太田述正コラム#6636(2013.12.16)
<皆さんとディスカッション(続x2114)>

<太田>(ツイッターより)

 「…韓国人は、日本・中国・米国の軍拡競争によって「100年前の韓半島」が再来するのではと恐れながら、事態を見詰めている。」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/15/2013121500216.html
 全うな結論だが、そこに至るまでに余計なことを言い過ぎてるぜ、金さん。
 なお、次の記事は、途中まではなかなか読ませる。
 但し、最後の日本の危険性の箇所はナンセンスだけどね。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/15/2013121500199.html

<fhs/9U3E>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫既存のカートリッジをこじあけて換えインクを自分で流し込むスタイルでした。(コラム#6634。太田)

 成る程そうでしたか。
 ですが太田さん、今は純正品と同じくカートリッジを取り替えるだけの便利なインクカートリッジがダイソーで売っていますから、取り替えは驚くほど簡単になってますよ。

 ↓画像はエプソンですが当然キャノンのインクカートリッジも210円で売ってます。
http://blog-imgs-51-origin.fc2.com/t/a/k/takakura99/201211132305448ce.jpg
 釈迦に説法とは思いますが参考までに。

<太田>

 私は、かねてよりずっと、「カートリッジを取り替えるだけの便利な<非純正の>インクカートリッジ」を使ってきたところです。
 だけど、家電量販店に売ってるやつであって、あなたが言及しておられるほど安いもんじゃなかったですけどね。
 自転車で簡単に行ける大森駅前にダイソーがあるみたいだから、今度行ってみましょう。

 ところで、先ほどキャノンから電話があり、修理に出された旧プリンターについて、単に(黒)インクが切れているだけだし、電源も問題なく切れるので、送料1,570円だけいただく、とのこと。
 「インク残量が少なくなりました」、ないし、「インクがなくなりました」、という表示が液晶画面に出てない(とお客様窓口に申告している)のにおかしいではないか、また、電源が切れない話の方はたまたま再現できないだけではないか、と反論したが、最後は諦めました。
 このプリンター、何かがおかしいことは確かだけど、だましだまし使っていくつもりです。
 というわけで、アホみたいななりゆきでしたー。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 軍備を廃止している・・つまり、日本国憲法を文字通り実践している・・諸国のオハナシ。
 (日本の第9条墨守派で、軍備廃止諸国についてまともに研究した人はいないのでは?)↓

 <1948年に(バチカンはともかくとして)コスタリカが世界で初めて軍備を廃止。↓>
 On Dec. 1, 1948 — 65 years ago this month — Jose Figueres, then president of Costa Rica・・・renounc<ed> its military・・・
 <(中南米じゃ、軍備はもっぱら国内向け、とりわけ「左」弾圧用だが、軍事費を他の用途に回せたからかどうかはともかく、)最近の世界世論調査によれば、コスタリカ国民は、一人当たりGDPは高くないけれど、世界で最も幸せに感じている。↓>
 ・・・it is noteworthy that Costa Rica ranks No. 1 in the Happy Planet Index, No. 1 in the World Database of Happiness. It's consistently right up there with its wealthier counterparts despite a per capita gross domestic product of $7,390, 68th in the world, according to the International Monetary Fund in 2010.・・・ <その後、軍備廃止国はどんどん増え、小さな国が多いが、今では、モーリシャス、コスタリカ、ドミニカ、グレナダ、ハイチ、パナマ、セントキッツ(長い国名なので後略)、アンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、サンマリノ、バチカン、クック諸島、キリバツ、マーシャル諸島、ミクロネシア、ナウル、ニウエ(?)、パラオ、ソロモン諸島、サモア、ツバル、バヌアツ、がそうだ。↓>
 Mauritius, in the Indian Ocean, off the coast of Africa. In Central America and the Caribbean: Costa Rica, Dominica, Grenada, Haiti, Panama, St. Kitts and Nevis, St. Lucia, and St. Vincent and the Grenadines. In Europe: Andorra, Iceland (a NATO member), Liechtenstein, Monaco, San Marino, and Vatican City. And, in the Pacific Ocean: Cook Islands, Kiribati, Marshall Islands, Micronesia, Nauru, Niue, Palau, Solomon Islands, Samoa, Tuvalu, and Vanuatu.・・・
http://www.latimes.com/opinion/commentary/la-oe-barash-costa-rica-demilitarization-20131208,0,7592821.story#ixzz2nalwdKwn

 ギリシャのコンスタンチン元国王が、(デンマーク生まれの)元王妃とともに、自分が生まれ育った同国に永住帰国してアテネに住み始めたんだって。(夫妻の息子は既に帰国していたもの。)(郷愁を覚える人が、珍しく欧州にもいたってワケだな。)↓

 <1967年に軍事クーデタが起き、追放されていた。↓>
 ・・・The deposed monarch, who was forced to flee Athens shortly after the seizure of power by a group of army officers in 1967, has stunned Greeks – and most of his relatives in the royal households of Europe – by resettling in the capital where he was born and schooled.・・・
 <コンスタンチンは、エリザベス英女王の夫のエジンバラ公の従兄弟で、ギリシャが民政復帰した時、国民投票で王制が正式に廃止され(、在ギリシャのほぼ全財産を没収され)た。(EU裁判所に訴え、彼の財産のほんの一部が返還されている。)↓>
 Constantine・・・he 73-year-old, a first cousin of the Duke of Edinburgh・・・was dethroned by referendum on the return of democracy in 1974 and stripped of his Greek citizenship by the then socialist government 20 years later, is known to have been homesick.・・・
http://www.theguardian.com/world/2013/dec/15/greece-former-king-exile-constantine-ii-anne-marie
--------------------------------------------------------------------------------
<太田>

 福岡オフ会(2014年1月25日)出席お申し込みは下掲からどうぞ。
http://www.ohtan.net/meeting/

 USさん、フォーム作成ありがとうございました。