太田述正コラム#6738(2014.2.5)
<皆さんとディスカッション(続x2165)>

<太田>(ツイッターより)

 「…<米国では、>大学在学中に女性の20%が性的暴行を受ける…男子学生の7%は強姦か同未遂の経験があり、うち63%は平均6回の常習犯…」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014020401002010.html
 これで、全世界の、とりわけ女子の米留希望者は減るだろうな。
 世界大学ランキングの平準化に資するかも。

 「…慰安婦問題は普遍的・歴史的な女性の人権問題…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/05/2014020500870.html
 この米国、ひいては欧米、それに悪乗りした韓国の発想に、Iそれこそ慰安婦に対する人権蹂躙、IIそもそも、時代、歴史、ひいては個々人の事情を無視して線引きする、人権思想は誤り、と反論すべき。

<太田>
 
 上の後の方のつぶやき、意味が分からないんじゃないかと心配したが、結構反響があったね。
 太田コラムをちゃんと読み込んでる人がいるんだと心強く思った。
 中共の掩護射撃を得て、日本文明の優位に自信ができた途端に、色々なことが更に見えてきたねえ。
 「人権」なんてことを17世紀のイギリスで言いだしたもんだから、それが欧州のキリスト教文明と悪しき化学反応を起こし、ナチスのようにユダヤ人の「人権」を否定したり、クジラやイルカに「人権」を認めたり、同性愛者の「人権」を否定していたかと思ったら最近じゃその結婚まで認めちゃったり、EUみたいに、戦争で敵兵を殺してもいいが国内で死刑を課してはダメっちゅうことにしたり、無茶苦茶が生じたんだよ。
 石打刑とかトンデモない風習が一部に残ってるのは困ったもんだが、イスラム世界が人権思想を基本的には認めてないこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9
はもっと注目されるべきだ。
 あえて言う、世界人権宣言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%AE%A3%E8%A8%80
は廃棄されるべきだし、日本は率先して国際人権規約・・第2選択議定書で死刑廃止を謳っている。なお、日本は先進国で唯一、それが第1選択議定書で謳っているところの、国内法では人権が救済されない場合の個人通報制度を批准していない・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%A6%8F%E7%B4%84
から脱退すべきだ。
 ついでに国連からもね。
 日本国憲法の人権規定は、そもそも、憲法そのものに規範性がないんだから、そのままでもいいだろう。

 なお、前掲記事の関連記事だ。↓
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/05/2014020500626.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/04/2014020401240.html?ent_rank_news

<d96KDTpQ>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 韓国の空港で起きている現代版“姥捨て山”
http://japanese.joins.com/article/048/181048.html?servcode=400§code=400

 韓国人の非人間主義はあきれるばかりなんですが、中国には親子間ではこのような話は聞かないように思います。
 韓国と中国とは非人間主義でも中身が違うということなんでしょうか?

<太田>

 もっと、こういった↓、よりできのいい記事を引用しよう!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39416

 彼らの同胞の北朝鮮の世界のスターリン主義国最悪の状況を見るにつけ、私も同じような印象を抱いているが、単に、人間主義度の違いじゃないのかな。
 ちなみに、下掲を見ると、上段は人間主義の希薄さ、下段は、エージェンシー関係の重層構造をその特徴とする日本型政治経済制度が韓国には全く根付いていないこと、がそれぞれ分かる。↓

 「韓国は儒教思想を基本としており、家族内での介護責任を優先している。これに
比し日本は共同連帯の理念から社会全体が国民一人ひとりを支えていく仕組みを採っている。・・・
 韓国の場合、日本のような地方分権の発想がなく、市区町村での介護保険事業計画等が実施されていないため、老人療養施設の建設は地価の安い場所に施設建設が集中されてしまう現状である。・・・」
http://www.shitennoji.ac.jp/ibu/toshokan/images/in06-06.pdf

 慌て者のために一言。
 欧米に比べりゃ日本の高齢者の自殺率は高いが、これは、日本には広義のキリスト教圏とは違って自殺への禁忌がないからだからね。

<TA>

≫初めてアイスクリームメーカーでバニラアイスクリームをつくって食べた。・・・バニラアイスに酒類が入ってたって、諸君、知ってたかい?≪(コラム#6736。太田)

 東京じゃ雪が降っていると聞きますが・・。
 「キュラソー」も「コアントロー」もどんなものか知りませんが、普通、バニラアイスにこの類は入れませんよ。
 少くとも、入れるのが一般的、とは言えないはずです。

 さて果たして太田さんは、これのために新たに購入したであろうバニラエッセンスを賞味期限内に使い切ることができますでしょうか。

<太田>

>少くとも、入れるのが一般的、とは言えないはずです。

 そこが、市販品よりおいしかった最大の理由かも。

 なお、当方、2週間に1回は、生クリームを1〜3箱ホィップしてつくり、ビスケットやスポンジケーキに乗っけて食べ続けており、バニラエッセンスは大量に消費してるのでご心配なく。

<exlruF5U>

 太田述正コラム#0607(2005.1.27)「2島返還で、北方領土問題解決を(続々)」のブログ上の記事が途中で途切れています。

<太田>

 ご指摘ありがとう。
 残りの部分を追加しておきました。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 口から出まかせを垂れ流す日本の「識者」達。↓

 「・・・田中均・元外務審議官・・・は、中国が沖縄の尖閣諸島周辺海域への領海侵入を繰り返す狙いについて、「海洋活動を広げ、米国と太平洋、東アジアをマネージ(巧みに操作)していく体制を作ることだ」と述べた。・・・
 森本敏・前防衛相・・・は「対応能力をきちっと示さないと、隙があることになる」と語り、自衛隊が警戒監視活動を続ける必要性を強調した。」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140205-OYT1T00013.htm?from=main2

 でも、香港にもまともな識者はいないと見える。↓

 「「韓国は友、日本は敵」 中国の政策変化・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/05/2014020500966.html

 大変、結構なことだが、(憲法改正抜きででも、)一日も早く、自衛隊のネガ規制(コラム#6089)への転換を!↓

 「偽装漁民の尖閣上陸など「グレーゾーン」対処へ自衛隊の権限拡大 官邸、防衛省に法整備指示・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140205/plc14020508000004-n1.htm

 瓦版と新聞との違い、いかん?↓

 「最古の日本語新聞を確認 「1862年元日」付、京都で・・・」
http://digital.asahi.com/articles/ASG243DQRG24PLZB006.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG243DQRG24PLZB006 

 朝日の吉田ドクトリン刷り込み書評集だ。↓
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014020200010.html?iref=comtop_btm
 <以下は、リンクを辿ったもの。壮観だねー。↓>
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704489.html
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071703741.html      
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011072700133.html
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704696.html ←これはやや中立的
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704542.html ←同上

 組み立て式茶室製造販売で世界に販路を「開拓」した日本の鳥取県の大工さんについての記事が出てた。一式2万ドルじゃちょっと高いが・・。↓
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/02/05/enter-your-own-zen-zone-for-20000/

 福岡に行ったばっかしだから、近所の話のように感じるねえ。↓

 「名義貸し:屋台を廃業へ 猶予3年、新規公募も 福岡市・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20140205k0000m040170000c.html

 はぁ? てなもんで、さっそく話題の曲を聴いてみた。↓

 「佐村河内さんの曲は別人の作 聴力失った作曲家、広島市出身の被爆2世・・・」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140205/ent14020507400000-n1.htm
 記事に登場する「交響曲第1番 HIROSHIMA」だ。
http://www.youtube.com/watch?v=YcOPm2wc_tg
 やはり記事に登場する、高橋大輔が滑る「ヴァイオリンのためのソナチネ」だ。
http://www.youtube.com/watch?v=JDeqF4ECChM

 フィリピンのアキノ大統領が、中共の領土攻勢に屈するのはヒットラーのチェコ分割要求に屈するに等しいと語る。
 (習近平閣下が対フィリピン領土攻勢を対日領土攻勢のダシに使ってることを、彼に代わって、心からお詫び申し上げますだー。(太田))↓

 President Benigno S. Aquino III called on Tuesday for nations around the world to do more to support the Philippines in resisting China’s assertive claims to the seas near his country, drawing a comparison to the West’s failure to support Czechoslovakia against Hitler’s demands for Czech land in 1938.・・・
http://www.nytimes.com/2014/02/05/world/asia/philippine-leader-urges-international-help-in-resisting-chinas-sea-claims.html?ref=world&_r=0

 このたび実刑を言い渡された中共の活動家、要するに、支那人・人間主義化運動を行ってたんだね。
 (習近平も同じことをやってんだけど、前にも記したように、当局は、あくまで党主導でやりたいのさ。(太田))↓

 ・・・He worries that the Chinese people now walk around wearing frozen masks in their dealings with one another. They debate whether to help a fallen elderly person. Social injustice has intensified, driven by the party’s monopoly on power and the wealth gained by a connected elite.・・・
http://www.csmonitor.com/Commentary/the-monitors-view/2014/0202/China-s-moment-for-greatness

 対露抑止を目的としたところの、失敗に終わった1839〜42年の英国のアフガニスタン占領は、存在しなかったロシアの脅威に怯えて行われたものだったって。
 (その時のニコライ1世はアフガニスタンに全く食指を動かしていなかったらしいが、彼のひ孫のニコライ2世は間違いなく満州に食指を動かしていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A41%E4%B8%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB2%E4%B8%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB3%E4%B8%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A42%E4%B8%96
(太田))↓

 「・・・Tsar Nicolas I, it turns out, had no designs at all on Afghanistan. The British takeover, based on "doctored intelligence about a virtually non-existent threat", was begun for no wise purpose, but left a trail of carnage and muddled strategy in its wake.・・・」
http://www.theguardian.com/books/2014/feb/02/return-king-william-dalrymple-review
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6739(2014.2.5)
<個人の出現(その6)>

→非公開