやYouTubeなども拝見させていただいています。

<太田>

 コラム#6755で取り上げられた
http://d.hatena.ne.jp/o-ya/20140209/p1 
の米国在住のブログ主さんですね。
 今後ともどうぞよろしく。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 全く同感だ。
 これほど執務に精励している君主は、古今東西、歴史を振り返っても珍しいんじゃないか。
 (靖国を参拝されないことについてはともかくとして、)残念なのは、自衛隊の認知を明確に行っていただいてないことだが・・。↓

 「天皇陛下のお言葉 どれもご本人が時間をかけて用意している・・・」
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_240848

 すぐに低劣な本性を現した舛添。
 彼に投票した都民はこれから、毎日のように痛恨の念にかられることになるだろうて。 それにしても、そんな舛添を推した自民の大馬鹿野郎どもめ。↓

 「・・・ こいつは傑作である。安倍官邸は、じだんだを踏んで悔しがっているのではないか。
 舛添都知事が14日の会見で、自民党の憲法改正草案について「さまざまな問題がある」とこき下ろしたのだ。
 その主張は理解できる。「国防軍はダメで、せめて自衛軍までだ」「天皇は元首でなく象徴であるべきだ」・・・
 前妻の片山さつき参院議員は週刊誌で、「人は利用するためだけのものと思っているのでしょう」と指摘していた。さすが、2年3カ月で別れたとはいえ、本性を知る人物の見立ては確かだ。・・・」
http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_000203956

 だけど、日本人の主演男優賞受賞者はゼロだろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD
 キリスト教圏である欧米は、本来的かつ構造的な女性差別社会だから、男性と違って女性は控えめであることを「強制」されているからこそ、大げさ演技ができない日本人女優だって受賞できるってことなんだよ。↓

 「第64回ベルリン国際映画祭<で>・・・コンペティション部門に出品された「小さいおうち」(山田洋次監督)でお手伝いさんのタキ役を演じた黒木華さんが銀熊賞の最優秀女優賞を受賞した。日本の俳優が同賞を受賞するのは、1964年の左幸子さん(対象作「にっぽん昆虫記」「彼女と彼」)と、75年の田中絹代さん(同「サンダカン八番娼館 望郷)、2010年の寺島しのぶさん(同「キャタピラー」)に続き4人目。・・・」
http://mainichi.jp/enta/news/20140216k0000m040088000c.html

 それよきゃ、日本のマスコミは、支那映画が金熊賞を受賞したことを、慶賀に絶えないってカンジで大きく報じろってんだ。↓

 Chinese film wins Best Picture at Berlin film festival・・・
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-26211896

 米国は韓国の反日には同調しても(ほぼ同じことが言っている)中共の反日には同調していない、と指摘したコラムだ。
 (中共は専制国家でしかも領土攻勢をかけてるからってんだが、いずれにせよ、韓国の反日を我々は余り気にしないようにした方がいいぞ。(太田))↓

 ・・・China’s sufferings during World War II were immense, and it has as much a right as South Korea to decry Japan’s reluctance to take full ownership of its war-time wrongdoing. Yet China’s efforts to cultivate sympathy on that point have been undermined by the blunt way it has presented its territorial moves and by its longstanding image in Washington as a country that abuses human rights, manipulates its currency, steals U.S. intellectual property and conducts cyber espionage against America.
 It has not helped that China has dismissed U.S. concerns over the air defense zone and Chinese activities in the South China Sea almost out of hand.・・・
http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2014/02/14/chinas-failed-effort-to-export-outrage-over-japan/?mod=chinablog&mod=chinablog
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6761(2014.2.16)
<資本主義と不平等(その2)>

→非公開