太田述正コラム#6658(2013.12.27)
<皆さんとディスカッション(続x2125)>

<太田>(ツイッターより)

 「米政権「失望している」 首相靖国参拝で異例の批判声明…その上で「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」とし<た。>…」
http://digital.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260172.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASF0TKY201312260172
 やれやれ、米国は予想以上のアホだったなあ。
 「右」の諸君、早く目を覚めせー!

<太田>

 石破自民党幹事長は、TVバラエティで、「首相の過去への・・・」のくだりを、米国政府が安倍首相の談話を評価したものと引用していたが、ここは、歴史の見直しは許さない、という脅しなんだからね。

<太田>(ツイッターより)

 「…東京は英紙「ガーディアン」から「世界第2の健康都市」と讃えられた。平均寿命84.19歳は世界最高水準。これは主に都庁の公共衛生行政が奏功したためだ。また日本社会には根強い家庭団らんの考えがあるほか、健康に注意を払い、新鮮さを重視する日本の伝統的飲食習慣も挙げられる。日本は1961年に早くも国民皆保険を実現、同時に乳児死亡率、伝染病の急速なまん延率が大幅に低下した。アベノミクス、2020年夏季五輪・パラリンピック誘致成功により、東京の不動産価格はこの1年、上昇を続けている…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8496136.html
 靖国参拝の翌日だぜ。降参!

<太田>

 本日13時5分に、下掲のガーディアン記事に関し、
http://www.theguardian.com/world/2013/dec/26/japan-shinzo-abe-tension-neighbours-shrine?commentpage=1
次のような投稿を行っておいた。(<>内は私による要約。前半の要約はコラム#6600見てね。)
 今回、投稿は他紙の記事には行わなかったが、それは、一、同じ内容での投稿はいかがなものかと思う一方、わざわざ手を入れなおすのは面倒、二、ガーディアンでのこの前の投稿の反応が一番まともだった、からだ。
 もとより、典拠さえ明記してくれれば、以下の文章を自由に使ってもらっていいので、今回に限らず、「代理」投稿したい人はどうぞ。

I made a comment on the following article the other day.
http://www.theguardian.com/world/2013/nov/27/japan-new-nationalism-imperialism-shinzo-abe

My comment was as follows:
-------------------------------------------------------------------------------
Chinese are geniuses of treachery and deception.
The Pacific War was a war which erupted because both US and UK having been willingly duped by the corrupt Facsist-Stalinist Chinese bandits who tried to neutralize pre War liberal democratic Japan’s efforts to deter Stalinism’s direct and indirect East Asian invasion.
We all know the tragic consequences of this folly which not only brought about the premature dissolution of the British Empire but also astronomical number of deaths caused by wars and persecutions and misrules by the Stalinists throughout the East Asia.
This is my view of the 20th century East Asian history, of which the Communist Chinese leadership shares, I presume.
Now they are trying to coerce Japan to remilitarize and free herself from the self-adopted post War protectorate status of the US, which would expectedly lead to the confrontation between Japan and the US, considering the afore mentioned traumatic history of the two nations.
Up to now, they are making a great success.
--------------------------------------------------------------------------------
(continued)

<上記投稿は、ショック緩和のため砂糖でまぶしている。↓>
This comment was coated by sugar to alleviate too much shock to the innocent fellows.
<実は中共当局に対日悪意はない。↓>
As a matter of fact, Communist Chinese leadership have no mal-intention towards Japan.
<逆であり、彼らは日本の熱烈なファンで日本の政治経済体制を真似ようと努力している。↓>
On the contrary, they are genuine Japanese fans and have been struggling to assimilate Japanese politico-economic system.
<彼らは、最初に、その経済体制部分をつまみ食いし、大成功を収めた。↓>
They started from cherry-picking the economic portion of this system and have achieved a fantastic success.
<だけど、ここから先が悩ましい。↓>
The next step is more demanding.
<この間の唯一の逸脱は江沢民の反日スタンスだ。(彼の父親は対日協力者だったからね。)↓>
The only aberration was the anti-Japanese political stance adopted during Jiang Zemin’s reign. (The reason is obvious. Jiang’s father was a collaborator of Japan during the 2nd Sino-Japanese War.)
<親日の胡錦濤は、この反日を親日へと復帰させた。↓>
And when Hu Jintao took the helm, he shifted this predecessor’s stance 180 degree back to normalcy.
<だけど、中共人民は日本の大衆文化にいかれるようになった一方で、江沢民の反日教育の影響も受けているので、かじ取りは容易じゃなかった。↓>
However, he had to cope with the complex sentiment among the Chinese people at large.
On the one hand, they too have become Japanese fans intoxicated by Japanese mass culture, such as anime, and on the other hand, they were brainwashed by the anti-Japanese indoctrination during the reign of Jiang Zemin.
<よって、胡錦濤は、政府メディアを使って激しい日本ヨイショ・キャンペーンを始めた。↓>
So Hu commenced a vigorous Japan-praising campaign through government media.
<こうして、今度は、やはり親日である習近平の登場だ。彼は反日教育のせいでの人民の暫定的反日を言い訳にして日本に対してその自発的鎖国を解かせるという芸術的戦略を開始した。狙いは、支那の全面的日本化へのアブナイ過程において、日本に支那の単独の庇護者としての役割を担わせるためだ。↓>
Here comes Xi Jinping, another Japanese fan, who launched an artistic strategy to free Japan from her self-adopted seclusion from international arena to be a single benefactor of China during her precarious process towards the full-fledged Japanization, using the indoctrinated provisional animosity of the Chinese people against Japan as an excuse.
<その結果がどうなっているかはご覧の通りであり、東アジアに新しい光景が現出しつつある。↓>
The rest is as you are observing and an entirely new East Asian landscape is emerging.

<S2KLKiiP>

 2chのスレが見つけられない。。

≫安倍首相は、中共当局の敷いたレールを走らされてるだけだからだ≪(コラム#6656。太田)

 だからアメリカは、中国に踊らされる安部を叱咤して「失望している」とコメントだしたんじゃないんですか?
 太田さんのいいたいことがよくわかりません。

 「キャプテン・フィリップス」は私もみました。
 素朴に軍隊ってほんと必要だなーと思いました。
 太田ブログ読者にはおすすめ。

<太田>

>太田さんのいいたいことがよくわかりません。

 太田ブログをロクに読んでないから分かんないんだよ。

>太田ブログ読者にはおすすめ。

 まともな太田コラム読者なら、あの映画にそんな感想は抱かないはずだよ。

 大体からして、太田掲示板に投稿する時には、本名かハンドルネームを使ってくれってつい最近お願いしたばかりなのに、それすら読んでくれてないじゃん。

<MJP0R05Q>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 散々ファーウェイの危険性を指摘してきた者だけど今回の百度"騒動"だけどこんなん常識と思わな。
http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CCNET35041966.html

 知らずにいれてた人も多いだろうけど今度こそ平和ボケ日本人が目覚めてくれるといいね。
 パンダの中に盗聴器が入ってても驚いちゃあかんよ。

<太田>

 大変結構な注意喚起だけど、果たしてキミ、その100倍くらいの情熱を、米国による日本人の通信の徹底的盗聴への注意喚起に傾けてくれてるかい?
 さもなきゃ、キミ、太田コラムの単なるつまみ食い読者だぜ。

<bonkers_blunder>(ツイッターより)

 靖国参拝について、松野氏のタイミング云々<(コラム#6656)>が間違っているのも、首相がただ中共当局に踊らされているだけということでしょうか。

 そして低迷する維新の会は日本の独立のために何か達成する見込みはあるんでしょうか?

<太田>(同上)

 前段については、<(前にも言ったように)>松野は「ハト」派であって要は首相が靖国参拝すること自体に反対なのです。
 後段については、橋下が歴史認識を「純化」させた上で松野らを切り捨て、江田らを突き放せるかどうかにかかっています。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131227-OYT1T00181.htm?from=main2
 本件に関するこの橋下発言を見ると、彼にはまだ可塑性があるように思われます。

<太田>

 まず、靖国関連から。(全部斜め読みだからね。)

 この韓国政府の閣僚による声明、A級戦犯の小磯国昭も引き合いに出すことで、(依然クルシイけど、)かろうじて意味の通る内容になってるね。
http://digital.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260296.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASF0TKY201312260296

 中共のは単なる外務省報道官の談話だし、内容的にも「穏健」だな。
 写真を含め、まるで、靖国神社の観光ガイドみたい。↓
http://j.peopledaily.com.cn/94474/8496362.html

 以下、各国の新聞論調だ。

 朝鮮日報は、安倍のホンネを、ある意味、的確に捉えている。↓
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/27/2013122700744.html

 (こうした中で、別件とはいえ、日本がらみで韓国政府を批判した朝鮮日報はエライ!↓

 「・・・日本で「武器輸出」がNSCを開くほどデリケートな問題であることを韓国政府が見過ごしたのでは、との指摘も出ている。韓国政府の関係者は「国防部(省に相当)がほぼ全面的に決定したこと。日本に対する政務感覚のない人ばかりが集まって決定したため、全般的な状況を見極められなかったようだ」と話している。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/25/2013122500394.html?ent_rank_news
 で、タイム誌が、「仇敵」日本に弾薬を求めた韓国をおちょくっとるよ。↓

 In South Sudan, South Korean Peacekeepers Solicit Ammo From Bitter Rivals Japan・・・
http://world.time.com/2013/12/26/in-south-sudan-south-korean-peacekeepers-solicit-ammo-from-bitter-rivals-japan/ )

 ワシントンポストは客観報道記事のみ。↓
http://www.washingtonpost.com/world/japanese-prime-ministers-visit-to-yasukuni-war-shrine-spurs-new-tension-in-asia/2013/12/26/c04b0616-6df8-11e3-b405-7e360f7e9fd2_story.html

 CSモニターの記事は、靖国参拝と中共での毛沢東記念行事とを並置させる記事に仕立てた。
 こうすることで、靖国のインパクトは緩和されている。
 その限りにおいて、安倍首相がこの日を選んだのは正解だった。↓
http://www.csmonitor.com/Commentary/the-monitors-view/2013/1226/For-Japan-and-China-a-day-of-selective-remembrance

 タイム誌は安倍バッシング的記事を載せたな。↓
http://world.time.com/2013/12/25/japans-hawkish-pm-abe-visits-controversial-shrine-that-honors-war-criminals/ 

 WSJは、読みようによっては米国政府批判とも受け止められる箇所を含む記事を載せた。↓

 ・・・The unusually tough U.S. statement may have consequences of its own by creating an impression that Washington is undercutting Mr. Abe.
 "Beijing and Seoul can only interpret this as the U.S. siding with them against Japan," said Michael Auslin, director of Japan Studies at the American Enterprise Institute, adding that the statement will "ratchet up" tensions in the region.・・・
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304483804579281103015121712
 同紙はもう一つ記事を載せていたが、論ずるに値しない。↓
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304483804579282143569765268

 一番出来が悪いのがNYタイムスだ。
 米国政府の論調に完全に同調して安倍首相に講釈を垂れる社説と東京特派員記事を載せた。↓
http://www.nytimes.com/2013/12/27/opinion/risky-nationalism-in-japan.html?ref=opinion
http://www.nytimes.com/2013/12/27/world/asia/japanese-premier-visits-contentious-war-shrine.html?ref=world

 ロサンゼルスタイムスも論ずるに値しない記事だった。↓
http://www.latimes.com/world/worldnow/la-fg-wn-japan-abe-shrine-visit-20131226,0,3076826.story#ixzz2oeNCydSM

 なお、ガーディアンの記事は最初に紹介しているし、BBCのでき悪記事は昨日紹介したところだ。
 ああ、そう言えば、日本の民主党の海江田代表が本件で何か言ってたね。
 同党の存在すら忘れてたぞ。
 しょーがないねえ。
 野田さん、まだ静養続けるの?


 それ以外の記事の紹介です。

 猪瀬の矮小さがよく分かるな。↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131227/crm13122707470002-n1.htm

 もはや、盗人、強盗のレベルだね。↓

 「5000万円問題「使い切ったら追加を」 猪瀬氏、徳田議員に念押し・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013122702000131.html

 ゾー!↓

 「女性が極端に多い北朝鮮、そのワケは 男性は軍人や伐採作業員の事故死が多い?・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/26/2013122601194.html
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6659(2013.12.27)
<映画評論41:永遠の0(その1)>

→非公開