太田述正コラム#6460(2013.9.19)
<皆さんとディスカッション(続x2026)>

<太田>(ツイッターより)

 「…領土紛争が存在するという前提の下で、中日両国の正常な関係を速やかに構築する。これはすでに一刻の猶予もならない。」
http://j.peopledaily.com.cn/94474/8404397.html
 よちよち。日本で、少なくとも太田コラムの読者達は、君達の考え抜いた苦衷のアブナイ対日戦略を理解して、応援しとるからね。

 「…日本の銀行が再び世界最大の対外貸付銀行になり、1990年代後半の輝きを取り戻した。…」http://j.peopledaily.com.cn/94476/8403915.html
「自宅のような日本の高齢者の街…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8403796.html
 日本を褒めてくれて、日本に元気を与えてくれて有難う!

<太田>

 だから、全くマエストロ小澤の言う通りだと思うわ。
 それにしても、1975年だかに、サンフランシスコで指揮した直後の彼に、楽屋でスタンフォードの地元の日系のおばちゃんの紹介で会ってから、(お互い様だけど、)すげえ老けたもんだねえ。↓

 「日中関係「全然冷え込んでない」 小澤征爾さん語る・・・」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201309180626.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201309180626

 ところで、人民網(つまりは中共当局)が日本の老人のシアワセな状況に注目するのが当たり前なわけだ。↓

 <毛沢東が人民公社制を導入したことで、更には文革で親族に相互非難させたことで、伝統的家族の紐帯が破壊された。↓>
 ・・・Mao Zedong’s attempts to redraw China’s society and remove all trace of its ancient traditions weakened family ties as hundreds of millions of villagers were forced to work on collective farms from 1958 onward. Loyalty to Mao was supposed to trump family bonds, and the Cultural Revolution saw close relatives denounce and humiliate one another.
 <トウ小平の改革開放で農地の小借地制が導入されたが、個々人の借地となったために、家族の紐帯を復活させるには至らなかった。↓>
 Deng Xiaoping’s economic reforms in the 1980s failed to fully repair the damage, with communal land parceled out and separate plots leased to individual farmers. While in neighboring India land is typically owned by the male head of the household, giving the patriarch influence over his extended family, in China the elderly and their children often have distinct plots of land.
 <しかも、田舎から都会への人口移動により、更に家族の紐帯が破壊された。↓>
 China’s massive rural-to-urban migration has put additional, extreme pressure on the nation’s social fabric. ・・・
 <これに関連し、都会の田舎出身者(戸籍は田舎に残る)は、親を故郷に残さざるを得なかった。さもなきゃ、親は医療扶助を受けられなくなるからだ。↓>
 ・・・strict residence registration requirements force migrant workers to leave their parents behind in the villages, because the elderly can access state medical benefits only if they stay at home.・・・
 <中共の65歳超の者の4分の1近くは貧困線未満で3人に1人超は体が不自由であり、40%が鬱状態。↓>
 Among China’s 185 million people older than 65, nearly one in four is living below the poverty line, more than one in three struggles with daily activities and 40 percent show significant symptoms of depression, the survey showed.
 <田舎の方が都会より状況ははるかに悪い。↓>
 The results were worse in China’s villages than in the cities, where・・・the elderly are nearly three times as likely to be poor as the average resident.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/chinas-transformation-frays-traditional-family-ties-hurting-many-seniors/2013/09/18/50765b42-1538-11e3-961c-f22d3aaf19ab_print.html

<SA>

 <オフ会に出席します。>
 質問はありませんが、<「講演」で>「日支戦争をどうみるか」を上げられる理由がよく分かる気がします。
 現時点でも太田さんの見解が十二分に展開されているよう思います。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 よくぞ書いた、と褒めてあげたいところだが、極端だっつうの。↓

 「@ジンバブエ)「世界最悪の独裁者」と「世界の英雄」・・・」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201309180364.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201309180364

 いくら国民の支持があったって、ムガベの凄まじい腐敗についても言及せにゃあ。
 それにしても、カトリック伝道団で育ち、その後マルクス主義者に転向、「同性愛に対する激しい憎悪・嫌悪者としても有名」、また、大地主を迫害ってのも含め、ムガベ、スターリンにそっくりだね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%83%99

 第三者委員会報告書が出る前に逃げたってことね。
 最後の最後まで見苦しかったな。↓

 「加藤コミッショナーが辞意表明へ 統一球問題で引責「混乱招いた」・・・」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130919/bbl13091908330002-n1.htm

 間違いなく米国の例外主義と言っていいのが、銃社会である点だ。↓

 <一人当たり銃保有率世界一の米国は銃による死亡率世界一、保有率最低の日本では死亡率最低。(日米合邦の最大の障害はひょっとしてこの点かもね。)↓>
 ・・・ the US, with the most guns per head in the world, has the highest rate of deaths from firearms, while Japan, which has the lowest rate of gun ownership, has the least.・・・
http://www.theguardian.com/world/2013/sep/18/gun-ownership-gun-deaths-study
 <シリア、イラク、アフガニスタン、コンゴですら、銃保有率は米国より低い。↓>
 ・・・The United States, with less than 5 percent of the world's population, has about 35-50 percent of the world's civilian-owned guns." Reading the news, you might imagine that Syria, Iraq, Afghanistan, the Democratic Republic of the Congo, or some other conflict-ravaged nation would be leading the most guns-per-capita race, but nope: That's us. We're number one. ・・・
 <2003年から2010年まで、米国人の戦死者とテロによる死者の数は、銃による死者の数の35分の1に過ぎない。↓>
 ・・・between 2003 and the end of 2010, 7,027 Americans died in Iraq and Afghanistan and from terrorist attacks, while 35 times as many Americans, or 247,131, were killed by guns in the United States.・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2013/09/18/blood_on_the_constitution?page=full
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6461(2013.9.19)
<啓蒙主義と人間主義(その9)>

→非公開