太田述正コラム#6456(2013.9.17)
<皆さんとディスカッション(続x2024)>

<太田>(ツイッターより)

 韓国軍が、北朝鮮に向かおうと川に飛び込んだ男を射殺した。
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24105977
 一瞬、なんてむごい、と思ってから、自分も焼きが回ったなと反省したね。
 殺さなきゃ、今後、北のスパイ等が堂々と国境を突破して北に戻って行くもんね。
 それにしても日本は平和だなあ。

<suzuki>(同上)

 『敵前逃亡は自衛隊でもその場で射殺だろう?』旧日本軍の兵士だったお年寄りはこう仰ってました。
 まさか対処するルールすらないとも思わないようです、普通は。

<太田>(ツイッターより)

 シリアの化学兵器に関する国連報告書は、限りなくアサド政権の仕業であったことを示唆しているとするコラムだ。
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2013/09/16/the-u-n-chemical-weapons-report-is-pretty-damning-for-assad/?print=1
 全くその通りだわ。
 国連事務局の関係者達も、名存実亡の存在になりかけの国連を救うために必死なんだろうが、いい仕事をした。

<唯我独尊>

≫台湾の馬総統の支持率が9.2%に落ち、立法院で彼が弾劾される可能性さえ現実性を帯びてきた。・・・いずれにせよ、諸君、ファシズムの残滓を引きずっている中国国民党の完全失権と名実あい備わった民進党(台湾「独立」派)政権の到来は遠くないぞ。≪(コラム#6454。太田)

 先日、以下のようなニュースがありましたが、台湾の人たちは馬英九政権の親中ぶりのみならず、おためごかしのような中国からの水の供給に不安を感じていることも支持率凋落につながっているのでしょうか。

「中国が台湾の離島に水供給へ、かつての軍事拠点・金門島・・・
 中国から水供給が始まれば、2008年からの馬英九政権下で進む対中関係改善の象徴となりそうだ。」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130902/chn13090219520006-n1.htm

<hyXw6nOM>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 下手な宗教より質が悪い。

 中国人の語る中華思想とは
http://digi-log.blogspot.jp/2008/03/blog-post_17.html

<太田>

 キミのように、上掲コラムのタイトルを引用するのか、それとも、コラム筆者の結論・・最初は中国人しか友人がいなかったのだが、そのうち、ドイツやイギリス出身の友人ができた。そして、結局、彼らの西洋中心主義というか啓蒙主義というのも、中華思想と大して変わらず、逆にその点が面白かった。やっぱり大陸の大国は違うものだと思った。・・を引用するかで話は丸っきり変わってくるぜ。
 世界中で日本人だけが異常なまでにお国自慢をしない、謙譲の美徳を身に着けた人々だってだけのことだ。
 実は、日本人は、その「人間主義」に関して、正当しごくの最も普遍性あるお国自慢ができる立場だというのにね。
 なお、上掲コラムの筆者は、(西洋がアングロサクソンと欧州と米国の3者がそれぞれ異なることを知らないのはともかくとして、)イギリスが「大陸」国でないこと、拡大英国すら日本と人口は同じくらいであること、ドイツは「大陸」国でこそあれ、その面積も人口も日本より小さいことも知らないとみえるねえ。

<OJkcPpO.>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 【中国の反応】日本の子どもはどうやって道をわたるのか
http://zhonghuablog.com/blog-entry-56.html

 ↑大絶賛されているが、こんな良い子たちは都会にはいないので、「どうだ!これが日本だ!」って感じで紹介されると中国人が実際に日本を訪れたときは落胆しそう。

(参考)
 緊急走行を妨害する歩行者。Unreasonable walkers interfering with
http://www.youtube.com/watch?v=omg5edz6kIo#t=32s

<AH>

(1)オフの会に出席申し込みます。

(2)8月中旬にリュックを背負って南インドを旅行しました。
 太田コラムのインド関連号(#176,#284以下、#777以下、#1673以下、#2301以下など)はとても参考になりました。

<太田>

 で、私自身もご指摘の過去コラムの何本かを読み返してみました。
 自分で言うのもなんですが、面白いし読みやすいですねえ。
 最近の私のコラム、肩に力が入ってこむつかしくなり過ぎているかもしれない、と反省させられました。

 さて、ここで、次回のオフ会要領を改めて掲げさせていただきます。
 2点修正しました。
 オフ会幹事団と相談の上、会費を500円に値上げさせていただきました。
 その目的は、飲料・つまみ代を300円以内に収め、残金をオフ会基金に繰り入れることです。
 そうすることによって、関西でのオフ会開催経費(私の旅費・宿泊代)の確保につなげたいと考えました。
 その結果、東京オフ会の会費が(会場代がかかる)関西オフ会の会費と同じになります。
 もう一点は、「講演」を行うことにした・・ショートトーク2題は行わない・・ことです。

                記

オフ会

東京 10月19日(土曜) 14:00〜18:00

日時 2013年10月19日(土曜) 14:00〜18:00
場所 大田区の太田の自宅(最寄駅は西馬込。出席者に詳細開示)
会費 500円 当日徴収

一次会

14:00
机等の準備・参加受付

14:15
講演 「日支戦争をどう見るか」シリーズを終えて

15:15
自己紹介
休憩
質疑応答(ソフト飲料等付。第三のビールを@100円で希望者に提供)
・・途中で帰るのは自由

18:00
弁当購入に出発(飲むものを含め、同じ場所で各自が購入)

二次会(会費不要)

18:30 懇談
22:15 お開き・机等の後片付け

Skype 参加募集

Skypeでの参加も募集しています。(一次会のみ)
Skype名をご記入の上、お申し込み下さい。

お申し込み
http://www.ohtan.net/meeting/


 それでは、その他の記事の紹介です。

 なんちゅうバカなことを。
 日本の現状では、特定の脅威を前提としないところの、基盤防衛力構想か(民主党政権が策定した、凡用)即応防衛力構想しかありえないんだよ。
 中共による離島への侵攻などありえないし、仮にあったとしても米軍だけで対処できる。
 だから、日本が侵攻されるという有事シナリオに基づく、いわゆる脅威対処防衛力構想に立てば、自衛隊は陸自どころか、海空自を含めて存続させる必要がなくなってしまうんだよ。
 そうじゃないって結論が出るとすれば、防衛省がウソ付いてるってことさ。↓
 

 「年末に予定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」改定に向け、政府の検討作業が大詰めを迎えようとしている。・・・
 今回は<従来のやり方>を抜本的に改め、制服組として3自衛隊共通の有事シナリオを初めて策定。そこから必要な装備体系と運用指針を導き出すことにした。
 有事シナリオは、中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)など南西方面の離島への侵攻と、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃の2通りある。・・・
 海・空自には、中国側の増援部隊の艦艇や航空機が展開してくるのを海・空戦力で封じ、先に投入された艦艇や上陸部隊を孤立させられると主張する声が多かった。「離島を奪還するために陸自部隊が上陸するような作戦は想定する必要がない」と言い放つ幹部もいたという。
 北朝鮮の弾道ミサイル攻撃への対応にも陸自は納得していない。・・・
 シナリオは陸自がテロリストを掃討する作戦に踏み込まず、「陸自排除」が貫かれた、というのが陸自の言い分だ。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8071495/

 漢人にも人間主義者がいた。↓

 「淀川に落ちた9歳男児を救助 通りがかりの中国人男性・・・」
http://www.asahi.com/national/update/0917/OSK201309170002.html

カサノヴァ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A1
の国、イタリアで、不況の影響で、男性達はすっかり萎縮してしまったとさ。↓

 ・・・The economic crisis has hit Italian men where it hurts most.
With their country still in recession, with unemployment climbing above 12% and with the cost of living soaring, the Latin lover has had to rein in his appetite. ・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24065878
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6457(2013.9.17)
<啓蒙主義と人間主義(その7)>

→非公開