太田述正コラム#6219(2013.5.21)
<皆さんとディスカッション(続x1906)>

<太田>(ツイッターより)

 「「日米は価値観が一致」は嘘…」
http://j.people.com.cn/94474/8250405.html
 半ば冗談だが、確かに米国の人種主義とキリスト教原理主義を日本は共有しとらんね。
 「日本のアニメ 外国人が嫌う設定は?…」
http://j.people.com.cn/206603/8250422.html
 プッ。
 これはヨイショ記事というよりか日本憧憬お笑い記事じゃね。
 毎日、手を変え品を変え、楽しませてくれる人民網。

 南アフリカにおける、白人、アジア人、混血、黒人の国民総所得に占める割合の推移、及びそれぞれの一人当たり平均所得が出ている。
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-22554709
 絶句。
 アパルトヘイトの負の遺産と人種間IQ格差でもって説明ができるんだろうが・・。

<kunidog>

 米国は、安全保障の面で東アジアについて、日本及び韓国が手を組みことを望んでいるはずなのに、なぜ逆行することをやるのですか?

<太田>

 米国が、安全保障の面で東アジアで手を組ませようとすれば、日韓それぞれと締結している安保条約を破棄すりゃエエのです。
 そうなったら、韓国は日本と手を組まざるを得なくなるでー。
 もっとも、米国がそんな極端なことをやらかした場合、韓国が中共の属国になる道を絶対に選択しないという保証はないけんどね・・。
 さて、現行の、米国と日韓の間のそれぞれの安保条約が維持される、という前提の下では、日本の立場からすれば、(自衛隊すら必要がないくらいなのですから、)日韓が手を組む必要性はそれほど高くあーりません。
 また、韓国の立場からすれば、本来、日本に比べれば、確かに日本と安全保障の面で手を組む必要は高いけんど、何と韓国は、中共に対して宥和政策を取ることで、相当程度保険をかけることができる、ちゅうアホ判断をし、現に宥和政策を取ってやねん。
 結局、日韓双方とも、安全保障の面で手を組む必要なんぞあんまし感じてねー、ということになるじゃらほい。
 だから、いくら米国が日韓に手を組ませようとしたって、そう簡単には問屋がおろさねえってわけ。

 こう言っちまうと話が終わっちゃうけんど、無理やり(?)話を続けることにしよっか。
 例えば、以下のように考えたらいかがざんしょ?
 中共の勃興以来、(オバマ大統領個人はともかくとして、)米国の指導層は、日韓いずれもが反米にならない限りにおいて、日本と韓国の提携を実現する、という綱渡りみたいなことを追求している、と見たらいかが。
 そのためには、何としてでも、日本と韓国が「正しい」歴史認識であるところの、反米史観、を持つようなことのないようにしなければならない、ということになるでしょう。
 戦後長らく、日本と韓国の「左」翼は、戦後の米国(米帝国主義)に限った反米史観を共有していたけれど、このようにその対象が戦後の米国に限られていただけでなく、「左」翼はそれぞれの国の少数派にとどまっていたことから、反米史観の部分的存在は、むしろ、それぞれの国民全体のガス抜きの役割を果たしていた面がありました。
 ところが、幸か不幸か、冷戦の崩壊もあり、「左」翼はまず日本で壊滅し、そしてごく最近韓国でも著しく弱体化するに至ります。
 今、米国の指導層が最も恐れているのは、日韓における、戦前と戦後の米国をトータルとして対象としたところの米国批判が、日韓それぞれにおけるかつての多数派であって現在ではほぼ両国を蔽いつつつあるところの、「右」翼によってなされ始めることだ、と見るのですな。
 橋下代表すら・・いや、もともと彼にこの点で期待などすべきではないのかもしれませんが・・「正しい」歴史認識に到達していないのですから、日本の場合、それがいつのことになるのか、皆目見当がつかないものの、私自身は、そう遠くはない、と自分に言い聞かせつつ、コラムを毎日書き綴っているってことですたい。

<hgC9IA/90>(「たった一人の反乱」より)

 【時視各角】安倍、丸太の復讐を忘れたか(1) - (中央日報)
http://japanese.joins.com/article/765/171765.html

<太田>

 ほら、米国の歴史認識と同じだろ。
 ところで、731部隊と原爆とじゃどっちがより悪い?
 原爆の方が悪い。
 理由:731部隊の方は、「非人道的な実験が行われた記録は発見されていない」が、「1938年1月26日に関東軍の各憲兵隊に発出された命令文書「特移扱ニ関スル件通牒」・・・では、スパイ容疑者や思想犯、匪賊、アヘン中毒者などを通常の裁判手続きに乗せない「特移扱」とすることができるとの指示がなされている」ところ、仮に、「これが731部隊での人体実験対象にされたことを示す隠語で」あったとしても、「犠牲者数は・・・1000人未満」から「3,000人以上」程度
http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A (「」内)
であり、無辜の一般住民を対象としたものではなかったのに対し、原爆の方は、大部分が無辜の一般住民であるところの10万人を超える犠牲者を出しているからだ。
 なお、731部隊は日支戦争/太平洋戦争中における、また、原爆は太平洋戦争中における、どちらも戦争目的を達成するためのものである点では共通している。
 この点で、どちらも、ナチスドイツによるユダヤ人殺害・・戦争目的を達成するためのものではなかった・・とは全く次元を異にしている。

<豊丘時竹>(2013.5.21)http://d.hatena.ne.jp/toyotoki11/20130521

 <産経はダメだと太田コラムが言っているところ、>納得できるのだが、ただ、どの新聞を読んだらいいのかも教えていただければもっとありがたい。
 朝日などはとる気にならない。
 太田述正コラムを参照しながら産経新聞を購読するのがちょうどいいように私は感じている。

<太田>

 相対的には日経でしょうが、株やってたり、大企業のサラリーマンだったり、商売やってる人なんかじゃない場合、無駄紙面が多すぎて費用対効果比が悪いでしょうね。
 世界で言えば、NYタイムス、ワシントンポストの方が更にいいし、FT、ガーディアンの方が更にずーといいけど、英語の壁がありますからねえ。
 産経プラス太田コラムってのは、ありうる組み合わせかもしれません。
 現に私だって産経の無料電子版は、日本の主要紙の無料電子版の中で一番充実しているので、愛読してますからねえ。
 たまには、オフ会にも足をお運びください。
http://www.ohtan.net/meeting/

<ミュンヘン>

 --テレサ・テンさん、復権進む--

 今朝の読売新聞に載っていました。
 テレサ・テンさんの生誕60年を記念したコンサート<(コラム#5997)>が19日、北京であったのですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000603-yom-ent

 朝刊の記事によると、テレサ・テンさんは天安門事件後、中国本土に足を踏み入れることはなかったそうです。
 企画したお兄さんは「テレサの夢をかなえるため」と言っていますが、本当は生きて歌って欲しかったですね。
 今年は、伝記が出版され、写真展も予定されているそうです。

<TA>

≫<役所を飛び出しての2001年の選挙活動>がどんなに大変だけど痛快なものだったかは、私のホームページの掲示板への投稿110と111をご覧ください。私の選挙カーに全行程、中村壮快という大阪の芸人さんが同乗してカラス(ウグイス嬢の男性版)を勤めてくれたのですが、彼の体験記が転載されています。≪(コラム#0277。太田)

 この「体験記」は今はもう読めないのでしょうか?

<太田>

今でもその名前でご健在のようですね。↓

 「イベント企画、プロデュース、かわら長介放送作家魁塾、クリエーターのマネジメントが主な日々の任務」
https://twitter.com/soukainaka
 壮快さん、その折にはお世話になりました。
 私の旧HPは、管理会社からそのままファイルの形で譲り受けていますので、理論的には復元可能だと思いますが、当面はそっとしておきましょう。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 その調子で、自分の一連の発言の落とし前をつけるんだよ、橋下サン。↓

 「橋下氏「韓国軍だって女性利用」 維新パーティーで持論・・・」
http://www.asahi.com/politics/update/0521/OSK201305200153.html
 「橋下氏「今、在日米軍は襟正している」 発言の効果主張・・・」
http://www.asahi.com/politics/update/0519/OSK201305190002.html?ref=com_rnavi_srank
 「このままでは…橋下氏一転、ぶら下がり取材再開・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130520-OYT1T01151.htm?from=ylist

 読売新聞のご理解も得られたようで何よりデアル。↓

 「橋下氏が慰安婦発言の撤回を拒否する理由・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130521-OYT1T00188.htm?from=main1

 金正恩はキチガイだと言い出す評論家がようやく現われたな。↓

 ・・・A surprising variety of experts still insist that the North is a rational actor. Maybe before Kim Jong Un.・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2013/05/20/what_the_hell_was_that_all_about_north_korea?page=full

米国人を相互につなぎとめていたものがこの数十年でゆるみ、規範、慣行、コミュニティが崩壊しつつあるとよ。↓

 ・・・how, over the last few decades, and all across America, our norms, practices, and communities have come undone.・・・
 Whatever bound America together, he argues, has slowly been unwound.・・・
http://www.csmonitor.com/Books/Book-Reviews/2013/0520/The-Unwinding?nav=95-csm_category-leadStory

 ロシアでは、先の大戦におけるソ連の勝利を誇りとする思いがスターリン体制の是認と分かち難く結びついている↓ってんだが、日本では、先の大戦において米国の対日侵略を受けたというのに、それを日本の侵略に対する反撃だったと誤認識させられていることが、吉田ドクトリンの是認と分かち難く結びついているんだよね。↓

 ・・・The Allies’ victory in World War II, which in Russia is viewed as the Soviet victory in the Great Patriotic War, stands as the only unequivocally positive historical event of the last century. Because Soviet history remains largely unexamined, that victory — in Russian, it’s known simply as the Victory — has become inseparable from the entire Soviet edifice: It appears impossible to glorify and celebrate the Victory without also glorifying and celebrating the Soviet regime, its armed forces, including the secret police, and even Joseph Stalin. In fact, any attempt at a differentiated, nuanced view of the Soviet war effort is perceived as an attack on the Victory itself. It is a historical trap Russia has set for itself, and every year it gets more ensnared in it.
http://latitude.blogs.nytimes.com/2013/05/20/comparing-nazism-and-communism-online-in-russia-and-causing-a-storm/?ref=opinion

 (物を買っても余り幸福にはなれないが、)人と一緒に何かをやれば幸福になれるし、その際に他人のために何かをやれば、更に幸福になれるってさ。
 (これ、まさに人間主義の効用ってやつだよね。)↓

 ・・・Decades of research point to the importance of social contact for improving mental and physical health.
So, doing things with other people makes a difference for happiness, and our research suggests that doing things for other people can provide an additional boost. ・・・
http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-oe-norton-happiness-spending-20130519,0,3517116.story

 演奏家でもチェスプレヤーでも、練習の技量向上への寄与度は3分の1でしかないんだって。(引用しなかったが、実験データに疑問があり、練習の寄与度はもっと大きいはずであるとの疑問を投げかける研究者もいる。)↓

 ・・・for musicians, only 30% of the variance in their rankings as performers could be accounted for by how much time they spent practicing. For chess players, practice only accounted for 34% of what determined the rank of a master player.・・・
 <でもまあ、素質と練習があいまってこそ技量向上があるのであり、素質を見極めさえすれば、練習によって誰でも天才になれる、と言えるのではないか、とする見解もあるって。ボクも同感だな。↓>
 Everyone can’t be a genius in everything <b>ut ・・・every single person has the potential for genius in something.
http://healthland.time.com/2013/05/20/10000-hours-may-not-make-a-master-after-all/print/