太田述正コラム#6209(2013.5.16)
<皆さんとディスカッション(続x1901)>

ミスプリが多かった昨日の「ディスカッション」、手をいれたものをブログに再アップしてあるので、よろしく。(太田)

-------------------------------------------------------------------------------
<太田>(ツイッターより)

 米高所得職業10傑だ。
http://www.sfgate.com/jobs/slideshow/Highest-paying-jobs-in-the-U-S-62342.php#Highest-paying-jobs-in-the-U-S-62342/photo-4624829.php
 呆れたぜ。10傑のうち8傑が医者・・そんなに細かく分けるなってんだ!・・、残りが会社社長と矯正歯科医(一般の歯科医じゃないからね)。
 なのに、米国人の平均寿命は短く心身の健康状態も良くないんだからひでーもんだわさ。

 コラム#6200(未公開)で「人間主義<について、中共当局>がいかなる言葉を用いているのかは分かりません」と記したところだが、どうやら、EQ(=Emotional Intelligence Quotient=心の知能指数)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%8C%87%E6%95%B0
らしいことが分かった。
 習主席が使ったからだ。
http://j.peopledaily.com.cn/94475/8244955.html
 にゃるほど、『人間の学としての倫理学』の代わりに『道徳感情論』、「人間主義」の代わりに「EQ」と韜晦したってワケね。
 全て日本を模範にしとります、とは言えない苦しさはワカルワカル、迷える子羊ちゃん。

 クノッソス神殿を築いたミノア人は、9000年前頃の新石器時代に西欧や北欧からクレタ島に渡来した人々で、現在のクレタ人の一部の祖先でもあることがミトコンドリアDNAの研究で判明し、エジプト渡来説と中東渡来説は否定された。
http://www.bbc.co.uk/news/world/europe/
 そうだったんか!

<IvQWa.2I>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 規制の影響で本スレに書き込みが出来なかったのでこっちに。

 日本人女性が見せた「バランス神技」に世界が衝撃を受ける!
http://rocketnews24.com/2013/05/14/328295/

 動画は7分43秒とちょい長めですけど、見る価値有りやすぜ旦那方。

<guB1oZIs>(同上)

≫序列A:日本型経済体制に関する序列:日本(華)>韓国(夷) (事実上、文化の序列も兼ねる。)≪(コラム#6207。WJOD0G8c)

 昔は韓国が上だった。(新羅は別民族じゃんという批判は彼らには通用しないだろう)
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/28028982.html

 その格上の民族が、「内鮮一体同化政策によって韓民族のアイデンティティは失いかけた」に繋がる。
 (「併合に対して朝鮮人の大多数が合意していなかった」のなら革命起こせよ、日本のせいにするな、って感じだが、彼らには通用しないだろう)

 「56. 韓国人
カイカイ管理人はこのコメントを翻訳してくれ
韓国が日本に過去の謝罪を求めているのは、お金が欲しいということではなく、日韓併合と内鮮一体同化政策を謝罪してくれということだ
当時、全国的に起きた三・一運動を見ても分かるように、併合に対して朝鮮人の大多数が合意していなかった
しかし少数の決定によって日韓併合がなされてしまった
そして内鮮一体同化政策によって韓民族のアイデンティティは失いかけたのだ
これらについて謝罪してくれと言っている
日本が朝鮮を近代化させてくれたのはありがたいと思っているが(最近はインターネットのおかげで、このことを知っている韓国人も増えてきている)、国家団結の源である民族のアイデンティティをなくそうとした日本の過去の行動を許すことは容易ではないということを理解してもらいたい
日本の謝罪についてはこれまでも何度も行われてきたが、反日政府や反日マスコミのために国民にうまく伝わっていない
国民の大多数は日本がまったく謝罪をせず、植民地支配を肯定していると思っている
インターネットの交流でこういった部分の誤解がなくなればいいと思うが」
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/lite/archives/27963404.html

≫序列E:日本(宗主国)+韓国(冊封国)+米国(準宗主国)>韓国(冊封国)≪(コラム#6207。WJOD0G8c)

 両辺から韓国を消去できるよw。

<唯我独尊>

 --橋下大阪市長の発言について<太田述正コラム#6207(2013.5.15)>--

 政治家は本当のこと(真実と言い換えてもよい)を発言してはいけないという大原則があるのではないでしょうか。
 橋下知事を日頃から憎々しく思っている人々と組織および自己保身と権益保持に余念の無いマスコミならびに一部の狂信的な市民団体は、ここぞと言わんばかりに集中攻撃を始めてしまいました。
 マスコミ報道の威力は計り知れないものがあり、三人成虎のごとく、一般庶民は「橋下知事は恐るべき人間」という評価を与えてしまうでしょうね。

<太田>

 政治屋ならそうでしょうが、政治家の場合、時には本当のこと(真実)を言わなければなりません。
 後で触れますが、結局、今回の橋下発言は論理的に成り立たないものであったことが最大の問題なんだと思います。
 しかし、橋下発言のおかげで、戦後日本の問題状況がよりはっきりした、という意味では意義があったのではないでしょうか。

<John Doe>

 青壮年男子をたくさんあつめながら、かれらの性欲をどう統制するかを一切考慮しないなんてあるはずない。実際、韓国政府は在韓米軍に売春婦を提供した。
 なんでいまさら橋下市長の発言が騷ぎになるのかわからん。
 むしろ、売春婦たちが不当な権利侵害を被ることがない様、政府が監督する方がいい。 禁酒法がマフィアをふとらせた様に、極端な潔癖は却って有害だ。

“If the question is, was there active government complicity, support of such camp town prostitution, yes, by both the Korean governments and the U.S. military,” said Katharine H. S. Moon, a scholar who wrote about the women in her 1997 book, “Sex Among Allies.”
 「活発だった関係官庁の連帯や売春街への助力はどこがしていたのか、という質問には韓国政府と米軍の両方だと答えます。」と1997年に”Sex Among Allies.”を執筆した学者のKatharine H. S. Moonは言う。
In some sense, the women’s allegations are not surprising. It has been clear for decades that South Korea and the United States military tolerated prostitution near bases, even though selling sex is illegal in South Korea. Bars and brothels have long lined the streets of the neighborhoods surrounding American bases in South Korea, as is the case in the areas around military bases around the world.
 ある意味、<この>女性の主張は驚くべきものではない。何十年もの間、売春が不法である韓国が米軍基地の近くで売春を許可していたのは明らかであるからだ。世界中の軍事基地の周囲と同じように、韓国でも飲み屋や売春宿は長い間米軍基地を囲むようにして立ち並んでいる。
 Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?pagewanted=all
 上記記事の邦訳
http://sakuramochi-jp.blogspot.jp/2011/08/nyt-g.html

 米軍の買春禁止令が軍紀維持に役立ってない証拠。

 米軍で部下の兵士に売春強要か 大統領が綱紀粛正指示 - 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051501001501.html 
 
 イラクやアフガンに売春婦が居ないんなら、本国から連れてけ。

 駐留部隊:米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130319k0000m030127000c.html

<太田>

 それでは、まず、橋下発言関連記事の紹介です。

 初期に報道された限りでの橋下発言には、例えば下掲↓の点に係る部分を含め、何の問題もなかった。

 「・・・磯村英一・元東洋大学長は東京都渉外部長だった終戦直後、連合国軍総司令部(GHQ)から「占領軍の兵隊のために女性を集めろ」と命令された。・・・名目は「レクリエーション・センターの設置」だった。
 米軍はベトナム戦争時にも慰安所を利用していたほか、韓国は朝鮮戦争時に「軍が慰安所を管理していたことが、韓国陸軍戦史に出ている」・・・(現代史家の秦郁彦氏)・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130516/stt13051600530000-n1.htm

 だから、政府/自民党は、橋下発言を否定するのなら、どこを否定するのか、具体的に明らかにすべきだし、公明党は、そんなこと言うのなら即刻自民党との連立を解消すべきだろう。↓

 「日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦容認発言について、安倍晋三首相は十五日の参院予算委員会で「私、安倍内閣、自民党の立場とは全く違うと申し上げたい」と強調。・・・
 自民党と連立を組む公明党の山口那津男代表も十五日付の自身のメールマガジンで、・・・「軍と売春はつきもの」とした石原慎太郎共同代表の発言も引き合いにして「二人の共同代表によって維新の会は『暴走政党』と化した」と断じた。・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013051602000128.html

 みんなの本質が吉田ドクトリン墨守政党であること、というか、旧自民党ハト派の新たな牙城であることがはっきりしたな。↓

 「みんなの党の渡辺喜美代表は15日、日本維新の会との連携を見直す意向を示した。橋下徹共同代表の旧日本軍慰安婦をめぐる一連の発言を踏まえ、「古色蒼然(こしょくそうぜん)たるレトリックを使って戦時体制を賛美する政治勢力とは一線を画す」と強調。参院選での維新との選挙協力解消にも言及した。・・・」
http://www.asahi.com/politics/update/0515/TKY201305150583.html

 しかし、その後、橋下代表が下掲のような弁明をした以上は話は変わって来る。
 アホか!↓

 「戦時中の旧日本軍慰安婦についての橋下市長の発言をめぐり、大阪市議会の辻淳子議長(維新)と小玉隆子副議長(公明)が15日、市議会全5会派の意向として「市長として誤解を受けるような対応の仕方は考えて欲しい」と橋下氏に口頭で申し入れた。
 小玉副議長が「たくさんの市民から電話をもらった。女性の立場から見たら大変失礼な部分もあるという声もあった」と指摘。橋下氏は「一貫して慰安婦制度は容認していないと言っている。当時はどうだったのかという状況を話したところ、今必要だ、今も容認だ、という報じられ方をされた」と弁明。「メッセージの出し方には注意していきたい」と述べた。・・・」
http://www.asahi.com/politics/update/0516/OSK201305150203.html

 なんでかについては、下掲の三つの、ほぼ同趣旨の批判を参照のこと。↓

 「・・・橋下氏は15日、慰安婦について「いま必要とは一切言っていない」と釈明した。・・・とは言え、軍に慰安婦が必要だったと声高に主張することが、女性の尊厳を軽んじるものと受け止められても仕方あるまい。・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130515-OYT1T01538.htm?from=ylist
 「橋下市長発言 あまりにも非常識だ・・・米国で奴隷制度を当時の基準なら正しかったと言うのと同じではないか。・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013051602000167.html
 「・・・橋下市長は「当時は必要だったけど、今は容認されない」と発言しているわけだが、それが許されるのか、という点について考えてみよう。国内の世論がどうかはさておき、多くの国ではこういった発言は、基本的にありえないものだ。
 例えば、オバマ大統領は「当時はアメリカ大陸開拓のために労働力が不足していたので、アフリカ大陸から大量に黒人奴隷を連れてくることは必要だった。それが当時の世界の常識なのに、なぜ未だにアメリカにおける黒人問題だけこうも批判されるのか」なんてことは決して言わない。そんなことを言ったら大問題になる。・・・
 実際のところ、性行為をサービスとして提供する行為に本当の意味で自発的に就く人はどれくらい存在するのだろうか。・・・」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20130515/248120/?mlp&rt=nocnt

 ただし、この三番目のもの(コラム)の最後のセンテンスは大いに問題がある。
 少なくともAV嬢について、(典拠は付けないが、)そんなことは到底言えないからだ。
 とまれ、橋下代表は、現在の(自衛隊や)軍に慰安婦制度が必要だとまでは言わなくてもいいが、売春は一定の制限付きで解禁されてしかるべきだ、といった発言すら行わないのだから、支離滅裂なバカ者だっちゅうこと。

 この際、読者の皆さんは、以下の史実を常識として身に着けておいてほしい。↓

 「占領下において、当時のGHQ司令官から公娼制度廃止の要求がされたことに伴い、1946年(昭和21年)に娼妓取締規則が廃止され、1947年(昭和22年)に、いわゆるポツダム命令として、婦女に売淫をさせた者等の処罰に関する勅令(昭和22年勅令第9号)が出された。公娼制度は名目的には廃止されたが、赤線地帯は取り締まりの対象から除外されたため、事実上の公娼制度は以降も存続した。・・・1956年(昭和31年)、・・・参議院・・・選挙を控える中で、・・・<その前年に結党された>自由民主党は選挙に向けて女性票を維持および獲得しようとの狙いから、・・・一転して売春防止法の成立に賛同した。法案は5月2日に国会へ提出され、同月21日に可決した。売春防止法は翌年の1957年(昭和32年)4月1日から施行されることになった」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%B2%E6%98%A5%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%B3%95

 つまり、売春禁止は、軍隊保持の禁止同様、米国が占領下に日本に押し付けたのであり、占領下から占領直後にかけて、買弁的な日本の指導者達が、(実行不可能であるにもかかわらず、)唯々諾々とこれらを受け入れ、爾来墨守してきたところの、日本の歴史と伝統に真っ向から反する愚行であり、これらが自民党と社会党の実質的党是となり、その後も自社及びその後継諸政党に受け継がれて、日本の政治を規定して現在に至っている、ということだ。
 広義の吉田ドクトリンを、米国事大主義ととらえなおせば、かかる吉田ドクトリンを廃棄して日本の「独立」を叫ぶ私が、日本の「右」からも「左」からも総すかんを食うことは当然だ、と改めて思い知らされたなあ。
 戦後の日本は、フツーの日本人として生きることが何てむつかしい国になっちゃったんだろう。
 (ついでに言えば、慰安婦制度は悪いことだし必要もなかったと言いつつ、強制性はなかったと弁明するなんて非生産的なことは、即刻止めた方がいいよ、安倍さん。)


 それでは、その他の記事の紹介です。

 女性がたかが役員になったくらいでニュースになる恥ずかしさよ。↓

 「ひと:茅野みつるさん 大手商社初の女性執行役員・・・」
http://mainichi.jp/opinion/news/20130516k0000m070134000c.html

 チャンスだと捕えて、女性社長誕生と行こうじゃないか。↓

 「東電の副社長就任予定者、退社へ…人材流出続く・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/7678882/

 男性に比べて自由度が大きいことをしたたかに活用して、日本の女性達には、金沢さんのように↓、もっともっと大きく羽ばたいて欲しい。

 「東海大学文学部ヨーロッパ文明学科の金沢百枝准教授は、ヨーロッパが現在の形を作り始めた重要な時代である中世のキリスト教美術を通して、「ヨーロッパとは何か」を研究している。理学博士号も持つ異色の美術史家が語る中世の魅力とは。・・・」
http://mainichi.jp/sp/tokaism/opinion/con22_1.html

 一貫して、その時々の権力や世論に追従して来ただけのエセ科学者どもめ、いいかげんにしろ!↓

 「社説:もんじゅ もはや廃炉しかない・・・」
http://mainichi.jp/opinion/news/20130516k0000m070132000c.html
 「敦賀原発 「活断層」との結論は拙速だ・・・社説・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130515-OYT1T01547.htm?from=ylist

 台湾にも法治主義が根付いていないことが分かる、背筋が凍るコラムだ。↓
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2013/05/16/2003562367
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6210(2013.5.16)
<米孤立主義とリンドバーグ(その4)>

→非公開