太田述正コラム#6614(2013.12.5)
<皆さんとディスカッション(続x2103)>

<太田>(ツイッターより)

 「中国メディアが見た日本 相続税で格差縮小…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8473872.html
 「車検時の不正行為、日本はどう根絶したか…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8474279.html
 中共で日本のありとあらゆる制度が日々研究され、参考にされたり導入されたりしてる!

 分かってて、どうしてこんな非論理的な記事を書くんだ?
http://digital.asahi.com/articles/TKY201312040305.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201312040305
 要するに、漢人は一貫して阿Q的だった。だからこそ、彼らにとって日本人は眩い仰ぎ見る存在なんだってことだ。
 絶望的なのは、毛沢東はむろん、記事中に登場する覚醒した先生すら阿Qであること。

<I3zvktlu0>(「たった一人の反乱」より)

 <+IN5tyqX0クン(コラム#6612)、>あの公明党が太鼓判押してるから安心さ!w。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20131201_12794

<TA>

 コラムと直接は関係ないのですが、石破幹事長が、デモをテロと同一視したとかいう「失言」↓

 「今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。」
http://www.asahi.com/articles/TKY201311300290.html

についてですが、この発言、「テロ」の定義や「本質」の指す意味などややこしい話はあるのでしょうが、そんなにおかしなことを言っているでしょうか。
 公職選挙法の第百四十条↓

「(気勢を張る行為の禁止)
第百四十条  何人も、選挙運動のため、自動車を連ね又は隊伍を組んで往来する等によつて気勢を張る行為をすることができない。
(連呼行為の禁止)
第百四十条の二  何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前八時から午後八時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。
2  前項ただし書の規定により選挙運動のための連呼行為をする者は、学校(学校教育法第一条 に規定する学校をいう。以下同じ。)及び病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、静穏を保持するように努めなければならない。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html

を考えるに、別に問題のない発言だと思うのですが・・。

<太田>

 いつまでも私がいるわけではありません。
 もっと、自分自身で考えるようにしましょう!

 つい最近まで、選挙にネットを使うことは禁止されてましたよね。
 どうして、日常生活で自由にできることが選挙では禁止されたり規制されたりすることがあるのか?
 それは、できるだけ平等な立場で候補者達に競い合わせるためです。
 すなわち、引用されたところの、選挙中の「連呼行為」規制規定の存在は、日常における政治活動の際に許される「連呼行為」が、より自由であることが前提となっている、ということなのです。
 別の角度から説明しましょう。
 右翼が街宣車のスピーカーを通して大音声で「連呼行為」を日常的に行っていますが、警察は止めさせませんよね。
 日常における政治活動の際には「連呼行為」はやりたい放題であるわけです。
 (大都会に住んでおられない方は、あまり右翼の街宣車に出っくわさないのでピンと来ないかもしれませんが・・。)
 その伝で行けば、特定秘密法案反対のデモ隊が「反対」のシュプレヒコール(連呼行為)を行うのは完全に自由なのです。
 「石破幹事長が、デモ<のシュプレヒコール>をテロと同一視した」のは、彼が右翼の街宣車の連呼行為をテロ呼ばわりしたなんてことを聞いたことがない以上なおさら、恥ずかしーい失言以外の何物でもありません。
 石破は、私が短大卒相当であるとしている法学部卒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%A0%B4%E8%8C%82
ですが、こんな発言をするようでは高卒だとみなさざるをえませんね。
 しかし、彼の場合、その後、長年立「法」業務に携わってきたのですから、オンザジョッブトレーニングで自ら短大卒、大卒、更には、大学院卒相当の実力を身に付けることができたはずであり、そうしなかったという点で、まさに救いようがありません。
 もとより、こんなことは、コメントに値するような話ではないことから、これまで取り上げなかったのです。

<べじたん>

≫せっかく、ここまでやっていただいたのですから、「米国による間接的死者」の表
http://wiki.livedoor.jp/veg_tan/d/%ca%c6%b9%f1%a4%ac%c2%c0%ca%bf%cd%ce%c0%ef%c1%e8%b0%ca%b9%df%a4%cb%a5%a2%a5%b8%a5%a2%a4%cb%a4%e2%a4%bf%a4%e9%a4%b7%a4%bf%bb%e0に、とりあえず数字を入れていただけませんか?≪(コラム#6612。太田)

 表だけは埋めました。

<太田>

 おお、すーばらしい。

 米国による間接的死者については、4000万人を超えると見積もられる、とかつて書いた記憶がありますが、5,000万人を超えてるんですねえ。
 米国による直接的死者と合わせると、6500万人近くの死を、米国が、対日戦争を戦った結果、東アジアにもたらしたことになります。
 なお、前に既につくっていただいていた「米国による直接的死者」を久しぶりに振り返ったのですが、インドネシア人死者数については、典拠が下掲
http://wiki.livedoor.jp/veg_tan/d/%ca%c6%b9%f1%a4%ac%c2%c0%ca%bf%cd%ce%c0%ef%c1%e8%b0%ca%b9%df%a4%cb%a5%a2%a5%b8%a5%a2%a4%cb%a4%e2%a4%bf%a4%e9%a4%b7%a4%bf%bb%e0#25
に示されているところ、ジョン・W・ダワー自身に人種偏見があるというのが私の見解であり、機会があれば、彼の本以外の典拠でもって、数字や原因等を検証していただけるとありがたいですね。

<sp.vxK.Q>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 恐怖の記憶、精子で子孫に「継承」 米研究チーム発表
http://www.asahi.com/articles/TKY201312040021.html
 遺伝子の不思議。

<太田>

 その話、コラム#6608で取り上げ済みだよ。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 朝鮮についての部分はともかく、冒頭の「正当」と「正統」の部分は何言ってるのか分からないし、支那についての部分はデタラメっぽい。
 こんな人物が国立大学の教授になって、様々な賞を受賞してる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%8F%B8
ってんだから何をかいわんやだな。↓

 「朱子学の影引きずる朴氏の反日 筑波大学大学院教授・古田博司・・・」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131205/kor13120503140001-n1.htm

 ウクライナ独立後の、前大統領を含む、全歴代大統領(3人)が並んで、反政府デモに連帯の意思を表示した。↓

 Ukraine's three previous post-Soviet presidents have given their support to mass anti-government protesters.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-25216727

 同じカロリー消費量でも、速く歩いたほうが健康に良いことが検証された。↓

 Walking, fast or slow, is wonderful exercise. But now a first-of-its-kind study shows that to get the most health benefits from walking, many of us need to pick up the pace.・・・
http://well.blogs.nytimes.com/2013/12/04/why-a-brisk-walk-is-better/?hpw&rref=health&_r=0
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6615(2013.12.5)
<台湾史(その21)>

→非公開