太田述正コラム#6424(2013.9.1)
<皆さんとディスカッション(続x2008)>

<太田>(ツイッターより)

 プーチンがアサド政権が化学兵器を使ったとの米国の説明を笑い飛ばし国連のお墨付きなき武力攻撃は違法だと吠え、フランスの世論調査で64%が武力攻撃に反対と出、国連調査団がシリアを去った。
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-23911833
 後は米国(だけ?)がいつ攻撃するかだけ。

 オバマが対シリア武力行使の是非を米議会に諮ることにした。
 さっそくフランスでも同様のことを求める声が。
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/481d2168-1279-11e3-9bcd-00144feabdc0.html?siteedition=intl#axzz2dWSLeZRF
 ボクの予想。オバマはお墨付きを得、オランドは議決に追い込まれ、nonを突きつけられる。
 かくして米国は単独武力行使へ。
 ちゃうかも。

 シリア国内が、アサド政権、反体制派、アルカーイダ系の各勢力圏に3分割されていることが分かる地図が載ってる記事だ。」 
 (クルド系が示されてないのが画竜点睛を欠く。)
 臆説とは異なり、アサド政権と主として戦っているのは反体制派だって。
http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324463604579044642794711158.html?mod=opinion_newsreel

<太田>

 ついでに、関連記事だ。

 オーストラリアとトルコも武力行使に参加すると言ってるみたいね。
 だけど、フランスですらどうやって参加するんだ(後出)ってくらいなんだから、両国、どうすんだべ?↓

 Obama has assembled a small coalition of foreign allies who have said they’ll join in an attack, including France, Australia, and—most important—Turkey.・・・
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/war_stories/2013/08/obama_s_syria_speech_his_decision_to_seek_congressional_approval_for_his.html

 米国政府の説明のイタイ点が指摘されている。↓

 <今回の化学兵器攻撃が行われる3日前にその情報を掴んでたが何もしなかった米国政府。↓>
 ・・・they [the Americans] knew about the attack three days before it took place and did nothing・・・
 <1,429人がこの攻撃で殺されたというが、数が正確過ぎるし、出所が一つだし、とにかく信頼性を欠く。第一、英国政府発表の数字(350人前後)と余りにも違いすぎる。↓>
  Kerry proclaimed that precisely 1,429 were killed in the Aug 21 attack. That figure, according to Cordesman, was "far too precise. It came from one [non-governmental organization], and is simply not credible. And, to make things worse, it disagreed with the British estimate." (It put the death toll around 350.) ・・・
http://thecable.foreignpolicy.com/posts/2013/08/31/syrias_rebels_cry_foul

 武力行使は、間違いなく、より一般住民を危険に晒すだろう。↓

 ・・・Could bombing Syria kill more civilians than it saves?・・・
 <第一に、コラテラルダメージは避けがたい。(そもそも、アサド政府軍は一般住民地区に分散するだろう。)↓>
 The first is that our bombs will kill people. ・・・
 <第二に、過去事例の研究によれば、外国が反体制派に立って軍事介入すると、体制側が死にもの狂いになって無茶苦茶に一般住民を犠牲にした対応をするようになり、一般住民の犠牲者が40%増えることが分かっている。(今度の武力行使について、オバマ政権は注意深く「人道的介入」という言葉を避けており、国際法違反行為を罰する、ということに止めているのもそのためか。(本日夜の非公開コラム参照。)↓>
 The second — and probably larger — worry is that our bombs will lead the Syrian government to kill more people. That’s the implication of this 2012 paper・・・.
 The authors looked at a range of conflicts from 1989 to 2005 and found that when outside governments intervene on behalf of rebel forces, the government’s killing of civilians increased by 40 percent. The reason, basically, is that as the government fears it’s losing control of the conflict, it becomes more desperate and more ferocious and more lethal. ・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/wonkblog/wp/2013/08/31/could-bombing-syria-kill-more-civilians-than-it-saves/?hpid=z2

 そこで、米国の有識者達の見解は、武力行使するのなら、中途半端な武力行使は最悪だ、という点に収斂しつつある。↓

 Go Big or Stay Home・・・
http://www.thedailybeast.com/newsweek/2013/08/30/on-syria-go-big-or-stay-home.html
 ・・・In the end, a healthy debate might find that a middle ground -- a strike that hits only a few targets and is of limited duration -- may be the worst of all options. To make a difference in the long-term, the United States needs to do more, particularly with the opposition. And if it won't do more, then staying out altogether may be the best option.
http://www.foreignpolicy.com/articles/2013/08/31/questions_and_airstrikes_syria_obama_congress?page=full
 <体制変革につながるような武力行使をすべきだ。そのためにも、併せて反体制派への対戦車、対空兵器の供与が不可欠。↓>
 ・・・ any U.S. action should be part of a larger, comprehensive strategy coordinated with our allies that has the ultimate goal of destroying Assad's military capability while simultaneously empowering the moderate opposition with robust support, including providing them with anti-tank and anti-aircraft weapon systems.・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324463604579044642794711158.html?mod=opinion_newsreel 前掲

 米議会のお墨付きをオバマが得られる保証は必ずしもない。↓

 <民主党内にハト派がいるし、共和党内にも孤立主義的リバタリアンがいる。↓>
 ・・・Obama can’t rely on a united Democratic Party and would have to pick off lots of hawkish Republicans (whose ranks are reduced in today’s GOP).・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/the-fix/wp/2013/08/30/why-congress-could-reject-military-action-in-syria/
 <共和党内には(マケイン上院議員のように)中途半端な武力行使だとして反対するむきもある。↓>
 ・・・ as it was in the 1990′s, you have Democratic doves aligning with isolationist Libertarians. They face off against Republican Hawks and Democratic bleeding hearts. ・・・
http://swampland.time.com/2013/08/31/three-reasons-congress-may-not-approve-war-in-syria/

⇒ボクの予想:地上部隊投入を除く、大規模な武力行使を事実上の条件とするお墨付きをオバマが議会から得る。

 フランスができる武力行使には限りがある。↓

 <フランスが艦艇搭載巡航ミサイルを入手するのは来年。だから、航空機からスカルプミサイルを発射するしかないが、アサド政権のロシア製防空システムの餌食になりかねない。↓>
 ・・・unlike the U.S., France has no ship-based missiles; those won’t arrive until next year. So any action from France would come from the air, in the form of long-range Scalp missiles, similar to those the nation used in Kosovo in 1999, and in Libya in 2011. The biggest risk to French forces is Syria’s crack Russian-made air-defense systems, which could be capable of shooting down aircraft.・・・
 <フランス議会にオランドがお墨付きを得ようとする可能性は少ない。(そうかなあ?(太田))↓>
  While the French parliament has scheduled an emergency meeting on Syria on Wednesday, Hollande is unlikely to seek its approval before joining a U.S.-led mission.
 <そもそも、オランドの支持率(世論調査)は現在20%しかない。武力行使をすれば、米仏「同盟」を誇れて、だめもとで人気浮揚につながるかも。↓>
 In fact, analysts believe Hollande cares less about public opinion about Syria, than his own miserable ratings, which hover around 20%. Despite widespread opposition to bombing Syria, some believe it could nonetheless help Hollande, as it would present him as being in close alliance with Obama in a crucial international conflict. ・・・
http://world.time.com/2013/08/31/frances-case-for-military-action-in-syria/

 なお、昨日の宿題(下掲コラムを対象としたもの)
http://www.foreignpolicy.com/articles/2013/08/30/don_t_call_this_a_humanitarian_intervention?page=full
は、本日の非公開コラムで果たします。

<NG>

 <太田コラム、>引き続き購読します。
 初心者にはかなり難しいですが、理解できるよう精進します。

<太田>

 分からないところ、分かりにくいところは、遠慮なくご質問ください。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 オランダ政府がようやく、戦後のインドネシア独立戦争の際の虐殺(注)について謝罪をすることになった。↓

 The Netherlands said on Friday it will make a public apology for a series of summary executions carried out by the Dutch army in its former colony Indonesia between 1945 and 1949.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/2013/09/01/2003571100

(注)「1947年12月9日には西ジャワにある小村・・・に独立派指導者・・・が潜伏しているとして捜索を行った際、村に住む男性150人以上を虐殺する事件が起きている。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E6%88%A6%E4%BA%89
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6425(2013.9.1)
<対シリア武力行使に法的根拠ありや?>

→非公開