太田述正コラム#6524(2013.10.21)
<皆さんとディスカッション(続x2058)>

<コラム#6520の訂正>
同コラムに掲載した、「講演」原稿の終わり近く・・ 「この中に英国が登場しない理由は省略する。」の後・・を大幅に加筆したので、ブログをご覧いただきたい。
-------------------------------------------------------------------------------

<太田>(ツイッターより)

 豪州の億万長者がカネを出して史上初の世界奴隷指標ができた。
 世界の奴隷総数は3,000万人、多い順に、インド:1,400万人弱、中共:290万人、パキスタン:210万人、ナイジェリア、エチオピア、ロシア、タイ…。
 写真も載ってるよ。
http://edition.cnn.com/2013/10/17/world/global-slavery-index/index.html?hpt=hp_c2

 1813年の、ナポレオン対反ナポレオン連合の大会戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%92%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
の、目も彩な再現(写真集)を御覧じよ。
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-24601870
 事あるごとに欧州大陸の統一を妨げて来た英国の執念が後にWWI、WWII等の悲劇をもたらすことになる。

<MH>

 太田様、<一>昨日のオフ会お疲れ様でした。
 私が話題にした「遠藤 誉」さんのブログでチャイナ9(ナイン)、チャーズについて書かれています。
 中共については太田さんも詳しいですが、本は今読んでいますので、後ほど太田さん宛に送ります。
 コラムのネタになれば幸いです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120229/229284/?n_cid=nbpnbo_leaf_kbn

 you tube画像は見ていられないかも知れませんが、遠藤さんが出演していますのでご参考まで。
http://www.youtube.com/watch?v=a3pGGuQzE-M
 ・・・

<太田>

 もう一つおっしゃっていた、英国の、トンデモ番組についても、手がかりを教えていただければ幸いです。

<MH>

 --英国のトンデモ番組他--

 ・・・英国BBCチャンネル4の番組
「Embarrassing Bodies」(恥ずかしい身体)
http://www.youtube.com/watch?v=Esv9AFu9J6M

 3分過ぎに女性バギナが出てきます。
 バンコクの英国人に教えたらバカ受けしました。
 you tube画面右側に他にも沢山出ていますのでお好きなのをどうぞ。

 BBCで英のゲイ俳優Stephen Fryが世界のゲイ事情を紹介
する「OutThere」
http://www.youtube.com/watch?v=vyNis-z0Rg0

 上記しょうもない英国番組を紹介する、英国在住日本人妻(旦那は英国人大学教授)のメイロマ(谷本真由美)さんのツイッター
https://twitter.com/May_Roma

 上記メイロマさんと大西洋を跨って喧嘩する、米国在住日本人妻(旦那アメリカ人)トリンチさんのツイッター
https://twitter.com/TrinityNYC

 トリンチさんとそのお仲間(在米日本人妻)による昨年の米大統領選挙総括
http://togetter.com/li/404521

 北京在住の日本人女性「ふるまいよしこ」さんのブログとツイッター
http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/
https://twitter.com/furumai_yoshiko
 ・・・

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 言った内容だけなら単なるバカ、占領軍と時勢に迎合したという点では売文業者としては才覚ありってことだよ、東京新聞サン。↓

 「坂口安吾と憲法9条 戦争放棄という明察・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013102102000125.html

 グラフまでつけてくれて人民網は親切だなー。
 ところで、参拝してる政治家、その多くは人民網ご指摘の通り、「時勢に迎合した」政治屋かもね。↓

 「秋季例大祭に政治屋160人以上が靖国参拝 過去10年で最多・・・」
http://j.peopledaily.com.cn/94474/8431233.html

 こりゃ、韓国が、その事大の対象たる中共サマの顰に倣っただけだろな。↓

 「韓日安保対話、来月にも再開か・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/21/2013102100438.html

 フィリピン等のためにも、早く、日本も武器輸出開始を!↓

 「中国が軽攻撃機の対比輸出中止を要求、韓国は拒否・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/21/2013102101057.html

 セックスレス社会日本についての長文記事だが、私の縄文モード論を教えてやりたいよ。
 避妊技術の進歩が加わった縄文モード化が少子化をもたらしてるって点が、避妊技術の進歩だけがもたらしているところの、他の先進諸国での少子化と違ってるってことをね。↓
http://www.theguardian.com/world/2013/oct/20/young-people-japan-stopped-having-sex

 CSモニターが、韓国側の見解だけを紹介する慰安婦記事を載せた。
 いずれにせよ、一日も早く、日本で売買春の解禁をやるべきだよ。↓

 ・・・They were forcibly recruited by the Japanese army during the Second World War as sex slaves, and they are demanding an apology and compensation from the Japanese government. Tokyo insists it owes the so called “comfort women” nothing.
“Japan has leveled insults at them rather than offering an apology,” South Korean President Park Gyeun-hye told visiting US Defense Secretary Chuck Hagel last month.
“I know Japan is an important country to cooperate with for peace and stability in Northeast Asia…but trust has not been established.”・・・
http://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2013/1020/Korea-to-Japan-Time-running-out-for-comfort-women-resolution

 NYタイムスが上原投手を称えるAP記事を掲載した。↓
http://www.nytimes.com/2013/10/21/sports/baseball/beardless-in-boston.html?hp&_r=0

 経済学は科学である、しかし、(実験ができない等の理由で)データが十分得られないという問題を抱えているだけだ、と経済学者が弁明。
 さーねえ。↓

 ・・・ as the availability of data increases, economics will continue to become a more empirical, scientific field. In the meantime, it is simplistic and irresponsible to use disagreements among economists on a handful of difficult questions as an excuse to ignore the field’s many topics of consensus and its ability to inform policy decisions on the basis of evidence instead of ideology.
http://www.nytimes.com/2013/10/21/opinion/yes-economics-is-a-science.html?ref=opinion&pagewanted=print
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6525(2013.10.21)
<大英帝国の崩壊と英諜報機関(その3)>

→非公開